So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

小さな町の小っちゃ~なカーフェスタ [deep emotion]

DSC01953.JPG
DSC01936.JPG
仙台から北へ 東北自動車道を車で1時間半の距離の栗原市
6/3に「小さな町の小さなカーフェスタ」が開かれました
DSC01933.JPG
うわぁ~~~~!と、声を上げたくなる懐かしい車ばかりでしょう~?^^
DSC01940.JPG
DSC01935.JPG
DSC01931.JPG
今年で18回目となる、この「カーフェスタ」
会場には往年の名車や旧車など約200台が集まりました
DSC01932.JPG
DSC01939.JPG
DSC01937.JPG
DSC01942.JPG
最近では見かけなくなった昭和世代の2輪・4輪車
DSC01944.JPG
シティーですよ~
DSC01947.JPG
「「ローマの休日」でヘップバーンが乗ったバイクじゃない?」
「あれは「Vespaのフェンダーライト」これは~日本の「ラビット」だよ^^」
DSC01934.JPG
私的には同じに見えちゃう「ベスパ」と「ラビット」 
あらら・・・ナント!両車とも航空機会社の製造だそうです 飛んだりして!
国産のこの「ラビット」は中島飛行機株式会社(現・富士重工)だそう
因みに^^我が家には中島飛行機株式会社製造のプロペラが~何故か有ります お宝^^
DSC01948.JPG
スバル~
DSC01949.JPG
主人がファーストカーとして乗っていたワーゲンビートルカルマン
DSC01950.JPG
DSC01951.JPG
昭和から平成へと~様々な変革を遂げる自動車産業等の歴史を感じますね~
DSC01954.JPG
会場では車愛好者の年代を超えた幅広い交流が行われ
生活用品や部品等のフリマーケット・ガレージセールも行われていました
DSC01960.JPG
DSC01957.JPG
ノスタルジックな空間を味わう事が出来る車たち
DSC01963.JPG
DSC02007-112e3.jpg
DSC02009.JPG
展示ブースは全て当日受付で、ブースがなくなり次第受付終了 
出展料は無料だそうですが、遥々遠くから来られているナンバーの車も沢山展示されていました
車を愛する人たちの思いと、懐かしみ見学に訪れる人との交流
小さな町に良い時間が流れていましたよ~♪

[台風]SFからハリケーン並みの従妹一家[飛行機]・福島から台風並みの妹一家[新幹線]が来襲してる為 水曜までblogお休みしま~す[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(112)  コメント(24) 
共通テーマ:blog

観察日記 [deep emotion]

南イタリア旅行記お休み編です^^

ブログで仲良しのまりっぺちゃんから、昨年いただいた真っ白な紫陽花
花が終わった後、庭に地植えしました 
昨秋は草取りさんに抜かれない様に印をつけました^^ すくすくと育ってます
IMG_8270.JPG
6/3 ムムム?? 青?
20180613_160056.jpg
小っちゃな花が開いてきました
20180613_172726.jpg
真白な紫陽花は色素が無いので、どこで育っても「白」と~
いつもご訪問いただいてるヨッシーパパさんが仰っていました
さて~~~まりっぺちゃんの紫陽花はこの後どんな姿になるか!乞うご期待^^

もう一人の仲良しお姉様・hatumiさんから~今春送られた朝顔の種
GWの旅行に出る前に蒔きました 戻ったら~一つ・・・発芽~♪
line_1526701146791.jpg
5/28 ニョキニョキ~あっという間に他の芽も!
20180528_153735.jpg
6/7 あらま~ここは2階 伸びたツタはどうしようか思案中です
20180607_163501.jpg
20180607_163506.jpg
2個のプランターに種を蒔きましたが、もう一方のプランターは一向に芽を出しません
20180607_163517.jpg

我が家のミカンの花も~一瞬ですが咲き始めました 
今年は撮るタイミングを逃しませんでしたよ~
IMG_8279.JPG
菖蒲 黄色・紫はGW中に終わってしまったようです
IMG_8286.JPG
紫蘭
IMG_8264.JPG
ツツジ
IMG_8268.JPG
赤・縁が白い赤=同じ枝から仲良く咲いています
IMG_8272.JPG
IMG_8273.JPG
薔薇
IMG_8274.JPG
IMG_8283.JPG
IMG_8284.JPG
筍も凄かったけど、薔薇も今年は見事です
IMG_8282.JPG
紫陽花の大木もそろそろ色付き始めました また後日に♪

&~~~~~先週木曜の夜 何やら庭でゴソガサと音が・・・「また?泥棒!?」
2階から見ても何処にも人の姿は無し ん?桜の木が揺れてる!
懐中電灯で照らすと~~「ハクビシン」でした
DSC02011.JPG
逃げる気配なく、私達をジッと見つめています
花桃の実を食べていたようです
DSC02012.JPG
可愛い~♪ でも、害獣なんですよねぇ
DSC02013.JPG
かなりの大きさで、体長1ⅿ以上はありそう 近所でも目撃された事、聞いていました
DSC02014.JPG
翌日には我が家近くの路上で寝転んでいてビックリ!
野生鳥獣なので、次に見つけた際は市に連絡しないと・・・ 
nice!(92)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

南イタリアの旅 マテーラ/Matera ワインを買いに [イタリア・Italy]

水牛の町・カッパチョから戻り、19時のマテーラ
20180430_192026.jpg
ピアーノ地区のスーパーへワインを買いに出掛けます
DSC01088.JPG
サン・ビアージョ教会
20180430_191620.jpg
DSC01083.JPG
ランフランキ宮
かつての修道院の上に17世後半に建てられた神学院
現在は中世博物館とバジリカータの現代美術館がおかれています
DSC01086.JPG
聖フランチェスコ教会 Church of Saint Francis of Assisi
20180430_192857.jpg
19時半でも青空が広がり明る~い
DSC01093.JPG
EGIDIO R. DUNI かつて修道院だったものを音楽学校として再利用しています
DSC01097.JPG
DSC01099.JPG
天上に残されたフレスコ画が素晴らしい
DSC01098.JPG
DSC01089.JPG
有名なマテーラパンのお店が沢山有ります
DSC01095.JPG
良質な小麦の産地としても知られているマテーラのパンは絶品と言われていて
イタリアの他県から購入しにくる人もいるほど人気です
マテーラパンも後ほど・・・買いに行きます^^
DSC01100.JPG
ワインを買うために、オーナーさんに教えられたスーパーへ
DSC01107.JPG
入り口は狭く「これでスーパー?」と思いましたが、思いの外店内は広かったです
ペペローニ・クルスキのオリーブ油漬けや、美味しそうなチーズ
DSC01106.JPG
DSC01091.JPG
先ずは~モッツアレラに合う生ハムを買います
この辺り名産のペペローニ・クルスキも、オリーブオイルで炒めてワインのあてに・・・
DSC01103.JPG
見た目は唐辛子の様ですが、全く辛くない~いわゆる乾燥パプリカ?です
DSC01102.JPG
大きな南イタリアのレモン まるかじりしても酸っぱさを感じないフルーツです
DSC01105.JPG
お目当てのワインはプーリア州の物を購入
DSC01101.JPG
日本では手が出ない価格のプーリア州のワインは世界でも最高と言われてますが
普通の価格で買えます(1200円前後) 
独特な花&フルーティーな香りのプーリア州のワイン
DSC01108.JPG
午後8時半、陽も落ちて良い感じになって来た今宵は~
t-ariston_antipasto.jpg
部屋でゆっく~り ワインと&生ハム、水牛のフレッシュチーズで~一日を終えます
丸一日・・・水牛体^^
nice!(92)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

南イタリアの旅 水牛のモッツアレッラを買おう [イタリア・Italy]

ヴァンヌーロで水牛の出来たてホヤホヤのチーズを堪能し、カパッチョ町へ
カパッチョの町は至る所に「MOZZARELLA」の看板!
日本のコンビニより多いかもしれません
DSC01234.JPG
どのお店でモッツァレラを買おうか・・・迷いましたが~
駐車場も広く、客足の多いこのお店を選びました
DSC01235.JPG
多分・・・日本人でここでチーズを買い物した人はいないのでしょうね
日本語の口コミは一つも見付けられませんでした
LA PERLA MOZZARELLA」ラペルラ
DSC01236.JPG
次から次へと車が入って来ます 
DSC01237.JPG
まりっぺちゃん色の紫陽花が綺麗に咲いていました
DSC01238.JPG
「buon giorno~ボンジョルノ~!」
20180501_132814.jpg
あれもこれも~チーズ好きにはたまらないチーズ専門店
DSC01241.JPG
DSC01242.JPG
ガチョカバロは真空パック こんな大きさですが全てがウソの様なお値段!
重いけど~買っちゃいます^^ 
DSC01243.JPG
肝心要なモッツァレラはどうやって買えば良い~?
入って来る人達はカウンターで個数を注文している様子・・・
ワァオ!店員さん後ろには大きな水槽!そこにボトボト&ボトボト落ちてくるモッツァレラ~!
DSC01245.JPG
モッツアレラは1個:0.5€=約60円 まったくの生なので日持ちしません
悲しいけど・・・モッツアレラは今夜食べる分だけを買います
まるで~昔のお豆腐屋さんでお豆腐を買う感覚で
小さな子からお爺ちゃんお婆ちゃんまで、数十個単位で買って行かれます
DSC01244.JPG
モッツァレッラは生き物 作られた瞬間から味がどんどん変化していく~デリケートな食品
南イタリアは気温が高く、チーズを寝かせて熟成させるのに不向きな為に
こうしてフレッシュタイプのチーズが作られ、家庭でも料理に使われているんです
DSC01246.JPG
イタリアの新鮮な水牛の乳で作り立てのモッツァレラを食べてしまい・・・
イタリアのレストランでは「わ~美味しいモッツァレラだわ~!」
なんて楽しめなくなる?様な・・・罪な体験をしてしまいました^^
DSC01022.JPG
沢山の風力発電のプロペラがゆ~~っくりと回る、長閑な景色
また、マテーラに戻ります
20180430_155645.jpg

LA PERLA MOZZARELLAその他 / アマルフィ)

昼総合点★★★★ 4.7


nice!(97)  コメント(19) 
共通テーマ:blog

南イタリアの旅 最高級の水牛チーズを [イタリア・Italy]

モッツァレラチーズ工場 世界的に有名なヴァンヌーロ
工場や水牛舎などを、まった~りと見学した後は・・・
絞り立ての水牛のお乳を使った食が味わえる「yogurteria」ヨーグルテリア
DSC01230.JPGです
オーダーし番号レシートを受け取り、順番を待つシステム
DSC01196.JPG
工程作業も見る事が出来ます
DSC01198.JPG
水牛のお乳を使ったチョコレート
DSC01199.JPG
テイクアウト用 フレーバー色々の可愛い瓶詰めヨーグルトも販売されています
DSC01200.JPG
ブリオッシュやパウンドケーキが常備されていて~ワクワク&ドキドキ~!
だって、色々なフレーバーが楽しめるんですもの!
DSC01202.JPG
食べたい物を主人告げて~私は席を確保係
DSC01205.JPG
気温24度 2階席もありますが、やはりテラス席ですよね
DSC01206.JPG
フレッシュチーズの数々がジャ~ン!
DSC01204.JPG
先ずは~私が一番食べたかった~出来立ての「リゴッタチーズ」
南イタリア特産のレモンの蜂蜜を、た~~っぷりかけていただきます
20180501_122608.jpg
これが~これが~~私が一番食べたかった~~出来立てのリゴッタチーズ
ほのかな甘みを感じるチーズには、全く酸味を感じる事が出来ない旨味
ブリオッシュにジェラートトッピング チョコと出来たてフレッシュクリーム
20180501_122539.jpg
乗せられた生クリームも、水牛のお乳で作られた物です かなり濃厚~
20180501_122548.jpg
今流行のパンケーキに乗せられた~Japanならではのホイップクリームとは別物です
20180501_122958.jpg
濃厚で味わい深い、脳裏に焼き付いて今でも離れない美味しさ チョコクリームも絶品! 
イタリア人は、こんなに美味しいフレッシュチーズクリームを毎日食べているんですね~
水牛乳のヨーグルト
20180501_122555.jpg
このかなりなモッタ~リ感 濃厚で言葉を失う程美味しい!
20180501_122751.jpg
心奪われる水牛乳のヨーグルト~~~♪ 
↑のブリオッシュにヨーグルトをかけて食べても美味しかったです
チーズケーキ フレッシュなリコッタチーズのケーキです
20180501_122603.jpg
チーズケーキではないチーズケーキ・・・サッパリしているのに濃厚~~
赤ワインにもピッタリ!な感じ 
20180501_122949.jpg
この濃厚さと美味しさは~表現できません 日本でいただくチーズとはまるで別物
ここまで行くだけ!ここだけ行けば良い!の旅でも~価値大ありです
やはりチーズはイタリアなんですね~
水牛乳は牛乳より脂肪分が約2倍強 イタリア人はこんな濃厚なチーズを食べているんです
ここでモッツァレッラチーズを買って帰ろう!と思いましたが~残念ながら売り切れ御免・・・
DSC01232.JPG
大丈夫!ここはモッツァレラの町!戻りながら販売所へ立ち寄りま~す

Tenuta Vannuloカフェ・喫茶(その他) / アマルフィ)

昼総合点★★★★★ 5.0


nice!(98)  コメント(23) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -