So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア フィレンツェ・ドゥオモ・クーポラ [Italy]

フィレンツェのシンボル バラ色で大きい丸い屋根が美しい「ドゥオモ
正式名称は「Cattedrale di Santa Maria del Fiore」日本語に訳すと「花の聖母マリア大聖堂」
何度見ても~美し過ぎます 素晴らしい建築物です
DSC07269.JPG
ドゥオモとはイタリア語で、町の中心となる大聖堂を指す言葉なので
ドゥオモと呼ばれる教会は、フィレンツェだけでなくそれぞれの町にあります
DSC07267.JPG
お隣にド~ンとそびえる大聖堂 
世界で4番目に大きいといわれるこの「サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会
DSC07242.JPG
DSC07244.JPG
全長153メートルの140年の歳月をかけて建設されたもので~
ゴシック建築からルネサンス建築へと変化しているのが分かります
DSC07243.JPG
その脇に在るのが、大聖堂より若干低い84メートルの「ジョットの鐘楼
「ジョット」とは偉大な芸術家 西洋絵画の父と呼ばれた画家ですが~
建築責任者として任されたのが、この大聖堂の鐘楼だったそうです
DSC07274.JPG
DSC07294.JPG
ドゥオモのクーポラと呼ばれる丸屋根の天井部分に上るべく、15時半にnet予約していました
このクーポラに登るのは初めてです!
DSC07325.JPG
以前はクーポラの入り口で入場料を支払って中に入るシステムでしたが
2013年から事前のオンライン予約が出来る様になり便利になりました
一年を通して世界中から観光客が集まるフィレンツェの一番の観光名所
この日はメーデー前日だった事も有り、長蛇の列!多分並んでも入場できなかったかもしれません
下から見上げる天井画と差し込む気借りも美しい~
DSC07296.JPG
さ~ここからクーポラ最上部まで463段の狭い急な階段を登ります
この為に鍛えて~ウォーキングしてきました! 人物の行動には全て意味があります
DSC07326.JPG
ちなみにクーポラ最上部の高さは107メートル その90メートルの高さまで階段で登る事が出来ます
DSC07305.JPG
登り途中の小窓から見えるフィレンツェの景色
ス~っと吹き込む風が、神の手の持つ団扇の様に~汗ばんだ肌を撫でていきます
DSC07306.JPG
DSC07303.JPG
DSC07304.JPG
後ろから登って来るお子ちゃん、前を行く女性と「We can do it!」と励ましながら~
約30分で頂上へ到着~~~!
DSC07311.JPG
DSC07318.JPG
はぁ~~~~美しい!正しくこれが~ルネサンス~~~~!
DSC07319.JPG
上から見るフィレンツェの眺めは「」!赤い屋根の町です
虫博士が子どもの頃に歌っていた「赤い屋根の家」を思わず歌っていました
DSC07313.JPG
DSC07312.JPG
ズ~~~ム!!遠くには古城が見えます
DSC07314.JPG
サンタ・クローチェ教会
DSC07315.JPG 
フィレンツェのホテルやB&Bはこの様に屋上が解放され
思い思い、フィレンツエの時間を楽しむことが出来ます
DSC07317.JPG
DSC07316.JPG
フィレンツェの街を一望した後に待っているのは階段降り・・・
クーポラの上からの眺めはもちろんですが~この下りでしか見る事の出来ない素晴らしい眺めがこちら
DSC07324.JPG
DSC07323.JPG
間近で見上げる天国と地獄のフレスコ画  クーポラ内側の「最後の審判」です
遠近法等を用いて、今で言うトリック画?の様な描き方がこの頃から用いられています
感動過ぎて・・・ジワ~~~~っと涙がこぼれます
DSC07322.JPG
この作品を描いたジョルジョ・ヴァザーリは、ウフィッツィ宮殿も手掛けています
最近テレビでも特集を組まれるダ・ヴィンチ未完の作品『アンギアーリの闘い』を守る為に~
ヴェッキオ宮殿内部に新たな壁画を作って隠したという人物です
DSC07321.JPG
その画家の壁画が手の届く~この目の前に!
千年以上も前の絵が、今こうして目の前に有るんです! 涙を拭きながら~触っちゃいます^^
DSC07320.JPG
フィレンツェは歩く道々、至る所に教科書に載っている建物・絵画が残されています
ここで生活している人は、私達の様なこんな感動はないのかもしれません
が、歴史を語る上で絶対に外せない「時」は確実に、ここに残されています
nice!(111)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 111

コメント 20

うめむす

すごい、すごい、すごい!!!
行きたい、見たい、触れたい!!!
by うめむす (2017-05-19 00:37) 

こんちゃん

屋上がある家に憧れました。
素敵過ぎます。
赤い屋根の写真が同じように見えて、方角を変えて撮られていることに気がつきませんでした。
by こんちゃん (2017-05-19 04:25) 

ma2ma2

イタリアの街並み、良い感じですね!
壁画も立派な感じです(^^)
by ma2ma2 (2017-05-19 07:08) 

あおたけ

ああ、フィレンツェのドゥオモ、
いつみても荘厳な存在感と、
繊細な彫刻の数々が素晴らしいですね~♪
キューポラの上から見るフィレンツェの街並みも、
赤い屋根が整っていてステキですね(^^)
丁寧に撮られたお写真の一枚一枚から、
vivianeさんが感じた感動が伝わってきます☆
いいなぁ、フィレンツェ行きた~い!

by あおたけ (2017-05-19 07:37) 

hatumi30331

歴史のある建物は魅力的やね。^^
街並を一望!
素敵〜♪
見てみたい風景やね。^^

今日は暑い!
ようやく初夏のような気候に。
これが普通やね。 朝晩寒過ぎたのよ。
昨日から母は一般病棟に。
まだまだやけど・・・これからボチボチね。
by hatumi30331 (2017-05-19 08:26) 

momo

このためのウォーキングだったんですね〜^ ^
かなりの階段だけど景色も壁画もとても素敵☆実物を見たら感動なんだろうなぁ〜(*^o^*)
by momo (2017-05-19 08:47) 

raomelon

ウォーキングを頑張っていたのは、クーポラに上る為!
さすがだわ~
上から見る赤い屋根の町、素敵ですね(*'▽')
美しいステンドグラスや壁画にため息~
感動が伝わって来ました^^
by raomelon (2017-05-19 08:51) 

旅爺さん

イタリアは建物もその彫像に内部も壁画など何を見ても素晴しいですね。クーポラからの風景も実に素晴しいです。爺は家内の足が悪いので昇りませんでした。

by 旅爺さん (2017-05-19 09:50) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

建築物がスゴすぎです。
デザインがスゴすぎ・・、今では造れませんね。
町並みもシッカリ保存されていて美しい。。
中世の服装で歩きたいですね。(^^)
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-05-19 09:52) 

えーちゃん

建物も壁画も素晴らしいね。
しかし、壁画はどうやって描くんだろう?
ぁっ、雨の日のオフ会は晴れてる時と変わらないです(^^;
カメラはチョッと可愛そうだけどねw
by えーちゃん (2017-05-19 10:27) 

メルシオ

とても魅力的なイタリア!
いつか主人と二人で訪れてみたいものです(^^♪
by メルシオ (2017-05-19 12:24) 

ようこくん

階段には手すりはあるのでしょうか?
見ているだけで上から人が転げ落ちて来そうで(汗)

建物の迫力も圧巻ですが、壁画を間近で見られるなんて
すごく贅沢な時間ですね。

B&Bに泊まって、昼間に屋上でワインをいただくのも良さそうですね。
by ようこくん (2017-05-19 12:40) 

アールグレイ

ドゥオモ、素晴らしい建物。存在感ありますね。
まさに象徴的な建物。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会も威厳さえも感じる風格を漂わせていますね。
天井画もいいですね。
統一された街並み、素敵です。
感動が伝わってきます^^
by アールグレイ (2017-05-19 13:54) 

斗夢

フィレンツェに日本で匹敵するのは京都でしょうね。
by 斗夢 (2017-05-19 17:33) 

koh925

言葉で表現できないほど、荘厳な大聖堂ですね
30分かけて90mの高さまで登ったかいが有ります
私もブルージュで経験していますが、残念ですが今は無理です
vivi
by koh925 (2017-05-19 18:35) 

kohtyan

クーポラの階段はきつかったでしょう、10年前に行きましたが
上からの景色、天井内部のフレスコ画、最高ですね。
今行っても、足が衰えて、クーポラの最上部には行けませんが。
by kohtyan (2017-05-19 18:39) 

shiho

すごいなぁ~!フィレンツェ!
私もパチパチと写真を撮っちゃうだろうな!!!
生で見てみたいな。
by shiho (2017-05-19 19:53) 

たじまーる

フィレンツェの街
中世ルネサンス時代そのまま(に近い)残ってますので
生きた世界史の教科書をみてるようですね(*´∇`*)
昔のヨーロッパは宗教絶対の時代の中でも
ルネサンス時代は人々の思想や考えが反映されている素晴らしい絵画等の作品や
建造物もみることができますよね♪
by たじまーる (2017-05-20 12:13) 

裏・市長

・・・なんということだ・・・!。

あのウォーキングに励む毎日は、
ただのヒマつぶしではなかったのか!(失礼)。

最上部463段を登りきるための
伏線だったというのか・・・!恐るべしvivi!!。

何カ月も前から、
今日のこの463段記事のために、
ブログ記事を書き、我々にウォーキングの
応援をさせていたのだな・・・!恐るべし・・・!!。

応援していたボクらにも、
感動のおすそわけがあってもいいよな。
甲子園出場球児が砂を持ちかえるように、
壁画の一枚もベリベリとはがして・・・。

今頃、帰国できてないわな・・・。

しかし、net予約できるなんて時代やなー・・・。
そんな事、知らん人のほうが多いんちゃう?。
伊達にあちこちアンテナ張りまくってないな!。
守備範囲広すぎる・・・。

最後の一枚はviviさんに怖れをなした
ボクの表情を的確に捉えたものです。
・・・いつの間に撮ったの!?。
by 裏・市長 (2017-05-22 02:01) 

Cedar

フィレンツエ、いい街ですよね。
15年ほど前に仕事で1週間ほど滞在しました。
毎日2時間ほど確認打ち合わせしたらそれ以外はフリータイムというヴォーノな仕事!街歩きやグルメ、サンジミアーノ・シエナなど近郊な街巡りも楽しみました。
もう一度行きたい街のベスト3に確実に入っています。
by Cedar (2017-05-22 16:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: