So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア ヴェネツィア・迷宮路地を歩く [Italy]

小さなエリアに細い路地が沢山あり、まるで迷宮のようなヴェネツィア
DSC07938.JPG
車も通ることの出来ないこの街  もう何百年も時が止まったかのようです
DSC07922.JPG
ペザーロ家の祭壇画が有名な「サンタマリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂」
DSC07925.JPG
ヴェネツィアの街並が美しいと感じるのは、観光客があまり居ない通りです
DSC07916.JPG
DSC07917.JPG
DSC07918.JPG
DSC07926.JPG
人とすれ違うのも難しいほどの狭い路地も有ります
DSC07937.JPG
DSC07931.JPG
路地裏のような場所に迷い込み、そこに現れるヴェネツィアの素顔
そこに流れる長い長い歴史の道を歩いてる・・・その長い道程を今、私が歩いている
その事にだけでも~感銘を受ける、何だかそんな私の心を揺さぶるまでの「道」がここに有りました
DSC07924.JPG
ヴェネチアでは この様に「PER RIALTO→」「PER S.MARCO→」
等と書かれたプレートが壁のいたる所に貼られています
DSC07929.JPG
「PER」という単語は 「~まで」「~へ」 という意味で、この矢印に沿って歩いて行くと~
サンマルコ広場、ローマ広場、リアルト橋、アカデミア橋等・・・
観光の主な拠点となる場所へと誘ってくれます
こんな狭い路地の所々に沢山のお店が並んでいます 
DSC07935.JPG
DSC07940.JPG
DSC07945.JPG
DSC07946.JPG
DSC07947.JPG
ワァ~オ、路地に突如現れた私を誘うヴィトンの新作~
DSC07866.JPG
DSC07867.JPG
DSC07868.JPG
狭い路地の間を運河が流れています
DSC07943.JPG
突然現れる広場  ベンチが置いて有ったり、大きい広場にはBARがあったりします
DSC07919.JPG
高い建物に挟まれた細い路地と運河 どの路地に入り込むかによって出る場所も変わってきますが
沢山あるその迷路のどれかを選んで、時の止まった世界へ吸い込まれて行きます
DSC08031.JPG
ヴェネツィアの楽しみの1つは迷路のような路地散策です
nice!(116)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 116

コメント 22

あとりえSAKANA

ベネツィアは外歩きが楽しいですね。
(なーんて1回しか行ったことない
ですが。とにかくホテルの部屋の
湿度が高くて、外の方が快適だった
記憶しかありません。)
by あとりえSAKANA (2017-06-16 02:02) 

さる1号

狭い路地に運河、ステキだなぁ♪
行きたくなります
by さる1号 (2017-06-16 03:15) 

こんちゃん

お店の陳列までオシャレに見えます。
このヴィトンはさすがに持ち歩けないなぁ。
by こんちゃん (2017-06-16 04:03) 

tommy88

犬の散歩ですら絵になりますね。
路地裏に湿り気が感じられません。
絵になりますね。
日本人を辞めたくなりますよ。
粉モン喰ってワイン呑んで。
・・・ナンパして。
美しき哉人生って。

by tommy88 (2017-06-16 06:19) 

ma2ma2

これだけ細い道だと迷っちゃいそうですね!
迷路って言うのが判ります(^^)
by ma2ma2 (2017-06-16 07:20) 

momo

道案内の看板もなんとなくオシャレな感じに見えますよね^ ^方向音痴の私は狭い路地に迷ってしまいそうかも!(◎_◎;)
by momo (2017-06-16 07:57) 

ニッキー

迷路散策、とても楽しそうですねぇ=(^.^)=
果物屋(八百屋?)さんも酒屋さんも、そして道案内の看板すらも
とってもお洒落に見えるのは何故なんだろう♪( ´▽`)
by ニッキー (2017-06-16 08:31) 

hatumi30331

どこに行っても歴史の中・・・・
細い道大好き!
入って行きたくなるのよ〜
で、迷う・・・・(笑)

今日も真夏日。
暑いけど・・紫陽花見て来るよ!
意外と近場に凄い所があった!ってパパリん。
行ってきます。
by hatumi30331 (2017-06-16 08:35) 

あおたけ

観光名所はもちろん素晴らしいですが、
このような路地裏散策も楽しいですよね♪
石造りの家々や荘厳な教会、石畳の道、
そしてヴェネツィアらしい運河など、
中世の面影を今に残す街なみがステキだなぁ・・・
「世界ふれあい街歩き」って番組みたい(^^)
さりげなくディスプレイされたヴィトンの新作も、
オサレですね☆

by あおたけ (2017-06-16 08:57) 

shiho

はぁ~!ヴェネツィアでお散歩したくなる!
行ってみたい。
by shiho (2017-06-16 09:50) 

旅爺さん

ヴェネツィアの路地は狭く迷路のようなので引き込まれたら・・?
それにどんどん水位が上がってきてる上に南極の氷河が大割れで沈没もあり得るとか。対策中なんでしょうね。
野際さんが・・また一つ火が消えましたね。
by 旅爺さん (2017-06-16 10:09) 

raomelon

どこを切り取っても、素敵~
息を止めて見入っちゃった^^;
迷路のような路地、大阪3姉妹
ちゃんと出て来れるかしら?^^
路地から突然現れる風景とのギャップが面白いですね^^
by raomelon (2017-06-16 10:18) 

旅爺さん

泥棒捕まえたんだって、よくぞご無事で ホロリ
その時の状況など警察は綿密に記録するので、まるで取り調べみたいだったでしょう。ご褒美ですチュ~!。お疲れ様でした。
by 旅爺さん (2017-06-16 14:29) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

観光客が少ないのがいいですね。
この路地・・・絶対に迷う・・・(^_^;
案内看板も上手く溶け込んでますね。
オシャレな絵柄のヴィトンには、誘惑されなかったんですか?

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-06-16 15:50) 

たじまーる

ヴェネツィアは車が入れないだけありまして
本当に狭い路地ですよね。
狭い路地がたくさんで迷路なのが頷けますね。
ほんとうに世界にはいろんな道があるものですよね(*´∇`*)
先日は拙ブログへコメントありがとうございます<(_ _*)>
子供が一生懸命にお父さんお母さんのために探してきたものは(四つ葉のクローバーやかたつむりなど)
心に響きますよね(^○^)
子供のそういった気持ちを大切にしたいものですね。
by たじまーる (2017-06-16 16:02) 

テリー

狭い路地で、迷路ですね。
Google Map でも、ないと、迷って、目的地まで、いけそうにないですね。
by テリー (2017-06-16 17:44) 

ようこくん

ヴィトンのマークが絵画に同化していますね~。ものすごくインパクトがあるわ~
買ってきてくれました?(笑)

帰り道にふらっとワインを買って帰りたくなる小路ですね。
確実に迷子になりそうだけど(。>д<)
by ようこくん (2017-06-16 18:53) 

kuwachan

ヨーロッパの路地の散策って楽しいですよね!
地元の生活感溢れる感じがいいです。
ヴェネツィアなら迷ってもどこか有名な場所に出てくるのでは?^^
by kuwachan (2017-06-16 20:24) 

アールグレイ

ヴェネツィアの狭い路地巡り
どんなところに通じているか、楽しみながら散策できますね^^
家並みの窓辺のお花たちもきれいです。
お店もきれいですね。
バッグも芸術品のように置いてあるのも、いいですね^^
車の通らない路地をゆっくり歩く時間、その歴史も感じながら感慨深いですね。
by アールグレイ (2017-06-16 21:35) 

Simple

ヴェニスのぶらり歩き良いですね!
ここは車が走っていないので本当に不思議な感じですよね~。

ブログを読んで、サンマルコ広場の近くのお店で奥さんにバッグを買わされた事を思い出しました。(^^) Bottega Veneta のバッグでしたが、当時は日本で売っていなかったので、バチ物では? と疑っていました。(笑)
by Simple (2017-06-16 22:46) 

まるたろう

自分がヨーロッパで行きたい国といえば、一位はイタリアですね。
まあ、当分は無さそうですが(笑)。
by まるたろう (2017-06-16 23:59) 

裏・市長

ヴィトンの新作!。
すごいな!今、こんな感じなの?。
モナリザやで!モナリザ!。

大阪・あべの橋の近鉄百貨店の1階に
ヴィトンの店があんのよ。
ヴィトンのviの字も知らん頃、
表の看板見て、大声で「ルイス・ビトン!」と読んで、
もうアンタとは買い物に来ん!と、
宣告されたのも、今ではよい思い出でございますよ。

今でも、店舗の前を通りかかると、
ルイス・ヴィ豚!と叫びたくなる・・・。

あぁ、それにしても気になる。
その後、コソ泥の命は無事だったのかと、
ちょろの悲しい思い出(笑)。

最近、心に引っかかる事柄が多いね。

さぁ、週明けだ!今日もなんとかがんばろう!。
by 裏・市長 (2017-06-19 10:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: