So-net無料ブログ作成
検索選択

台南の旅~安平Ⅵ 億載金城~ [台湾・Taiwan]

夕暮れでは有りません 少し霞みがかっているお天気で・・・気温は30℃
IMG_8688.JPG
IMG_8687.JPG
海に突き出した「安平塩神白沙灘公園」
IMG_8693.JPG
休日だったので沢山のファミリーが凧あげをしていました
IMG_8700.JPG
IMG_8699.JPG
IMG_8701.JPG
凧あげしている横では何やら騒がしく・・・お経の声とお線香の煙が漂っています
IMG_8703.JPG
何か宗派の奉りごとなのでしょうね
IMG_8704.JPG
IMG_8705.JPG
煙の中を突っ切って自転車を走らせると~「億載金城」が現れます
IMG_8713.JPG
IMG_8722.JPG
IMG_8717.JPG
億載金城はかつて「安平大砲台」、「二鯤身砲臺」と呼ばれていました
この億載金城は実は日本とも深い関係がある所なんです
1871年・・・
台湾南部に漂着した琉球の住民が、「牡丹社」と呼ばれる部落民に殺害されるという事件が起こりました
pic_149_4.jpg
これに対し清国政府に責任回避された日本軍と一戦を交わした古の場所で「牡丹社事件」と呼ばれています
その日本の攻撃に備えて1874年に築城されたのが~この億載金城なのです
いわば・・・日本の為に作られた城壁
IMG_8719.JPG
設置してある砲台は台湾で初の洋式砲台で、しかも1876年にはフランスのエンジニアの手により~
台湾初のアームストロング砲も完備したそうです そのアームストロング砲がこちら[左斜め下]
IMG_8723.JPG
IMG_8724.JPG
砲台には大小の大砲が置かれ、城の中央は訓練場となっていました(今はただの広場)
IMG_8725.JPG
IMG_8727.JPG
二度と使われることない大砲の上で、平和な時間と遊ぶ台湾の子ども達が愛おしく思えました
IMG_8730.JPG
今まで聞いた事の無い・・・初めて聞く美しい鳴き声の鳥 耳を澄まして探してみると~いました!
IMG_8729.JPG
日本語を話す老人は、私達・日本人を見付けると微笑みながら話し掛けてくれる台湾
色々な歴史がありつつ全て受け入れ、全てを認め日本を大切に思ってくれる・・・お隣の国とは全く違いますね
「億載金城」は府城(台南)名勝の一つに指定され、大砲なども大切に保存されています
16-11-27-21-50-47-434_deco-d0ec6.jpg
海は目の前ですが、このまま漁をするわけにもいかないので・・・戻りますよ~~!ついて来てね~^^
nice!(106)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~安平Ⅴ 安平でも豆花~同記安平豆花 [台湾・Taiwan]

安平を自転車で観光していると~「海頭」?
そうなんです、海がここまで入り込んでいます
IMG_8611.JPG
はるか向こうには台南の街並みが見えます
IMG_8639.JPG
長閑な休日・・・台湾人も舟下りが好きなんですね
IMG_8640.JPG
さ、あの橋の袂まで~自転車を飛ばしま~す!
ゲッ・・・・・
IMG_8647.JPG
穏やかに流れる時間の安平をチラチラと撮りながら~
IMG_9072.JPG
IMG_9032.JPG
目的地へ到着~!
IMG_8662.JPG
安平に来たら絶対に食べたい!と思っていた豆花の超有名店 「同記安平豆花
IMG_8663.JPG
豆花は台湾各地で食べることが出来ますが、このお店は40年物歴史あるお店
台南・高雄にチェーン店も沢山出来ていますが~ここが本店です
IMG_8666.JPG
メニューはこんな感じで・・・どのデザートも大体30元(100円)程で食べられます
IMG_8665.JPG
始めに支払いを済ませオーダーしますが、結構待ちました 店内はかなり広いのに凄い人です
IMG_8676.JPG
外までビッシリ!
IMG_8677.JPG
かき氷に綠豆、紅豆をトッピング
IMG_8667.JPG
かき氷の氷自体がミルクで出来ているのが台湾 でもね、練乳をイメージしないでください
台湾は何でも薄味です エバミルクを凍らせた氷を・・・想像して下さいね
IMG_8670.JPG
氷自体には味は付いていませんが濃厚です ホロ甘く作られた緑豆がとても美味しい~
IMG_8674.JPG
で~豆花です トッピングは緑豆と紅豆
IMG_8668.JPG
・・・絶句・・・美味し過ぎる・・・このお店の豆花は他のお店と全く違うわ~~~~
トロトロ~フワフワ~濃厚な豆乳のとろけるプリンと言った感じ~
IMG_8669.JPG
このお店の美味しさの秘密は遺伝子組み換え大豆を一切使わず、香り高い大豆を使用していること!
トッピングも小豆、タピオカ、レモン、緑豆から選択できて~お値段据え置き30元!
余りにも美味しいので~又追加! 竹炭&黒豆豆花 トッピングは小豆
IMG_8672.JPG
このレベルの豆花は多分・・・台湾一かも!
IMG_8675.JPG
このお爺ちゃまが作り出したんですね~有り難う~お爺ちゃん!
IMG_8671.JPG
で・・・美味しくてたまらないので~又お代わり^^
b0111525_18225137.jpg
台南、安平に行かれた際には、絶対外せないお店の一つですね~! 並んででも食べる価値あり!
IMG_8734.JPG
さぁ~橋を渡って~次の目的地へ~
IMG_8735.JPG

同記安平豆花 安平總店かき氷 / 台南)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(105)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

復活!あら浜のはらこ飯 [gurmet 日]

春は『ほっきめし』夏は『しゃこめし』や『あなごめし』秋・冬の名物『はらこめし
四季折々の郷土料理を提供されているお店  あの「あら浜」が亘理に戻って来ました!
IMG_9290.JPG
津波で大きな被害を受け、更地に看板を残しただけの店舗は
仙台で再開を果たし「花京院」の店舗へも何度か足を運びました
が~やはり・・・ここ地元・亘理に戻って来られたんですね
IMG_9287.JPG
お店は前あった場所から少し手前に場所を移し、カウンターとお座敷・テーブル席の部屋が用意されています
IMG_9291.JPG
このお店の名物は~何といっても宮城県南の沿岸部・亘理の郷土料理「はらこ飯」
「はらこ飯」は季節メニューなので、9月の初旬から12月初旬の提供です
三昧小丼 1500円
IMG_9292.JPG
はらこ飯
IMG_9293.JPG
脂の乗った鮭の身とたっぷりのはらこ  キラキラはらこが美しい~
はらこ飯は煮汁で鮭の切り身と炊き込むので、鮭の身がしまってとても美味しいのです
IMG_9299.JPG
ドスっと突き刺さった海老の天丼
IMG_9294.JPG
濃いめの味のタレが何とも言えず美味しい~
温泉卵と焼き笹かまの乗ったおうどん(冷か温か選べます)もセットです
IMG_9295.JPG
茶碗蒸し&お浸し
IMG_9297.JPG
サラダ
IMG_9298.JPG
あら汁
IMG_9296.JPG
小丼とは言え、とんでもないボリュームの丼と付け合わせ
ん~「あら浜」!さすが~「あら浜」! 嬉しい亘理復活!おめでとう~ 
その昔仙台藩主・伊達政宗にも献上されたとされる「はらこ飯」はやっぱり亘理が本場ですね
この看板も・・・見事に蘇っていますよ~
IMG_9288.JPG

あら浜 亘理店魚介・海鮮料理 / 亘理駅

昼総合点★★★★ 4.0


トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

すていき 小次郎 de 新年会 [gurmet 肉]

今年も仲良しセレブ会の新年会は小次郎
IMG_9757.JPG 
食べログでも私の一押しのお店 全てに於いて5★=パーフェクトな鉄板焼きのお店です
IMG_9758.JPG
何もかも大好きなお店で、写真を撮るポイントも沢山!~小次郎は写真枚数が多いです・・・スミマセン 
黒毛和牛コースに鮑を単品でお願いしました
「白ワイン」私はワイン苦手・・・なので「ビール」を
IMG_9760.JPG
いつも通り、先付と前菜のメニューがテーブルに置かれます
IMG_9764.JPG
先付 焼き雲子・湯葉・目ネギ
IMG_9763.JPG
前菜
IMG_9765.JPG
小次郎スープ   コンソメとジャガイモの冷製スープで、創業以来約40年間変わらない煮凝りのスープです
IMG_9767.JPG 
「活鮑」まだ動いてます 
IMG_9766.JPG
IMG_9769.JPG
軽く焼いた鮑の身に切り目を入れ~
IMG_9772.JPG
ブランデーで・・・
IMG_9773.JPG
炎のタイミングも、カメラを持つ私達に料理人さんが気を遣ってくれます
美味しく焼きあがりました~
IMG_9777.JPG
ガーゼで可愛らしく包まれたものはレモンです  絞った時にレモン汁が撥ねない・・上品な心配り
IMG_9771.JPG
鮑なら日本酒にしましょ 「お好きな御猪口をどうぞ・・・」と綺麗な切り子の御猪口を数種運んでくれました
IMG_9779.JPG
momoちゃんは緑の切り子
IMG_9776.JPG
私は津軽塗の御猪口で・・・お酒は日高見や浦霞
IMG_9780.JPG
お肉の準備がされます 嬉しい~~~「さし」がたっぷり~~
IMG_9781.JPG
IMG_9782.JPG
miyurinは赤ワインを
IMG_9783.JPG
昨年同様~私とmomoちゃんはロース miyurinとchiちゃんはヒレ 2:2で好みが分かれます
IMG_9784.JPG
焼き上がると同時に「サラダ」が置かれます 柚子種のジュレが美味しかったです
IMG_9787.JPG
超ベリーレアのロース
IMG_9785.JPG
お醤油やポン酢も用意されますが、私はアンデス岩塩とおろしたての本山葵でいただきま~す
トロトロ~の和牛にはわさびが欠かせません
IMG_9786.JPG
ミディアムのヒレ
IMG_9788.JPG
言葉にならない美味しさ~口の中でお肉がとろけます 幸せ~
特製のニンニク味噌と、お肉の脂身をきざんだもので作るガーリックライス
IMG_9793.JPG
以前は見る事の無かった、上に振りかけられたパウダーは「昆布茶」だそうです
おこげもクルリン~と作り上げてくれます
m_DSC04625-cfe29.JPG
自家製きざみ生姜を添えられた~上質のお肉の味を忘れさせないガーリックライスです
IMG_9794.JPG
ぬか漬けの香の物と、お味噌汁もとても美味しい脇役でした
デザートマットにお着替えされて~美味しいほうじ茶が置かれます
IMG_9799.JPG
〆のデザート 酒粕のクレームブリュレ
IMG_9806.JPG
買って帰りたいくらい美味しい~~酒粕の旨みが口でとろける~~
IMG_9809.JPG
と、そこへ~私達の話を聞いていたお店の方から「サプライズ!」 1/30日が誕生日のmiyurinへ・・・
IMG_9804.JPG
グルメの話ですが・・・ごめんなさい  どうしても私が以前から撮りたかったのはこちら・・・トイレです
シャングリラのバスルームをイメージする様な光
IMG_9802.JPG
どなたか入る度毎に水に落とされている花弁・・・
IMG_9800.JPG
何度か記事にも書いていますが、今回は無理を言って写真を撮らせていただきました

鉄板の職人さん、裏方の「和」の職人さん、デザート等のパティシェ
私達の見えない所にも、お客様への心遣いを沢山感じる事が出来る小次郎
店長の松永さんは私のブログも見て下さっていて、年末にインフルで大変だった話や
momoちゃんのトマト嫌い、私達の嗜好まで全て覚えて下さってる事 素晴らしい「お・も・て・な・し」
本当の「おもてなし」とはこういう事ですね 頭が下がります 
さり気無い細やかな気遣い・ホスピタリティ&サスティナビリティ~
職人さんの提供するお料理の一番のエッセンスですね
帰り際入り口で・・・「いつも有り難うございます」とお土産をいただきました
IMG_9813.JPG
いつも笑顔で、必ずお外までお見送りして下さる店長の松永さんと料理長の我妻さん
IMG_9811.JPG
また来たい!また食べたい!と、お腹も心も満たされて帰るその瞬間から~思うお店 大好きなお店です
original.jpg

すていき 小次郎ステーキ / 勾当台公園駅大町西公園駅青葉通一番町駅

夜総合点★★★★★ 5.0


nice!(126)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

酷寒の日は温泉で・・・ [happy]

仙台中心部から車で2~30分の秋保(あきう)温泉
兵庫県の有馬、愛媛県の道後とならぶ日本三大御湯(皇室の御料温泉)の一つです
秋保温泉の一番奥にあるホテルクレセント
IMG_9837.JPG
IMG_9816.JPG
余りにも近いので地元仙台の人は余り利用する事がありませんが~
寒い日、思い立ってすぐに来れるのが良いですね 
IMG_9817.JPG
雪が残っています
IMG_9819.JPG
地下のお風呂へ・・・
IMG_9820.JPG
開湯1400年の古い歴史を誇る秋保温泉
こちらは源泉で、お湯の匂いがプ~ン リューマチ、神経痛、創傷、皮膚病、貧血、婦人病に効くそうです
IMG_9821.JPG
IMG_9823.JPG
ジャグジーで陽を受けながらヌクヌク~
IMG_9822.JPG
やっぱり温泉のお湯は温まり方が違いますね~ ず~~っとポカポカ暖かい・・・
と~湯上りのビールをグビッっと~~!
IMG_9824.JPG
因みに北四番丁にある「ビストロハレマス」のオーナー&同級生の増澤君はこちらの総料理長でした
フレンチランチをいただきま~す
人参のポタージュ
IMG_9825.JPG
IMG_9826.JPG
サラダ
IMG_9828.JPG
メインのお肉料理 
IMG_9829.JPG
トロトロ~ととろける様な牛肉に、ホテル仕込みのデミグラソースソースが絡んで美味しかったです
IMG_9830.JPG
IMG_9831.JPG
デザートをいただいて・・・
IMG_9832.JPG
IMG_9833.JPG
もう一度お湯へ・・・
IMG_9834.JPG
仙台の奥座敷として賑わいを見せている秋保温泉
ヨン様もお忍びで~ゴルフをしながら良く来ているようです
IMG_9835.JPG
同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つとして数えられています
はぁ~やっぱり温泉&湯上りのビールは最高~^^
nice!(114)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~安平 Ⅳ お祭りの「安平」~ [台湾・Taiwan]

台南の中心地から少し離れたところにある観光地「安平」 台南の原宿と言った感じです
IMG_8552.JPG
古い城塞がある安平古堡・ガジャマルの樹が絡まる廃墟・・・
色々と紹介しましたが、その名所周りには沢山の屋台や露店が出ています
IMG_8545.JPG
そのお店巡りをし、食べ歩きをているだけでも一日楽しめる所です
至る所に有る海老せんべい屋さん
IMG_8549.JPG
行列の出来ているこのお店は??「明太子アイス」??と書いて有りますが~
IMG_8547.JPG
こんな感じ 
IMG_8555.JPG
中身は至って普通の(薄味)アイスクリームです
IMG_8554.JPG
海が近いので海鮮は多いですね~ イカ焼き
IMG_8596.JPG
IMG_8557.JPG
山も近いので^^栗
IMG_8556.JPG
アヒルの卵煮 台南ではアヒルの卵がメジャーです
IMG_8604.JPG
台湾名物・臭豆腐
IMG_8561.JPG
牡蠣のトロトロ卵焼き これが実に美味しい~!
IMG_8597.JPG
綺麗な「翁飴」
IMG_8564.JPG
靴の修理屋さんも出ています  靴!靴!!靴!!! 靴の事なら俺だ!といった人生を語る顔つき!
IMG_8600.JPG
IMG_8601.JPG
金魚すくい 「熱帯魚すくい」と書いて有りましたが、色付けされた金魚ちゃんでした^^
IMG_8562.JPG
IMG_8606.JPG
そして~娯楽も沢山 台湾人は娯楽好きです どれも素朴な遊びですが・・・^^
ピンボール
IMG_8563.JPG
宝くじほど高額では有りませんが「くじ」
IMG_8544.JPG
アイスクリームなどもルーレットの様な物を回して~アイスの数を決めます
IMG_8566.JPG
賓果麻將(びんぐぉまーじゃん)  麻雀パイを使ったビンゴゲームの様なもの
IMG_8559.JPG
子どもも一緒に楽しんでいます
IMG_8558.JPG
麻雀愛好家が多い台湾ですが、一応賭け事なので本場は雀荘などが有るのでしょうね
こういう公共の場では可愛らしいルールで遊んでいます
台南の中心地とはチョッと違う雰囲気の「安平」 台南で最もノスタルジックな街と言われています
熱帯魚&かめすくい^^ ルーレットアイス^^ ピンボール^^
何だか昭和の時代を思い出し、懐かしさの中に嬉しさとワクワク~を感じる町でした 
nice!(114)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~安平Ⅲ 安平古堡~ [台湾・Taiwan]

安平古堡(アンピングーバオ)
安平古堡の原型は明王朝の時代(1623年)オランダ人が安平に簡素なレンガの城を築いた事に始まります
IMG_8577.JPG
IMG_8568.JPG
オランダ時代の遺跡は、この下の写真・古堡の北側平台下・二段内城半円堡の残がいと
古堡前方の道路わきの外城の城壁だったレンガ壁が残るのみ・・・古への思いを誘います
IMG_8570.JPG
当時、この城はオランダ人の台湾全島の統治と対外貿易の総拠点だったそうです
日本統治時代は、城壁は平らに削られ赤レンガの平台と日本式の税関宿舎に改築され
オランダ時代の建築物は一旦すべて破壊されました
IMG_8585.JPG
IMG_8586.JPG
台湾光復後、「安平古堡」と改名 現在は補修整備され観光地として蘇りました
IMG_8584.JPG
明の永暦16年(1662年) 鄭成功はオランダ人を駆逐し、三代にわたってこの城に居住したため
「王城」とも称されています
IMG_8590.JPG
IMG_8588.JPG
IMG_8589.JPG
IMG_8587.JPG
古堡の西北側に、高さ三丈あまり(約10メートル)の高さの壁があります
主な材料は珊瑚・もち米・砂糖水・牡蠣殻灰などから作られた三合土レンガで、1979年に公開されました
IMG_8582.JPG
北側の平台の下方には半円堡的な残がいがあり、累々とした赤レンガが重厚に積み重なってできています
IMG_8569.JPG
IMG_8579.JPG
IMG_8581.JPG
奥には円形の基礎の遺構がはっきりと見られました 古井戸、又は建物の遺跡なのでしょう
安平古堡の歴史、全盛期だった頃のお城の栄華、時代の移り変わり・・・
IMG_8591.JPG
どっしりと屹立する鄭成功の銅像
IMG_8583.JPG
まだらになっている城壁
IMG_8576.JPG
戦火を経て無残な姿になった安平古堡を、どれほど多くの人々が惜しまれたのでしょう
だからこそ沢山の人達の思いを馳せ、ここに復元し世界の人へ伝えるべく観光地になり復元されました
IMG_8571.JPG
何だか私・・・真剣に歴史を考えて歴女していました・・・
ワォ!歴女の目の前に~台湾名物「芒果冰・マンゴーかき氷」屋さんが!
はい!歴史は闇に葬り・・・まずはこちらをいただきます!
IMG_8573.JPG
削られる氷が既にミルクの氷を使っている為濃厚なかき氷です
「ミルク」と言っても日本時だと「練乳」をイメージしますよね 台湾人は薄味好きです
「エバミルク」の様なアッサリめのミルクです この氷は中々融けません
IMG_8575.JPG
マンゴーは時期的に冷凍です でも、ドッサリで美味しい~
IMG_8574.JPG
11月なのに30℃超えの暑さの台南 それでもとても心地よい風が吹いてます
かき氷で暑さを凌ぎ、お城周りに出ている~一番気になった「屋台」散策と行きましょう~♫
IMG_8592.JPG

安平古堡小舗カフェ / 台南)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(116)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~安平Ⅱ 安平樹屋~ [台湾・Taiwan]

台湾の京都といわれる台南の安平地区には、台湾のルーツを探れる史跡が数多く残っています
自転車で先ず訪れたのは~史跡とは趣がちょっと違う不思議スポット・・・徳記洋行~安平樹屋です
IMG_8612.JPG
IMG_8614.JPG
徳記洋行(ダージー・ヤンハン)
f4f1d5230d4698b5_S2.jpg
徳記洋行は、元イギリス貿易会社の建物です
IMG_8620.JPG
台湾では1858年、清朝が英仏米露と結んだ天津条約に基づいて、1865年・安平と淡水が開港しました
その結果、ヨーロッパ諸国はこぞって安平に洋行(貿易会社)を設置しました
IMG_8618.JPG
イギリスは台南を拠点に茶、樟脳、砂糖などの輸出を行い、日本統治時代には~
「大日本塩業会社」の営業所として使われ、日本の撤退後は「台南鹽場」の事務所として使われていたそうです
IMG_8617.JPG
IMG_8616.JPG
1979年に台南市政府によって改修整備され一般に公開されています
500_29968197.jpg
「徳記洋行」は商社として、株式会社に形を変えて現在も存続し、台北で営業しているそうです
IMG_8622.JPG
その敷地内にある徳記洋行の倉庫だった建物
IMG_8626.JPG
IMG_8624.JPG
そのまま放置され~榕樹(ガジュマル)にバクバク食べられています
IMG_8625.JPG
IMG_8632.JPG
安平樹屋
IMG_8643.JPG
「Anping Treehouse」として、ミシュラングリーンガイドで2つ星を獲得したこちら「安平樹屋」
IMG_8631.JPG
塩の倉庫として使用されていましたが、その後廃墟に→気づけばガジュマルの樹に侵食されて・・・
IMG_8630.JPG
歴史的な建造物から、ニョキニョキとガジュマルが生い茂り~建物を覆い尽くす天然の芸術作品!
IMG_8628.JPG
台湾人はガジュマルの木を「」だと信じている為、あまり近寄る事がないまま歳月が過ぎ
ここは鬼屋敷かと言われていたそうで、現在のような特殊な情景になったそうです
IMG_8634.JPG
日本人ならばクレーマーのクレームが付き、切り落とされそうな樹
台湾(異国)では樹の方が大事 「樹に気を付けて歩いてね!」と樹を保護するスポンジも・・・
IMG_8635.JPG
それにしても~どれくらいまで伸びるのでしょうね まるで生きている様な・・・不気味ささえ感じます
じっ~~~~と見ていると、その場でヌーッと伸びてくる様な感じ^^
IMG_8633.JPG
IMG_8637.JPG
鬼屋敷と言われたの恐ろしい面影を偲びつつ~ガジュマルの木の生命力の強さ!
IMG_8627.JPG
歴史と共に盛んに使われていた白亜の眩しい徳記洋行・・・荒廃して樹木に覆われた倉庫・・・
今はガジュマルの樹に覆われた倉庫へと足を運ぶ人・・・徳記洋行を訪れるようになった
歴史の上を歩く時の流れの対比に、何だか感慨深い~不思議な地でした
IMG_8645.JPG
nice!(102)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

駒形どぜう [gurmet 東京]

夜のこの景色が大好きです スカイツリーとアサヒビールのオブジェ・・・東京に来た!という感じ
DSC05915.JPG
浅草は夜でも沢山の観光客の姿
DSC05917.JPG
タイへ行く前泊は成田でしたが「どぜうが食べたいなぁ~」と虫博士の望みをかなえるべく~駒形へ・・・
「駒形どぜう」 創業は1801年・・・徳川11代将軍、家斉公の時代です
東京にいた頃は月に二~三度必ず食べていた「駒形どぜう」
どうやら~私の体のDNAが虫博士へ移行した様で、鰻は嫌いなのにどぜうは大好き・・・
DSC05922.JPG
そうかもしれません・・・このおみせの「どぜう=どじょう」 うなぎの様な臭みが全くないのが特徴です
1階のお座敷に通され、苦手な畳座りです 1階にも2階にも~渋谷店にも必ず貼られています「放歌禁止」
昔から変わらない板一枚テーブル席、本来の「駒形どぜう」がこの1階になります
DSC05930.JPG
メニューはこちら
DSC05924.JPG
まずは~ビールから
DSC05925.JPG
「旅立つ前の景気づけにどう?どぜうにはビールよ~?」と悪の道へ連れ込もうとする母に
「そうだね、じゃ、1杯」と20歳になった虫博士
DSC05926.JPG
この薬味の葱が美味しいんです
DSC05927.JPG
大好きな玉ねぎの酢漬けが品切れだったので~「ぬか漬けのお新香」
DSC05929.JPG
どぜう鍋
DSC05928.JPG
炭火でジワジワと熱します 
ごぼうのささがきも頼み、テーブルに置かれた葱をどっさり入れ~山椒をかけて・・・
DSC05931.JPG
どぜうは汚い水の中で生きると思われがちですが~
きれいな水といい餌がなければ、良いどぜうは育ちません
DSC05932.JPG
丸々と太った「どぜう」
DSC05938.JPG
このお店のどぜうの生産地は大分などの自然と水が豊かな土地
酸素と微生物をたっぷり含んだ清らかな水の中で
安全で美味しいどぜうを大切に育て、養殖しているそうです
2皿目の鍋
DSC05936.JPG
予め下味を付けられたどぜう こんなに大きいのに全く骨がなくて、泥臭くないんです
「実はね~先日絵の展覧会を見に来た時も、どぜうが食べたくてここに一人で来たんだよ^^」
「まだ20歳になってなかったのに生意気ね~」
「お爺ちゃん(義父)と最後に来た事を思い出してさぁ~」
「・・・・そうだったの・・・言ってくれれば~どぜう代、上げたのに~」
「今からでも遅くないよ~!^^」「明日は早いから帰ろうか・・・^^」・・・とそんな会話をしながら~
16-09-25-11-07-52-405_deco.jpg
お会計をテーブルで済ませまると~下足札が・・号→番に変わります
これも江戸時代から変わらぬシステム
DSC05939.JPG
200余年の歴史を刻む「駒形どぜう」 私達の思い出にも、その歴史の数十年お借りしています
DSC05937.JPG
6~9月には麻の「のれん」に替わり、この日は「麻のれん」をくぐりました
DSC05921.JPG
藍染の「のれん」の冬~春も、このお店は私たち家族夫々の思い出深い名店です

駒形どぜう 本店どじょう / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

夜総合点★★★★ 4.5


トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~安平Ⅰ~ [台湾・Taiwan]

IMG_8490.JPG
朝食を終え今日は「安平」へ向かいます 
ホテル前にはタクシーも待機していてとても安価です 
が~バス停もホテル前に有るし、時間もた~っぷり有るので・・・敢えてローカルバスを楽しみます
IMG_8510.JPG
台南は台北と違いMRTもなければ、流しのタクシーもそれほど多くありません
歩いて観光できるところも多いのですが、観光客でも簡単に乗り降りできるバス「88安平線
IMG_8527.JPG
台南の中心地から少し離れたところにある「安平」という街
IMG_8531.JPG
「安平」は「タイワン」という名前の由来になった台湾最古の都市だそうです
オランダ、漢民族、日本・・・歴史の影が色濃く残るところ
台南は台湾の古都と言われるだけあるところですが、安平はさらに趣深いところです
ホテルからバスで15分~20分 到着で~す 
IMG_8518.JPG
お昼前なのに凄い行列!このお店もきっと美味しいのでしょうが、朝食後なのでお腹に入りません[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_8524.JPG
と、そのお店傍で何やらワクワクした顔で出来上がりを待っている親子
IMG_8520.JPG
手づくりフレーバーティー・お茶屋さんです
IMG_8521.JPG
「何を頼んだの?」とそのお母さんに聞くと「レモン入りのアイスティーよ!とっても美味しいわよ!」
と、作っている男の子に頼んでくれました レモンは丸ごと1個スライスしてくれます
IMG_8523.JPG
それを~原始的に・・・コーヒーカップに入れ木べらで潰し、冷えたほんのり甘い紅茶に全部投入!
IMG_8519.JPG
これは~美味しくないわけがない!歩き疲れた時、レモンスライスを齧っても美味しかったで~す
IMG_8525.JPG
アイスティー片手に歩きま~す
IMG_8533.JPG
午後になって日差しが強くなってきました 気温30度
IMG_8537.JPG
IMG_8536.JPG
周氏蝦捲(總店) とても有名な海老捲きのお店です
IMG_8539.JPG
IMG_8541.JPG
安平は、台南で最もノスタルジックな街と言われていて、昔懐かしい街並みや古跡を楽しむことができます
台南の人にオススメスポットを聞くと必ず「安平老街」という答えが返ってきます
IMG_8542.JPG
街自体もそう大きくはなく、日帰りで十分満喫できるのが旅行者にとって嬉しいところ
IMG_8534.JPG
歩いていると~レンタル自転車に乗っている観光客を沢山見かけました
その自転車後ろに貼ってあるレンタル会社の住所をチェックし~Googlemapで検索!
見付けましたよ~!借りちゃいま~す 一日:350元=約1200円
IMG_8651.JPG
はいは~い!
IMG_8652.JPG
台南人の誰もが認める、台南で最もノスタルジックな街・安平
安平散策のゴールデンスポットを自転車で~見て&食して&感じて&撮って~廻りま~す
16-11-27-21-53-41-009_deco.jpg
私、自転車乗れないと思ってるでしょ? 氷屋さんなみに早いですよ~! ついて来てね~!
nice!(127)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~シャングリラ台南・朝食(クラブ編)~ [台湾・Taiwan]

台南の記事に戻りま~す

ホライゾンクラブの朝食会場は24階
食器の音、ナイフ・フォークの音が吹き抜けになっている35階の天井にぶつかり、館内に響く様が良い感じです
IMG_8217.JPG
IMG_8448.JPG
ホライゾンクラブ宿泊者は、このホライゾンクラブでの朝食は勿論~スタンダードクラスの朝食も
その日の気分で選んで会場を選ぶことが出来ます  先ずは~ホライゾンクラブの朝食ビュッフェから・・・
IMG_8485.JPG
ベーグルは出来たて、パンも焼きたてです
IMG_8486.JPG
IMG_8487.JPG
パンケーキやワッフル
IMG_8489.JPG
絞り立てフレッシュジュース
IMG_8497.JPG
ミネラルウォーターやペプシは持ち帰ってもOKです
IMG_8491.JPG
手づくりヨーグルト
IMG_8496.JPG
ジョアやヤクルトが有るのが嬉しい日本人・・・
IMG_8495.JPG
フルーツはお願いするとカッティングしてくれます
IMG_8493.JPG
IMG_8494.JPG
中華圏なので飲茶も沢山有ります
IMG_8488.JPG
IMG_8502.JPG
IMG_8499.JPG
コンチネンタル
IMG_8498.JPG
と・・・まだまだ沢山の種類が有りますが~この後の事を考えて、コンチネンタルで軽く・・・
IMG_8504.JPG
コーヒー・紅茶・メイン(卵料理)はリクエストでテーブル席へ運んでくれます
IMG_8503.JPG
Fried eggにしましたが、オムレツや普通の卵焼き等も作ってくれます
IMG_8505.JPG
ヤクルトは部屋へ持ち帰って・・・
IMG_8506.JPG
クラブラウンジは人が少なく、穏やかに朝食をいただけます
でも・・・スタンダードクラスの朝食会場も気になるところ^^ そちらのビュッフェは又後ほど・・・
明日から~台南の見どころ&観光名所・安平の記事に入ります

Shangri-La's Far Eastern Plaza Hotel Tainanその他 / 台南)

昼総合点★★★★ 4.0


nice!(111)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Eggs 'n Things が仙台にやって来た~de新年会 [gurmet sweets&bread]

パンケーキや卵料理など朝食向けの料理が楽しめるハワイ発レストラン「エッグスンシングス
昨年末12月、ついに~仙台店がオープンしました!
IMG_9686.JPG
仲良しのyoukoちゃんから情報を得ていましたが、何せ忙しい年末・・・行けず仕舞いで年が明け~
平日にも関わらず30分待って入店出来ました
IMG_9687.JPG
東北エリア初となるEggs ’n Things 
国内17号店目となる仙台店は、奥行きが広くソファもゆったりとしたアダルティ―な雰囲気です
IMG_9688.JPG
1号店の原宿店がオープンしたのが2010年
IMG_9689.JPG
オープン直後にセレブ会で原宿へ出向き、行列に並んでパンケーキを食べた事を思い出します
それから約6年の歳月が経つんですね~
その後も虫博士とパパ、東京に住む友人と・・・何度となく原宿店には足を運びました
ソースはもう説明されなくても分かりますよ~メープル・ココナッツ・グアバ
IMG_9690.JPG
先ずは~ノーマルなパンケーキから・・・
パイナップルホイップクリームとマカダミアナッツ 1080円
IMG_9691.JPG
出ました~!天を突き抜けるようなホイップクリーム!
モコモコフワフワ~の空気感たっぷり~ハイジの様にこのクリームの上に乗って空を流れる感じ~~
IMG_9694.JPG
やっぱり~このお店のパンケーキは美味しい! 
しっかりモチモチとしているのに、重たくない ホイップクリームとの相性が抜群!
IMG_9695.JPG
ソースをかけて味の変化を楽しめるのもプレーンならでは 私はグアバソースが好みです
IMG_9696.JPG
トリプルチョコレートブラウニーパンケーキ 1650円
こちらのパンケーキは1/16~2/14・全国でバレンタインデーパンケーキとして限定提供されます
IMG_9692.JPG
チョコレートとココアを混ぜ込んだパンケーキ生地に、チョコチップとくるみを入れたブラウニー風の一品
メチャメチャ美味しい~! くるみの食感とチョコレートの優しい甘みが口の中に広がります
ホイップクリームは縦型ではなく横に寝せられて・・・
イチゴとチョコレートってどうしてこんなに相性が良いのでしょうね~
IMG_9699.JPG
仙台店限定のエッグベネディクト「フォアグラとローストビーフ」 1880円
フォアグラとローストビーフを贅沢に使ったエッグスベネディクトです
IMG_9693.JPG
卵の黄身とバター・レモンを使った~オリジナルのオランデーズソースはとても美味しい~!
シェアしたので、ナイフを入れた途端ポーチドエッグが鳴られ落ちてしまいました
それでも~トロトロ~の卵の黄身とマフィン・フォアグラのハーモニーは口の中にしっかりと流出りました~
IMG_9697.JPG
本場ハワイでは、エッグベネディクトはスプーンでいただきます
とにかく~卵の黄身を絡めてマフィンも具材も全て一緒に楽しみましょう~
IMG_9685.JPG
エッグスンシングスのコンセプトは「All Day Breakfast」 
一日中ボリューミーなブレックファーストを提供しています
仙台店は午後5時以降、ディナータイムにはエビを使ったガーリックシュリンプなどのハワイ料理も楽しめます

エッグスン シングス 仙台店パンケーキ / あおば通駅広瀬通駅仙台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(114)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

周平de新年会(新年会①) [~グルメ~night 夜]

台南・忘年会記事も、今か今かと出番を待っていますが・・・先ずは(忘れないうちに)旬の記事から出していきます

それは~それは~寒い日でした・・・ノロ?インフル・・・に打ちのめされ「鬼の霍乱」と言われた年末でしたが
生きていれば必ず年始がやって来るものです
今年初めの大学時(TG会)仲良し「新年会」は仙台で有名な「周平シリーズ」の2号店
以前1号店と3号店はupしていますが、お料理の美味し~いお気に入りの居酒屋さんです
IMG_9648.JPG
IMG_9652.JPG
それぞれ~瓶ビール・生・芋焼酎でカンパ~イ!今年も宜しく~^^
IMG_9650.JPG
IMG_9654.JPG
お通しは有機野菜を自家製味噌で・・・
IMG_9653.JPG
3号店では目の前で炙ってくれますが、ここ2号店は予め炙られて提供されます 「炙りしめさば」
IMG_9655.JPG
周平の自慢です とっても美味しい~
IMG_9656.JPG
肉豆腐
IMG_9657.JPG
もやしのガーリック炒め
IMG_9658.JPG
鉄鍋でジュワ~っと出汁を掛けていただきます
IMG_9659.JPG
砂肝焼き
IMG_9665.JPG
イカの塩辛
IMG_9667.JPG
この辺で焼酎の玄米茶割も登場~
IMG_9669.JPG
人参サラダ
IMG_9668.JPG
トンペイ焼き
IMG_9670.JPG
今や~仙台名物となった「せり鍋」
IMG_9660.JPG
根っこまでいただくのが「せり鍋」 仙台近郊の名取が「せり」の名産地です
IMG_9661.JPG
鶏肉でダシが出たところへ~せりをサッとくぐらせて・・・ヘルシーなお鍋 大好き~~!
IMG_9662.JPG
〆はご飯を入れて雑炊に・・・
IMG_9664.JPG
IMG_9666.JPG
ホカホカと温まった新年会でしたが、一歩外へ出ると~かなりの寒さ・・・
これだから~北の人間はお酒が強くなるわけです 外に一歩で、一気に冷めちゃいますからね^^
IMG_9649.JPG
仙台駅周りに数店舗展開する「周平」 
チョッピリ不便な場所(もと、大学のそば)に有りますが、味は保証する居酒屋さん
食べ放題&飲み放題=宴会プランよりも~
好きな物を食べて&飲みたい物を飲む!の方が~この歳にはピッタリのプランかもしれませんね

五橋のチキン野郎!周平居酒屋 / 五橋駅愛宕橋駅宮城野通駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(100)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

松焚祭・どんと祭 [Japan]

大崎八幡宮の「松焚祭・どんと祭」
三百年の歴史を有す正月飾りや古神札等を焼納する~全国でも最大級の正月送りの行事です
IMG_9702.JPG
毎年恒例~今年も「御神火」にあたって来ました
どんと祭と言えば「裸参り」ですが、この様に八幡宮近くには裸参りの衣装を売られるお店もあります
IMG_9701.JPG
鐘を鳴らしながら沢山の参拝者・企業が「御神火」を目指して「裸参り」を行います
IMG_9704.JPG
IMG_9706.JPG
凍てつく寒さ・・・この日は氷点下 毎年このどんと祭の日は極寒です
IMG_9707.JPG
どんと祭の参拝客数は初詣客を上回るほどの大賑わいで
杜の都・仙台の冬の風物詩として全国に知られています
大崎八幡宮は慶長10(1605)年に伊達政宗が創建したと伝えられている神社です
IMG_9709.JPG
元々は仙台藩で盛んだった日本酒の醸造をしていた酒蔵が、厳寒時に仕込みに入る前に
醸造安全・吟醸祈願の為参拝したのが、このどんと祭の始まりだそうです
IMG_9712.JPG
江戸時代中期には既に定着していたと言われている「裸参り」
現在でも~白鉢巻き・白さらしを巻き、口には私語を慎む為に「含み紙」と呼ばれる紙をくわえ
右手には鐘・左手に提灯を持ち、市内各所より数千人が参拝する様は素晴らしい眺めです
(が・・・仙台の企業に就職しないで良かった~とも内心思います(新人舞台なので))
IMG_9722.JPG
女性の参加者や外国人の参加者は裸装束の上から羽織物を1枚着ることが許されています
IMG_9744.JPG
長い階段を登り切ると暖かい「気」が流れてきます
IMG_9715.JPG
IMG_9716.JPG
他地域では一般的に「左義長(さぎちょう)」又はその火の勢いから「ドンド焼き」等とも呼ばれているどんと祭
一月十四日日没の頃、境内の一角に近郷近在より持ち寄られた門松・注連縄・松飾り等を
「忌火」により点火され焚き上げられます
img_01.png
image0043-300x173.jpg
この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送る「御神火」として、あたると心身が清められ
一年間無病息災・家内安全の加護を得るという言い伝えがあります
IMG_9718.JPG
IMG_9723.JPG
IMG_9724.JPG
どんと祭の御神火を目指して参拝する“裸参り”は近年参加者が増加傾向にあるそうで
3500~3800人もの人が裸参りに訪れます
IMG_9725.JPG
新年の運試し「おみくじ」を・・・
IMG_9729.JPG
やった~!大吉!良いお守り~~!持って帰りましょう~!
IMG_9731.JPG
おみくじというのは、神様や仏様からのメッセージ
おみくじに書かれていることが良い意味ならお守りの様に
悪い意味ならば、自分への戒めとしてお財布などに入れて持ち帰るのが本来の形ですが
私は「良い」時だけ持ち帰る様にしています  「凶」等は持ち帰るのは嫌ですよね^^
そんな時は~縦結びにならない様に御神木に結び付けて帰ります
IMG_9739.JPG
IMG_9737.JPG
沢山の屋台も出て大賑わいの境内
IMG_9734.JPG
IMG_9735.JPG
平成17年度には仙台市の無形民俗文化財にも指定された「松焚祭・どんと祭」
今の私と同じ歳に白血病を宿した母が、虫博士を抱っこして参拝した際・・・「この子には丈夫な体を・・・」
と、願って御神火に虫博士をあてていた姿が毎年思い出されます
虫博士が孫を抱いて参拝する頃、いえ、もっともっと~その先まで続いて欲しい、素晴らしい伝統行事です
今年も家族皆健康に、無事に過ごせます様に・・・そして皆様にも御加護を[黒ハート]
nice!(109)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

台南の旅~鱔魚(田うなぎ)~ [台湾・Taiwan]

ノスタルジーな路地の「神農街」から歩いて数分
IMG_8768.JPG
何やら凄い人だかり・・・実はこのお店の噂を聞いて~開店時間に合わせて「神農街」もお散歩していました
IMG_8769.JPG
「阿江炒鱔魚」
IMG_8774.JPG
こちらの店構えもがノスタルジックな雰囲気~!
厨房や工程作業全てが見えて、お客様との席も境目の無い・・・このゆる~い感じ[黒ハート]
IMG_8788.JPG
どこから撮っても絵になる雰囲気でしょう? なので、ガンガン撮っちゃいます^^
IMG_8776.JPG
IMG_8772.JPG
このお店は~台南名物「田うなぎ」をいただける超人気店
これが「田うなぎ」です[左斜め下]
IMG_8780.JPG
このおじさんが「田うなぎ」の魔術師!
IMG_8771.JPG
「田うなぎ」とは~ウナギはちょっと違い、タウナギ科タウナギ目のアナゴの様な淡水魚だそうで
日本ではあまり食されていないそうですが、明治の終わり頃に入ってきた外来種で
大阪や和歌山等では一部食べられている地区があるとか・・・hatumiさん、裏ちゃん、食べてる??
体長は80cmにも成長するとのこと・・・凄い大きさですよね~
現在は中国大陸から台湾、東南アジアに生息しているといわれています
IMG_8782.JPG
メニューは写真・後ろに書いてあるのみ
名物料理は「鱔魚意麵80元」と「鱔魚米麺80元」の2種類
IMG_8781.JPG
並んで待つ私達に「日本人?」と息子さん?が訪ねてきました 「は~い!日本人で~す!」
「じゃ、こっちおいで~!」と着席! 良いのかしら?並んでいる地元の人をさて置いて・・・
「鱔魚意麵」80元=270円
IMG_8783.JPG
おじさんが作っている間から~香ばしい香りがしていましたが、テーブルに乗せられると~
それはそれは~~~胃袋をかき回すような良い香り~~
田うなぎです! 真面目に!実に!真剣に!本当に~~~美味しい~~~!
IMG_8784.JPG
これは~台南、いえ台湾のヒット作品です!
プリンプリンのこの身! あなごとうなぎのあいの子と言った感じです
臭みも何も無く~素晴らしい美味!胡椒の効いたスパイシーなソース風味の味付けベストマッチ!
IMG_8785.JPG
麺は意麺と言って、揚げた麺をもう一度茹でて使っているそうです
ここの意麺が太麺でとても美味しい~!
トロトロのたれの「しょっぱさ」&「甘さ」&「ソースの酸っぱさ」のハーモニーがその麺に絡んで素晴しい~~!
IMG_8787.JPG
あぁ~見ている皆さんに食べさせた~~い!と思った人生初のグルメでした
日本人の口に合う素直に美味しい「田うなぎ」ちゃん
血行をよくし貧血にも効果が有るとされていて、漢方でも重宝されているそうです 貧血の私には必須です!
IMG_8778.JPG
淡水魚というだけで避けてしまう人、うなぎ嫌い・食わず嫌いの方は~人生大損をしているかと思います
日本でも関東以南の水田や川に局所的に潜む「カワヘビ」と呼ばれている田うなぎ
大和高田市の水田にも生息しているのでしょうね~
美味しいですよ~!このお店の「田うなぎ」は死ぬまで一度は食べたいお魚?ヘビ?・・・とにかく絶品でした

阿江炒鱔魚台湾料理 / 台南)

夜総合点★★★★ 4.0


nice!(140)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容