So-net無料ブログ作成

春を探して [happy]

ブロガーさんの梅便りが全国津々浦々から届いてる今日この頃
馥郁とした春の香りに鼻を利かせ~広瀬川沿いを歩いてみました
最近、歩くことを心掛けているviviちゃんです この日も10㌔歩きましたよ~偉いでしょ~う?[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
(褒めていただけたら~私、来週は10.01㌔に距離を伸ばせます[ふらふら]
梅の良い香りが川の流れに乗って・・・
IMG_0518.JPG
IMG_0527.JPG
日当たりのよい場所は~やっぱり・・・咲いてたのね~ 良い香り~~[ハートたち(複数ハート)]
IMG_0520.JPG
市内~青葉城址へ向かう為の橋・大橋からスタートです
IMG_0555.JPG
お天気も良く水面も輝いています
IMG_0551.JPG
IMG_0552.JPG
♪広瀬川~流れる岸部~思い出は~帰らず・・・♪     歌っているのは今のうちだけです
IMG_0475.JPG
早速春のご挨拶  福寿草
IMG_0538.JPG
米ケ袋地区です  縛り地蔵
IMG_0483.JPG
パワースポットばかりに巡り合わされているviviちゃんにも~
とうとう心霊スポット目の前に現れました! 現れたからには~受け止めずにはいられません
フムフム・・・それらしきいわれがあるのですね・・・
2014-08-19-09.jpg
荒縄でくくられている地蔵様  実はこの辺りは昔、刑場があったそうで・・・
罪人の斬首が行われる度に、広瀬川は血で赤く染まったといわれます
歌舞伎や浄瑠璃などのモチーフにもなった~江戸時代前期に仙台藩で起こったお家騒動・伊達騒動
その伊達騒動に関わった~伊東家の七十郎が享年36歳で処刑された地だったそうです
IMG_0487.JPG
八甲田山もそうですが、無念で命を落とした人達の地にはその方々の「念」が残りますね
仙台生き辞引き」の父いわく・・・縛り地蔵には色々な言い伝えがあり~
幼い頃から余り近付かない方が良いと言われていたそうです
父からの言い伝えは帰宅してから聞いた事ですが・・・
私自身何とな~くこのお地蔵様には手をあわせる気持ちにはなれなかったので
自分の意志で~そそくさと立ち去りました そう言った場所って有りませんか?
IMG_0548.JPG
トンビ?
DSC07000.JPG
IMG_0495.JPG
ジョウビタキ  で・・・良いですか? ソネブロ野鳥の会様?
IMG_0449.JPG
又香り漂う~梅が現れましたよ~
IMG_0535.JPG
DSC07020.JPG
IMG_0534.JPG
広瀬川沿いに愛宕橋下の遊歩道を歩きます 愛宕橋下です
IMG_0441.JPG
白鳥は未だ北帰行に旅立つ気配は感じられません 仙台の食パンが美味しいのでしょう♪
IMG_0452.JPG
そのおこばれに呼ばれる様に~かも達も・・・
DSC07021.JPG
DSC07005.JPG
ウワッ!・・・ん?チョッと待って・・・ん??・・・ん???あ~~~~!!!!
IMG_0455.JPG
これが~~~~~~ソネブロさん通年ネタのカワセミ~~~~!
IMG_0456.JPG
まさか~ホント? これが~~~~~? 「ポチャっ」と水面に音がしました
DSC07006.JPG
嬉しい~!本物~~!感動~~! 羽の色が表現できない程美しいです
水色でもない・藍色でもない・青でもない・自然が生み出した作る事の出来ない羽の色~
3羽見つけましたよ~
DSC07008.JPG
仙台にもカワセミの姿をキャッチできるところがあるんですね~
でも、この日も川沿いは「餌をあげる親子連れ」の姿だけで
バズーカ砲の様なレンズを抱えた趣味・写真・ブログ・・・と言った方・・・誰もいません
仙台はブロガーさん&写真趣味の方がホント少なくて哀しくなります[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_0530.JPG
「来るものは拒まず、去る者は追わず、向かう敵は訳厭わず」
仙台の伊達を語る上で欠く事の出来ない「広瀬川」
沢山の歴史を見てきた川の流れに乗って、春近しの馨しい香りが漂っていました
nice!(110)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容