So-net無料ブログ作成
検索選択

青根洋館 [Japan]

宮城県柴田郡川崎町の青根は蔵王連峰東側に在る歴史ある温泉街です
DSC03923.JPG
DSC03924.JPG
開湯450年 伊達藩ゆかりの由緒正しい名湯・青根温泉
DSC03925.JPG
標高500mに湧くこの温泉は
昔から「頭(神経)に効く」「心を穏やかにする」「美肌の湯」と言われ親しまれています
DSC03926.JPG
DSC03927.JPG
こんな感じにレトロ感バリバリの温泉宿
DSC03921.JPG
その温泉街中心部に「青根洋館」があります
DSC03929.JPG
我が母校・東北学院大学と仙台教会の発展に伴い来日した宣教師たちの住宅として
明治末期に仙台市青葉区米ヶ袋上丁に建設され、昭和34年川崎町青根温泉地内に解体移築されました
DSC03930.JPG
その後平成14年に現在地に、資料館として移築復元されました
一階は軽い喫茶コーナーになっています
DSC03934.JPG
構造材・石材・モザイクフローリング材・内部造作材・階段材などは建設当初の材料が使われています
当時の面影そのままの階段を二階に上がってみましょう
DSC03936.JPG
DSC03942.JPG
二階には昭和を代表する作曲家・古賀政男に関する資料が沢山展示されています
この青根温泉は、古賀政男が明治大学時代の友の故郷で、何度も足を運んだお気に入りの温泉でした
数多くのヒット曲を生み出した作曲家・古賀政男
kaga573.jpg
昭和3年 実は古賀政男・・・この青根温泉で自殺を図りました 色々な事に行き詰ったとの事・・・
DSC03939.JPG
剃刃で首筋を掻き切ることができず、噴き出る血をハンカチで押え倒れ伏したまま
滝の水しぶきの音を聞きながら、ただ泣くばかりだったそうです
DSC03938.JPG
異変に気付いた友人の声によって、古賀政男は我に返り正気を取り戻したそうです
谷底から登って来る時に見た蔵王の夕焼け・・・この時、浮かんだ一片の詩句が、あの不朽の名作
「影を慕いて」であると云われています

u3113-24.png

DSC03933.JPG
DSC03943.JPG
数多くのヒット曲を生み出した作曲家・古賀政男
DSC03940.JPG
愛用の楽器や楽譜などの遺品の数々が、この洋館に収蔵、展示されていました
様々な出来事に人の倍喜び、人の数倍病み苦しむのが芸術家・音楽家なのでしょうね
nice!(115)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容