So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア ヴェネツィア・ゴンドラ [Italy]

ゴンドリエーレ(ゴンドラを漕ぐ人)
DSC07835.JPG
DSC08044.JPG
イタリア北東部のアドリア海に浮かぶ水の都・ヴェネツィア
14世紀頃に地中海の支配者として莫大な富を築いた開運王国です
DSC08050.JPG
今でも当時の面影を残す豪華な建物が多く、島全体が世界遺産になっています
DSC07827.JPG
ヴェネツィアと言えば~ゴンドラ
カナルグランデや狭い水路をゴンドラで進み、水上から世界遺産の街並みを眺めることができます
リアルト橋の袂から王道40分コースに乗りましたよ~
DSC07833.JPG
コースは色々有り、様々な個所からゴンドラに乗り込むことが出来ますDSC08062.JPG
DSC07864.JPG
ゴンドラ乗船(昼間):80€(約10400円)40分(以降20分ごとに40€ずつ加算)
ゴンドラ乗船(夜間):100€(約13000円)40分(以降20分ごとに50€ずつ加算)
DSC07819.JPG
予想外にゴンドラは細いです!体型から体重を判断され、座る位置を決められます
足は伸ばせず~揺れます!めちゃくちゃ~揺れます!
DSC07817.JPG
ボーダーシャツがトレードマークのゴンドリエーレの歌声、美しい町並み~ロマンチックです
DSC07829.JPG
DSC07820.JPG
ゴンドラは何世紀にも亘りヴェネツィアでの主な交通手段であり続けました
現在も、カナル・グランデ(大水路)の岸と岸をつなぐ渡し船(トラゲット)として~
公共交通機関の役割も果たしています
DSC08063.JPG
DSC07831.JPG
中世の雰囲気を残すグリマーニ館を横目に、大運河へ合流します
DSC07878.JPG
DSC07873.JPG
アカデミア橋が見えてきました
DSC07824.JPG
ヴェネツィアでは珍しいアーチ状の木組みの橋です 橋のたもとにはアカデミア美術館があります
DSC07825.JPG
サンポ―ロ教会
DSC07872.JPG
大運河をリアルト橋へ戻ります
DSC07877.JPG
大運河にかかる3つの橋の中心で、大理石でできています
リアルト橋はヴェネツィア観光のヘソなので~後ほど・・・
DSC07815.JPG
現在のゴンドラの数は200~300 トラゲットや個人所有の舟です
DSC07823.JPG
ゴンドリエーレの養成学校が有り、ゴンドラ漕ぎはどこの国籍の人でもなれるそうですよ
1時間80~100€(約1万~1万3千円)稼げるので収入は良いのですが~
ゴンドラは自分で40000€(約520万)で買わないといけないそうです
男性のゴンドリエーレしか見かけませんでしたが、女性ゴンドリエーレも数人いるそうです
nice!(104)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容