So-net無料ブログ作成
検索選択

女子に嬉しい~弘寿司 [gurmet 日]

日常記事をチョッと挟みます

行きたいわね~と話しつつ、いつも予約でいっぱい
この日も希望日は満席で入れず、親方に提案された日でやっと先週行く事が出来ました
IMG_5306.JPG
見た目はごく普通~~の昔からあるお寿司やさんですが
全国の食べログでもトップ1000に名を馳せる有名店・弘寿司さん
20170601214049.jpg
18時開店で18時半の予約 カウンターが良いわね♪とyoukoちゃんと話していると~
奥から女将さんが「小上がりを用意しています どうぞ・・・」と靴を脱いで
IMG_5310.JPG
ビールでカンパ~イ!
IMG_5307.JPG
メニューは一切ありません 親方にお任せ 「お腹がいっぱいになった所で仰ってください」との事
先ずは突き出しの生湯葉
IMG_5308.JPG
さ~ここからお寿司の芸術・Artが始まります
IMG_5311.JPG
ガラスのボックス上のマグロ ここから~一口でパクリ!いきましょう~
すっきりとした赤身でとても美味しいです
立派な~一口では食べられない大きさのズワイガニの足 細く咲いたアスパラが乗せられています
IMG_5312.JPG
ボタン海老の上には焼いた桜海老が乗せてあり~
口に入れた瞬間と食べ終わった時の味わいが全く違う正に~一粒で二度美味しいグリコの様な一品!
20170602201243.jpg
ネタによって、赤酢・白酢とシャリを3種使い分けています これは~素晴らしい!
私は赤酢が苦手なんですが、ネタが美味しい事も有りとても美味しくいただけました
次に運ばれてきたものは~
IMG_5313.JPG
イカの上には3種味の梅
IMG_5314.JPG
大きな生蝦蛄~こんなに立派な生蝦蛄は初めてかも~
つぶ貝も一口では食べられないほどの大きさ なんて美味しいんでしょう~
IMG_5316.JPG
ホンビノス貝 通称~蛤二世と言われていますね 焼いた貝にタレ・軍艦巻きです
IMG_5317.JPG
正しく鮑!ホンビノスと言われなければ~鮑だと信じてしまいます 美味し過ぎる~~~
次の芸術品!
IMG_5318.JPG
コハダ:2種類のシャリで握っています
鮑・雲丹のせ:贅沢過ぎる握り~コリッコリの大粒鮑に雲丹が合わないわけがありません
IMG_5320.JPG
鯛の昆布じめ とにかく全て美味し過ぎ!
もうここで私はシャリが食べられなくなってきましたが~親方に告げずにいたので次のお寿司が登場
20170602201319.jpg 
松島の穴子:フワフワ柔らかくて~大きすぎて手で持てない!
マスの辛味大根乗せ:マス本来の旨み 敷かれたミカンは鱒の土臭さを消す役割だそうです
子持ち昆布のギバサ乗せ:昆布にギバサときましたね~!海藻繋がりは恋愛度200%です
IMG_5323.JPG
もうギブ!何かおつまみだけでお願いしま~す!
IMG_5309.JPG
私達の様な小上がりでは、この様に女子が喜ぶような~演出された盛り付けのお寿司が出されます
カウンターを見るとネタは同じですが、は普通に1貫ずつ・・・たまに演出^^でした
それでは~最後の・・・珍味「精力的な珍味ですよ~!」とテーブルに置かれた3種の珍味
お馴染みホヤの酢の物:あっさりして臭みなく、誰でも美味しくいただける味付けは~流石ですね~
IMG_5325.JPG
もうかの星:モウカサメの心臓です 全く臭みなく、まぁ~コリコリとして美味しいこと!
サメの水揚げ量が日本でも数本の指に入る「気仙沼」が同県に有るからこそ~
新鮮なこう言った食材がいただけるのでしょうね
IMG_5326.JPG
タコの卵 やなぎ蛸の卵だそうで初めての珍味 私もyoukoちゃんも、チョッと苦手でした
IMG_5327.JPG
何も言わずにいたら~どこまで出てくるのかわからない
しかも、食べるお寿司全てが特上ネタで美味しい!
牛並みの胃袋があったら、永遠に食べ続けていると思います
これだけ素晴らしいネタのお寿司を頂いてビールは中瓶5本
二人で20000円でお釣りが来るのは、絶対に信じられない価格です
ただ~一つだけ言わせていただきたい事が・・・
演出のお花は生花に ガラスドームの下の[黒ハート]のスチロールは小石に
これだけの素晴らしい「生きたお料理」を提供するのであれば
演出も「生きたもの」でお願いしたい・・・と思った私達でした でも、美味しかった~!

弘寿司寿司 / 愛宕橋駅河原町駅五橋駅

夜総合点★★★★ 4.4


nice!(104)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容