So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア ヴェネツィア・ブラーノ島(Burano) [Italy]

ヴェネツィア本島を囲む小さな島々はどれも個性豊かで、離島行きの船便は頻繁に出ています
ブラーノ島」へは、ヴァポレットと呼ばれる水上バスを利用して行きます
今回のイタリア旅行で、私が一番行きたかった場所です
DSC07618.JPG
本島から約40分 軽い船旅気分です
o0480039912682170604.jpg
DSC07619.JPG
素晴らしいお天気に恵まれ、青空と歴史のコントラストが全て絵になります
DSC07632.JPG
DSC07633.JPG
本島から離れます
DSC07634.JPG
ゴンドラリエになる為の研修中でしょうね
DSC07636.JPG
20分ほどで「ムラーノ島」が見えてきました~  私達は下船しません
DSC07641.JPG
ヴェネツィア本島に住んでいたガラス職人たちが13世紀に強制移住させられて以来
世界的に価値の高いヴェネチアングラスの島として有名になった「ムラーノ島」
島中にはガラス工房や製品を扱うお店が立ち並んでいます
DSC07644.JPG
ムラーノ島から更に20分・・・ん~ブラーノらしき景色が見えてきましたよ~
DSC07653.JPG
ブラーノ島」到着~~!
DSC07656.JPG
ヴァポレット乗り場のBurano(ブラーノ)停留所1か所のみなので、帰りもここへ戻ります
DSC07657.JPG
DSC07658.JPG
ヴァポレット乗り場の目の前から真っ直ぐ延びている「マルチェッロ通り」を進んで行きます
DSC07659.JPG
DSC07661.JPG
このマルチェッロ通りは「通り・道」というより~お店と民家の間の細い路地です
DSC07662.JPG
DSC07663.JPG
カラフルな家々が特徴の漁村とヴェネツィアンレースの島・ブラーノ
レース編みのお土産店が軒を連ねています
DSC07660.JPG
この島のレース編みは、漁獲用の網作りから端を発したと言われ~
その技術は今も島の女性たちによって大切に守られている、世界的にも有名で貴重なレース編みです
このヴェネツィアンレースも欲しかったんですぅ~
DSC07664.JPG
色々買いましたよ~^^
DSC07690.JPG
細い路地を50メートルほど進むと~~うわぁ~~~~!これだわ~~~~!
カラフルなお家がたくさん並んでいる場所に出ました
DSC07665.JPG
DSC07706.JPG
DSC07711.JPG
冬には霧の多いこの島 今日の様なお天気の日は珍しいそうです 晴れ女参着ですからね
漁師たちが霧の中でも自宅をすぐに見つけられる様にペイントした家々
DSC07704.JPG
カラフルな家の一階には、細かな刺繍が美しいレース作品が並んでいます
奥さん方は旦那様が漁から戻って来るのを、ピンクやブルーの家で待ち・・・
その間にレースを編んでいたのでしょうね
DSC07666.JPG
絵の具のパレットから飛び出したかの様な~カラフルな家が建ち並んでいる「ブラーノ島
先にお話した通り、今回の旅で私の一番訪れたかったところ
何処を見ても、何を写しても~全てポストカードになってしまいそう~
DSC07687.JPG
更に来週月曜・火曜と2日に亘って「ブラーノ島物語り」続きます 
「自己満足で撮った沢山の写真は、見て下さってる方のご迷惑になるよ」
主人からも言われ、私もそう思いますが~夫々の家々の表情が、私達の素敵な想い出の頁になりました
どうぞお付き合いください 
nice!(126)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容