So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア ローマ・フォロ・ロマーノ [Italy]

コロッセオを出てフォロ・ロマーノへ歩きます
DSC08236.JPG
フォロ・ロマーノもコロッセオと同じ、約2000年前の古代ローマ遺跡で世界遺産に指定されています
「フォロ・ロマーノ=ローマ市民の広場」という意味で、政治・宗教の中心として栄えました
この石の道 当時・約2000年前のままの道・・・そう考えただけでも胸が震えます
DSC08235.JPG
しかも~「賽は投げられた」の言葉で有名なユリウス・カエサルが演説をした場所 
DSC08237.JPG
巨大な石造りの神殿・凱旋門や下水道も整備され
当時のローマは、2000年前とは思えない高度な建築技術を持っていたことが分かります
DSC08238.JPG
DSC08239.JPG
「アントニヌス・ピウス帝とファウスティーナの神殿」
五賢帝の一人であるアントニヌス帝が、妻ファウスティーナに捧げるため141年に建設した神殿です
DSCN0952.jpg
隣にあるのは紀元前179年、エミリア一族によって建てられた「エミリアのバジリカ」
裁判や商取引など、多目的に利用されていた会堂です
DSCN0953.jpg
政治の中心地であった「元老院議事堂(クーリア・ユリア)」
DSCN0971.jpg
「セプティミウス・セウェルス帝の凱旋門」 白い大理石製で、高さは21メートルあります
DSCN0964.jpg
「サトゥルヌスの神殿」
農耕の神サトゥルヌスに捧げるため、紀元前501年に建てられ何度か再建された神殿です
神殿の入口部分だった8本の円柱だけが、綺麗に残っています
DSCN0975.jpg
「フォカス帝の記念柱」
東ローマ帝国の皇帝フォカスが、教皇にパンテオンを献上したことを記念し建てられました
DSCN0982.jpg
「ユリウスのバジリカ」という会堂跡
現在は基礎部分しか残っていませんが、当時は4つの裁判所があり司法・行政に利用されていましたDSCN0988.jpg
大理石で出来た3本柱は「カストルとポルックスの神殿」
DSCN0997.jpg
大理石の柱が一部残っている「ヴェスタの神殿」
炉とかまどの神ヴェスタに捧げるために建てられた、元は円形の神殿です
神殿内では「聖なる火」が灯され、純潔を保った巫女たちが守っていたそうです
DSCN1000.jpg
ヴェスタの神殿と隣り合っているのが「ヴェスタの巫女の家」
聖なる火を守っていた巫女たちは、この2階建ての大きな住居で生活していました
DSCN1011.jpg
「ティトゥス帝の凱旋門」
ユダヤ戦争に勝利したことを記念し西暦81年に建てられました
全ての凱旋門は勝利を得た事で建てられているんですね
DSCN1022.jpg
まだ発掘が続く塀で囲まれたフォロ・ロマーノ 出口を出て外から眺める当時のローマ
DSC08240.JPG
紀元前753年・・・と文字で表せば簡単な年号ですが~紀元前・・・
DSC08254.JPG
ローマが建設され、カサエルが政治演説をした華やかな古代ローマ帝国時代
DSC08241.JPG
偉大なる皇帝たちのロマンが刻み込まれた貴重なモニュメント
「私はここに立っている」・・・歴史の重みを感じる場所でした
nice!(111)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容