So-net無料ブログ作成

気ままにイタリア ローマ・システィーナ礼拝堂~サンピエトロ大聖堂 [イタリア・Italy]

ヴァチカン美術館からシスティーナ礼拝堂へ向かいます
礼拝堂へ向かう人達も緊張感に包まれています
DSC08554.JPG
ミケランジェロ作の「最後の審判」
DSC08572.JPG
これを見るために~~ヴァチカンを訪れたといっても良いかも
が・・・礼拝堂の為、写真撮影は不可です  なのでnetから写真をお借りしました^^
sistina-1024x664.jpg
写真撮影は勿論ですが、お喋りもダメです 何度も「祈りなさい」と放送が入ります 
礼拝堂いっぱいに人がいますが、皆「Oh, my god!」と胸に十字を切って見つめています
中には私と同じように涙する人も沢山いました 言葉も出ない程素晴らしい作品です
246.jpg
中央にいるキリストが、死者を天国と地獄に分ける裁きを行っている場面が描かれています
左側が天国、右側が地獄で、400名以上もの人物が描かれてる超大作
ずっ~と見ていたかったのですが、次から次へと入堂してくる人の為・・・追い出されます
DSC08555.JPG
システィーナ礼拝堂から外へ出ると、隣には「サンピエトロ大聖堂」があります
DSC08556.JPG
4世紀頃に建てられた大聖堂 
キリストの一番弟子であり、初代ローマ教皇の聖ペトロを祀った神聖な教会です
ヴァチカン教会.jpg
16~17世紀にかけてラファエロやミケランジェロなどルネサンス期の芸術家が改築に関わり
現在の荘厳な姿に生まれ変わりました
DSC08561.JPG
神聖な場所ですから静粛に・・・
DSC08562.JPG
DSC08563.JPG
流れに乗って右方向に進むと、もの凄い人だかりが出来ている場所があります
ミケランジェロ作「ピエタ像」 これこそがミケランジェロ~!
十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリア像
ピエタを見ている人も、殆んどの方が「amazing!」「 fantastico!」と胸に手を当てています
DSC08564.JPG
マリアの胸元にはミケランジェロのサインが刻まれていて
彼のサインが残る唯一の作品です 若干24歳でこの作品を完成させたそうです
大聖堂の天井には小さなクーポラがいくつもあり、こちらはそのうちの一つ
DSC08560.JPG
この大聖堂のクーポラも、ミケランジェロが設計したドーム型の天井です
世界遺産・バチカン・サンピエトロ大聖堂・クーポラ-720x540.jpg
外階段からクーポラ内部に入り、上ってみる事にしました
少し進むと大聖堂内部を見下ろせる場所に出ました 上から見ても素晴らしい~
88286545109545D889BEB788F0B1654B_L.jpg
下から見上げていた時は小さく見えていた天井の黄金のモザイク画がこんなに間近に!
28BE4E65666847EFAE1A12B80B502D88_L.jpg
上りますよ~
DSCN1455.jpg
頂上までは320段の階段!
DSCN1446.jpg
階段はクーポラの形に沿って作られているので~上れば上るほど狭く傾いていきます
DSCN1460.jpg
頂上到着~!素晴らしい眺めです  美しいサン・ピエトロ広場
「両腕を広げて包み込む」イメージで設計されている広場は独特な形をしています
55E8421AA86F4A1F8E27A992C9CA474F_L.jpg
サン・ピエトロ広場から真っ直ぐ延びる道の左手には~ケーキ型のお城「サンタンジェロ城」
地下通路でヴァチカン市国と繋がっています
DSCN1475.jpg
白い建物は「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂」
DSCN1478.jpg
どの建築物もローマを歩いていて間近に見たものですが~
こうしてヴァチカンから見下ろすと、また違ったローマの歴史の偉大さに気付かされます
DSCN1493.jpg
ミケランジェロの設計したクーポラに上り、絵画・彫刻~ミケランジェロに浸った感動の一日
イタリア、特にローマはミケランジェロに残された地・・・と言っても過言ではないでしょう
nice!(109)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容