So-net無料ブログ作成
検索選択

泥棒 現行犯逮捕の現実 [speak]

この記事の写真は全てスマホでの撮影です
写真が少ない分~文字が多くなりますが、時間の無い方&興味のない方はスルーして下さい

6月15日 犯行当日
何やら物置の方で大きな音 ベランダから覗き込むと、見知らぬ男がゴソゴソと何かしている様子
白昼堂々の泥棒です 「何してるの!!」と問いかけても逃げずに活動を続けてる・・・
1階の父に「泥棒よ!」と告げ、玄関に置いてある木刀とスマホを持って~
「警察に通報したからそのまま!!」 犯人は大人しく動かなくなり・・・
暫く110番したスマホを耳に当てながら~犯人と色々な事を話し始めました
(この間の会話は、私も警察も全て録音しています)
「どうしてこんな事をしたの?」「お金が欲しかったんです」
「お父さんやお母さんは?」「死にました」
「仕事はしてないの?」「仕事がないんです」
「食べるものが無いなら、呼び鈴押してくれたらおにぎりくらい上げたのに」「はい・・・」
4~5分でパトカー3台 警察官・刑事・鑑識20人余りの県警が到着
1500637239564.jpg
犯人は何も取っていないので「窃盗未遂」として現行犯逮捕されました
やはり・・・恐怖から110番通報してしまったのが~全ての始まりでした
この日は3時間ほど鑑識や事情徴収 
1500637233087.jpg
取られたものも被害もないし、話している限りでは少し精神薄弱の気配を感じた私
白昼堂々盗みを働くんですものね・・・なので「見逃して上げて欲しい」と警察に話しました
が~調べてみると・・・犯人には数件の余罪があり~
放っておくと又同じことを繰り返すので「被害届」を出して協力して欲しいとの事
それからほぼ毎日、現場検証や刑事さんの作成した書類に目を通したり
間違っていれば~又訂正した書類に目を通し~印 最終的には裁判へ・・・ 
20170621_182926.jpg
「検察庁へ来庁して欲しい」と検察官から電話がありましたが、彼方側から日時指定
私も予定があるとの旨告げ、こちらの時間に合わせて貰いました これが犯人拘留期日二日前
犯人の拘留期間は2週間 その間に刑事が作った書類に検察官が目を通し
的確な証拠書類として裁判官に提出しなければなりません
でも、そんなことは私の知った事ではありません
20170621_182938_001.jpg
警察側が作った書類に不明点がある、残日が少ない為直接被害者(私)と話したかったとの事
この日は午前中は家の用事で出掛け、午後一番現場検証に立ち会わされ、午後5時に検察官と接見
文系出なのでしょうが、真面目に検察官!?と疑うような文書作成の酷さと時間拘束
刑事さんが作った書類を、もう一度初めから作り直してるその姿勢
10分~20分~と経つうち・・・堪忍袋の緒が切れました 
で、20分ほどvivi文句を言わせていただきました 
20170621_182956.jpg 
犯行から37日目 7月21日 窃盗未遂で逮捕された男の裁判が行われました
犯人は100%罪を認めているので、私の出廷要請は有りません 
20170721_104506.jpg
ですが、これまでの経緯を意識し、弁護側がどう犯人を弁護するのか気になり
主人と傍聴へ出向きました
と言うのも、刑事も検察官も私が「犯人は明らかに精神薄弱だと思う」と言った事を
訴状書へ一切記述している文書が確認できなかったからです
犯人の余罪がある事は警察から教えられました 
今までの罪は一度も刑で罰せられる事無く見逃されていた事も・・・
20170721_104516-d0398.jpg
精神鑑定まで持ち込めば、更に時間は掛かる上~
未遂であれ余罪のある犯人を、今回は現行犯逮捕した為無罪放免にする事は出来なかったのでしょう
20170721_105100.jpg
11時開廷の103号室に現れた犯人は、手錠に繋がれあの日と同じ格好でした
その姿を見た私は涙を抑える事が出来ませんでした
暴力など振るわない人だから、縄や手錠はほどいて欲しい・・・
法廷室 犯人が私には「死んだ」と話していた父親がそこに座っていました 
犯人の生い立ちや性格等、裁判に意を申し付けられ話していました
「仕事がない」と私に言っていたのも嘘で、立派に警備員の仕事をしていました
ですが、検察・弁護・裁判官からの質問には、普通の人としての会話が全く成り立っていません
それは~父親も同じで・・・傍聴している人は勿論、裁判官もそう思ったに違いありません
検察官が作った証拠書類は「高卒」と読み上げられていましたが、私達にはそうは思えませんでした
弁護士(国選)も犯人を寧ろ責め立てる言葉ばかり・・・弁護士って弁護するものでは?
素直と言えばそれまでですが、今までの全ての罪を認めて謝る犯人
20170721_104858.jpg
私と主人が傍聴へ出掛けている間、犯人が務めていた会社重役方が家へ来られたとの事
「養護学校にいた事を知らずに採用してしまった」と父に謝罪していたそうです
多分、刑事が調べた上での会社への報告でしょうね 馘首にされた様です
ですが、法廷では犯人は「高卒」 犯人の生まれ故郷は「舞鶴」だそうで少し訛りがありました
父親と二人で流れてきたのでしょう
彼の取ったお給料9万円で、二人慎ましやかに生活していた様です
人様の物を取ったり、盗んだりする事は決して許される事ではありません
前歴が5回、許されていた事に胡坐をかいて、又同じ罪を繰り返していた事も許されません
「罪を償ったら、又働かせて上げなさい」と、父は犯人が務めていた会社の方に話したそうです
「いえいえ、もう沢山です」と仰られたそうですが、会社には何の迷惑も掛けていないはず
私達が犯人の勤め先を知ったのも、裁判当日でしたし、知った所で会社を責めたりしません
養護学校にいた事は、誰も裁判官へ告知する事なく裁判を終えました 
犯行から47日目 7月31日 判決
懲役1年・執行猶予3年と判決が下されたそうです
「仕事もしていて社会順応性は十分ある」と述べられていた検察
犯人が罪を償い社会へ出てきても、あの状況で仕事が得られるのでしょうか
仕事がない、働けない、と言って生活保護を受ける その保護するお金も私達の税金です
一度美味しい蜜を吸ってしまったが故に、仕事がなければ、又同じことを繰り返す様な精神的弱さ
不憫ですがこうせざるを得なかった、刑事・検察官・弁護士、そして裁判官
誰もが今の自分の置かれている状況を「幸せ」と思えたのではないでしょうか
色々な事、色々な立場の「人」を考えさせられた2ヵ月の終わり・・・癪に障る思いの残る8月です 

[かわいい]明日・山の日から15日までお盆の為お休みしま~す
nice!(125)  コメント(31) 
共通テーマ:美容