So-net無料ブログ作成
2018年01月 | 2018年02月 |- ブログトップ

小樽へ [Japan]

札幌と小樽の間は距離にして40km 
雪まつりを堪能した翌日は、電車で約30分とアクセス抜群な小樽へ向かいました
IMG_7673.JPG
IMG_7674.JPG
通常ならレンタカーを借りたい所ですが~冬の北海道ですからね
線路もこの状態・・・列車走れるの?と言った感じです
IMG_7675.JPG
こんな雪でも家の中は半袖で居られるくらい暖かいのでしょうね
IMG_7676.JPG
車窓から見える海は~豊潤な海の幸を育む石狩湾^^ 
IMG_7677.JPG
ムフフ・・・海の幸・・・
IMG_7769.JPG
海の幸、じゃなかった・・・海が見えたかと思ったら~もう到着
明治期から栄えた商都・小樽  おたる~おたる~
IMG_7764.JPG
ホームからして良い雰囲気
IMG_7763.JPG 
改札を出ると~数々の「ホヤ」と呼ばれるランプがお出迎え
何だかレトロでロマンチックな街に来たことを実感します
IMG_7760.JPG
IMG_7755.JPG
外へ出る前にチョッと・・・この様な注意書きが・・・
トイレットペーパーを流さない国もアジアには沢山有ります
IMG_7678.JPG
北海道には沢山の観光客が各国から訪れるのでしょうが~
モラルの無いC国の方々に何を言っても無理^^ 
とにかく日本で沢山お金を使っていただきましょう~♪
小樽駅舎です
20180207_112702.jpg
お昼にはまだ早いので、先ずは「小樽都通り商店街」へと「パンじゅう」を買いに向かいます
IMG_7690.JPG
人通りも疎らな商店街 もうレトロな世界に足を踏み入れています
IMG_7692.JPG
「あら~~~今日は急遽お休み!?」西川のパンじゅう~~~絶対に食べたかったのに[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_7691.JPG
ん?? 商店街を出た表通りにも「パンじゅう」のお店を発見! 正福屋さん
IMG_7759.JPG
IMG_7756.JPG
IMG_7757.JPG
こしあんと粒あんを組み合わせて買いました
IMG_7773.JPG
十勝産小豆がびっしり詰まった小樽名物「パンじゅう」
やっぱり~小豆が美味しい~!私はこしあん! 小さなサイズなので2個は軽く食べられます^^
IMG_7774.JPG
小樽市は石狩湾に面し、札幌市の北西に位置している北海道の港湾都市
IMG_7693.JPG
小樽の雪は札幌の3倍だそうです
IMG_7689.JPG
「チャタレー夫人の恋人」の伊藤整「蟹工船」の小林多喜ニ、加藤浩次や、なかにし礼も小樽出身
石原慎太郎・裕次郎兄弟は7年間この小樽で過ごしたので「裕次郎記念館」も出来ましたね
記念館は昨年取り壊されたそうです 
IMG_7721.JPG
北海道らしい民家 昔のままの姿なんですね・・・ここ
IMG_7730.JPG
「北の商都」として栄えた小樽 「北のウォール街」を見る前に・・・
tommyさんに教えていただいた三角市場へ向かいます

正福屋 小樽本店洋菓子(その他) / 小樽駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(72)  コメント(19) 
共通テーマ:美容

雪と氷の芸術・さっぽろ雪まつり [deep emotion]

さっぽろ雪まつり
雪捨て場だった大通公園に、1950年 地元の中・高生が6つの雪像を作ったのが始まりとされています
IMG_7633.JPG
氷点下4度 想像していたほど気温下がらず良かった~
IMG_7627.JPG
さっぽろ雪まつりは
1953年 雪まつりの代名詞とも言われている「大雪像」が初めて作られ
1955年から、雪像作りに自衛隊が参加するようになったそうです
IMG_7628.JPG
ファイナルファンタジーXIV "白銀の決戦" 好きな人にはたまらないでしょうね
IMG_7631.JPG
台湾―旧台中駅 108本の氷柱を使い250人の手により完成させたそうです
20180206_210740.jpg
ストックホルム大聖堂 
IMG_7640.JPG
ストックホルム最古の教会を実物の約1/2大で制作されています 素晴らしい~~
20180206_203827.jpg
奈良・薬師寺・大講堂 南都七大寺の一つ「薬師寺」
IMG_7645.JPG
アイスブロック工法と呼ばれる独自の技術で、繊細な部分まで忠実に再現しています
陸上自衛隊第二雪像制作部隊3800人が28日間かけて作られたそうです
プロジェクションマッピングで、寺の表情が次々に変わります
IMG_7642.JPG
今年で68回目を迎えるさっぽろ雪まつり
日本国内のみならず世界各国から観光客が訪れる、日本を代表する冬のおまつりですが~
私が見た限りでは・・・日本人より外国人観光客が異常なまでに多かったです
20180206_204154.jpg
メイン会場である1.5kmにも及ぶ大通公園には大小様々な雪像が並んでいます
20180206_204738.jpg
IMG_7632.JPG
手塚治虫 生誕90周年オールスターズ
IMG_7651.JPG
北海道各地の美味しいものやお土産品、名店の味が食べられる室内ブースもあり
IMG_7661.JPG
歩いていても寒さを忘れる程~楽しめます^^
IMG_7630.JPG
IMG_7637.JPG
ホッコリとする市民手づくりの母子・・・お父さんは?
IMG_7646.JPG
いました!お父さん!
IMG_7654.JPG
IMG_7652.JPG
雪が舞ってきました
IMG_7649.JPG
会場から近くなので、有名な「時計台」まで歩く事に・・・
IMG_7667.JPG
ロードヒーティング設備の整った札幌 歩道は全く雪が無く乾いています
丁度その工事中でした
IMG_7662.JPG
数分で札幌のシンボル「時計台」に到着 何故か~裕次郎を口ずさんでしまう・・・^^
20180206_212130.jpg 
帰り道、ホテル近くで気になっていた「プリン本舗 すすきの店」へ立ち寄りました
IMG_7670.JPG
店員さんおススメの「玉子スペシャル」 
IMG_7770.JPG
翌朝いただきました・・・
ん~~お値段は高級(1個500円近く)な割には、もう少し高級感の欲しいプリンでした^^
IMG_7771.JPG

迫力満点の雪まつりの大雪像
世界の名建築や流行のキャラクター等、そのスケールの大きさは素晴らしいものでした
雪まつりが終わると、翌朝から雪像は解体されてしまうそうですが
今年は雪像が融けて崩れた為に、祭りが終わる前に解体したとか・・・
私は初めての「さっぽろ雪まつり」
雪と厳しい寒さを逆手に取って楽しむ・・・道民文化に触れた気がしました

プリン本舗 すすきの店洋菓子(その他) / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)狸小路駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.6

 
nice!(116)  コメント(28) 
共通テーマ:美容

だるま本店 de 絶品生マトン [gurmet 肉]

札幌で絶対に食べたかった本場の「成吉思汗」生マトン  
すすきの老舗「だるま本店」へ
IMG_7588.JPG
並ぶ覚悟で行きましたが、早い時間だったからか30分ほどの待ち時間で済みました
私達が入店する頃~後ろには国際色豊か~~~な長蛇の列!!
line_1517909997844.jpg
こちらのお店は昭和29年創業60年の本店 
北海道を知る人は「やっぱり本店よ!」「生マトンなら~だるま!」と誰もが語ります
入り口・暖簾下のインターホンで店内へ呼ばれます お店の方は出て来ません
それは~この厨房を円く囲んだカウンター席だけだから^^
IMG_7599.JPG
炭火とマトンの焼ける良い香りと~煙!
IMG_7608.JPG
これは~生じゃなく~瓶! 千歳工場限定の一番搾り
IMG_7590.JPG
お酒のお通し・200円は手作りのお漬物 ちょっと漬かり過ぎ?
IMG_7595.JPG
カンパ~イ!
IMG_7596.JPG
伝統を受け継がれたタレ あっさりとした醤油ベースのタレは焼肉のタレを想像してはいけません
IMG_7593.JPG
「ニンニクと唐辛子を入れてどうぞ~!」投入~!
IMG_7594.JPG
ジンギスカン・生マトン 一人前850円 即座に出てきます^^
IMG_7591.JPG
ジンギスカン鍋に野菜(大量の玉ねぎ)が乗せられ~焼きます!
鍋の頂点に載せるのは、ラード(豚脂)ではなく羊の脂身です
IMG_7597.JPG
絶品~~~~!全くマトン臭さがない!柔らか~い!美味しい~~~~!
20180206_191145.jpg
あっという間に~一人前なんて軽く食べられます^^
ママの手作りキムチ 350円
IMG_7592.JPG
チャンジャ 300円
IMG_7604.JPG
北海道ならではのハスカップサワー
IMG_7607.JPG
焼き岩のり
IMG_7600.JPG
追加でお肉と野菜のお代わりを・・・
IMG_7603.JPG
玉ねぎが新鮮で辛い! その玉ねぎの辛みとマトン肉が~これまたベストマッチ!
IMG_7601.JPG
美味しくて~日本酒も飲みたくなっちゃいます^^
IMG_7609.JPG
「あら、恥ずかしいわ~!」と言いながらテキパキとお客様をこなす店長さん 素敵な笑顔^^
IMG_7610.JPG
炭火でマトンを焼く伝統のスタイルと秘伝のタレ
全く臭みのないマトン肉は新鮮だからこそですよね
ジンギスカンがダメな人が口にしたら~目から鱗のお肉 並んででも又食べに来たいお店です 
お腹もいっぱいになった所で~主目的の「雪まつり」へ^^

だるま 本店ジンギスカン / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)資生館小学校前駅

夜総合点★★★★ 4.0


nice!(95)  コメント(18) 
共通テーマ:美容

さっぽろ雪まつり・すすきの「Susukino ice world 2018」 [Japan]

先ずは「すすきの」から参上~[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
札幌に来たら「夜は~すすきの」は定番中の定番ですよね
ホテルも「すすきの」地区だったので、初めに「すすきの会場」へ向かいました
IMG_7612.JPG
歓楽街の「すすきの」ですが~足元はこの通りの圧雪・・・酔って千鳥足はかなり注意が必要です
IMG_7587.JPG
IMG_7574.JPG
たしかに・・・「ぎょっ」・・・の圧雪道
IMG_7611.JPG
屋内は暖房が効いて暑いくらいですが~一歩外に出たら氷点下の札幌です
IMG_7572.JPG
IMG_7570.JPG
IMG_7571.JPG
アイスバー、フードコーナー等はテント内で温かく・・・
IMG_7584.JPG
IMG_7586.JPG
「さっぽろ雪まつり」は大通公園に雪像が並びますが
「すすきの」には氷像が沢山並んでいました
IMG_7579.JPG
IMG_7566.JPG
20180206_185159.jpg
ガリガリ君^^
IMG_7562.JPG
アロ~ハ!
20180206_185100.jpg
雪像とはまた違う繊細さや美しさが楽しめる氷像が置かれた「すすきの会場」は
すすきのアイスワールド2018 と呼ばれ、平日にも拘らずとても賑わっていました
20180206_182402.jpg
IMG_7569.JPG
氷彫刻の実演も行われていましたよ~
IMG_7580.JPG
氷像制作は1本縦50センチ、横1メートル、高さ25センチ、重さ135キロもの氷
設計図を見て必要であればカットし、氷の間に水と雪を入れ氷同士を接着させたり~
倒壊する恐れがない様に、木に釘を付けた手製のヤスリで氷を平らにしていました
IMG_7583.JPG
チェーンソーで氷を削ると、細かい氷が飛び散り~観ている私達も大迫力!
IMG_7567.JPG
2/3日~本格的な彫刻作業が開始された氷像の制作は
「NPO法人 日本氷彫刻会」に所属する方々によって行われています
「氷を楽しむ」をテーマに、幻想的な氷像が立ち並ぶ「すすきの」
ネオンの光の中でキラキラ光る氷像は、すすきの会場ならではの光景ですね
IMG_7573.JPG
大通公園会場へ向かう前に~お目当てのお店で腹ごしらえを・・・^^
nice!(100)  コメント(17) 
共通テーマ:美容

雪と氷の札幌へ [Japan]

雪降る季節の代表的なお祭り&北海道の冬の風物詩
第69回目となる「札幌雪まつり」を見に行ってきました~
20180206_150041.jpg
北上山地を眼下に仙台からは約1時間のフライトです
IMG_7540.JPG
水を飲む暇もなく~あっという間に到着
20180206_154626.jpg
「ほら、viviの大好きな人が明後日乗る機だよ」と主人 「あら、大変!」
この日は2/6 私の大好きな安倍総理は、この機で平昌の冬季オリンピックへ向かいました
20180206_160248.jpg
「Boeing747は今年で最後だからね 撮っておくと良いよ」「はい、は~い」
20180206_160252.jpg
新千歳空港の自衛隊側滑走路(自衛隊側は千歳飛行場)の脇には、政府専用機専用の格納庫があります
必要に応じて羽田等に向かいますが、普段はここに格納されている事が多いようです
3,000 mの平行滑走路を2本持つ、日本で初めて24時間飛行機の離着陸が可能とされた新千歳空港
IMG_7543.JPG
空港から快速エアポートライナーに乗り約40分 札幌へ向かいます
空港もですが~~~電車も!暑すぎ~~~~! 座ってるとお尻が火傷するほどシートが熱い!
車内も多分・・・タイ並みの温度・28度は有るんじゃない?
エネルギー無駄遣いし過ぎの様な・・・2重窓もほら!こんなに曇っています
20180206_164453.jpg
暑い!暑い~~~!便秘になりそう~!と言いながら~札幌到着!
札幌駅前通地下歩行空間と呼ばれる地下通路「チ・カ・ホ」ここもまた~暖かい!!
エスキモー状態でやって来ましたが、セーター一枚になり歩きました・・・
「札幌雪まつり」のインフォメーションセンターがいたる所に
IMG_7547.JPG
地下鉄で移動しようかと思いましたが~全然寒くないので、すすきのまで地下散策
こちらは札幌ならではのサービスでしょうね 図書館の返却場所が地下通路に!
IMG_7550.JPG
中央図書館が中心部から離れているし、冬は雪が多いから? これは便利ですね~
大規模な都市ならではの行政のサービスですね
証明書発進センターもその並びにありました
IMG_7551.JPG
チ・カ・ホは、札幌駅周辺地区と大通・すすきの地区が地下で繋がっています
IMG_7552.JPG
信号もなく、雪の多い時期でも暖かく~都心の移動にとても便利ですね~
仙台にはない・・・仙台の牛たんのお店^^
IMG_7553.JPG
ムム・・・何やら凄い行列は? ワォ!早速札幌スイーツの代表「きのとや」さん!
IMG_7619.JPG
チーズタルトの美味しいお店ですね 少しだけ・・・おやつタイム^^
IMG_7620.JPG
IMG_7617.JPG
本場の焼きたてチーズタルト やっぱり濃厚で美味しい~!
IMG_7616.JPG
仙台ではいただく事の出来ない「極上牛乳ソフト」 嬉しい巻き~~~
舌ざわり滑らかで、嫌味の無いフレッシュな牛乳の味~
IMG_7618.JPG
暑かったので丁度いい感じに 脱いでいた上着を着ました^^ 
所々出口近くに在る「立ち飲み屋」さん 好きです~こんなお店
IMG_7554.JPG
私達の向かう南4条出口近くのこちらも凄い行列! 「立ち食いそばや」さんでした
IMG_7623.JPG
心も温まる様なお値段 良いわ~「札幌チ・カ・ホ」
IMG_7624.JPG 
で、出ました 外に・・・南4条 ススキノのそばです 
タイ→台南→から~一気に!北海道へ来たぁ~~~~!と言った感じの体感気温
IMG_7556.JPG
地下で温まった体温のタイムリミットは・・・カウントダウンが始まりました
IMG_7557.JPG
ウルトラマンは3分でしたが~
IMG_7668.JPG
何とか20分はもちそうな・・・でも、真面目に息が・・・で・き・な・い・・・
出てる部分は全て凍りそう・・・
IMG_7559.JPG
ホテル数が多いせいか「青森ねぶた祭り」よりも簡単にホテルは取れましたが~
「さっぽろ雪まつり時」のホテルの価格は普段の3~4倍だそう・・・
「ダイワロイネットホテル・すすきの」最上階の一番端の部屋  結構なお値段でした
IMG_7560.JPG
部屋から見下ろすテレビ塔へ続く道は雪の道です 
IMG_7561.JPG
眼下のすすきのも、透き通る氷の芸術品が展示された「すすきの会場」となっています
先ずは「すすきの会場」から歩いてみます^^

KINOTOYA BAKE ポールタウン店洋菓子(その他) / 狸小路駅西4丁目駅すすきの駅(市電)

昼総合点★★★☆☆ 3.2

 
nice!(98)  コメント(22) 
共通テーマ:美容

違いの分かる女・・・の足 [fashion]

イメルダです   今年の冬もブーツを数足買い揃えました
IMG_7522.JPG
靴・ブーツは有れど~末端冷え性の私
年々酷くなる足のしもやけ・・・今年は特に酷いんです[もうやだ~(悲しい顔)]
格好とか言ってられない とにかく足先が暖かい靴が欲しい!
今まで余り好きではなかったデザインの~UGG・アグのムートンブーツも買いました
IMG_7524.JPG
シープスキンブーツで有名な「UGG(アグ)」
ファッション性だけでなく、夏に着用しても蒸れない通気性の良さ等・・・機能面も優秀です
IMG_7523.JPG
確かに~中がムートンで暖かかったです でも、それは~雪が降るまでの事
IMG_7525.JPG
裸足で履く靴だけ有って通気性が良いのでしょうね  
これは~北海道の人や真冬には不向きなブーツかも なので、LAで人気なのでしょう
しかも靴底がこれ
IMG_7530.JPG
ダメだぁ~~~極寒の地・札幌へ行くのにこんな靴では甘すぎる!
「雪に強い靴・ソレル置いてる?」三越へ電話すると~
「有りますよ~!丁度saleになってます!」
三越から~「これ買って良い?って言うか、もう買っちゃった」と主人に送ったLINE
line_1516261923512.jpg
SOREL・ソレル
ソレルは様々なスノーシーンで「暖かく、ドライで快適」をコンセプトとしたフットウェア
IMG_7528.JPG
冬の靴に通気性はそんなに必要ありません 保温性、防水性!そして~お洒落[黒ハート]
IMG_7529.JPG
しかもこの靴底 真面目に雪でも氷でも滑りません! 雪国で選ばれ続けるわけです~
IMG_7531.JPG
チョッと汚れちゃってますが^^雪国にどちらが適しているかは一目瞭然でしょ?
IMG_7532.JPG
アグは春先までお蔵入り~ ソレルのおかげで、しもやけも楽になり~
雪道をルンル~ン♪ スキップして歩けるようになりました^^ 
その素晴らし~~いソレルの威力を発揮した「札幌雪まつり」レポは来週~[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
札幌もソレルだらけでしたよ~~
nice!(124)  コメント(21) 
共通テーマ:美容

小次郎deいつもの新年会 [gurmet 肉]

一足早い春を運ぶ「啓翁桜」  寒い冬にお花見させてくれるかの様に生けられています
IMG_7511.JPG
今年も仲良し4人の新年会は「小次郎」で鉄板焼き
IMG_7496.JPG
私が「Asahiの瓶」が好みと言う事も、きちんと心得てくれてます
IMG_7459.JPG
4人でカンパ~イ!今年も宜しくね~♪
IMG_7463.JPG
1月なので一年の幸福と、長寿への願いを込めた”福寿”料理がコースで提供されます
IMG_7465.JPG
先付  鱒の子が可愛らしく乗せられた~帆立・数の子・菜の花
IMG_7464.JPG
「いくら」という言葉はロシア語「IKURA=魚の卵」って知ってました?
鱒の子もロシアでは「IKURA」なのかしら・・・
前菜五種盛合せ  鱈の煮付け黒豆乗せ・慈姑・鴨ロース煮・千社唐・蟹砧巻・真砂和え
20180130_192816.jpg
噛み心地いい~^^この赤細い物は「京の赤蒟蒻」だそう
IMG_7467.JPG
お魚の鉄板焼きが準備されると~
IMG_7468.JPG
コンソメ&じゃがいもの冷製スープ・小次郎スープが登場します
開業以来、ずっと小次郎の顔となっている美味し~~いスープです
IMG_7471.JPG
仙台のお正月だけに~「なめた鰈」が1月のお魚です
IMG_7473.JPG
魚料理鉄板焼  仙台せりとなめた鰈の有馬山椒餡
IMG_7474.JPG
仙台せりは根まで美味しく食べられます ん~~肉厚のなめた鰈!
煮つけは定番ですが、焼いてもとても美味しいです
こうなると~やっぱり日本酒ですね^^ 「御猪口はどちらを?」
村田町の乾坤一・ケンコンイチ 今やフランスでも大人気の日本酒です
IMG_7476.JPG
お肉・ポン酢・生醤油がお仕度されます
ムフフ・・・この霜降り~~~!さすが仙台牛
20180130_200844.jpg
焼かれたお肉はお塩&山葵でいただくのが好きなんですが~
小次郎のお醤油・・・ホントに美味しいんです 今野醸造さんのお醤油
このお醤油に出会ってから我が家では定番です お取り寄せも出来るので、是非食卓に^^
IMG_7481.JPG
サラダ 季節野菜の生姜ジュレ掛け わさび菜がとても美味しい~
IMG_7484.JPG
「山葵、山盛りですよね?」
IMG_7485.JPG
私達、お客様の一つ一つの好みを憶えていて下さってる事 これこそが「おもてなし」
IMG_7490.JPG
ですが~歳を重ねると、嗜好も変わりますね  もう刺激やパンチは余り必要なく・・・
岩塩のみでいただくフィレ肉のベリーレア 口の中でトロ~リとろけます
IMG_7491.JPG
特別に我妻さんが、パフォーマンスをして下さいました^^ 
鮑や海鮮にはこの様な場面が登場しますが、お肉には無しですからね~
IMG_7492.JPG
霜降りお肉を堪能しながら~ペチャクチャ4人の今の会話の中心は「介護」と「子」
その間に「おこげ」が作られ、ガーリックライスの準備が目前の鉄板で
IMG_7502.JPG
天ぷらもですが、お肉も焼き方の手腕で味が変わります
やっぱり~次回も我妻さんでお願いしたいです^^
IMG_7505.JPG
お椀 お漬物は糠漬け
IMG_7503.JPG
デザート 抹茶のティラミス 美味しい~ほうじ茶
20180130_214733.jpg
おトイレはいつもの如く~一人去る毎に花びらが落とされています
20180130_212546.jpg 
昨年同様:1月30日はmiyurinのbirthday 
何も言わずとも~こうしてmiyurin向けのお祝いが用意されていました
IMG_7508.JPG
また4人全員にお土産(小次郎謹製の牛佃煮)もいただき~
お外までお見送りの松永さんと我妻さん 
閉店時間をとうに過ぎていたのに、この4人が揃うと話が止まりません・・・
20180130_221655.jpg
ブログ仲良しのma2ma2さんも訪れ、まりっぺちゃんも仙台で一番行きたがっているお店・小次郎
間違いなく~味でも、おもてなしでも~仙台で誇れる名店です 

[かわいい]明日から札幌へお出掛けします ブログは木曜までお休みしま~す

仙台牛と和風個室 すていき小次郎 仙台本店ステーキ / 勾当台公園駅大町西公園駅青葉通一番町駅

夜総合点★★★★★ 5.0

 
nice!(117)  コメント(25) 
共通テーマ:美容

さよなら シアトル&虫博士 [アメリカ・USA]

シアトル最後の朝 荷物が多いのでウェストレイク駅までUBER・ウーバを呼びました
DSC00455.JPG
シアトル・タコマ空港まではリンク・ライト・レールで約40分
10分おきに空港とダウンタウンを結んでいます
DSC00457.JPG
シアトルマリナーズの本拠地 セーフコ・フィールド(Safeco Field)
DSC00465.JPG
空港へ到着です
シアトル・タコマ国際空港は、アラスカ航空のハブ空港にもなっています
DSC00466.JPG
ここまでトランクを2個持って私を見送りに来てくれた虫博士は
同じリンクライトレールで、又ダウンタウンへ戻らなくてはなりません
見送られ手を振られるのは悲し過ぎるので、チェックインして~又駅へ虫博士を見送りに・・・
DSC00469.JPG
ここで又~滝の様に涙があふれ歩けなくなった私・・・老夫婦が声をかけて励ましてくれました
で~又涙・・・  ところが、時間的にそんな事してる場合じゃなかった~~~
乗り継いで全米主要都市へのアクセス出来る何しろ広い空港・・・
タコマ空港は4つのコンコースのあるメイン・ターミナルと北、南サテライトに分かれています
DSC00470.JPG
メイン・ターミナルと各サテライトは、地下を走る連絡線で結ばれていて~
私の帰国便ANAのゲートへも地下鉄で移動しなければなりません
でもね、素晴らしい充実ぶりの空港~ここで1週間過ごせそうな感じです
DSC00471.JPG
美味しそうなレストランやカフェ、バー、ハイセンスな雑貨屋さん、マッサージバー、靴磨き屋さん
泣き崩れてないで、もっと早く入っておけばよかった・・・
DSC00472.JPG
誘惑に負けていたら乗り遅れます
DSC00473.JPG
地下鉄でターミナルをSouth Satellite(南サテライト)に移動
DSC00475.JPG
数分で到着すると~ボーディングタイムには少し時間が有りました
DSC00479.JPG
DSC00481.JPG
日本便が発着する搭乗ゲートのすぐ近くにある・ラウンジ THE CLUB AT SEA
DSC00482.JPG
「THE CLUB AT SEA」は各社共用のラウンジです
THE-CLUB-at-SEA.jpg
ほんの少しの時間ですが、寛ぐことにします
DSC00487.JPG
サラダ・フルーツ・サンドウィッチ・スープ等の軽食
DSC00485.JPG
DSC00484.JPG
カップヌードル・カップライスも置かれています
DSC00488.JPG
クッキーやチップス 数種のチーズやハム等も
DSC00492.JPG
小さなバーカウンターでは、アサヒやキリン等のビール
DSC00489.JPG
オーダーすればカクテルも作ってくれます
DSC00490.JPG
マンハッタンをお願いしました
DSC00491.JPG
窓から飛び立つ準備の飛行機を見ながら・・・
DSC00483.JPG
ラウンジにはペットボトルも数種置かれているので、機内用にお水を1本いつもいただいています
さ、搭乗時間です
DSC00495.JPG
サンフランシスコで虫博士と待ち合わせをし、従妹達と少し遅いアメリカの夏を過ごした2017年の9月
従妹とさり気無く交わしている英語での会話に、彼が二年で得た力を感じました
20170914_140118.jpg
シアトルでは彼の大学や、ホームステイ先を訪れる事が出来
異国の地で二年間、彼を支えてくれていた方々に会うことも出来ました
20170914_134043_001.jpg
シアトルで過ごした二年間は、これからの彼にとって大きな糧になるでしょう
20170914_134125_001.jpg
虫博士は、彼の本当の目的である地・ニューヨークで、1月から又学生生活を始めています
これにて私の昨年のアメリカ渡航記終了で~す
ソネブロの皆様、お友達、旅・食繋がりの読者の方々、長らくお付き合い下さり有難うございました
皆様からの閲覧&コメント、いつも励みになっています  
これからも宜しくお願い致しま~す^^
nice!(118)  コメント(27) 
共通テーマ:美容

べカーリーで朝食 [アメリカ・USA]

DSC00267.JPG
1階ロビーに置かれたコーヒーサービスを持って、独りで屋上テラスへ上りました
DSC00266.JPG
シアトルの朝は澄んだ空気がご馳走です
DSC00234.JPG
家では味わえない、この何もする事のない朝の解放感
虫博士も傍にいるので、何も心配する事のない朝・・・久し振りです
DSC00268.JPG
虫博士のホームステイ先の島 コーヒーを飲みながら島を眺め彼の2年間を思い感慨に耽りました
DSC00269.JPG
虫博士が起床すると、夜まで動きっ放しの行動が始まります
DSC00164.JPG
DSC00165.JPG
バスには自転車も車椅子も、ドライバーさんも手伝って積んでくれます
DSC00166.JPG
この日はホームステイ先へ挨拶に行く日
フェリーターミナル近くで朝食をとる事にしました
DSC00270.JPG
DSC00271.JPG
快晴~!朝から透き通るような青空が広がっています
DSC00272.JPG
DSC00273.JPG
DSC00275.JPG
DSC00305.JPG
ALASKAN SOUR DOUGH BAKERY
DSC00306.JPG
DSC00276.JPG
焼きたてパンの香りが外までプ~ンとして来るこのお店にモーニングは決定!
DSC00277.JPG
DSC00278.JPG
チョコたっぷりのスイーツ アメリカ人は朝からスイーツを食べますね~従妹もそうです
DSC00280.JPG
メニューはこちらの黒板
DSC00279.JPG
ベーグルのサンド&ボイルドエッグ $17
それほど手の込んだものではありませんが~これだけの朝食なのに結構なお値段です
DSC00281.JPG
卵料理は色々な調理法が選べます
DSC00283.JPG
クラムチャウダースープ $10 あさりがいっぱいのクラムチャウダー
アメリカではどこで食べても美味しいです!
DSC00282.JPG
焼きたてのパンが美味しそうだったので、数個買って帰りましたが
どれもしっかりとした味の~「アメリカのパン」でした
DSC00284.JPG
虫博士いわく・・・スーパーで売られているパンでも、アメリカは美味しいよ!だそうですが
欧米人が日本に来て「美味しい!」と一番に思うのはパンだそうです

ALASKAN SOUR DOUGH BAKERYパン・サンドイッチ(その他) / ダウンタウン(シアトル))

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


nice!(105)  コメント(22) 
共通テーマ:美容

2018年01月 |2018年02月 |- ブログトップ