So-net無料ブログ作成
検索選択

香港国際機場 さよなら~Hong Kong [Hong kong]

帰国日を迎えました 香港国際空港
2e4f27edd4ff33ed_S.jpg
世界のベストエアポートにも選ばれた、現在すべての旅客機が到着する空港となっています
市内の九龍城近くにあった啓徳空港は、離着陸時に見える香港市街地の景色が名物でした
その景色が見られなくなった代わりに、より便利で魅力を持った空港として生まれ変わりました
DSC02348.JPG
朝食は空港内の 美心・翠園(Maxim's Jade Garden)で・・
DSC02347.JPG
上海に本店を持つ人気店Jadeグループのレストランです
DSC02341.JPG
DSC02338.JPG
チェックインの後&出国手続き前に最後の飲茶をいただけるところでも有ります
勿論~この鶏の足から (安心して下さい!今後も私のblogにはかなりの頻度で登場します^^)
DSC02336.JPG
DSC02342.JPG
香港市街の飲茶と比べるとイマイチでしたが、香港の〆としては最適ですね
ピータンや鮑等入れたお粥
DSC02343.JPG
ピータン
DSC02344.JPG
ムフフ・・・鮑
DSC02345.JPG
DSC02346.JPG
マンゴープリン
DSC02337.JPG
店内からは空港の人の流れを眺めることができます
DSC02340.JPG
空港でチェックインして荷物を預けてから身軽に行ける香港最後のオススメレストランです
DSC02339.JPG
DSC02349.JPG
アヘン戦争による英国の植民地支配に端を発する香港
DSC02353.JPG
ショッピングやグルメなど、香港へ行く楽しみは人それぞれ違います
世界中から年間1000万人を超えるツーリストが訪れる魅惑の国のベストシーズンは11月~12月ですよ~
DSC01952.JPG
12月に出掛けた「香港」にお付き合いいただきまして有り難う御座いました
前々回記事の蚤の市で買ったメノウのリングを見たい!と言うリクエストにお応えして・・・こちらで~す
DSC03100.JPG
寅だ!と思って買いましたが、違った角度から見ると「ワンコ」「カエル」色々な生き物に見えますね
DSC03102.JPG
アトリエSAKANAさん・raomelonさん・momoさん・そして~黄昏のコメンテイター裏ちゃん
チョッとピンボケですが・・・皆さんは何に見えます?[わーい(嬉しい顔)]

美心・翠園飲茶・点心 / 香港国際空港 (HKG) 周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(131)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

煲仔飯 (ボウ・ジャイ・ファン)・香港の釜飯 風味園粉麺飯小厨 [Hong kong]

冬を迎え始めた香港で暖かく過ごして楽しむ冬の食べ物といえば~火鍋や煲仔飯(ボウジャイファン)
「火鍋」という言葉を耳にしたことが有っても
「煲仔飯」(ボウジャイファン)というのは中々耳にしたことがないかもしれません
油麻地(ヤウマーテイ)・旺角(モンコック)には煲仔飯を出すお店が沢山集まっています
120.jpg
旺角を歩いていて、店先で見掛けるこの土鍋を焼く風景 何とも言えな~いおこげの良い香りが漂っています
DSC02333.JPG
DSC02332.JPG
この日の香港夜の気温は16度・・結構肌寒いです 香港にとっては「冬」
香港の冬を代表する食べもの「煲仔飯 (バオ・ヅィー・ファン)」を食べて暖まりましょう~
DSC02331.JPG
店内1階は煲仔飯を食して温まる香港人で満席です 2階席へ上ります  先ずは~ビールですね
と・・このビール 生まれて初めていただくビール・「blue girl」 私好みの軽さです
DSC02325.JPG
こう言ったお店では通常飲み物は持参でOKです このblue girl は云わば日本の発泡酒的な存在
カンパ~イ
DSC02320.JPG
大好きな油菜の炒め物 このお野菜も香港の冬のベスト的食物です
DSC02322.JPG
ayayaとyaiの大好きな焼きそば 私は本来好きでは有りません・・・
DSC02323.JPG
煲仔飯とは、小さな土鍋で作る香港風釜飯のこと やって来ましたよ~ 2分待って・・との事
12132001095_0211c08edd_o.jpg
DSC02324.JPG
我慢して2分待ち、蓋を開けると~熱々の釜飯登場~~~!
DSC02326.JPG
DSC02327.JPG
ご飯とともに炊き込む素材は、スペアリブ、鶏肉、しいたけ、チャイニーズサラミ、そして食用カエル等様々
こちらはモツ
12132002195_f3c2c0e46c_o.jpg
煲仔飯は日本というところの釜飯ですが、醤油ベースのお出汁で炊き込む日本とは違って~
白ご飯に、香港ならではの食材、甘いソーセージ・臘腸(ラプチョン)やしょっぱい魚・咸魚(ハムユー)
を載せて炊いただけの物なので、日本人にとってはかなり薄味 
テーブルに置かれた醤油やオイスターソースをグルグル掻き混ぜていただきます
DSC02329.JPG
DSC02328.JPG
鴨肉の煲仔飯
DSC02330.JPG
砂鍋と呼ばれるとっ手の付いた小さな土鍋で、生米の上に具を乗せて炊き込んだ~いわゆる中国風釜飯
1212_kwangei_00.jpg
中国本土では砂鍋飯(シャー・グォ・ファン)と呼ばれています
色々な具が用意されていて、その場でひとつひとつ炊き込んでくれます
干した鴨、干し肉、腸詰などを乗せて炊き込んだもの
昔の香港では冬の季節になると、この砂鍋飯が路上の至る所で蒸気を上げて~
一種の「冬の風物詩」のような感じでした 今ではこの煲仔飯のお店を見付けるのは結構大変です

風味園粉麺飯小厨東南アジア料理(その他) / 旺角 モンコック)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


風味園粉麺飯小厨   旺角通菜街110號
nice!(109)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

摩羅上街(キャット・ストリート)Upper Lascar Row [Hong kong]

DSC02081.JPG
何十年と変わってないような、独特のごみごみとした雰囲気の中に
問屋さんや雑多な商店などが立ち並ぶ、香港ならではの猥雑さを持ったところが魅力の上環(ションワン)
DSC02126.JPG
DSC02083.JPG
お洒落なカフェや欧米人の姿も、この辺りでは良く見掛けます
DSC02090.JPG
DSC02091.JPG
巨大なお線香の寺院・文武廟(マンモウミュウ)の正面にある、石畳の階段を下りた、一つ下の通りが~
摩羅上街(キャットストリート)です
cfeac9e4df77c317_S.jpg
f334e3b2deaa06d2_S.jpg
1997年に香港はイギリスから中国に返還されました
しかし実際の香港はというと~近代的なビルが多く建ち並び、イメージする「中国」とはかなりかけ離れています
人種も全く違い人間としてのモラルも勿論あります と・・比べてしまうと香港人が怒るかも・・
DSC02116.JPG
摩羅上街・キャットストリートは~中国語の中古品:ネズミ 購入する人:ネコ と呼ぶ事から名が付いています
1920年代くらいまではインド人がこのエリアでアンティークや中古品を売っていたのですが
その後マーケットが広がって~盗品を売る店が沢山出てきたそうです
DSC02114.JPG
泥棒市とも言われたガラクタマーケット街
DSC02117.JPG 
高価な骨董品やそのレプリカをはじめ、一見するとゴミとも思えるような品物までがぎっしり!
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがある道です
DSC02118.JPG
DSC02119.JPG
DSC02120.JPG
fdf1ff47882d2340_S.jpg
DSC02128.JPG
ショッピングモールや免税店には絶対売ってない!楽しくてキッチュな掘り出し物のお宝たち
散歩気分で値切り交渉しながらお買い物が楽しいです
DSC02121.JPG
DSC02122.JPG
ちなみにこの通りの英語名の「Lascar」とは、イギリス軍に属するインド人のことです
(この地域に度々訪れた無法なふるまいが評判だった東インド諸島の水夫、との説もあり)
現在は売られている商品は当然ながら盗品ではないので~安心して下さい!
DSC02125.JPG
DSC02124.JPG
キャットストリートで売られている商品のほとんどは、値段があってないようなものばかり・・・
大切なのは値段の高い安いではなく、その商品が自分にとってその金額を払う価値があるかどうかですね
096291c3b682a892_S.jpg
私も見るからに盗品の様な?[がく~(落胆した顔)]メノウ石の指輪を買いました^^
沢山のガラクタの中に一つだけ、普段なら見向きもしない石ですが~何だかどうしても欲しくなってしまいました
60HKD=約840円 
キャットストリート・骨董市 香港へ旅した際は是非!自分のルーツが見つかるかも・・・な~んて^^
nice!(107)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

蛇スープを飲もう~蛇王芬飯店 Ser Wong Fun Restaurant [Hong kong]

「秋風が吹くと蛇が肥え太り食べごろになる」という広東語の表現があります
香港の秋冬はあまり寒くありませんが、ある時期、突然寒くなることがあります
福岡等で雪が降った先月、香港でも気温2度と言う日も有った様で・・・暖房設備も整って無く大変だったでしょう
体調を崩しやすいこの時期は、たくさんの香港人が蛇料理を食べて滋養を取ります
トップレベルの冷え性・低血圧の私 今年も足の指がし・も・や・け・・・になりました
なので、どの国へ出掛けても蛇を食べる事にしています ただのゲテ物食いではありません!
きちんと体・美容を考えて食べていますからね~
DSC02263.JPG
中環・セントラルのミッドレベルズエスカレーター
香港島の中心地セントラルから、山の手高級マンションエリアのミッドレベルまでを結ぶ
全長約800mのエスカレーターです
DSC02277.JPG
昔ながらの茶餐店から、多国籍なレストラン、おしゃれなカフェ、雑貨・インテリアショップ、ギャラリー等々・・
DSC02276.JPG
たくさんのお店がひしめき合っています  
DSC02265.JPG
エレベーターすぐ近くにある「蛇王芬」は創立65年
DSC02266.JPG
こちらでは「蛇羹(蛇スープ)」や「水蛇粥(蛇粥)」などの本格的な蛇料理をいただくことができます
美味しそう~なお肉がぶら下がっています 蛇はどこ?と思うでしょう~?いません^^
DSC02026.JPG
ここでは蛇から肉をそぎ落としたものを料理にするだけなので、お店には蛇は置いていないのだそうです
蛇肉は、近くにある蛇屋さんの「蛇王林」から取り寄せているとの事  raomelonさん、安心して下さい!
DSC02267.JPG
約120年前、広東で最初に蛇や蛇胆酒を売る店を開店
香港政府観光局の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」という美食大賞まで受賞しました
常連のお客さんの中には芸能人や各界の著名人も多いとのこと はい!ジャッキーチェーンも・・です
さっそく~蛇のスープから・・ 五蛇
DSC02269.JPG
蛇スープの薬効を高めるために五種類の蛇を合わせて調理しています
五蛇は飯[金産]頭、金脚帯(アマガサヘビ)、過樹榕、三索線、白花蛇を使用
DSC02270.JPG
毒性が強ければ強いほど効能が高いといわれていて~
この五蛇の中でも「過樹榕」という蛇を除いて全部が毒性の強い蛇だそうです 大丈夫!生きてます
ホント、食べ終わる頃には体がポカポカ!元気になるんですよ
叉焼燒鵝飯
DSC02271.JPG
ガチョウ(モモ肉)のローストとチャーシューの乗せられたご飯で定番の広東料理です
DSC02273.JPG
広東料理の焼蠟と呼ばれる焼物は、専用の窯を使って焼き鳥のようにたれをかけながらじっくり焼いていきます
味が染みこんでいてとても美味しいです
中国では動物の体のある部分を食べると自分の体の同じ部分を補強できるという考え方があります
例えば、鶏脚をよく食べる人は脚の力がついてくるそうですが~蹴りが強くなりました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
ayayaの好きな~焼麺
DSC02272.JPG
あっさりとした細打麺の焼きそばは、日本の焼きそばとは全く異なります 食事と食事の間の箸休め・・的な? 
古法水蛇粥
DSC02274.JPG
こちらも蛇料理のメニューです 水律蛇という甘い蛇を使用しているそうです
その他の材料は。アワビ、豚の胃袋の千切り、干し貝柱、ピータン
DSC02275.JPG
お粥屋さんではないので、お粥は注文を受けてから作っていました
蛇羹に使用されるスープを少し入れて作りますので、とても味わい深い美味しさのお粥でした
蛇の肉には脂肪が少なく、胃腸が悪い人にも効果的だそうで、旅立つ前から胃腸の調子が悪かった私・・
すっかり良くなりましたよ~また、何よりも有名な効能は、「腰・肩を強く」し「美顔に効果あり」という事!
これからも~蛇と鶏の足は食べ続けなきゃ[わーい(嬉しい顔)]
振り返れば・・・好き嫌いせずに食べなさい!と、母も父も全く言いませんでした
食べてみて嫌だったら~お口から出しなさい、と二人とも~私と妹にそう言って食卓には様々な物が並びました
勿論!この蛇も~白焼きで並んだ事が有ります(お隣のおじさんの捕獲物でした[ふらふら]
この歳になって思うと、母と父の「食に関する教育」は人間関係にも同じことが言えるのかな・・・と思います 
口にしてみなければ(お付き合いしなければ)、その良さ・美味しさ・奥深さ・その食(人)の味が分からない
母も父も「食」から「人間関係」「国々の歴史」「身体に必要な物」全てを私達に教えてくれた様な・・・気がします

Ser Wong Fun Restaurant広東料理 / ソーホー / ノーホー)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

 
nice!(123)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

香港島 上環・ションワン~中環・セントラルを歩く [Hong kong]

九龍島対岸の香港島
繁華街はビジネスや金融の中心地・中環を中心に、島の北岸に東西に長く広がっています
DSC02079.JPG
中環は超高層のオフィスビルが立ち並び、ニューヨークを思わせる摩天楼になっています
DSC02194.JPG
香港名物のトラムが走っているので、2階席から窓を開け~風を受けながら街並みを眺めるのも楽しいです
DSC02197.JPG
勿論、12月の香港も、世界一世公開となった~スターウォーズ一色でした
DSC02299.JPG
勿論~日本のlineストアーも有ります 品数は日本よりかなり多かったです
DSC02189.JPG
そして~上環へ
DSC02023.JPG
DSC02069.JPG
古い物と新しい物が混在する街・上環
DSC02024.JPG
近代化が進む香港において、未だ中国からの移住者が住み着いた頃の面影を色濃く残す街です
DSC02019.JPG
昔から問屋街として知られ、ハンコ横丁・ヘビ問屋街などユニークな通りも多いのが特徴
ヘビ料理は~~ムフフ・・・この後で・・・
DSC02127.JPG
地下鉄上環駅のある周辺が町の中心で、駅の北側にはマカオ・フェリーターミナル
南側には昔の街並みが残る裏通りが路地をなしています この裏路地が私の好きな通りです
DSC02036.JPG
DSC02028.JPG
DSC02029.JPG
香港でもっとも有名な朝食店 屋台ですが~フレンチトースト等もあります
DSC02078.JPG
香港ではミルクティーとカフェオレがミックスされたものが昔からカフェの定番です
DSC02077.JPG
DSC02018.JPG
山の手をさらに登ると、骨董外で有名なハリウッド・ロードに辿り着きます
DSC02068.JPG
POHO
上環の大平山、普慶坊を中心としたクリエイターが集まるエリアがPOHO
彼等のお眼鏡にかなったお洒落なお店やカフェが点在しています
DSC02075.JPG
近くの公園脇で・・・お年寄りの寛ぐ姿に心が和みます
DSC02071.JPG
世界中から大型船が集まる東アジアを代表する貿易港となった国・香港
ブラッククリスマスとして有名な一瞬の日本占領後
英国の統治下に戻り国際金融都市としても更に発展した正しく「自由貿易国」です
nice!(109)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

船の上から始まって40年!橋底辣蟹 Under Bridge Spicy Crab [Hong kong]

香港といえば世界でも有数のグルメの街、様々な味覚が一堂に会しています
20091104_dbf4bd7c96c2a98fff9d28rK93s9Q473-91678.jpg
周りを海に囲まれた場所柄もあって、中でも海鮮料理は香港を代表する味覚の一つです
地元の人に愛されているお店、銅鑼灣にある「橋底辣蟹」
DSC02221.JPG
このお店の歴史は、香港の水上生活者の歴史をも物語っています
DSC02220.JPG
橋底辣蟹は1960年頃には既に創業していたのですが、その当時はなんと!船の上で営業していたのでした
その当時の香港は,、まだまだ近海で漁をしながら水上で生活する人が大勢いたそうです
香港きっての繁華街である~ここ銅鑼灣にも水上生活者は沢山いたと言うことです
DSC02222.JPG
その後の香港経済の発展にあわせて、水上生活者の多くは陸に上がって行きました
DSC02225.JPG
橋底辣蟹も例外ではなく、80年代に陸に上がったのち、まずは「(ダイパイトン=屋台)として路上で営業
90年代になり香港政府は「ダイパイトン」を無くしていく政策により~今の様なお店を持つに至ったそうです
さ、フィンガーボールも用意されたところで・・・
DSC02224.JPG
青島ビールでカンパイ~
DSC02223.JPG
鼓汁炒大蜆(アサリの醤油風炒め)
旨みが凝縮されたアサリを、たまり醤油で蒸し炒めしたもの
砂もしっかりと抜かれているので食べやすい一品です
DSC02228.JPG
芥蘭(ガイラン)の炒め物 私の大好物です 数回日本にこの野菜を持ち帰った事が有ります(秘密ですよ)
アブラナ科でキャベツやブロッコリーの仲間の野菜の芥蘭 ニンニクとごま油の香りがたまらないです
DSC02226.JPG
焼きそば
DSC02238.JPG
招牌橋底炒蟹(大ガニの辛味炒め)
このお店の看板メニューです   小:HK$480/中:HK$680/大:HK$880/特大:HK$1280
大きさも辛さも選べます 大きさ大(日本円で約14000円)で、辛さは中をお願いしました
DSC02229.JPG
このボリューム!ドーンと大きな蟹がお皿の上に乗っている迫力!
蟹の上に乗っている赤茶色のものは、自家製のスパイスです
これは、にんにく、唐辛子、香辛料を混ぜたもので、作り置きではなくその都度炒めているそうです
唐辛子の量も、注文に応じてその都度調節しているそうですが~日本人に丁度よい辛さは「微」だそう・・・
8d1a57574ffa04b6_S.jpg
今回頂いた「中」(前回は「大」)も、ヒ~フ~辛かったです でもほどよい辛さが蟹の味とよくマッチしています
ここで紹興酒のHotをお願いしました 即座に用意されたのは湯桶
DSC02233.JPG
数分経って程良く温まりました
DSC02231.JPG
DSC02230.JPG
このお店の定員さんはいつ来ても素晴らしい接客です
DSC02236.JPG
と~又蟹へ・・・
DSC02235.JPG
ご覧の通り~足を切ると、肉がたっぷりとついています!ayayaのこの嬉しそうな顔~~
DSC02237.JPG
蟹の足肉の歯ごたえがたまらな~い!
因みにこちらの蟹週末には200杯ほど出るそうです
DSC02234.JPG
チェックをお願いすると、テーブルにスイカが置かれます これは中国でも同じでした
DSC02239.JPG
香港へ来たらこの「蟹」を食べずしては帰れません
DSC02242.JPG
朝6時までやっているこの店  深夜0時過ぎがかき入れ時だそうです 広い店内は何時に来ても満卓です

Under Bridge Spicy Crab Flagship store中華料理 / 銅鑼湾 コーズウェイベイ)

夜総合点★★★★ 4.0


nice!(125)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

九龍・尖沙咀から香港島へ [Hong kong]

九龍島 もっとも賑わいを見せる商業地域で、様々な人種の人びとが行き交う尖沙咀・チムサーチョイ
競うように看板が道路上にせり出し、所せましと商店が軒を連ねています
ごみごみとしたアジアの混沌を象徴するかのような街の雰囲気に圧倒されますが~これこそが香港!
DSC02025.JPG
一方でザ・ペニンシュラ香港やインターコンチネンタル香港、カオルーンをはじめとする高級ホテル
商店、商業施設が多く立ち並び、向かいの香港島等へ向かうスターフェリーの乗船場もあります
DSC02245.JPG
土産物屋さんも点在しているので、日本人観光客が多いのもこの地域ですが~有名なのは重慶大厦
db4f554c3cf8c7af_S.jpg
重慶大厦(チョンキンマンション)は香港の九龍・尖沙咀地区のネイザンロード(弥敦道)に面して建つビルで~
レートの良い両替商が1階に並んでいるので、以前は良く利用しました
DSC02248.JPG
観光客が集まる繁華街の一等地にありながら、数多くの安宿(ゲストハウス)が密集しているビルとして有名で
世界中のバックパッカーにその名が知れ渡り、毎日各国の旅行者で賑わっています
値段の安さを重視するアフリカ、南アジア系の利用者が多いHK$70(千円)程度のドミトリー等・・
DSC02246.JPG
南アジア・中東・アフリカなどの出身者のコミュニティができている場所でもあります
その為、香港の複雑な民族構成を象徴する建物として~数多くの映画や小説の舞台となっている所です
ここは1階ですが・・何となく異様な雰囲気でしょう~?
143bc6a4e9328dda_S.jpg
以前は犯罪の温床であると言われ、長らく治安面で不安を抱えていたチョンキンマンションですが
警備員詰所が設けられるなどして、2000年代以降警備の強化が続いています
DSC02247.JPG
2階~5階と上がった事が有りますが・・ん~~(流石にこの私でも)女性一人では無理ですね
17階建てのビルに約4000人と言われている居住者(宿泊客も含む)は
香港在住の少数民族や上海人・インド・インドネシア・パキスタン等の南アジア系やアフリカ人など120カ国
150601_205055_001-600x337.jpg
人種のるつぼ!南アジア人の九龍城とまで呼ばれたことがあったそうです
欧米のテレビや日本でも紹介されいて、正に香港の顔と言ってもいいかもしれません 
チョンキンマンションは数々に映画の舞台ともなり、香港らしさを感じる事が出来る私の好きな場所です
その直ぐ傍・スターフェリー乗り場から船に乗り香港島へ渡ります
DSC02253.JPG
DSC02251.JPG
船頭さんは皆セーラー服姿です
DSC02257.JPG
間もなく就航120年を迎えようとするスターフェリーは、香港を象徴する乗り物として人気は今も絶大です
向かい側の香港島までの所要時間は7分 HK$1.70(約30円) 6~10分間隔で発着しています
DSC02252.JPG
地下鉄や海底トンネルが開通しても、ヴィクトリア湾を渡るこのスターフェリーに乗らずして~
香港に来たことにはなりません  中環と尖沙咀を結ぶ路線は便数も多いので利用しやすいです
DSC02255.JPG
DSC02258.JPG 
中環の摩天楼が迫って来ます  夕方~夜のスターフェリーもロマンチックですよ~
DSC02256.JPG
DSC02260.JPG
香港島へ着船 
香港は九龍島の対岸にある島で、香港で最初の市街地であるヴィクトリア市が築かれた島です
DSC02261.JPG
香港在住の日本人の間では「香港サイド」とも呼ばれています
香港島と九龍半島の間に橋は架かっていない為、この様に船か地下鉄・海底トンネルを利用します
島内には最高点であるヴィクトリア・ピークや香港海洋公園等
多くの観光名所や大きなショッピングモール、デパート、オフィスビルやホテルなどが数多く存在しています
DSC02199.JPG
よーちゃんが以前出張・滞在されたSOGOの在る所も、スリッパ叩きおばさんがいる場所も~
近代化が進む中、古き良き時代の香港が残された~この香港島です
香港島の様子はこの後も続きます
nice!(104)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

赤柱・スタンレー [Hong kong]

中環、湾仔、銅鑼湾など香港の中心地から、バスやミニバスで約30~40分
香港島最南端に位置する「スタンレー(赤柱)」は、美しい海や自然に囲まれ
お洒落なレストランやパブが軒を連ねる、まさにヨーロピアンリゾートです
DSC02171.JPG
DSC02169.JPG
DSC02172.JPG
香港島最南端に位置する小さな半島。イギリス植民地時代は、香港最大の漁村でした
スタンレーの中国名「赤柱」=「泥棒の隠れ家」を意味するそうです
昔ここに住む村人たちが、宮廷の重要な官吏になった村人の息子の帰郷を祝うため~
そこに赤い柱を立てて迎えた、という説もあります
DSC02166.JPG
DSC02163.JPG
現在では、当時の漁村から、欧米人の住む高級住宅地と美しい街並み、賑やかな観光地へ様変わりしました
DSC02160.JPG
DSC02161.JPG
欧米人のリゾート的な雰囲気の赤柱大街沿いにあるレストラン
DSC02167.JPG
私達もリゾート気分で・・・昼間からビールを飲んじゃいましょう~
DSC02177.JPG
お腹は空いてないのでちょっとおつまみにオニオンリング 潮風が心地よいテラス席で・・・
DSC02178.JPG
DSC02180.JPG
さて、お目当てのマーケットへ~
DSC02156.JPG
スタンレーマーケットは屋根が付いた路地に、外国人好みの土産物店や洋服店が軒を連ねています
広東語が飛び交うナイトマーケットのような賑やかさはなく、ゆっくりと商品を見て歩く事が出来るんです
DSC02153.JPG
西洋人観光客が多いため、店員は皆さん英語を話します 安心して下さい
f9f7f59768b221e5_S.jpg
214c536af88a3ede_S.jpg
女人街や男人街が、チープなアクセサリーや小物が多いのに対して
トミーやラルフローレン等の質の良いおしゃれな商品が沢山安価で揃っています
c12328bbaa8a8632_S.jpg
かわらしい刺繍を施したテーブルカバーやティッシュカバーなどのリネン製品が驚きの値段で売られています
ayayaも思わず爆買いしていました
DSC02157.JPG
そして~香港では上質の印鑑を安価で作る事が出来ます
DSC02158.JPG
以前、私達家族もここで翡翠の印鑑を各々作りました 
メノウや象牙などの物でも一つ約3000円程、30分で作り上げてくれます 
ayayaも出来上がりを見て大喜び!
DSC02159.JPG 
日本の印鑑と違って風水を用いた文字なので、全ての文字の角々がが丸い印に導かれています
私も家族もここで作った印鑑を使ってから良い事ばかり有る様な・・・
九龍のナイトマーケットはまったく異なる大人な雰囲気のスタンレーマーケット
DSC02168.JPG
香港ではないHong Kongを楽しめる所です 因みに虫博士はここスタンレーが大好きです[黒ハート]
nice!(108)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

赤柱・スタンレーへ行こう! [Hong kong]

香港は夜景・食・屋台・お買い物だけでは有りません
香港中心地から1時間弱で、誰でも簡単にエスケープできる自然豊かな別世界が在ります
私も大好きな所・赤柱(スタンレー)
香港島の中環(セントラル)交易廣場(エクスチェンジ・スクエア)バスターミナルからバスに乗ります
DSC02134.JPG
●6X 所要時間約35分、HK$8.4
●6、6A、73、66  所要時間約45分、HK$7.9~HK$8.9
●260 所要時間約30分、HK$10.6
DSC02135.JPG
スタンレーは小さな街なので、観光だけであれば2時間もあれば十分
2階建てバスの一番前の席に座りたいので、いつも中環からバスに乗ります
DSC02138.JPG
香港島を眺めながら・・・とは言え~香港のバスは暴走族並みにスピードを出します
おまけに日本に比べ道が狭い なので、2階最前列の席はちょっとしたアトラクションを楽しめます
DSC02141.JPG
DSC02136.JPG
DSC02140.JPG
ここ、銅鑼湾からもバスに乗れますが、特等席は確保できません
DSC02137.JPG
DSC02142.JPG
道幅が狭い山坂の海岸線を、山からかかる木々の葉をバシッ!バッシッ!と窓で叩きながら~
猛スピードで走る・・・普通のバス 幼い頃、虫博士をこのバスに乗せた時は、キャーキャー騒いでました
香港で最も美しいビーチといわれる、淺水灣(レパルスベイ)が見えてきました
bebdb00c9f37efcc_S.jpg
香港島の南に位置するレパルスベイは、11月頃まで海水浴を楽しむ事が出来、多くの人で賑わうビーチです
ハリウッドの名作映画『慕情』の舞台としても有名です
白い砂浜のレパルスベイの海岸は、上から見ると三日月型をしています
この白い砂は、ヨーロッパから輸入されたものということですから、まさにヨーロピアンリゾートって感じですね
ここには、海に面して高級マンションが多数立ち並び、多くの欧米人が住んでいます
テレサテンやジャッキーチェーンの別宅もこの近くに在ります
レパルスベイのシンボルともいわれる「ザ・レパルスベイ」も姿を現しましたよ~
DSC02143.JPG
その建物の真ん中にはとても大きな穴があいています そうです、これは風水
風水によって建てられたという香港でも有名な建物です
b3addc50b389b426_S.jpg
背後の山からの気(風)を海へ通すために、大きな風穴が開けられたということ
この建物、かつては「レパルスベイ・ホテル」として、1920年から1982年まで建てられていて
当時の皇族やセレブたちがこのホテルを隠れ家として使っていたそうです
この建物が見えたら~下りる準備をしなければなりません 数分でスタンレー到着です
DSC02148.JPG
こちらが香港島南部の小さな海辺の街・スタンレー
観光客向けの雑貨や洋服であふれるマーケットやコロニアル調の洋館
そしてオシャレなレストラン、パブが軒を連ねる人気スポットです
DSC02150.JPG
早速~駐禁で捕まっていました~
DSC02151.JPG
香港観光で、外すことができないのがマーケット巡りです
観光客向けのマーケットといえば、九龍の女人街や男人街がですが~
香港にはもうひとつ・・・忘れてはならない~スタンレーマーケットがあります
入り組んだ階段の多い路地裏にも楽しいお店は沢山~~
DSC02155.JPG
西洋人や欧米人の多いスタンレーマーケットは、女人街や男人街と比べて人も少なく~
ゆっくりと買い物を楽しむことができるマーケットを~~僕がご案内しまちゅよ~ こっち、こっち~
DSC02154.JPG
nice!(107)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Hong Lin Restaurant 康年餐廳 のパイナップルパン [Hong kong]

香港のパンは本当に美味しいです 香港へ来る度毎日本へ持って帰ります
こちらは~香港の菓子パンの王様、菠蘿飽(ぽーろばう=パイナップルパン)です
P111060120E5BAB7E5B9B4E9A490E5BBB320E88FA0E898BFE9A3BDEFBC91.JPG
特にパイナップルの風味がするわけではありません
元々は「俄羅斯包(ロシアパン)」と呼ばれていましたが
表面がパイナップルに似ているので、パイナップル+パンを意味する菠蘿包と呼ばれる様になったそうです
DSC02307.JPG
旺角を歩いていると~何やら良い香り~~と同時に行列ができています!
DSC02306.JPG
マカオ・香港が本場のエッグタルト もうたまらな~い匂いに私達も並びましょう~
DSC02304.JPG
DSC02305.JPG
皆が大好きなパイナップルパン(菠蘿包)は、パン生地の上にクッキー生地をかぶせて焼いたパンです
このパンが焼き上がると~行列はどんどん長くなって・・・
DSC02309.JPG
菠蘿飽はあっという間になくなってしまいました!でも買えましたよ~!!
DSC02308.JPG
P1110595E38080E5BAB7E5B9B4E9A490E5BBB3E38080EFBC92.JPG
蛋撻 エッグタルト
たまごは、熱いのにあまり甘くない・・・甘さは控えめで美味しい~
P111059820E5BAB7E5B9B4E9A490E5BBB3E38080E89B8BE692BB.JPG
滑らかで柔らかなエッグ&カスタードクリーム、クリスピーペストリー 優しい味で何個でも食べられそう~
菠蘿包
P111060220E5BAB7E5B9B4E9A490E5BBB32020E88FA0E898BFE9A3BDEFBC92E38080.JPG
サクサク感とモチモチ感が絶妙なハーモニーのこのパンは、間にバターを挟んで食べるのが一般的です
私もリクエストして挟んでもらいました
ところが~~~~!チャーシュー入りなどのアレンジものもある菠蘿飽 
私が手にしたのはこのチャーシュー入り!時間によって焼き上がる種が違う様です
菠蘿飽の中にチャーシューを入れたもので、甘い菠蘿飽にチャーシュー??と驚くことなかれ!
これが意外と合うんです 少々ねっとりとした感じのチャーシューとてもいいマッチング 肉まんの様なパン!
これは~本当に絶品です!どっしりとした存在感にもアッパレでした
09b465bf562834d0_S.jpg
菠蘿包は、香港周辺の茶餐廳と呼ばれる喫茶レストランと大牌檔と呼ばれる屋台街の定番メニューで
パン屋でも一番人気の商品です
パン生地の表面のクッキー生地が、柔らかい日本のメロンパンとは違って
菠蘿包のクッキー生地はサクサクとした歯ごたえに焼かれていて~下のパン生地はふんわ~り
高温多湿の香港では、湿っているとすぐにカビが生えたりするので、カリカリに焼く理由のひとつだそうです

康年餐廳 パン / 旺角 モンコック)

昼総合点★★★★ 4.0


nice!(108)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容