So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョバンニズのソース de ガーリックシュリンプ [hobby]

今日、明日は日常ネタを・・・
こう言った記事も載せないと、viviちゃんって主婦してるの?と言われちゃいそうなので・・・
仲良しブロガーさんは、私がお料理得意な事は~ご存知ですよね~^^

ハワイで大人気、今や日本上陸も果たした「ジョバンニズ・ガーリックシュリンプ
新宿~原宿~六本木~昨年末には吉祥寺店、沖縄まで出店しているんですね~ビックリ!
流石!ハワイの人気店だけあります
昨年のハワイ記事でもジョバンニズが登場しているので、覚えている方もいらっしゃるかと・・・
IMG_5278-9d32f.JPG
落書きだらけのトラック ね?見覚えあるでしょう?
日本人に一番馴染みのある老舗シュリンプ・トラックといえばジョバンニズ
IMG_5277-bda17.JPG
食べたい・・・あぁ~あの味~♪ 寒い北国・・・雪降る北国・・・気分だけでも~ハワイ~
netでガーリックシュリンプソースをお取り寄せ~自宅で手づくりガーリックシュリンプを作ります!
ガーリックシュリンプソース ジョバンニズ スキャンピマリネード
IMG_0056.JPG
IMG_0063.JPG
海老の髭はハサミで・頭は・・・手で、無理矢理もぎ取ります
IMG_0064.JPG
お頭は塩焼きにして食べますよ~
IMG_0065.JPG
足も外して~
IMG_0067.JPG
背ワタを取りながらしっかり身を割り割きます
IMG_0068.JPG
IMG_0069.JPG
ここでジョバンニズのスキャンピマリネードが登場~
IMG_0070.JPG
ボウルにあけ海老の身を漬け込みます(3~6時間)
IMG_0072.JPG
漬け込んだ海老をソースごとフライパンで炒めます 
ん~~~もうこの瞬間から海老とガーリックの良い香り~~
IMG_0075.JPG
出来上がりです! ガッチリ炒めたので殻ごと食べられます
炒め終わったマリネ―ドソースはライスにかけて食べるととても美味しいです
IMG_0076.JPG
自宅でも簡単にハワイの名物が楽しめます! 塩焼きした(和風の)お頭も美味しかったですよ^^
父はこの味で母と行ったハワイを思い出し(言い訳)昼間から晩酌ならぬ~昼酌を始めました
主人はハワイより美味し~い!!!!と、私を木の天辺まで登らせる賛辞 
真面目に美味しいガーリックシュリンプが出来る「ジョバンニズ スキャンピマリネードソース
簡単に自宅でハワイの味が楽しめま~す!気分だけでも南国~アロ~ハ!   
nice!(113)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

カービング ⅩⅦ [hobby]

タイ文化のカービング 今回は蝋燭
爆弾では有りませんよ~^^ 手に取った途端~良い香りのするキャンドルです
IMG_9323.JPG
クリスマスと言えば~キャンドル
スイカに似た中が赤・白・三重になった蝋燭を使ってクリスマスバージョンの「キャンドルカービング」です
先ず6等分
IMG_9324.JPG
花弁の形にしていきます
IMG_9325.JPG
その花びらから樅木を作っていきます 赤が出てきましたね
IMG_9326.JPG
IMG_9327.JPG
戸惑いながらナイフを入れると、綺麗に仕上がらないので臆することなくザクッと!
IMG_9328.JPG
こちらはポインセチアバージョン お隣の生徒さんが作っていました
IMG_9329.JPG
IMG_9341.JPG
16-12-07-20-15-28-083_deco.jpg
ロウは体温で柔らかくなるので、手袋をしてカットします
IMG_9342.JPG
で~きた!
IMG_9353.JPG
こちらは先生の「メロン」タイプの蝋燭 中がオレンジです
IMG_9352.JPG
水色のスワロフスキーを付けて~
IMG_9354.JPG
更に家に戻りデコ
IMG_9357.JPG
灯すのが勿体ないので玄関に・・・ Christmastreeバージョンのカービングでした
明日から3連休のChristmasですね  
Christmasに何もないのは寂しいので、明日は恒例の・・・クリスマス記事をupしますね
ご訪問お待ちしていま~す[るんるん]
nice!(115)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

カービング ⅩⅥ [hobby]

ハワイからチョッと日常へ戻ります[飛行機][ダッシュ(走り出すさま)]

長らくご無沙汰しています~カービングの季節がやってまいりました
~とその前に~~ご報告!
私のカービング教室・カービングTK 菊地先生が又もや~世界チャンピオンになりました[ぴかぴか(新しい)]
DSC02762.JPG
タイ文化のカービングですが、タイ人を押しのけて日本人として栄光のチャンピオン!
DSC03144.JPG
余りの素晴らしさに審査員のタイ人から「彫刻刀を使ったんじゃないか?」とまで疑惑をもたれる程の腕前
今や日本を誇る彫し師となりました メディアからの取材も多々あり雑誌やテレビにも登場しています
DSC02763.JPG
明治神宮奉納祭でも毎年連続優勝~
DSC03433.JPG
そこまでは追いつけないので、私はその技術をほんの少し教えていただければ・・・
と言うことで~ 今回は頑張りました~~[もうやだ~(悲しい顔)]
思い付きで「先生~このメロン、彫りたいわ~!」と言ってしまった・・・デザイン・・・上級者用でした・・・トホホ・・・
DSC02768.JPG
いつもは先生の手を沢山??借りるのですが、今回は殆ど自作です なので、細かい所は見ない様に!
メロンちゃん
DSC03104.JPG
4個の小さな丸を彫り抜きます
DSC03107.JPG
ハート型を4個作りたかったのですが、難しいのでプルメリア2個とハート2個に
DSC03110.JPG
DSC03112.JPG
こちらがハート型
DSC03114.JPG
4個出来上がりました
DSC03117.JPG
その縁を囲んだ上下で小さな円をくり抜き、隣のガラと結びます
DSC03119.JPG
DSC03120.JPG
「無理だわぁ~」「大丈夫!頑張りましょう~!」これが試練の天城越え!ここを越せば・・・何とかなりました~
DSC03121.JPG
真ん中にアポロを作っていると~「ギャ~!種が見えて来たぁ~!先生~!」
DSC03123.JPG
深く掘ると~こうなります   シワとカービングは浅い方が良いですね
DSC03124.JPG
お隣では仲良しのfukuちゃんが石鹸で同じデザインを彫っていました
DSC03126.JPG
時間が足りなかったので、自宅へ戻り手を加え仕上げました
DSC03187.JPG
始めは~「お~凄いな~!」だったのに「良く見ると、まぁまぁ・・じゃない?」と主人の感想
近視・乱視・老眼・・・と、境目のない五十代後半のコメントでした

6月11・12に勾当台公園市民広場で行われる「タイフェスティバル」に~
今年もカービングTK教室が出店します カービング体験等、タイ文化を感じる事が出来るイベントです
お時間のある方は是非[るんるん] 

nice!(104)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

飾り巻き寿司 「ねぇ、ム~ミン♪」の巻き [hobby]

昨日は沢山の方々から誕生祝のコメント&逮捕への激励&コブへの慈しみ・・・有り難う御座いました
お陰様でコブは青くなり~黄色くなるのを待つばかりとなりました
この1年間、静かに過ごしなさい・・・と神の思召しだと思い、前向きに且つ静かに?過ごそうと思います
肝心な罰金は~今日納税支払ってきます

さて~飾り巻き寿司・第2弾 今回も「飾り巻き寿司」で有名な鈴木美和子先生と楽しく~頑張りました
今日は「ねぇ~ムーミン、ミーとこっち向いて~♪」
先ずは小さな三角で耳を作っておきます
DSC03392.JPG
少し山盛りにしたご飯に海苔を巻きます
なだらかな山のように敷いた酢飯の上に~右寄りに棒チーズを海苔で包んだ目を乗せます
DSC03393.JPG
こんもりと酢飯を乗せて~
DSC03395.JPG
左から簀の子をギュっと そして~ゆっくりと右から簀の子を・・・
DSC03397.JPG
わさび味のとびこです
DSC03400.JPG
酢飯に混ぜ込み緑色のご飯を作り、ノリの上に敷きましょう
DSC03404.JPG
先程簀の子で巻いた物をさらに~緑色のとびこ入り酢飯で巻き巻き~~
DSC03406.JPG
切ればほら~ムーミンの出来上がり!
DSC03408.JPG
今度はミーの製作です 
ミーの目もチーズで造りますが半分に切りますよ~どうして?出来上がりを見て納得しますよ~^^
DSC03414.JPG
小さいヤマモリご飯の脇にこの二つのチーズを乗せます これが、目と鼻の部分
DSC03415.JPG
こちらは普通のとびこ
DSC03411.JPG
酢飯に混ぜ込み、赤くなった「とびこ入り酢飯」を顔の上に乗せて~一度海苔で巻きます
DSC03421.JPG
その上に~小さく海苔で包んだ赤いご飯・髪の毛部分を乗せ~ 
DSC03424.JPG
お顔をハッキリさせるための背色を施して巻き巻き!
DSC03426.JPG
潔く切れば~ミーの出来上がり!
DSC03430.JPG
顔を支える酢飯の色は、おぼろを混ぜてピンクにしたり・・・カレー粉を入れて黄色にしても良いかも・・・
DSC03431.JPG
最近自宅でも手巻き寿司ばかり作っています 一度填まると飽きるまで・・・の私
虫博士もいないのに、お米の減りが早い!
因みにムーミンの作者 トーベ・ヤンソンの誕生日8月9日はムーミンの日だそうです
丁度虫博士も帰国している頃 大好きな酢飯の巻き寿司、飽きる程~~作って上げよ~~っと^^
nice!(101)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

節分だもの~飾り巻き寿司を作っちゃう~ [hobby]

今日2月3日は「節分(せつぶん)」ですね
節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し
立春・立夏・立秋・立冬・・・それぞれの前日を節分と呼んでいて、一年に4回あったものだそうです
日本では立春は一年の始まりとして特に尊ばれた為
次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです
う・ん・ち・くはさて置き~綺麗な薔薇でしょう~?これ・・赤大根です と、言えば~お久しぶりのカービング
DSC02767.JPG
で・す・が~節分なので、カービングのお教室で「飾り巻き寿司」を作っちゃいました
先生はテレビにも登場している「飾り巻き寿司」で有名な鈴木美和子先生です
先ずは酢飯を作り「おぼろ」を入れた色寿司を作ります 「でんぶ」より上品な色になりますね
DSC02727.JPG
DSC02728.JPG
きちんとグラム数を測って(適当な私の~一番不得手な事・・)ご飯を小分けにします
DSC02729.JPG
おぼろ入りの小さなピンクの海苔巻きを5本作っていきます
DSC02730.JPG
DSC02731.JPG
その小さな海苔巻きの真ん中にヤマゴボウを入れましょう
DSC02734.JPG
かんぴょうも海苔で巻き、こちらは枝の部分として使います
DSC02735.JPG
通常の海苔のサイズでは短いので、ご飯粒で海苔をくつけ合わせ眺めの海苔を作ります
DSC02757.JPG
白いままの酢飯を敷き詰め胡麻を振りかけ、小さなお山を3個作ります
DSC02738.JPG
山の溝に海苔を敷き、おぼろを入れ高菜を乗せます これが蕾の部分で大事です
DSC02740.JPG
Uの字にした簀子の上に乗せ、最後に酢飯をかぶせて~くる~~り巻き巻き・・
DSC02742.JPG
はい、梅の花の出来上がり~~
DSC02745.JPG
次は「節分」に付き物の鬼ちゃんを作りましょう~
口の部分のソーセージ・鼻の部分の棒チーズ・角の卵焼き
DSC02748.JPG
夫々を海苔で巻きます
DSC02750.JPG
小さな海苔巻きを離れない様に真ん中から切り目を入れ割きます これが目になるんです
DSC02752.JPG
顔の下・口から順番にご飯に乗せていきます
DSC02755.JPG
周りに胡麻を散らし、白酢飯を乗せクルリ~ンパッ!
DSC02758.JPG
はい、出来上がり~
DSC02759.JPG
梅の花と鬼ちゃん、真ん中にはカービングの先生作の赤大根
DSC02761.JPG
美味しくて美しい和のおもてなし 飾り巻き寿司
飾り巻き寿司は、江戸前寿司の技術の一つ「細工寿司」です
房総地方の郷土料理「太巻き寿司」の技術から独自の発展を経て生まれた新しいジャンルのお寿司
食して美味しい巻き寿司として、これからもどんどん進化して行きそうですね
とても楽しく美味しかったので~季節季節の節目に・・・又作ってみようと思います 
鬼は~そと!福は~うち!今日は歳の数だけ(永遠に28個)の豆をいただきま~す[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
nice!(113)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

そうだ!はらこ飯を作ろう~ [hobby]

宮城県亘理郡亘理町に伝わる郷土料理としての「はらこ飯」
亘理に住む友人 はらこ飯で有名な「田園」へ行った事を話すと~
はらこ飯は外で食べる物ではなく、自宅で作る物!との事 ならば私も自宅で作りましょう!
鮭のお腹に入っている子 今の時期スーパーで売られています
DSC01767.JPG
この子を解すのが嫌で・・・中々思い切りがつかなかった私 人生今回で2回目のはらこ飯作りです
ぬるま湯ではないお湯(お風呂に浸かる温度:40度ほど)に塩を入れはらこを解します[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC01770.JPG
ホント、お湯で解すとパラパラと卵が解れます
DSC01771.JPG
解れた卵は水で冷やし、いったんザルにあけ水切りします
DSC01772.JPG
はらこを付けておく「つけ汁」(醤油・みりん・少しのザラメ)を作ります
DSC01773.JPG
バラバラに解したはらこを漬けておきます
DSC01774.JPG
鮭の皮を剥ぐ作業
DSC01778.JPG
DSC01777.JPG
DSC01779.JPG
皮を剥いだ切り身は、お刺身より少し厚めに切り落とします
DSC01776.JPG
この切り身を醤油・みりんで煮ます
DSC01782.JPG
5分程煮て、火が通り味が付いたら冷まして保存
DSC01784.JPG
通常はこの鮭の煮汁のみでご飯を炊くそうですが、私は鮭も一緒に炊き出しました
水加減はお米と同じ量で・・出し汁のみで炊き上げます
IMG_1410.JPG
「田園」さんに使っていただきたいくらい~~美味しく出来上がりましたよ~!
庭の山椒も添えてみました^^
IMG_1412.JPG
鮭を煮ることをせず、お刺身のまま白いご飯の上にのせ、イクラを添えた場合は「鮭いくら丼」
ですが~こうして鮭を煮てご飯と炊き上げイクラを乗せる事で「はらこ飯」となります
鮭の卵をいくら、筋のつながっている卵を筋子と呼んでいますが
はらこ飯は鮭の腹に入っている子供「はらのこ」「はらこ」という語源からきているそうです
伊達政宗にも献上され、大変喜ばれた「はらこ飯」 今夜のおかず?ご飯?にいかがですか~?
nice!(95)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

カービング ⅩⅣ [hobby]

タイの伝統文化・カービング 今回は~常夏の国の花・プルメリアです
久し振りなので・・チョッピリ優しいバージョンにしてみました
DSC08808.JPG
石鹸の端を2.5cmほどカットします こちらは後につぼみに使いましょう
大きく残ったものを丸くカットしていきます
DSC08811.JPG
8等分して中を抉り取る様にナイフを入れます
DSC08812.JPG
DSC08813.JPG
久し振りにお会いしたWさんも一緒に奮闘中です
DSC08814.JPG
岩手からわざわざ「技」を習いに来ていらっしゃるFさん 以前素敵な笑顔をupさせていただいた居酒屋さんです
DSC08815.JPG
カーブのつけ具合が難しい花ですが、一度ナイフを入れると慣れてきます
DSC08816.JPG
花の形が形成出来たら、下にナイフをガッチリ入れて~花を掬い取ります
DSC08817.JPG
食紅を使って核の部分を色付けします
DSC08820.JPG
DSC08819.JPG
LINEcamera_share_2015-06-28-21-57-09.jpg
つぼみを作りますよ~
DSC08821.JPG
ん?座薬では有りません!蕾です!
DSC08823.JPG
カーブの切込みをいれれば~ほら、つぼみでしょう~?
DSC08824.JPG
グルーガンを使ってプラ製の葉に接着します
DSC08832.JPG
香りは石鹸ですが~姿はプルメリア・・・
プルメリアの本当の香りがする石鹸が有れば最高なのに・・
DSC08838.JPG
時期的にスイカやメロンも~と行きたい所ですが・・・何せ忙しく
虫博士の旅立ちが落ち着いたら、又お勉強しに行きたいと思います
nice!(122)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

第5回1000人のチェロ・コンサート [hobby]

1998年・神戸にて阪神・淡路大震災復興支援と世界平和を祈念し開催された1000人のチェロ・コンサー
一瞬にして6400余名の命を奪った大震災の悲劇
演奏者も聴衆も世界で初めて響いた1000チェロの癒しの響きに多くの方々が涙しました
img_03.jpg
何も出来ないけれど、チェロを弾く事で被災地の方々への勇気づけができるなら…との思いのチェリスト達
また聴衆の何割かの方々も被災者でした
その後も神戸~広島と開催を重ね、今年5回目の1000チェロの会場が仙台となりました
5thimage.jpg
2011年3月、東日本大震災・・・地震、津波、そして原発事故
東北は未だに傷ついたままのところも多く、復興も遅れている東北
鎮魂と復興を願ったチェリストが仙台に集い、励ましの声を届けてくれることになったのです
IMG_1171.JPG
「虫博士8歳 ピアノ伴奏はママ」
息子の幼少時代の英語のO先生から参加依頼のFAXが届いたのは昨年初夏・・
息子と二人で参加してみたら?とFAXと一緒にお誘いの声をいただきました
息子も私もチェロを弾くことにいつも感慨して下さり、今でも静かなお付き合いが続いてます
IMG_1172.JPG
「私5年前 ピアノ伴奏は仲良しのmiyurin」
息子は高校受験の為
高校時代・弦楽合奏部からチェロを弾き始めた私 やっと~息子と一緒に弦楽を楽しむつもりだったのですが・・
趣味=楽しむ事ではない!との、就いた厳しい先生の精神的苦痛から~
チェロは息子の部屋の片隅に置かれ・・静かに時を経たチェロ
IMG_1054.JPG
暫く調弦も、弓の張り替えもしていません  
二人で何度かケースを開けて弦を手にした事も有ります
IMG_1055.JPGIMG_1056.JPG
私がブログを始めたのも、このチェロから離れた事が大きなきっかけでした
それから・・・爪を伸ばし始め、ネイルも楽しんでいますが・・音楽は忘れた事は有りません
IMG_1057.JPG
IMG_1058.JPG
IMG_1059.JPG
O先生には、昨年~今年にかけて、息子にとって将来を決める大事な時期・・・と言う旨お伝えし
今回の1000チェロへの参加は残念ながらお断りしました
IMG_1060.JPG
既に昨年7月から全国各地、有志で分奏練習会が行われています
チェロ歴3年以上経過した方、またはそれに相当する技量をもつ方なら誰でも参加できますが
事前練習への参加回数の義務付けがあります    この事を考えると、やはり今年の参加は無理でした
IMG_1061.JPG
全世界からチェリストが集まるため、楽譜はメールや郵便で送られてきます
参加メンバーの多くが集まり練習をする機会は演奏会直前のみ・・
IMG_1062.JPG
100人より300人、300人より500人、500人より1000人
一つのパートが100人以上になると音程が紐のような太さになり、少々ずれた音もその中に入ります
そのことが正確な音程のアンサンブルを形作り、なんとも言えない音色を醸し出す1000人のチェロ
心と体の奥に優しく入り込むチェロの音色が大好きです 
少しでもチェリストたちの熱い思いに重なれる様~お手伝いしたいと思う今回の1,000チェロ
2015年5月24日(日) 14:00~ゼビオアリーナ仙台で開催されます
チケットは全席指定 S席:4,400円、A席:3,300円でチケットぴあ・ヤマハ・カワイ等で発売されています
お時間の有る方は是非!1000人のチェロを奏でる音を聴きにいらして下さい 私も会場にいます
nice!(132)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

塩辛のレシピ [hobby]

一年中食べられるイカでも旬はあります  美味しい時期が旬なのですが・・・
塩辛に使う「スルメイカ」の旬は、夏~秋
でも・・・私の作る塩辛には「柚子」が必須なんです
DSC05444.JPG
柚子と言えば~今が旬ですよね・・ 又今年もこの季節がやって来ました!
既に一度・11月初旬に作りお友達にデリバリーしていますが・・・
何せ~「viviちゃんの塩辛を食べたら他の塩辛が食べられない!」と言われるほどの「vivi塩辛」
今年も・・「レシピをお願い!」と言う沢山の声にお応えします
DSC05445.JPG
イカをさばき、ワタ(肝)と胴体・足に分けましょう~ 
ワタ  取り出したワタは、スミ袋やワタ以外の内蔵部分を取り除き、全体に塩を振りかけておきます
DSC05446.JPG
足と胴体は一夜干しします  私は足も全て使いますが、硬い吸盤をしっかり取り除きます
胴のつけ根のコリコリは必須!美味しいんですよ~
DSC05447.JPG
北国なのでこの時期外に干しますが、キッチンペーパーを敷いたお皿の上に置き冷蔵庫で一晩でもOKです 
とにかくイカの水分を飛ばしましょう!
DSC05448.JPG
ワタを取り出したところへ~柚子の皮を丸ごと一つ、すりおろして入れます
DSC05450.JPG
ここで登場するのが~お味噌!味噌を入れる事でイカのワタの生臭さが消えるんですよ
お塩だけの塩辛では味わえない「まろやかさ」もお味噌が演出してくれます
DSC05449.JPG
このお味噌・・・覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが~9月に作った手作り味噌です!
大豆の粒々が大きく残っていますが、とても美味しいお味噌に出来上がりました[ハートたち(複数ハート)]
DSC05451.JPG
ワタ+柚子の皮+お味噌+日本酒(少々)+お塩+お好みで砂糖(少々)
DSC05452.JPG
ワタと味噌を馴染ませるようにグルグル~~混ぜ合わせます
干したイカを待って・・一晩冷蔵庫へ・・
DSC05453.JPG
一夜干ししたイカを食べやすい大きさに切り~投入!
DSC05454.JPG
一日数回、良くかき混ぜて発酵を促しましょう  発酵すると味も栄養もグンとアップします
作り立てを直ぐにでも食べられますが、三日目くらいから味に丸みが出て美味しくなってきますよ
DSC05455.JPG
昔から母が手作りしていた塩辛  家では私と母しか食べませんでした
沢山作って自分のお友達にデリバリーしていた母・・ 
レシピは教えられたことは有りませんでしたが、イカを干している景色や柚子の皮をすりおろす姿 そして味・・
頭と舌がしっかり覚えています   母の味と同じ塩辛をこうして作り、沢山のお友達に喜んでもらえる事
母も喜んで~私の塩辛づくりを空から見ている事と思います
nice!(103)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

フレッシュ(生)リース作り [hobby]

今年も・・仲良しmomoちゃんのフラワースクールFlower Princessで生リースを作って来ました
毎年予約に応じて生リースを輸入してくれるmomoちゃん
今年も11月早々に予約を入れましたが・・仲良しだけに我儘が言えるのも嬉しい~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
DSC05399.JPG
コットンフラワーや~
DSC05400.JPG
薔薇のドライも綺麗に開花しています
DSC05401.JPG
これ、良い!グルーガンはその度ごと手を置かなければいけないけど、これなら直ぐに接着可能!
DSC05405.JPG
DSC05402.JPG
DSC05408.JPG
リースの様子を見ながら~付けて行くことが出来ます
DSC05403.JPG
モコモコした苔もフレッシュ(生)です
DSC05404.JPG
手作りだからこそ夫々の個性が光るリース
DSC05407.JPG
DSC05406.JPG
姫林檎のグリーンアップル持参です 昨年は赤い姫林檎だったので、今年はグリーンで・・
DSC05412.JPG
リボンはブルーに決めていました シフォンのリボンとベルベットの余った切れ端をワイヤーで括り付けます
DSC05413.JPG
来年はこのバージョン!良いかも~
DSC05411.JPG
こちらもフレッシュな果実の紅茶
DSC05416.JPG
ミスド御本家のちっちちゃんのお土産・ミスドのクリスマスバージョン・・をいただきながら~ティータイム
この後は~勿論ランチへ・・^^
DSC05409.JPG
先ずは~自宅リビングの扉と壁面へ飾ってみました
DSC05442.JPG
DSC05443.JPG
すっかり寒くなった仙台 雪が少ない分、仙台は寒さが厳しいんですよね
玄関に脚立で飾る気力、ちょっと今年は無いので・・
お部屋の中に飾る事にしました 綺麗でしょう~?
nice!(98)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容