So-net無料ブログ作成
deep emotion ブログトップ
前の10件 | -

亘理伊達家御廟所 伊達成実(だて しげざね) 大雄寺 [deep emotion]

仙台から南へ 車で約一時間の亘理  毎年苺狩りをする、苺の名産地でもあります
この亘理に伊達政宗の片腕だったとされる
伊達成実(だて しげざね 1568年~1646年)の廟所があります
大雄寺
境内には、県指定文化財の「成実廟」をはじめとする、成実が亘理伊達家の御廟所を定めてから~
十四代邦成が北海道に移住するまでの十三代の領主と夫人の御霊が永い眠りについています
DSC03341.JPG
この山門は文政年間(1818~1830)の建立だそうです 
200年もここでドッシリと構えていたんですね~
伊達領内に残る江戸時代初期の霊屋建築を知る上で貴重とされていて
山門も文化財の指定を受けています
DSC03343.JPG
現在ある本堂は明治30(1897)年に改築されたもの
DSC03344.JPG
DSC03346.JPG
伊達成実が慶長9年(1604)に福島県信夫郡小倉村にあった陽林寺を亘理城下へ移し
「雄山寺」と称しました
その後この寺は「大雄寺」と改名し伊達家代々の菩提寺となったそうです
DSC03345.JPG
伊達成実は伊達政宗の片腕・友・決して後戻りしない家中随一の剛の者でした
父は伊達実元 母は鏡清院(伊達晴宗の二女) 故に政宗の従兄弟にあたります
そして~大河ドラマ「独眼竜政宗」の脚本家でもあります
1642年「成実記」を著し、後に「伊達成実日記」=政宗記等の原本となりました
DSC03353.JPG
大河ドラマ「独眼竜政宗」では三浦友和が役を担っていましたね 
私が成実に代わって配役を決めるなら~唐沢寿明にしたかも^^
初代 成実廟
DSC03354.JPG
幼少の頃には、時宗の僧(伊達郡粟野村の専念寺住職)を師として学問を修めたそうです
やはり~お勉強・・・賢い人だったのでしょう
DSC03355.JPG
その書を読んでみると「物の数にも入らぬ者を取り立て、その功たるや比類なし」
などと政宗を褒めちぎる一方
暗に自らの出自を自負し、小田原参陣までを微に入り細に入り書き連ねることで
「やはり自分こそ家中随一の剛の者だ・・・」とこっそ~~り悦に入ったりもしています
DSC03364.JPG
初代父(正面) 五代実氏廟(左)
DSC03363.JPG
DSC03362.JPG
後世の創作に多大なる影響を与え、大河ドラマ「独眼竜政宗」では
目論見通りの脳筋描写ばかりが目立つ人と描かれました 
今の時代生き抜いていたら~角栄さん?竹下さん?の様な人だったのかもしれません
DSC03358.JPG
伊達家代々の墓所
DSC03359.JPG
家中の長老として重きをなして政宗亡き後の伊達家を支え続けた成実 
1646年7月16日没
辞世「古来より 稀なる年にここのつの あまるも夢の 中にぞありける
70まで生きた古来稀なる御大将(政宗)より9つも長く世を見たが
やはりこの世はうたかたの夢・・・駆け抜け続けてあっと言う間の一生であった との意
政宗の従兄弟であり、友であり、一番の家臣であった身
あの時代故に頭となれなかったのでしょうか
秀吉とは全く違った育ち・正室の力不足、故の生き様だったのでしょうか 
影の力は、後世にまで政宗の時代を伝えてくれる筆を残してくれた事は確かです 
nice!(99)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

一ノ蔵 [deep emotion]

仙台市の北側 車で4~50分ほどのお隣の大崎市の松山町
松山町は戦国末期に伊達家の重臣である石川氏が城主となった所です
城下町では特に醸造業が発展し、現在では4つの蔵元が合併し「一の蔵酒造」として継続しています
DSC00568.JPG
ここでは酒造りの現場の様子を見る事が出来るんです
DSC00569.JPG
自然との共生を大切にし、伝統を守っていく・・・これが一ノ蔵の酒造りの原点
DSC00591.JPG
日本酒の作る工程を10分ほど鑑賞し、清潔なスリッパに履き替え~蔵の中を見学です
DSC00587.JPG
まるで病院を思わせるような~とても衛生的な館内 先ずは2階へ・・・
DSC00572.JPG
浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店が一つになり
昭和48年の一ノ蔵が誕生しました 手づくりの仕込みは現在も忠実に守られています
DSC00574.JPG
DSC00579.JPG
麹菌を付けたお米が白い布に包まれ~気持ちよさそうに眠っています
DSC00580.JPG
DSC00581.JPG
お米を精米する歩合によって、出来上がる日本酒の種類が違ってくるんですね
DSC00582.JPG
DSC00583.JPG
回廊から外のタンクを見る事が出来ます
DSC00584.JPG
DSC00585.JPG
長い棒で、底のほうにあるもろみを攪拌(かくはん)する作業は
午前中に来館すると見る事が出来るそうです
DSC00577.JPG
DSC00578.JPG
醪をしぼる機械
DSC00588.JPG
こちらの機会で醪をしぼり、日本酒が出来上がるそうです
DSC00589.JPG
その後、ろ過、火入れ、貯蔵という工程を経て、やっとお店に並ぶのだそうです
DSC00586.JPG
玄米→精米→洗米→浸漬→蒸きょう→放冷→製麹→麹→酒母→初添→仲添→留添→
熟成もろみ→上積→ろ過→火入→貯蔵→洗びん→温びん→びん詰→打栓→バストクーラー→
ラベル貼り→製品
DSC00571.JPG
沢山の工程を経て、素晴らしい日本酒ができるんですね・・・
見学の最後には日本酒の試飲ができます
一ノ蔵 特別純米原酒「蔵見学記念酒」はここだけの限定販売 
DSC00590.JPG
こちらは、さすが原酒だけあって~濃厚でコクがあります
純米の原酒、買わないと!ですよね^^
DSC00592.JPG
一ノ蔵は首都圏イベントにも出店しています お近くの方は是非足を運んで~試飲を^^
千葉:3月21日~3月27日・そごう千葉店 宮城県の観光と物産展(催事場6階)
東京:3月29日~4月4日・東急百貨店渋谷駅・東横店(南館酒売り場地下1階)
大阪では25回目となる「大阪一ノ蔵を楽しむ会」が~
ホテル阪急インターナショナルで今年も4月17日に開催されるそうです

一ノ蔵日本酒バー / 松山町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(125)  コメント(21) 
共通テーマ:美容

手作りの凍み豆腐 [deep emotion]

仙台市から北へ約1時間の岩出山
伊達政宗が青年時代を過ごした場所として知られる緑豊かな街です
この街の名物凍み豆腐
岩出山の凍み豆腐を食べたら~他の凍り豆腐は食べられません 本当に美味しい凍み豆腐です
このお婆ちゃん、私のブログをず~~っとみて下さってる方は覚えていらっしゃるでしょう?
m_IMG_1033-fab99.JPG
美味しい~岩出山の凍み豆腐はこのお婆ちゃんの手作りです
m_8920E5B2A9E587BAE5B1B120012-8d732.JPG
今年も行って来ました 凍み豆腐よりもお婆ちゃんが心配で・・・
「歳だからねぇ~もう作られなくなるかもしれないよぉ~」なんて気弱な事を
DSC02870.JPG
「大丈夫!そんな事言わないで頑張って~!」
m_8920E5B2A9E587BAE5B1B120025-8165a.JPG
縄あみしていたお婆ちゃん
お爺ちゃんが冷凍庫で作業をしていました
IMG_0590.JPG
凍み豆腐は、岩出山地域を代表する冬の味覚です
IMG_0591.JPG
江戸時代、この地に暮らしていた斎藤庄五郎という人人が
金刀比羅宮(通称:こんぴらさん)へお参りに行った帰り道
奈良で豆腐を凍らせて作る食べ物と出会ったのが始まり・・・
IMG_0593.JPG
庄五郎さんは、その製法を持ち帰り、岩出山の風土に合わせて改良し立派な凍み豆腐を作りました
m_IMG_1019-2a345.JPG
凍み豆腐は煮物や鍋物にも良く合うほか、保存食としても優れたものでした
畑いっぱいに広がる干されたお豆腐の良い香り~~ 
IMG_0595.JPG
晴れて乾燥し風のない日、こうしてお豆腐は外に干されます
IMG_0594.JPG
DSC02874.JPG
岩出山の凍み豆腐は「自然乾燥」と言う事が売り
膨軟剤等は一切使用していない為、しっかりした「かみ応え」があります
100%国産・岩出山産大豆のミヤギシロメを使用し、地元産にこだわった伝統の味です
DSC02884.JPG
凍み豆腐は全国各地にて食されていますが、地域によって呼び名が違いますね
凍り豆腐、凍み豆腐、高野豆腐など様々・・・
でも、ここまで・・・すべて手作りで販売されている凍み豆腐は他県にはないでしょう
栄養価が高く、素朴な味と歯触りの凍み豆腐には170年の伝統の味が今も生きています
DSC02887.JPG
今年も元気なお婆ちゃんに会えて良かった~!
nice!(108)  コメント(18) 
共通テーマ:美容

雪と氷の芸術・さっぽろ雪まつり [deep emotion]

さっぽろ雪まつり
雪捨て場だった大通公園に、1950年 地元の中・高生が6つの雪像を作ったのが始まりとされています
IMG_7633.JPG
氷点下4度 想像していたほど気温下がらず良かった~
IMG_7627.JPG
さっぽろ雪まつりは
1953年 雪まつりの代名詞とも言われている「大雪像」が初めて作られ
1955年から、雪像作りに自衛隊が参加するようになったそうです
IMG_7628.JPG
ファイナルファンタジーXIV "白銀の決戦" 好きな人にはたまらないでしょうね
IMG_7631.JPG
台湾―旧台中駅 108本の氷柱を使い250人の手により完成させたそうです
20180206_210740.jpg
ストックホルム大聖堂 
IMG_7640.JPG
ストックホルム最古の教会を実物の約1/2大で制作されています 素晴らしい~~
20180206_203827.jpg
奈良・薬師寺・大講堂 南都七大寺の一つ「薬師寺」
IMG_7645.JPG
アイスブロック工法と呼ばれる独自の技術で、繊細な部分まで忠実に再現しています
陸上自衛隊第二雪像制作部隊3800人が28日間かけて作られたそうです
プロジェクションマッピングで、寺の表情が次々に変わります
IMG_7642.JPG
今年で68回目を迎えるさっぽろ雪まつり
日本国内のみならず世界各国から観光客が訪れる、日本を代表する冬のおまつりですが~
私が見た限りでは・・・日本人より外国人観光客が異常なまでに多かったです
20180206_204154.jpg
メイン会場である1.5kmにも及ぶ大通公園には大小様々な雪像が並んでいます
20180206_204738.jpg
IMG_7632.JPG
手塚治虫 生誕90周年オールスターズ
IMG_7651.JPG
北海道各地の美味しいものやお土産品、名店の味が食べられる室内ブースもあり
IMG_7661.JPG
歩いていても寒さを忘れる程~楽しめます^^
IMG_7630.JPG
IMG_7637.JPG
ホッコリとする市民手づくりの母子・・・お父さんは?
IMG_7646.JPG
いました!お父さん!
IMG_7654.JPG
IMG_7652.JPG
雪が舞ってきました
IMG_7649.JPG
会場から近くなので、有名な「時計台」まで歩く事に・・・
IMG_7667.JPG
ロードヒーティング設備の整った札幌 歩道は全く雪が無く乾いています
丁度その工事中でした
IMG_7662.JPG
数分で札幌のシンボル「時計台」に到着 何故か~裕次郎を口ずさんでしまう・・・^^
20180206_212130.jpg 
帰り道、ホテル近くで気になっていた「プリン本舗 すすきの店」へ立ち寄りました
IMG_7670.JPG
店員さんおススメの「玉子スペシャル」 
IMG_7770.JPG
翌朝いただきました・・・
ん~~お値段は高級(1個500円近く)な割には、もう少し高級感の欲しいプリンでした^^
IMG_7771.JPG

迫力満点の雪まつりの大雪像
世界の名建築や流行のキャラクター等、そのスケールの大きさは素晴らしいものでした
雪まつりが終わると、翌朝から雪像は解体されてしまうそうですが
今年は雪像が融けて崩れた為に、祭りが終わる前に解体したとか・・・
私は初めての「さっぽろ雪まつり」
雪と厳しい寒さを逆手に取って楽しむ・・・道民文化に触れた気がしました

プリン本舗 すすきの店洋菓子(その他) / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)狸小路駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.6

 
nice!(116)  コメント(29) 
共通テーマ:美容

鵠・くぐい 来る季 [deep emotion]

出遅れる前に日常記事をチョッと・・・

「白鳥」=「くぐい(鵠)」
「くぐい」とは元々の白鳥の古称・雅語です
IMG_7438.JPG
子を連れ、はるか遠くから一時も離れる事なく家族で群れ飛ぶ姿
空を見上げると~この時期、此方では日に数度・・・目にする事が出来ます
IMG_7423.JPG
「今年も頑張って良くやって来たね~!」と、毎年この子達の姿を見て激励!
IMG_7425.JPG
IMG_7427.JPG
白鳥は稲刈りの終わった田んぼで餌を探し越冬する為、稲作盛んな土地に飛来する言われています
なので~餌となる田んぼの多い東北は、白鳥の越冬する姿を各地で見る事が出来るのでしょうね
まだ色を変える事の出来ないグレー色の子
IMG_7436.JPG
親と一緒であれ、良くここまで頑張って飛んできましたね
IMG_7429.JPG
食糧・環境・繁殖などの事情に応じて、定期的に長い距離を移動する渡り鳥
IMG_7439.JPG
日本から遙か遠く離れた北緯50度以北のシベリアから日本へ・・・
約2週間掛けて渡って来るオオハクチョウ  その距離は約3,000km
IMG_7441.JPG
勿論、シベリアと日本の間をノンストップで渡って来る訳ではなく~
何度も中継地で休みながら渡って来るのでしょうが・・・
そのナビリョクは地図の読めない私にとって、尊敬&崇拝すべく生物です!
IMG_7442.JPG
渡り鳥は、生まれながらにして、非情に細かい地図情報を持っているとされる鳥で
太陽や星の配置、磁場や地形の情報などを指標にする事により行われると考えられています
IMG_7446.JPG
ナビどころではない能力   私もこんな能力欲しかった・・・
IMG_7443.JPG
シベリアでの繁殖期・・・
5月下旬~6月上旬   親鳥は「流木」を集めて北極の嵐に耐えられる小高い巣づくりをし
直径11cmの卵を3~5個産卵
IMG_7444.JPG
6月~7月 雛が生まれ、生まれた翌日、雛は水辺に移動して親鳥に見守られながら餌のとり方を学び
3カ月後の9月~10月 飛べるまでに成長した雛・親・家族と一緒に日本へ渡ってきて越冬
IMG_7455.JPG
北帰行(ほっきこう)という言葉、春にハクチョウが北へ帰る際に良く使う言葉ですが・・・
辞書には載っていません   どうしてでしょうね
IMG_7431.JPG
IMG_7432.JPG
IMG_7453.JPG
白鳥ではなくシロサギです
IMG_7447.JPG
IMG_7451.JPG
毎年、日本の湖沼や川など400カ所以上で越冬する白鳥
オオハクチョウ約27,000羽、コハクチョウ約25,000羽が日本で越冬すると言われています
nice!(91)  コメント(16) 
共通テーマ:美容

あっという間の三週間 [deep emotion]

年末年始の慌ただしい時間
松も下げられ小正月も過ぎ、皆様に於いては穏やかな新年をお迎えの事と存じまず
20180106_195625.jpg
我が家の年末年始
帰国した虫博士 成人を過ぎればお友達と再会の席は「昼」から「夜」にチェ~ンジ!
しかも仲良しは、ばんから大学生ばかりで「宴」の席でかなり揉まれている様子
日本酒と縁の無い虫博士、かなりこの冬で日本酒に目覚めた様で・・・私達に勧めます
20180109_214039.jpg
新酒の宮寒梅 これは人気の中々手に入らない新酒だそうです
ご近所の馴染みの酒屋で取寄せていただきました(彼の為に)
20180110_194805.jpg
虫博士だけに~~~こんなものをテーブルに置いて驚かされました[ふらふら]
20180114_223640.jpg
私は・・・旅立ち銭(以前からブログをご覧の方はご存知ですよね)を又リュック内へ縫い付けたり
20180114_223847.jpg
ニューヨークの大学はセメスター制(2学期)で始まりは1月末 
寮を選ばずアパートを選択しました
なので・・・今までのホームステイとは打って変わって準備が色々大変[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
キッチン&バスルーム共用のシェアハウス・アパートメント 自炊です
line_1515741206624.jpg
羽毛布団や毛布も圧縮袋で持たせました 着いた当日にベッドだけでは・・・
line_1515908558327.jpg
勿論~荷物は超過料金を支払い、海外へのお引越しです
line_1515908569699.jpg
シアトルの2年間を経て大人になったものの、親としては心配で不安な事ばかり
向かう大学の様々な手続きや、アパートメントの契約、何もない所への引っ越し準備
今回の大学からは、母子手帳のコピーを英訳提出&ホームドクターの確認とサインまで求められました
忙しい年末年始に、親として出来る事は全て~優先順位№1で手伝いました
後は彼の努力のみ!彼の目標と掲げた地へ、真に旅立つ日が2018年の小正月になりました
20180115_143322.jpg
仙台→成田便がかなり遅れてテクオフ
20180115_150453.jpg
勿論~彼の到着を待ってか・・・成田→NY便も遅延で出発 予定より約1時間遅れのJFK着
20180115_151226.jpg
悲しい・寂しいより、見知らぬ地での独り暮らし・・・不安がいっぱいの今回の親子の旅立ちです
NYの部屋探しもnet オーナーさんはどの様な方なのか・・・彼の動揺より親達のほうがドキドキ
70㌔のトランクを持ってアパートへ無事辿り着けるか、不安で眠れませんでした
日本時間早朝(現地時間5時半)に「着いたよ~!」の電話
携帯を貸してくれるなど~親切なドライバーさんに出会い~無事、アパートへ辿り着いたようです
はぁ~~~~~良かった~~~~~[もうやだ~(悲しい顔)]
1516088589655.jpg
オーナーさんから鍵を受け取り荷解きを始め~LINEで写真を送ってくれました
夕刻着だったので暗い部屋ですが、また~直ぐに新しい写真が送られて来るでしょう 一先ず安堵
1516088595764.jpg
住宅街で治安の良いサニーサイド 早速近所のスーパーへ出掛けたようです
1516088601556.jpg
シアトルとは違い、全て何もかも初めから一人での海外生活
彼が目指す目標へ向けた本拠地での新しい生活が始まりました
折々虫博士の学ぶその学問の紹介は、彼からのラインや写真を元に紹介していきますね
私もようやく・・・一段落ついたので、ブログ再開します
ブログお休み中も沢山の方々から虫博士への激励・差し入れ^^お誘い等、有り難う御座いました
昨年の旅行記の続きに、年末から色々あった出来事を交えながらスタートします
また皆様宜しくお願いしま~す[黒ハート]
nice!(95)  コメント(29) 
共通テーマ:美容

有備館の秋 [deep emotion]

出し遅れる前に、今日・明日は日常記事を・・・

有備館・ゆうびかん
江戸時代の日本にあった教育施設で、日本最古の学問所建築です
IMG_6589.JPG
何度も私のブログに登場していますが、宮城県大崎市・岩出山に置かれた仙台藩の学問所
IMG_6628.JPG
伊達家の家臣、伊達家当主が時折講義に臨むための場所「御改所」は現在までその姿を伝えています
IMG_6591.JPG
その頃から残された樹齢300年以上の樹木もあり、四季折々の変化が楽しめる場所です
IMG_6602.JPG
IMG_6605.JPG
IMG_6608.JPG
有備館を囲むように彩られた秋の庭姿も又美しいんです
土日は混雑必須なので、平日に車で(仙台から50分)岩出山グルメを楽しみながら出掛けてきました 
IMG_6595.JPG
有備館の建物(主屋)は、二代宗敏の隠居所として延宝5年(1677年)頃に建てられたとする説が有力
その後、下屋敷・隠居所・学問所として使用されてきたそうです
IMG_6609.JPG
IMG_6600.JPG
庭園は、仙台藩茶道頭・石州流三代清水道竿(どうかん)の作庭
岩出山城本丸の断崖を借景として、池中に島を配した廻遊式池泉庭園で国史跡・名勝となっています
IMG_6612.JPG
椿の道
江戸の時代から様々な人を見続け花を咲かせ、句を詠ませた道です
IMG_6613.JPG
IMG_6614.JPG
グルリと園内を一周して主屋へ戻ります
IMG_6626.JPG
IMG_6615.JPG
最後のお楽しみ~♪に入園時に買った鯉の餌  大きな口を開けて待っています
ここまでウジョウジョだと、チョッと気持ち悪いですね~[ふらふら]
IMG_6622.JPG
屋山を背景として、大名庭園型の池を中心とした周囲約500m余の廻遊式庭園
建物とよく調和した宮城県内稀に見る美しい名園で、四季折々の姿が味わえる私の好きな場所です
IMG_6632.JPG
いつも車で来ているので気付きませんでしたが~この有備館前にはナント!駅が在りました~~
IMG_6629.JPG
陸羽東線・有備館駅です 東北の駅百選に選ばれている風情ある駅です
IMG_6630.JPG
nice!(98)  コメント(19) 
共通テーマ:美容

紅葉ギャラリー・長老湖 [deep emotion]

出遅れてしまう前に~今日・明日は日常記事を挿みます

山はすっかり色付いているのに週末ごとの雨続き・・・
やっと少しお天気が良くなった先週末 主人と紅葉の美しい長老湖へ出掛けました
IMG_8069.JPG
どんよりとした曇り空でしたが、山々の冬へ向かう衣装替えを見る事が出来ました
IMG_6512.JPG
長老湖は、宮城県七ケ宿町にある湖です
蔵王連峰の不忘山の山麓の標高500mのあたりに位置していて、かつては小さな沼だったそうです
IMG_6515.JPG
その湖へ向かうには~先ず東北で一番大きな吊り橋「やまびこ吊り橋」を渡ります
IMG_6516.JPG
バスツアーも催行されているほど~
この吊り橋を渡り、長老湖へ向かうウォーキングコースは紅葉の名所となっています
IMG_6544.JPG
吊り橋、揺らすの大好きです♪
IMG_6521.JPG
吊橋の上から見る下流側の渓谷 今年は赤が少ない・・・黄色が多いですね~
IMG_6542.JPG
IMG_6522.JPG
IMG_6523.JPG
IMG_6527.JPG
湖までもう少し
IMG_6526.JPG
南蔵王山麓の深い森の中に長細~い周囲約2kmの湖
晴れた日は青く澄んだ美しい湖です
IMG_6529.JPG
IMG_6530.JPG
IMG_6531.JPG
IMG_6532.JPG
IMG_6528.JPG
IMG_6536.JPG
湖面に色づいたブナやナラ、カエデなどの広葉樹の錦秋
曇天ならではの幻想的な風景です
IMG_6533.JPG
IMG_6539.JPG
IMG_6540.JPG
IMG_6534.JPG
IMG_6535.JPG
湖畔には遊歩道が整備されているので、紅葉ギャラリーをのんびり歩く事が出来ます
湖を一周しましたが、一歩足を踏み外すと~サスペンス劇場の様な湖面ギリギリの道
途中から小雨がポツポツ・・・でしたが、静かに秋の自然を満喫する事が出来ました
新作のニューバランスは足に合わない様で・・・やっぱり996買おう~と湖の決心をしました by 百恵
nice!(96)  コメント(21) 
共通テーマ:美容

新幹線納品 [deep emotion]

仙台港(せんだいこう) 太平洋に開けた仙台湾に面して位置する港湾施設です
DSC09087.JPG
北米やアジア、京浜港などとの間で外内貿定期コンテナ航路を有し
また海上コンテナの鉄道輸送定期貨物路線「よこはま号」でも京浜港と結ばれています
DSC09094.JPG
国際海上コンテナの輸送手段として外貿ダイレクト、内航フィーダー、鉄道~
と、実は3つのモードが揃う国内でも珍しい港湾なんですよ^^
DSC09039.JPG
この仙台港近くに大きなアウトレットも出来た事も有り、ちょくちょく出掛けています
この日は何と!新幹線が納品されていました!
DSC09038.JPG
うわぁ~~~凄い!凄い~~~!
DSC09030.JPG
ド~~~~ン!まだ、テープが張られてる~~~良い匂い~~~~!
DSC09032.JPG
「何処から運ばれてきたの?」「神戸ですよ~」
「億でしょう?」「勿論、我々には買えませんよ~^^」等と、作業員の方とvivi流談笑
DSC09033.JPG
世界でもトップレベルの日本の鉄道技術
DSC09037.JPG
スピードと安全を極限まで追い求める最先端の「技」 
はぁ~~~~抱きつきたくなるほどカッコイイ~~~!カッコ良すぎ~~~!
DSC09031.JPG
「神戸の川崎重工からやって来たんだね、夜中に運ぶ作業見たいでしょ?」と、主人
見たいに決まってるじゃないですか、ねぇ~^^
DSC09035.JPG
工場で組み立てられた新幹線車両は、巨大なトレーラーに載せられて~
深夜の一般道を走行し、鉄道会社の車庫へと運び込まれるそうですが
大きいし、長いし、曲がらないし、硬いし・・・それはそれは~大変でしょうね
DSC09096.JPG
標識や看板を一時撤去、歩道橋の改築も行われたりするとか
これだけ規格外に巨大なものを公道に走らせるには~当然、警察および行政との許可・折衝が必要
DSC09097.JPG
故に国土交通省にて車検証を取得するところから始まるんですね
因みに私も~もう直ぐ可愛いアイーシャ(Stevie wonder風)の車検です^^
車検証を取って初めて公道を走り、車両基地へ向かう新幹線
DSC09098.JPG
この他、道路の使用許可も必要
国道なら国土交通省、市道は市役所、県道なら県庁と~
それぞれ違った行政機関に許可を得なければならず・・・
DSC09036.JPG
産まれたばかりの新幹線は、沢山の人達や町・国に手塩にかけられながら~
車両基地で超特急となり、やがて成人を迎え沢山の人々を運ぶ新幹線となるのですね
DSC09041.JPG
みちのくの秋の大地に新新幹線・字余り・・・ by vivi^^
あおたけさん、早く元気なってね
nice!(110)  コメント(25) 
共通テーマ:美容

しらせ ・砕氷艦 [deep emotion]

まだまだ&まだまだ~~感動のアメリカ記事は続きますが・・・
日常記事が恐ろしいほど溜まっている為、今週は日常記事&地元グルメの週にします
 
南極観測船「しらせ」が8月26日・27日  10年ぶりに仙台港に入港し一般公開されました
国旗は一気に日本・JAPAN へ変わります^^ 
海上自衛隊の南極観測船「しらせ」
DSC09042.JPG
「しらせ 」は文部科学省国立極地研究所の南極地域観測隊の輸送・研究任務のために建造された~
南極観測船で、南極観測船としては4代目です
建造費は文部科学省の予算から支出され、艦の運用は海上自衛隊により行われています
年に1回、南極に観測隊員や物資を送っています
DSC09051.JPG
しらせといえば、氷を砕きながら進む姿
DSC09078.JPG
全長138メートル・1万2650トンある「しらせ」は、砕氷艦とも呼ばれ
厚さ1.5メートルまでの氷なら船の前進する力で割ることができ
さらに厚い氷は、上に乗り上げて船の重さで砕きながら進むことができるそうです
DSC09044.JPG
南極海で船体を体当たりさせて砕氷するラミングを何千回も繰り返す年もあるそうです
DSC09054.JPG
DSC09046.JPG
DSC09070.JPG
DSC09062.JPG
ヘリポート
DSC09055.JPG
ジェットスキーや「南極の石」なども展示されていました
DSC09057.JPG
DSC09056.JPG
こちらは「しらせ」が持ち帰った「南極の氷」 氷の中に空気の細かい粒がたくさん入っています
氷の表面が溶けると、気泡がはじけて手に当たる感覚が味わえました
DSC09063.JPG
DSC09067.JPG
DSC09074.JPG
今年4月10日朝、約5カ月の南極航海を終えて東京・晴海埠頭(ふとう)に帰港した「しらせ」
DSC09064.JPG
DSC09075.JPG
DSC09077.JPG
次に南極へ出港するのは11月で、南極で3ヵ月ほど滞在し海水の温度や水深などを調査する予定です
DSC09079.JPG
床屋・医局・海水を浄水に変える機器等、全て見る事が出来ました
DSC09082.JPG
DSC09086.JPG
海兵隊は自己管理や忍耐力もかなり必要ですね
DSC09085.JPG
文科省の船だけ有って、研究員のメンバーの中には虫博士の中学の先生も乗船されていました
私も探求心旺盛なブロガーとして乗ってみたいけど・・・無理でしょうね
DSC09084.JPG
今年は日本の南極観測が始まって60年
2009年の就航後は厚い海氷に阻まれ、昭和基地接岸に苦労した年が続いたそうです
数年前からは、海氷の一部が割れて流れるなど状況が良くなったとか
DSC09088.JPG
昨年秋から今春にかけて航海した海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」は
女性自衛官9人が初めて乗り込んだことで話題となりました
お一人の女性とお話しましたが、精悍で恥ずかしがり屋の可愛い女性でした
DSC09089.JPG
11月 自衛官130名 研究員70名 約200名の人々を乗せて「しらせ」は又南極へ向かいます
nice!(102)  コメント(21) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - deep emotion ブログトップ