So-net無料ブログ作成
検索選択
deep emotion ブログトップ
前の10件 | -

幽玄の美・松島紅葉ライトアップ [deep emotion]

ひっそりとした静寂な闇の世界に、色づきはじめた紅き立つ幻想的な風景
IMG_7894.JPG
日本三景・松島の秋の夜を彩る「松島紅葉ライトアップ」 今年で12年目を迎えました
IMG_7877.JPG
こちらの観瀾亭は、豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟
江戸品川の藩邸に移築したものを、二代藩主忠宗が一木一石変えずこの地に移したものです
IMG_7874.JPG
円通院庭園の紅葉ライトアップを中心に瑞巌寺洞窟群、比翼塚・三聖堂、天麟院、上記の観瀾亭の紅葉を
美しくライトアップしています
IMG_7879.JPG
IMG_7886.JPG
IMG_7888.JPG
IMG_7889.JPG
円通院本堂前の「遠州の庭」は
江戸時代に名を馳せた作庭家・小堀遠州の手による仙台藩江戸屋敷の庭を移設したといわれています
IMG_7890.JPG
IMG_7892.JPG
沢山の人が、ひんやりと澄んだ空気と風景の幽玄美を体感しに訪れていました
IMG_7899.JPG
紅葉の木々が池に映り込み、光り輝く光景は得も言われぬ美しさです
fullsizerender-8.jpg
IMG_7916.JPG
IMG_7893.JPG
IMG_7901.JPG
IMG_7900.JPG
IMG_7905.JPG
荘厳な歴史の面影を感じながら~月夜に昼間の景観とは趣きの異なる松島の秋の夜長
今ならそんな贅沢な時間を過ごすことが出来ます
開催期間:今年は10月22日(土)~11月23日(水・祝)までです
IMG_7915.JPG
11月14日は「月が一年で最も地球に近づくときの 満月」スーパームーン!
70年ぶりの特別なお月様だそうです 晴れると良いですね
nice!(121)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

紅葉狩り 鳴子峡 [deep emotion]

春の桜は南から・・・秋の紅葉は北から・・・いよいよ東北の紅葉シーズンも終盤戦を迎えました
IMG_7815.JPG
IMG_7821.JPG
IMG_7831.JPG
IMG_7830.JPG
奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美 
数ある紅葉の名所の中でも第一級といわれる「鳴子峡
この時期この様に沢山の人が訪れる為、かなりの渋滞で車は動きません 電車で出掛けましょう~^^
IMG_7819.JPG
断崖絶壁の上から見るV字峡谷の紅葉
DSC06878.JPG
宮城県と山形県の県境近くに大谷川が刻んだV字峡谷には
高さ100mほどの断崖絶壁が約2.6kmにわたって続いています
DSC06881.JPG
例年10月中旬から11月中旬にかけて、この大峡谷が赤や黄色の美しい紅葉に染まります
橋の上から私の影を紅葉に乗せて写しちゃお~
IMG_7825.JPG
IMG_7816.JPG
下を覗くと見事な断崖
DSC06880.JPG
DSC06875.JPG
DSC06895.JPG
その断崖の美しい風景をウリハダカエデ、コシアブラ、タカノツメなどが鮮やかな赤や黄で彩り~
DSC06883.JPG
マツなどの常緑樹の緑と美しいコントラストをなしています
IMG_7833.JPG
崖壁にしっかりと根を張る木々が、谷を覆うように枝を伸ばす姿は見事です
DSC06885.JPG
川沿いの鳴子峡遊歩道は震災後、法面対策工事中のため通行止めですが
その上の橋までは降りる事が出来ます ズ~~~ム!
DSC06888.JPG
ちょっと下の見晴らし台まで降りてみます
DSC06897.JPG
県内随一の紅葉の名所・鳴子峡
鳴子峡のある鳴子温泉郷は、効能や泉質の良い温泉地として有名です
特に皮膚病に効果があり、小さい頃アレルギーが酷かった私は良く連れて来られました
DSC06900.JPG
私達が出掛けたのは先々週 ですが、既にダウンジャケットを着ての紅葉狩り
今週辺り・・・鳴子峡は紅葉&落葉を迎え、もう直ぐやって来る冬の支度に入るのでしょう
nice!(115)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ベガルタ仙台 最終戦 [deep emotion]

ベガルタ仙台:所属: J1 順位: 12 位
私のブログ常時閲覧のTAKUちゃんの旦那様にチケットをいただいたので、昨日最終戦の観戦に行って来ました
天気予報は「雨」マークでしたが~やはり11月3日はshigeちゃんの言う通り絶対に晴れる日なんですね~
久し振りに地下鉄に乗って「ユアテックスタジアム」へ・・・
DSC06902.JPG
この日・最終戦のチケットは完売御礼だそうで~超ラッキー!芝生と青空のコントラストが綺麗~
DSC06906.JPG
DSC06946.JPG
DSC06908.JPG
明治安田J1 2nd 第17節 磐田戦の最終戦です
DSC06911.JPG
DSC06932.JPG
放送室も準備OK
DSC06931.JPG
試合前のイベントでは、フィンガーファイブのあきら[るんるん]恋のテレフォン№6700[グッド(上向き矢印)]を熱唱
DSC06914.JPG
果たして観客席の何人がこの曲を知っているのでしょうね・・・因みに私は知ってる&歌えます[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
ベガルタの旗が席に覆いかぶさってます その下の人達・・・観れないですよね~
DSC06921.JPG
DSC06916.JPG
私、サッカー観戦は初めてです  色々聞いてはいましたが・・・サッカーの観戦は凄いです
このサポーターの人達、全員で横に縦に動く! 
ずっ~~~~と永遠に~~跳んでいる!
何だか私・・・別な意味で感動~~!
席が有るのに座らない! 疲れない? お腹空かない? 心配・・・
DSC06925.JPG
ジュビロ磐田のサポーターの方々 わざわざ静岡から実費で来られているんですよね?
達朗の為なら何処まででも行ける!私のその感覚なのでしょう[わーい(嬉しい顔)]
DSC06917.JPG
満員のスタジアム  チームの勝利を願って声が枯れるまで応援するサポーター
応援歌・・・覚えちゃいました^^
DSC06920.JPG
磐田は年間13位 第2ステージは6試合勝ちなしで16位
仙台に勝つか~引き分ければ、自力でのJ1残留が決まる試合
DSC06936.JPG
一方、仙台は年間12位 
第2ステージはこの磐田との対戦・勝つか~引き分けるかで年間11位に上がる可能性大
負けられません!チビちゃんもお鼻を拭きながら応援! 
DSC06927.JPG
キックオフ!
DSC06933.JPG
試合開始数分でベガルタ失点・・・  勝利の女神が応援に来てるのに・・・
DSC06938.JPG
DSC06924.JPG
中々失点が跳ね返せません 
その間・・・サッカーのルール等を主人に聞きながら・・・あらら・・・ビールを飲んで良い気分~[眠い(睡眠)]
「凄いなぁ~良くこの騒がしい中で寝れるよね~~」 「[眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]」 はい、眠れま~す[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
最後のチャンスも虚しく・・・
DSC06951.JPG
最終節:対磐田 0-1序盤の失点跳ね返せず2試合連続完封負けでした
この日をもって、5年間在籍しチームを引っ張って来た「ウイルソン」が退団されました
DSC06945.JPG
快晴だった空も負け空になり・・・夜には予報想定外の雨になりました[雨] 
ユアテックスタジアム仙台は来年誕生から20周年を迎えます
ベガルタ仙台はこれを記念して、ユアテックスタジアム仙台のWi-Fi化をするそうです
これができるとスマートフォンで今まで無いような画像が楽しめる様になり、観戦がより楽しくなる様です
そレより先に~勝って欲しいですぅ[ハートたち(複数ハート)] 
nice!(120)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

箱舟に乗って・・・ [deep emotion]

山形県村山市 大石田のそば街道へ向かう道を右へ入りさらに進むと「じゅんさい沼」が現れます
IMG_6947.JPG
この「じゅんさい沼」で採れるじゅんさいは、全国的にも数少ない天然もの
独特のヌメリと喉越しが絶品ですが、特にこの沼のじゅんさいは「ヌル(寒天質)」が豊富で柔らかいとの事
IMG_6968.JPG
一度で良いからやってみたかったんです・・・じゅんさい摘み
毎度・・・山だけではなく、沼もなめた格好で出掛けてますが~私のワンピ姿を見た先生「無理だべ・・・
ムフフ・・・大丈V!今回は落水しても良い様に~キチンとお着替えを持って出掛けました
3分でお着替え完了!! プロ先生の説明を聴きます
IMG_6970.JPG
これですね・・・この箱の舟に乗るわけね・・・
IMG_6969.JPG
プロ先生が丁寧に摘み方を教えてくれました
「落ちた人いる?」「しょっちゅうだし、私も良く落ちるよ~!あんた、お尻が大きいね~!」
IMG_6946.JPG
落ちた時は~落ちた時!お尻が大きいのは生まれつき! とにかく箱舟に乗ります!
ライフジャケットも30度越えの気温では~もう必要無いので着用しません
初めは中々前に進みませんが、コツを掴めば~
どんどん・・・
16-07-30-20-19-18-083_deco.jpg
どんどんどん・・・
16-07-30-20-15-59-267_deco.jpg
こんな危険にさらされても立派なブロガー魂!大股開きでバランス取ってます^^スミマセン・・・
16-07-30-19-55-16-497_deco.jpg
ブログそっちのけで楽しんでいる私の「岸辺のアルバム」を作ってくれているのは主人です 
ブロガーの夫は大変ですよ~ いつもながら&炎天下の中・・・優しい主人に感謝です[ハートたち(複数ハート)] 
DSC05783.JPG
IMG_6959.JPG
美しい水色の「ホソミオツネントンボ
DSC05767.JPG
成虫で冬を越すトンボちゃん 越冬した成虫だけが青くなるそうです by 虫博士
IMG_6967.JPG
チョウトンボ
DSC05770.JPG
チョウのように舞う~緑青色の幅広い翅を持った日本で一番美しいとされるトンボちゃん
沼地では良く見掛けますが、このじゅんさい沼にはウジョウジョいましたよ~
って・・・私の本来の目的は~じゅんさい摘み!ミッションに戻ります!
21413ed3-a76a-4b80-be82-07f6db2e89e1.jpg
じゅんさいは、水がきれいで水深60~110cm程度の浅い沼地に生息します
村山市の大谷地沼(通称じゅんさい沼)では、江戸時代からじゅんさいが採れたと言われています
ほら、沢山なってるでしょう~?
IMG_6953.JPG
一時・昭和40年頃、田んぼの除草剤が使われるようになり、沼のじゅんさいも絶滅の危機に陥ったそうです
ですが、村山市の西部に位置する標高約1,500mの山「葉山」からの水だけを沼に入るよう水路を整備
沼全体に綺麗な水が行き届くように排水溝の整備を行い、現在は豊富に収穫出来るまでになったそうです
IMG_6954.JPG
じゅんさいの収穫作業は昔からこの箱舟に乗り~一つ一つ手作業で収穫されます
収穫作業は美しく絵になる長閑な光景ですが、実際の収穫作業は朝から夕方まで・・・
一日中小さな箱舟の上!「お弁当も、箱舟の上で食べるんだよ~」とプロ先生が仰ってました
こうして箱舟に乗って摘み取り体験してみると良く分かります 本当に大変な作業です
でもね・・・^^半ズボンまでびしょ濡れでも~~メチャメチャ楽しかったで~す[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
16-07-30-20-37-02-447_deco.jpg
泥の中では じゅんさいの根が力強く網の目のように張っています
(だから落ちても安心[わーい(嬉しい顔)]
この沼では年20トン程のじゅんさいが採れるそうです
全国的にみると大規模に人工栽培しているところもあるので~そう多い量ではありませんが 
天然物と言う事ではかなり有名で貴重な「じゅんさい」だそうです
IMG_6955.JPG
最盛期は初夏・6月だよ~来年は6月にお弁当持っておいでね~!
と、余りに楽しんでいた私にプロ先生からお誘いが・・・「はい!でも、落ちても平気な夏に又来て良い?」
「じゃ、来る前に電話して!待ってるから^^」と、また一人仲良しさんが増えました
若干1時間でこの釣果 「女性独りの箱舟は滅多にいないよ~度胸があるね~!良く頑張った!!」
と言われましたが・・・まだまだ修行は足りません!
来年は6月にバイトしに来ようかしら・・・と、真面目に考えています
だって、本当に楽しかったんだも~ん[るんるん]
IMG_6972.JPG
ツルンとした喉越しの良さと冷気を楽しめる一品・じゅんさい
栄養価も高いですよ~
御みそ汁も美味しいけど、私はやっぱり酢の物が好きです
とっても貴重&楽しい経験でしたが・・・数時間→数日腰痛・・・ やはり収穫作業は大変ですね[ふらふら]
nice!(99)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

仙台七夕まつり [deep emotion]

IMG_7177.JPG
~七夕の 逢瀬ながらも暁の 別れはいかに初秋の空~
伊達正宗が1629年の7月7日に母親である保春院の七回忌の際に詠んだ歌です
IMG_7142.JPG
仙台に400年間も続く七夕 豪華さを誇る現在の観光七夕の形になったのは、実は昭和に入ってから
もともとは家ごとに行われる、仙台市民の素朴でつつましいお祭りでした
IMG_7144.JPG
巾着(きんちゃく)投網(とあみ)紙衣(かみごろも) 短冊(たんざく)吹き流し(ふきながし)折鶴(おりづる)層籠(くずかご)
IMG_7139.JPG
このお飾りが仙台七夕の七つの飾りです
IMG_7129.JPG
近年益々豪華になってきている竹飾りですが、絢爛豪華な飾り付けばかりではありません
IMG_7128.JPG
仙台伝統の七つ飾りがどの竹飾りにも下げられている事や、本物の和紙で作られる手作りの飾り物
IMG_7155.JPG
IMG_7132.JPG
400年間続く仙台七夕の良き伝統が現代にもきちんと守られています
政宗公の「想い」の仙台七夕まつり 8/6~8/8迄行われました 今年もご覧ください
IMG_7145.JPG
IMG_7138.JPG
IMG_7140.JPG
IMG_7141.JPG
IMG_7134.JPG
IMG_7136.JPG
IMG_7158.JPG
IMG_7160.JPG
IMG_7147.JPG
IMG_7156.JPG
IMG_7176.JPG
新暦後も仙台七夕は旧暦の7月6日・7・8日(新暦のひと月遅れの8月6日・7・8日)に行われています
お盆の準備に入る前盆の行事日、この時期は稲の開花期であった事から豊作を祈った日でもあります
IMG_7174.JPG
仙台七夕は古来より農業やお盆と深く関わってきたことが、独自の七夕を形成してきました
IMG_7173.JPG
IMG_7159.JPG
IMG_7166.JPG
夏の風物詩として全国的に有名な東北三大まつりのひとつ「仙台七夕まつり」
IMG_7169.JPG
仙台の誇れる文化として、次世代へと継承されています
毎年8月6日から3日間開催され、今年も盛大に幕を閉じました
仙台七夕のジンクス:開催日の一日は必ず雨が降る・・・今年もお約束通り最終日は雨の一日でした
それでも~全国から毎年200万人を超える観光客が訪れる、まさに全国随一の七夕まつりです
nice!(99)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

紫陽花寺 [deep emotion]

山形市の村木沢は、山形市街からは若干離れ山辺町付近にある自然豊かな所です
山形市は日本一の「芋煮会」を行っていますが、芋煮に使われる里芋殆どがこの村木沢で取れています
その村木沢にある出塩文殊堂・でしおもんじゅどう  「あじさい寺」と呼ばれています
IMG_6490.JPG
また、この辺りは土地を掘ると塩水が出ることから「出塩・でしお」という地名が付いていて
「出塩文殊堂」の名もこれに由来するそうです
IMG_6502.JPG
IMG_6486.JPG
IMG_6491.JPG
文殊山(372m)山腹にある、お堂に続く石畳の参道と石段は江戸時代中期に造られたものです
IMG_6488.JPG
あじさいはこれらを守るために昭和62年(1987年)から7年かけて植えられました
全長515mの参道の両側に40種2500株のあじさいが植えられ
参道には「紫陽花参道」の名が付けられました
IMG_6517.JPG
IMG_6515.JPG
0018ba07-81d6-4b26-9590-556e68d84af9-c2612.jpg
IMG_6504.JPG
IMG_6506.JPG
木々の香りと苔生した自然の気を感じる事が出来ます
IMG_6508.JPG
IMG_6509.JPG
IMG_6511.JPG
お参り後の給水タ~イム  お耳の黒いお父さん
IMG_6521.JPG
IMG_6516.JPG
木漏れ日差す、江戸時代の石階段を登ります
IMG_6513.JPG
IMG_6523.JPG
IMG_6519-6a6d9.JPG
参道の途中・お堂手前にある「文殊様の夫婦スギ」樹齢は300年ぐらいだそうです
2株が寄り添って1本になったもので、古来、縁結びの象徴として信仰されているとの事でした
市の指定天然記念物になっています
IMG_6528.JPG
お堂へ参拝
IMG_6524.JPG
IMG_6525.JPG
あじさいに囲まれるように歩くと、日本の梅雨・季節を感じることが出来ます
IMG_6532.JPG
鬱陶しいですが、この季節があってこその日本
四季に数えられない梅雨 この梅雨があるからこそ日本が美しい国だと言われてきたのだと思います
また、気持ちにも喜怒哀楽と変化があり・・・日本の四季とそっくりですね
IMG_6534.JPG
何もない毎日ほど、つまらない人生はありません
好きな人・大好きな家族とも~喜怒哀楽を含めて、山あり谷あり・・・数多くある「愛の四季」
四季の間にある梅雨に咲く紫陽花は、人の心や季節の移り変わりを現す花なのかもしれません
だからこそお寺に植され、地を這う所に植えられているのかも・・・
な~んて、思いながら・・・紫陽花の季節を楽しんでいます
nice!(109)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

花果 [deep emotion]

花が咲けば実がなります
野山を歩いて撮り貯めた、美味し~い花果たち
野生動物のデザートもいっぱいです
桑の実
IMG_6241-ecd44.JPG
ハスカップ
IMG_6456.JPG
IMG_6448.JPG
IMG_6449.JPG
ラズベリー
IMG_6455.JPG
丁度花から実に変わる時でした
IMG_6453.JPG
IMG_6451.JPG
可愛すぎる~
IMG_6452.JPG
ジャガイモ
IMG_6535.JPG
実はこれからですね
IMG_6536.JPG
ナス
IMG_6537.JPG
IMG_6538.JPG
ナスと言えば~初夏を告げる「魔女の宅急便
IMG_6388.JPG
大阪・泉佐野名産「水ナス」  仲良しのhatumiさんから今年もいただきました
IMG_6389.JPG
手で割いて生姜・鰹節・ポン酢で~~~家族皆美味しくいただきました!
あまりナスが得意ではなかった虫博士も、今年は「美味しい~!」と絶賛 
大人の味が分かる様になった様です^^ hatumiさん、毎年有り難う~ 青島ビールと良く合います!
IMG_6584.JPG
ビワ
IMG_6579.JPG
虫博士のお友達の家で採れたものだそうで、わざわざ持って来てくれました
IMG_6583.JPG 
IMG_6580.JPG
IMG_6581.JPG
我が家のビワも小さいながら実を付けています それは又後ほど・・・
実をつけない植物もまれにありますが、身近にある多くの植物は花を咲かせ実をつけて子孫を残しますね
日本には形・色・食味ともに世界に誇れるものがたくさんあります
美しい実をつける枝・蔓・木は、実のなる木の優等生
私たちの健康を維持するものや、増進に役立つ成分を含んだ実をつける花木
私達人間だけではなく、熊もサルもリスも鳥も~
蝶や蜂の助けを借りて~美味しい花実をいただく事が出来る 偉大なる自然に感謝です
nice!(99)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

仙台89ers最終戦 [deep emotion]

いよいよTK bjリーグは、レギュラーシーズン最終戦を迎えました
昨年10月の開幕戦、白星で飾った試合も観戦し記事にしましたが~
仙台vs秋田の仙秋楽が、昨日4月24日(日)に行われました
ゼビオアリーナ仙台 竹内まりあのコンサートが行われた89ersにとってのホーム会場です
DSC04660.JPG
入り口には勿論~トップスポンサーのHALEO
DSC04661.JPG
観戦に出掛ける前から、会場は秋田のピンク一色!凄い事になってる・・・と聞いていましたが~ホント!
ここ、ホームですよ~!仙台!どうしてピンクの秋田の方が騒がしい!?
89ersの黄色は・・・静かすぎ・・・仙台人はこれだからダメです 大阪のノリがかなり必要かも
DSC04665.JPG
最終戦だけにチケットは完売 観客は3565人 試合開始早々から大歓声と熱気に包まれていました
DSC04667.JPG
白が秋田 黄色が仙台です
DSC04671.JPG
DSC04672.JPG
DSC04673.JPG
DSC04674.JPG
DSC04670.JPG 
第1クオーターは5点差 何度もシュートチャンスが有りましたが決められない89ers
しかし、秋田は外しても他の選手が又必ずシュートを決めると言った素晴らしいチームプレー
DSC04675.JPG
業を煮やす私達・・・隣の可愛い~~チビちゃんのちっちゃな応援が心和ませてくれました
DSC04668.JPG
大好きな志村君!
DSC04680.JPG
DSC04679.JPG
DSC04669.JPG
と、ここでハプニング発生!志村君が相手チームにぶつかり流血
目の近く?おでこ?目の前で見ていましたが、倒れ込んで起き上がれない・・・
病院へ救急搬送されました[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
志村君が抜けた後も、チームは何とか追い上げます
DSC04683.JPG
DSC04684.JPG
DSC04681.JPG
が・・・結果は、仙台82-秋田100 最終戦は飾れず秋田に屈してしまいました
DSC04685.JPG 
しかしながら~今期はとても調子よく、良い成績を残し東地区2位の成績で全日程終了!
次の戦いの舞台は、プレーオフ[バスケットボール]  
いよいよ悲願の初優勝へ向けて~
30日(土)5月1日(日)に開催の東地区プレーオフ・ファーストラウンドに挑みます
DSC04689.JPG
有明コロシアムで開催されるファイナル 初優勝を飾れます様に・・・
はぁぁぁぁ~~~志村君・・・大丈夫かしら 1週間で復活出来る怪我だと良いけど・・・
DSC04706.JPG
nice!(104)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

2016 Historic&Classic Car Meeting in SENDAI [deep emotion]

昨夜、九州地方が大地震に見舞われたとのニュースに大変驚いております
震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている皆様には、安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします
一日も早いご復興と、皆様のご健康を心からお祈り申し上げます  viviane
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DSC04316.JPG
DSC04315.JPG
2016 Historic&Classic Car Meeting in SENDAI(ヒストリック&クラッシックカー ミーティング仙台) が
4月9日(土)~10日(日)勾当台公園市民広場にて行われました
header.jpg
延べ100台以上のクラシックカー、ヒストリックカーが集い、
多くの市民に車やその国々の歴史などを知っていただこう!と言ったイベント
DSC04333.JPG
車の参加資格は、開催当日・自走可能な車両 車検の有効期間が残されている事 だそうで~
懐かしい~~車がドッサリ!オーナーさんに無事連れて来られ自信満々の姿を見せていました
DSC04309.JPG
DSC04306.JPG    
DSC04310.JPG
DSC04311.JPG
DSC04312.JPG
DSC04313.JPG
DSC04314.JPG
DSC04328.JPG
DSC04321.JPG
DSC04323.JPG
DSC04324.JPG
DSC04303.JPG
DSC04325.JPG
DSC04331.JPG
懐かしい~ケンとメリー~ ♪いつだって~どこにだって・・・愛のスカイライン~~♪ そんなCMが有りましたね
あの曲を歌ったデュオは、後にユーミンのバックコーラスを務めていました
DSC04334.JPG
DSC04337.JPG
DSC04335.JPG
三角窓の車、有りましたね~
DSC04336.JPG
全ての車がきちんと動いていることが凄いです 僕のご主人様、無事帰れるのかなぁ~と心配そうなコーギー君
DSC04339.JPG
DSC04340.JPG
DSC04341.JPG
車は文化  発明以来、それぞれの国の文化、歴史、発展を物語っています
個人の財産や趣味という枠をこえ、後世に残すべき~この車たちは文化的財産ですよね~
私が生まれた時から、車は私の傍にあり・・・沢山の思い出はいつも車と一緒でした
クラッシック好きな母と、裕次郎や小林旭好きだった父が~
ドライブの度に、前座席で「これが良い、あれが良い」と、曲の選択で揉めていました
私達が後ろに乗っている事を、まず第一に考えるべきだと思うのですが~あの二人はいつまでも恋人でした
βビデオカセットサイズの大きさの~白いカセットだった時代です
この車たちを見ていたら、妹と後部座席で無理矢理!聴かされたこの曲を思い出しました
この曲知ってる人~~~!!手を挙げて~~~~~!!きっと親友になれる気がします[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

nice!(101)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

鹽竈神社・七曲坂 [deep emotion]

宮城最強のパワースポット・鹽竈神社
参拝の際、この表参道(男坂)から長い石段を登って入ると~
最強のパワーがいただける・・・という言葉を信じ、先日は登り切りました 因みに筋肉痛は翌々日でした・・・
DSC07194.JPG
DSC07197.JPG
強い浄化のパワー・新しいチャンス運・勝負運・縁結び等・・・
ご利益がいっぱいのパワースポットと言われていますが~ここに知る人ぞ知るの神様が通った道があります
男坂を上りきると右手に古い鳥居が見えてきます
DSC07181.JPG
鳥居をくぐり静かな参道を歩いて行きます
DSC07178.JPG
DSC07179.JPG
神社の東側にある神馬舎のあたりから拝殿の方向へ向かう途中
気を付けなければ見落としそうな場所にある七曲坂(ななまがりさか)
DSC07180.JPG
DSC07182.JPG
ひっそりと・・・神様の歩いた道七曲坂が現れます
DSC07184.JPG
この坂こそ最古の参道 曲がるたびにお祓いされると言われる坂です
DSC07183.JPG
昔は鹽竈神社に参拝する道はここだけだったそうです
表参道・男坂の長い階段も、女坂と呼ばれる裏参道も近世代の参道と云うことになります
DSC07189.JPG
本当に古くから残されている本来の参道がこの七曲坂 山肌を削って作った坂道です
七曲坂は鹽竈神社ご祭神の塩土老翁神(しおつちおじのかみ)が通った道だと言い伝えられています
DSC07188.JPG
坂の途中に穴があって、中に水が湧いていました
金花水(きんかすい)と呼ばれる湧き水だそうで、かつては参拝者の喉を潤していたとの事
DSC07191.JPG
文字通り曲がりくねった坂が続いていて、未舗装の為所々岩肌が出ている場所もあります
森の中を歩いていると~外の喧騒とは打って変わって静寂で神聖なる気が漂っています
DSC07187.JPG
この道を通った塩土老翁神(しおつちおじのかみ)
この神様は、天孫降臨や海幸彦山幸彦の神話の中で、神様に行き先の案内をしています
そして、人間にはなくてはならない「塩の作り方」を教えた神様でも有ります
塩は清めることにも使われるので、この坂を曲がる度に心身が浄化されるというのも頷けます
1343-2.jpg
塩竈神社の創建は奈良時代と推定されています  その頃から在る坂を上り、何だか神聖な気持ちになりました
神様はこの坂を上って海を見、塩を作り、私達に残して下さったんですね
坂を下りると本来の七曲り坂の入り口に「しるべの石」・塩竈九名石の一つが立っていました
DSC03070.JPG
東 なゝまがり水戸  南 御だい乃はし  北 なゝまがり坂  西 御古しかけ石 と刻まれていました
ここが塩竈の中心地だったのかもしれません
nice!(103)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - deep emotion ブログトップ