So-net無料ブログ作成
検索選択

道の駅どまんなかたぬま [Japan]

遠くに群馬の山々が見えます
DSC06660.JPG
佐野~宇都宮~日光のプチ旅の締めくくりは・・・やっぱりお土産!
DSC06662.JPG
「道の駅どまんなかたぬま」に立ち寄り、名物等をお買い物しました^^
DSC06661.JPG 
佐野名物「イモフライ
DSC06663.JPG
イモフライのお店はこんなに沢山あるんですねぇ~
DSC06665.JPG
蒸したジャガイモを一口大にカットして串に差し、衣を付けて油で揚げたファーストフード
DSC06666.JPG
お芋もですが、ソースも決め手ですね
ホクホク~アツアツ・・・どなたが考え出したのでしょうね 美味しかったですよ
DSC06667.JPG
DSC06668.JPG
「焼きポリタン」
DSC06669.JPG
食べていませんが・・・何とな~く想像が付きます^^
DSC06670.JPG
レモン牛乳
DSC06671.JPG
特にレモンの味はしませんが、イエローに着色された牛乳です
DSC06673.JPG
栃木はゆずの産地なんですね
DSC06672.JPG
ミツハ フルーツソース
DSC06674.JPG
フルーティーでとても美味しいソースです 大瓶を数本買いました
桜あんぱん
DSC06677.JPG
小ぶりなのにどっしりとした餡と、桜の花の塩漬けが飾られ~下には桜の葉・・・和菓子に近い味わいです
カンロ
DSC06676.JPG
名水の町“佐野”生まれの食物繊維たっぷりヘルシーなおやつ「カンロ」・・・寒天です
色は付いていますが、味はしません^^ 黒蜜をかけていただく寒天 可もなく不可もなく美味しかったです
道の駅はその土地土地の名物やお野菜など、色々楽しめる所ですね
この「どまんなかたぬま」はとても大きな道の駅で、足湯や~夏にはお化け屋敷なども設営されるそうです

道の駅どまんなか たぬまアイスクリーム / 吉水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


出流原弁天池 [Japan]

10月の日光~佐野~宇都宮プチ旅の続きです
佐野市街地から北西へ約9キロ、車で15分ほどのところにある出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)
DSC06693.JPG
この池は、石灰岩の割れ目から湧き出す豊富な水に恵まれ
日本名水百選にも選定された県指定天然記念物になっています
DSC06694.JPG
周囲138mの池には鯉や鱒たちが悠然と泳ぐ姿が見られます
DSC06695.JPG
DSC06696.JPG
古生層石灰岩の隙間から湧き出す豊かな水は、1年中16度前後を保っているそうです
DSC06699.JPG
DSC06700.JPG
DSC06701.JPG
DSC06702.JPG
地元では1番池ともいわれ、2・3番池へと流れ出し「出流川」となっています
池の端には、栃木県でもここしか見られない絶滅危惧種の植物や「タテヤママリモ」などが生息しています
DSC06703.JPG
DSC06704.JPG
DSC06705.JPG
DSC06706.JPG
DSC06710.JPG
天然のフィルターを通して湧き出た水は、地元の人々や施設でも広く愛用されているそうです
DSC06707.JPG
年間を通じ 水温は16℃、2400(m³/日)の湧水量の水が、音もなく静かに湧き出している出流原弁天池
DSC06709.JPG
底が見えるほど清澄で、風情溢れる風景を楽しむ事が出来ました

[かわいい]気温30度超えの台南を楽しんで~無事戻りました[かわいい]
地震・津波のニュースを台湾で聞きとても心配でしたが、留守宅は飾り物が少し倒れる程度で何事もなく
皆様方のお気遣い有難うございました
早速~台南旅行編に入りたい所ですが、10月のプチ旅や日常記事がまだまだ溜まっているのでそちらから・・・
IMG_8334.JPG
台南旅行編は約1000枚の写真整理をしながら、少しづつアップしていこうと思いますので
又宜しくお付き合いください

いろは坂~華厳の滝~中禅寺湖&金谷ホテル [Japan]

日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路・いろは坂
この「いろは坂」には良い思い出が有りません 
修学旅行でも、家族旅行でも、酷い車酔いで・・・いつも手元にはビニール袋
私の周りにはいつの間にか誰もいなくなっていました[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC06805.JPG
自分で運転する事を覚えてから車酔いはなくなり、車の質も昔より良くなった為でしょうね
今回はビニール袋のお世話になることなく・・・坂を上り下り出来ました
と・・・思いきや・・・カメラを持ってカーブで撮っていると「う・・・」ダメ なので「ち」と「さ」の2枚だけです・・・
DSC06808.JPG
下り専用の第一いろは坂と、上り専用の第二いろは坂 
二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがある事から「いろは48文字」に喩えてこの名が付きました
カーブごとに「い」「ろ」「は」・・・の看板が表示される急坂が続き、標高差は440ⅿ
DSC06833.JPG
日光で最も紅葉の美しいスポットとして知られ、絶景のドライブコースとなっています
多分・・・今頃はツアーバスや観光の方たちで大渋滞となっているでしょうね
奥日光の入り口に位置する中禅寺湖
DSC06821.JPG
DSC06823.JPG
周囲約25km、最大水深163mの湖で
およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたと言われています
DSC06826.JPG
DSC06824.JPG
穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました
DSC06822.JPG
中禅寺湖から華厳の滝へ~とことこ歩いて行きます
DSC06819.JPG
沿道には沢山のお土産屋さんが並んでいます
DSC06818.JPG
日光の名物は「ゆば」 蒸しゆば饅頭を・・・
DSC06815.JPG
しっとりした餡と湯葉が絡み合い中々美味しいお饅頭でした
DSC06817.JPG

つるや懐石・会席料理 / 日光その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


華厳の滝
日光には四十八滝といわれるほど滝が多いのですが、最も有名とも言えるのが華厳ノ滝
DSC06813.JPG
中禅寺湖の水が、高さ97ⅿの岸壁を一気に落下する壮大な滝です
DSC06814.JPG
自然が作り出す雄大さと、華麗な造形美の両方を楽しむことができます
華厳の滝から車で20分下ると現れる日光金谷ホテル
DSC06838.JPG
1873年(明治6年)6月開業 140年の歴史を持つ現存する日本最古のリゾートクラシックホテルで
登録有形文化財・近代化産業遺産に指定されています
DSC06839.JPG
明治初期、日本人よりも先に外国人の間で有名になったNIKKO
日光は明治初期から自然と歴史・文化遺産を兼ね備える避暑地として~
日本に滞在する欧米人にその価値を高く評価されていました
0424000100013.jpg
NIKKOやLake Chuzenjiが日本人よりも先に外国人に愛される避暑地になるきっかけを作ったのは
通訳生として来日した英国人アーネスト・サトウ
DSC06840.JPG
サトウは奥日光の美しさに魅せられ、1874年には A Guide Book to Nikko を出版
1896年、中禅寺湖南岸に自分の別荘を建築しました
0424000100058.jpg
DSC06841.JPG
その後外交官を中心に多くの外国人が別荘を建て
明治から大正末期まで・・・中禅寺湖周辺には欧米人の社交界が形成されていたそうです
DSC06842.JPG
DSC06844.JPG
そこに誕生した日本初の西洋式リゾートホテル「金谷ホテル」
当時からの面影をそのまま残し、日英融合の美しさを持つホテルです
DSC06843.JPG
ベーカリー部門も有名ですね
パンやクッキー・バター・ピーナッツクリーム等・・・お土産を買いました

日光金谷ホテル旅館 / 東武日光駅日光駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


[かわいい]いつもblog応援&沢山のnice・ご訪問有り難うございます
今夜から台南へ出掛けてきます[飛行機]
ブログヘの戻りは28日月曜の予定です 戻りましたら又皆さんのご訪問お待ちしていま~す[ハートたち(複数ハート)] 

日光東照宮 Ⅱ 眠り猫・家康の墓所 [Japan]

陽明門へと続く階段を登ります
DSC06759.JPG
廻廊(国宝)
58109.jpg
一枚板の透かし彫りの外壁には日本で最大級の花鳥の彫刻が飾られていました
DSC06761.JPG
陽明門
DSC06762.JPG
日光東照宮陽明門は、1日中見ていても決して飽きないということで、別名「日暮門」とも呼ばれています
日本で最も美しい門の一つ日光東照宮陽明門 
DSC06762.JPG
2018年3月31日まで「平成の大修復」中ですが、チラチラと美しく修復された彫刻を頭上に見る事が出来ました
DSC06763.JPG
古事記逸話や聖人など500以上の彫刻があり豪華絢爛な門です
DSC06764.JPG
陽明門とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星があり~
その先には江戸の地が続くように、東照宮は風水学に基づいて設計されているそうです
陽明門の坂柱
96123fae.jpg
陽明門は12本の渦巻き模様が描かれた白い柱で支えられています
この模様をグリ紋と呼ぶそうですが、11本は上向きの模様・背面の右から2本目の柱は模様が下向き
完璧なものは、その瞬間から崩壊が始まる」といわれていたことから
魔除けの為に敢えてわざわざ1ヶ所だけ逆さに彫ったといわれています
DSC06765.JPG
唐門
陽明門を通って正面に見えてくるのが唐門
DSC06778.JPG
東照宮の中で最も重要な門とされていて
江戸時代には将軍に会える立場である一部の人達しか通ることができないとされていたそうです
御本社
DSC06784.JPG
本殿・石の間・拝殿のことで、一年の祭典はここで斎行されます
拝殿の天井にある狩野探幽らが描いたとされる約100頭の龍には圧倒!
撮影禁止でしたが・・・あっ、シャッターが・・・
DSC06785.JPG
眠り猫(国宝)
DSC06767.JPG
意外と小さいので見逃してしまいそうですが、皆カメラを向けているので大丈夫^^
家康を護るために寝ていると見せ掛けて、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているそうです
この「眠り猫」の先にある家康公の墓所の奥宮に向かう道が~日光東照宮の強力なパワースポット!
DSC06775.JPG
奥宮
石段をフ~フ~言いながら207段上ると、拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔があります
DSC06771.JPG
杉に囲まれた静かな地 ここが家康公の墓所です 他の場所とは違い何だか神秘的~
DSC06773.JPG
ここは将軍の参拝時以外は通り抜けられなかったそうです
日光東照宮の生気の発生源がこの奥宮エリアだそうで~
眠り猫のある坂下門からのフ~フ~言って登った階段も龍道と呼ばれ生気の通り道 神聖な場とされています
色々な気を感じやすい私・・・ふと何気なく虫博士の事を考えて墓所の後ろ道を歩いていたその時~
シアトルの虫博士からラインが届きました 良く有るんです こういった事・・・
東照宮宝物館
DSC06797.JPG
撮影禁止なので写真は有りませんが、徳川家康公の遺愛品や将軍や大名のみならず
朝廷から贈られた奉納品などが展示してありました
家康公を初め、多くの将軍の自筆の書描や実際に使用した剣などが美しく保管されていました
DSC06801.JPG
日光東照宮は約400年経った今でも衰退に向かうどころか
世界遺産に登録されますます深みを増し、歴史を物語る地であり家康の「気」を感じられるところでした
DSC06746.JPG

昨日はチョッピリ欠けたスーパームーンを雲間から見る事が出来ました お財布フリフリしました?^^
IMG_8121.JPG

日光東照宮 Ⅰ 見ざる言わざる聞かざる [Japan]

餃子の宇都宮から車で約1時間 日光へ到着です 佐野アウトレット周辺の楽しい記事は後日に・・・[わーい(嬉しい顔)]
あらたふと青葉若葉の日の光 松尾芭蕉
DSC06733.JPG
日光東照宮は、日本で10番目に世界遺産に登録された有名な日光の社寺
1617年に創建され、徳川家康を祀っています
DSC06739.JPG
家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言から
「遺体は久能山に納め、一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建て神として祀ること」
DSC06740.JPG
「そして、八州の鎮守となろう」と残されているそうで、家康が目指した「八州の鎮守」とは・・・
日本全土の平和の守り神でもあります
DSC06742.JPG
DSC06795.JPG
石鳥居 
DSC06796.JPG
1618年に黒田官兵衛(戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名)の息子、黒田長政が奉納
鳥居に使われた石は九州から船で運び、小山からは陸路で運んだそうです
江戸時代に建てられた石鳥居の中では最大で、鎌倉八幡宮と京都八坂神社と並んで
日本三大石鳥居と呼ばれています
DSC06747.JPG
正面の鳥居をくぐると直ぐ 大きな杉の木が有ります
この木がご神木 どこの神社仏閣に行っても必ず大きな杉の木に抱きつく私・・・
この木の意味も分からず抱きつきましたが~この杉の木には楢(なら)の宿り木があり
「杉と楢が一緒」=「好きなら一緒」という語呂合わせで恋愛にご利益があり、永遠の愛を約束されるとか・・・
表門
DSC06749.JPG
左右に仁王像があるので、仁王門とも呼ばれています
DSC06794.JPG
正面には寺院で見られる仁王像、背面には神社で見られる狛犬が配置されていて
これは国内でも珍しく、神仏習合の流れで東照宮に建造されたと言われているそうです
DSC06738.JPG
五重塔
DSC06743.JPG
写真で見る程大きくありません 1650年に建立され、焼失のため1818年に再建されました
華麗な色使いは誰もが目を奪われ、皆カメラを向けていました
この建物は耐震・耐風のため心柱が4層から吊るされ、地面についていないそうです!
実はスカイツリーにもこの建築法の応用が使われているとの事
三神庫・想像の像
DSC06750.JPG
三神庫は上神庫・中神庫・下神庫の3棟 例祭に使う道具などを納めています
上神庫の想像の像
DSC06751.JPG
作者の狩野探幽作が実際の像を見た事がなく、想像で造った為~実際の像とは少し違うと言われています
DSC06752.JPG
神厩舎・三猿
神厩舎とは神馬をつなぐ厩(うまや)のこと
この建物は、東照宮の中で唯一の素木造りで漆が塗られていません
とても質素な感じですが、見事な彫刻はとても素晴らしいです
137649932704313102383_IMG_0732.JPG
ここに有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿があります
DSC06753.JPG
猿を彫刻した訳は、猿が馬を守ると信じられてきたからだそうです
「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えでもあり
転じて「自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という考えにもなりますね
この後も続きますが、日光東照宮の建物には多様な動物の木彫像が見られます
これらの動物のほとんどは平和を象徴しているそうです
DSC06754.JPG
日光はもともと男体山を仰ぎ見て登頂する修行場として開かれたところ
この土地のパワーを信じた徳川家康が、徳川家の繁栄のためにここに自分の墓所を作ったとの事
「地」「樹」「砂」すべてから強いパワーの「気」が漂っていました  Ⅱに続きます

宇都宮なら餃子でしょ [Japan]

ようやく10月の佐野~宇都宮~日光プチ旅旅行記に入ります[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
道の駅や佐野アウトレットで買い物を済ませ宇都宮  お買い物に時間を要したので20時近くの到着
ホテルは宇都宮駅前 最上階でも窓が開けられるのが嬉しい~
DSC06711.JPG
部屋は意味もなく広いスイート  
DSC06712.JPG
DSC06713.JPG
宇都宮に泊った目的は~やっぱり「あれ」です 宇都宮と言えば餃子!餃子を食べないと!
DSC06716.JPG
実は・・・「正嗣」というお店に行きたかったのですが、この日は売り切れで閉店
以前アップした「こらっせ」や「みんみん」等も長蛇の列 
探し回っているうちに時間は刻々と過ぎていき~21時・・・宇都宮のに餃子屋さんは閉店が早いんですね
栃木県民の方の話だと、餃子はビールを飲みながら・・・とか、飲んだ後の〆に食べるものじゃないそうです
DSC06717.JPG
23時までやっていますよ!良かった~!ホテル脇・健太の餃子「宇都宮餃子館 2号店」
DSC06719.JPG
芸能人の色紙も数多く飾られていました
DSC06726.JPG
お通しの山くらげと枝豆
DSC06723.JPG
「餃子にはビール」という私達の鉄則は守ります
私のポリシー:餃子のビールは瓶! しかも栃木産のビール~♪
DSC06722.JPG
元気セット(健太餃子3人前+生ビール) 1800円
DSC06727.JPG
健太餃子はごま油でしっかり焼かれていて、皮はもっちり~具は野菜(特にニラ)が多く
野菜のうまみがしっかりでています 二人で食べれば、ニラもニンニクも怖くない餃子
DSC06728.JPG
海老蒸し餃子 4ケ 520円
DSC06729.JPG
私はとにかくこの「蒸し餃子」が気に入りました 一口噛むと~小籠包の様に汁がジュワ~っと出てきます
皮もモチモチ~とっても美味しい~~!
DSC06730.JPG
みんみん、青源、めんめん、香蘭、幸楽・・・宇都宮餃子は結構色々なお店でいただいていますが
今までのお店の中ではヒットかもしれません 特に「蒸し海老餃子」は最高でした
DSC06718.JPG
こちらのお店も混雑していたので、1オーダー1回制で追加注文は出来ませんでしたが~
許されるなら・・・「蒸海老餃子」をもう一蒸篭いただきたかったです[もうやだ~(悲しい顔)]
地方の名物は割高というのが定番ですが・・・
宇都宮餃子は食べ歩きが出来る様~一皿がとても安価に設定してあります
大阪の「たこ焼き」と同じですね^^   宇都宮餃子を堪能した翌日は、日光へ向かいま~す

宇都宮餃子館 2号店餃子 / 宇都宮駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

檜原湖&五色沼 [Japan]

福島県北部にある磐梯山、安達太良山、吾妻山に囲まれた標高約800メートルにあります
明治21年(1888年)に会津磐梯山が噴火 見事に真ん中が陥没し、荒々しい火口壁を見せています
DSC06589.JPG
この噴火で生まれたのが磐梯高原です
磐梯高原の中心に位置する最大の湖「檜原湖・ひばらこ」
DSC06576.JPG
噴火により泥流が谷をふさぎ自然にできた湖の為、湖岸線が複雑に入り組んでいます
DSC06577.JPG
DSC06580.JPG
ボートに乗って湖上散歩してみました
DSC06578.JPG
DSC06583.JPG
DSC06585.JPG
秋晴れのバス釣り日和
DSC06592.JPG
磐梯山の麓にある裏磐梯には、この檜原湖のほかにも秋元湖、小野川湖、雄国沼など~
大噴火によって作られた大小300を超すといわれる湖沼群があります

「檜原湖」から車で10分ほど走ると「五色沼湖沼群」に到着します
「毘沙門沼」
五色沼の中で一番の大きさで、ボートに乗ることも出来る為、沢山の観光客で賑わっていました
DSC06612.JPG
DSC06593.JPG
素晴らしい透明度と息をのむほどのコバルトブルー
DSC06597.JPG
DSC06596.JPG
磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和され
この様な色を作り出しているそうです
この沼の主が顔を出してくれました が~皆が探している本当の主は中々顔を出してくれないようです
DSC06595.JPG
これが~見付けると幸せになると言われている・・・ハートマークのついた鯉[黒ハート]
26018.jpg
独身者が見付けると必ず結婚できるとか・・・
コバルトブルーの沼のほとり 五色沼カフェ
DSC06610.JPG
五色沼ソフト 塩バニラ味の美味しい~ソフトクリームでした
DSC06609.JPG
五色沼群は他にも「赤沼」「深泥沼」「弁天沼」「瑠璃沼」「青沼」「柳沼」「幻の竜沼」
コバルトブルー、青色、銅色など、季節や時間によってもその色が変わりとても幻想的です
26013.jpg
DSC06605.JPG
16-10-28-00-14-16-720_deco.jpg
磐梯朝日国立公園に指定されている裏磐梯
夏は涼しく冬は雪がたくさん降り、季節ごとに魅力がたくさんあります
DSC06599.JPG

裏磐梯秋まつり [Japan]

福島県北部にある磐梯山
明治21年(1888年)会津磐梯山の噴火によって裏磐梯が生まれました
DSC06555.JPG
10月2日 第10回裏磐梯秋まつりが行われました
裏磐梯の山々で取れた「きのこ」を使った「きのこ山鍋」が直径3mの大鍋で作られていましたよ~
DSC06549.JPG
とても大きな鍋いっぱいに、きのこがドッサリ!
DSC06551.JPG
蓋もUFOの様~
DSC06556.JPG
薪で焚かれた大鍋から良い匂いが漂っています
DSC06552.JPG
100円でチケットを買うと、器とお箸がいただけて~何度もお代わりする事が出来ます
DSC06553.JPG
きのこも野菜もどっさり入れられ美味しい~!
DSC06554.JPG
会場には全国各地からクラッシックカーが集結
DSC06557.JPG
車好きな主人は写真撮りまくり[カメラ] これら[左斜め下]の写真は主人のカメラからいただきました
DSC06562.JPG
DSC06563.JPG
DSC06558.JPG
DSC06561.JPG
会津と米沢を結ぶ会津街道(米沢街道ともいう) 
裏磐梯がある北塩原村には、この会津街道が通っています
DSC06564.JPG
DSC06565.JPG
伊達輝宗・政宗親子と桧原穴沢一族の戦いや、数々の城跡が残されている秋の北塩原村を
このクラッシックカーたちが数時間かけてドライブします
DSC06567.JPG
DSC06566.JPG
DSC06569.JPG
DSC06570.JPG
東京~宇都宮~かなり遠くから・・・走って来られた(来れた?)車ばかり!
これらのオールドカーを整備するのは大変なご苦労&出費だろうと思いますが
クラッシックカー好きさんには、それが楽しくて仕方ないのでしょうね
車は日常生活の足の私にとって、何が良いのか全く分からない・・と書くと~非難囂々かもしれませんが・・・
男のロマンなのでしょうか  私はやっぱり~故障の少ない新車派です

椹平(くぬぎだいら)の棚田 [Japan]

道すがらコスモスが咲き揺れる・山形
磐梯朝日国立公園の主峰、大朝日岳の東部山麓に位置する山形県朝日町
ここ朝日町は、雄大な自然と今なお守られる、農村の原風景が残っています
IMG_7443.JPG
IMG_7444.JPG
すっかり「秋」と言うより「初冬」?です 
ワイナリーを訪れた後、頭を垂れた稲穂の美しい棚田を見ようと山形の「椹平の棚田」を目指しました
「じんぺい」と読んでしまいたくなりますが・・・「くぬぎだいら」です[わーい(嬉しい顔)]
IMG_7438.JPG 
パッチワークのように広がる椹平の棚田は「日本の棚田百選」に選ばれています
地元の人々が「神が落とした扇の田」と呼ぶ棚田 集落を要に扇状に広がっています
IMG_7439.JPG
昭和21年、桑畑だったこの場所を開墾し、緩やかな斜面に14ha・208枚の水田が整然と並んでいます
IMG_7441.JPG
田植え後の「春」の緑色の景色も美しいでしょうね~
日本の棚田百選に選ばれたこの棚田は、昭和16年に国策だった食料増産を目的に作られました
当時は現在のような建設機械はない為工事は大変で、小学生や中学生も泊まり込みで工事を手伝ったそうです
IMG_7442.JPG
秋・・・地元では「くいのご」と呼ばれる稲の杭掛「くいのこ(杭掛け)」が規則正しく並びます
もう始まっていますね~
IMG_7440.JPG
生活排水が入らず、昼夜寒暖の差がはげしい土壌で作る棚田米は粘りが強くつやがあり絶品だそうです
そのうえ、この地独特の「杭かけ」と呼ばれる天日干しされたお米は
長時間おひさまの養分を吸い込み香りも豊かだとか・・・
20121006img-33911.JPG
「天日干し」は、悪天候や重労働などの障害要素が多く、手間が掛かりますが
じっくり手間と時間をかけて乾燥させるので、籾の割れも少なく味も良いのだそうです
実際、多くの農家さんが自家用米だけは「天日干し」にしているんですって
帰り道雨に濡れた秋薔薇たちを見付けました
IMG_7465.JPG
IMG_7454.JPG
IMG_7455.JPG
IMG_7453.JPG
東北のアルプスといわれる朝日連峰の大朝日岳(1,870m) 日本三大急流「最上川(もがみがわ)」
夏は蒸し暑い日中・涼しい夜間が多く~冬は寒い日の多い積雪地帯
IMG_7462.JPG
IMG_7463.JPG
気温比較差や寒暖差が大きい山形は、高品質な果実の栽培に好適とされていますが
お米もとっても美味しいです 
IMG_7464.JPG
宮城のお米も勿論美味しいのですが・・・我が家はず~っと山形(寒河江)の「つや姫」を食べています
今年の新米は美味しいですよ~

朝日町・ワイン城 [Japan]

溜まりに溜まっている日常記事に戻ります

今年5月26・27日に三重県伊勢志摩で開催されたG7サミット
27日(金)のワーキング・ランチで、山形県のワイナリーの「赤ワイン」が提供されました
その名も「朝日町ワインマイスターセレクションバレルセレクション赤2013」
16444.jpg
山形県朝日町のワインです
IMG_7456.JPG
サミットで提供するワインは「伊勢志摩サミット日本ワイン選考委員会」の審査により選出され
今回選ばれたのは全国約290ワイナリーのうち10社のみという快挙!
選出ワイン全12銘柄のうち、赤ワインは4銘柄 この葡萄ちゃんから作られたんです
IMG_7458.JPG 
日本では珍しいブドウの棚栽培 何だかヨーロッパの景色の様です
IMG_7459.JPG
日本のブドウ畑の殆どは天井をつくる空中栽培なので
このような棚の合間を追いかけっこ出来る風景は中々見る事が出来ません
IMG_7447.JPG
ワイン用の葡萄畑を見ていつも思う事が有ります
「この白い物・・・農薬?こんなに真っ白に?これがワインになるの~?」 ma2ma2さん教えて~
IMG_7460.JPG
IMG_7446.JPG
山形の風土に根ざしたこのワイナリーでは、醸造専用品種である欧州系ぶどうの栽培も手がけています
IMG_7452.JPG
IMG_7450.JPG
IMG_7449.JPG
高品質のぶどうを良さを引き出す為に枚目に努力為されている朝日町ワイン
IMG_7466.JPG
ワイン城へいざ!入城~ハイジに出てくるクララの家みた~い
IMG_7467.JPG
IMG_7468.JPG
1944年(昭和19年)創業の朝日町ワイン
戦後大手ワインメーカーの下請けとしてワインの原酒製造を行ってきましたが
IMG_7469.JPG
1975年(昭和50年)朝日町と地元農協(現JAさがえ西村山)の共同出資で自社ブランドのワイン造りを開始
様々な苦労と研究を重ねて新商品「朝日町ワイン」が誕生しました
1999年(平成11年)ブランデーの製造免許も取得しています
IMG_7471.JPG
主力品種は、町内の朝日町ぶどう生産組合農家のマスカット・ベリーAやブラック・クィーン
農家支援が目的の町興しワインですが~これが侮れない実力を発揮したのですね~!
IMG_7472.JPG
勿論~試飲も出来ますよ~しかも・・・40種類を超えるワインとブランデー!
40種類の無料試飲ができる場所は、全国的に見ても類が少ないそうです
IMG_7473.JPG
IMG_7474.JPG
高級赤ワインにはフランス産樽を使用し深みのある味わい・・・
白ワイン・ロゼワイン・ブラッシュはフレッシュでフルーティな味わい・・・みたい・・・です
IMG_7475.JPG
IMG_7476.JPG
私はワインが得意ではないので~ロゼだけを試飲していました^^
IMG_7477.JPG
こちらは~国内品種のワインを蒸留させて10年寝かせた『ブランデー・エスポワール高野』5300円
知る人ぞ知る・・・の美味しいブランデーだそうです
IMG_7478.JPG
最近、国内で生産された「日本ワイン」の注目が高まる中
朝日町ワインは2015年の『日本ワインコンクール』で15銘柄が入賞するほど実力!
また「葡萄の木」オーナーワイン制度も行っているそうで
赤ワイン(メルロー):1口15000円で募集期間は8月末 
2年後~自分だけの美味しいワインに、オリジナルラベルを貼って届けてくれるそうですよ

朝日町ワイン城ワインバー / 朝日町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.5