So-net無料ブログ作成

小樽 三角市場 [Japan]

JR小樽駅を出てすぐ左手にある三角市場 tommyさんに勧められて行ってみました
入口は~こじんまりとした小さな市場ですが~~
小樽の食のプロや地元の人も通うまさに小樽の台所だそうです
IMG_7682.JPG
その始まりは昭和23年頃? 古くから愛されてきた市場なんですね~
小樽市内にある市場では、唯一毎日営業している市場だそうです
全長200m・横幅2m程の細い坂道に通路を挟んで、お店が並んでいます
ワァオ!大好きなカニちゃ~ん[黒ハート]
IMG_7683.JPG
どアップでも美し~いお姿
20180207_112304.jpg
これは~珍しい!今が旬の八角 絶対に食べなきゃ^^
20180207_112150.jpg
カニやウニ、ホタテや魚等の海産物はもちろん~野菜や果物等も売られています
左右のお店の人が楽しく呼び込みをしてくれるのも~市場に来た~~感♪
お土産選びに行ったり来たりでウロウロ・・・
IMG_7685.JPG
平日でも行列が出来るお店らしいので、早めに・・・と思ってやって来ました
「北のどんぶり屋 滝波食堂」
IMG_7686.JPG
市場内にある「滝波商店」の直営食堂です  数分待たされ入店!
IMG_7688.JPG
先ずはサッポロクラシック生! 軽い口当たりの北海道限定のビールです
「出来上がるまで、これでも食べて待っててね!」と自家製のするめも一緒に
20180207_104013.jpg
人気のネタ9種の中から好みに合わせ3〜4品選べる「わがまま丼
魚屋さん直営店だから出来る新鮮なネタの数々~
貝類などは、オーダーをいただいてから~水槽から取り出し調理するそうです
20180207_104504.jpg
では~わがまま言っちゃいます^^ 
わがまま3品丼 普通サイズ2000円  主人は まぐろ・サーモン・ウニ の3種 
20180207_105112.jpg
ご飯は酢飯ですが、白米にも代えられるそうです
小サイズ1800円の私 いくら・カニ・ウニ
20180207_105120.jpg
いくらもカニも~ウニもドッサリ!!!美味しい~~~!
20180207_105733.jpg
カニはしっかりとした身の食べ応えのあるカニ
20180207_110725.jpg
うにも甘くて美味~!
市場歩きで見掛けた今が旬の~小樽産八角のお刺身 1000円
見事なお姿に拍手~!
20180207_105342.jpg
細身なのに濃厚な味の身 もっとシャキッとしているイメージでしたがマグロの様な食感
とても美味しいです!
20180207_105245.jpg
地ビールと北海道限定の「ナポリンサワー」なる物を^^
20180207_104911.jpg
あら、ナポリンって美味しい^^ オレンジの様なハスカップの様な・・・
20180207_104904.jpg
自家製ラウスホッケ焼き 1200円 テーブルの縦幅取ってます 凄く大きい~!
20180207_105335.jpg
肉厚な身は程良く焼かれ、食べ応え十分!
20180207_105446.jpg
丼ものについて来たお味噌汁 今まで味わった事のない味
20180207_105606.jpg
多分・・・魚やカニで出汁を取っているのでしょう 真面目に美味しかったです
おいしい海鮮とビールでお昼から幸せ~ご馳走様~~と言ってお店を出る頃はご覧の様な行列
20180207_112211-9cdf2.jpg
ウェイティングシートは殆ど異国に迷い込んだかのような「姓」がズラ~リ!
20180207_112110.jpg
こんなにお安く海鮮をお腹いっぱい食べられるなんて~小樽に来て良かった~♪
IMG_7687.JPG
tommyさん 有り難う~!

北のどんぶり屋 滝波食堂海鮮丼 / 小樽駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


nice!(96)  コメント(24) 
共通テーマ:美容

小樽へ [Japan]

札幌と小樽の間は距離にして40km 
雪まつりを堪能した翌日は、電車で約30分とアクセス抜群な小樽へ向かいました
IMG_7673.JPG
IMG_7674.JPG
通常ならレンタカーを借りたい所ですが~冬の北海道ですからね
線路もこの状態・・・列車走れるの?と言った感じです
IMG_7675.JPG
こんな雪でも家の中は半袖で居られるくらい暖かいのでしょうね
IMG_7676.JPG
車窓から見える海は~豊潤な海の幸を育む石狩湾^^ 
IMG_7677.JPG
ムフフ・・・海の幸・・・
IMG_7769.JPG
海の幸、じゃなかった・・・海が見えたかと思ったら~もう到着
明治期から栄えた商都・小樽  おたる~おたる~
IMG_7764.JPG
ホームからして良い雰囲気
IMG_7763.JPG 
改札を出ると~数々の「ホヤ」と呼ばれるランプがお出迎え
何だかレトロでロマンチックな街に来たことを実感します
IMG_7760.JPG
IMG_7755.JPG
外へ出る前にチョッと・・・この様な注意書きが・・・
トイレットペーパーを流さない国もアジアには沢山有ります
IMG_7678.JPG
北海道には沢山の観光客が各国から訪れるのでしょうが~
モラルの無いC国の方々に何を言っても無理^^ 
とにかく日本で沢山お金を使っていただきましょう~♪
小樽駅舎です
20180207_112702.jpg
お昼にはまだ早いので、先ずは「小樽都通り商店街」へと「パンじゅう」を買いに向かいます
IMG_7690.JPG
人通りも疎らな商店街 もうレトロな世界に足を踏み入れています
IMG_7692.JPG
「あら~~~今日は急遽お休み!?」西川のパンじゅう~~~絶対に食べたかったのに[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_7691.JPG
ん?? 商店街を出た表通りにも「パンじゅう」のお店を発見! 正福屋さん
IMG_7759.JPG
IMG_7756.JPG
IMG_7757.JPG
こしあんと粒あんを組み合わせて買いました
IMG_7773.JPG
十勝産小豆がびっしり詰まった小樽名物「パンじゅう」
やっぱり~小豆が美味しい~!私はこしあん! 小さなサイズなので2個は軽く食べられます^^
IMG_7774.JPG
小樽市は石狩湾に面し、札幌市の北西に位置している北海道の港湾都市
IMG_7693.JPG
小樽の雪は札幌の3倍だそうです
IMG_7689.JPG
「チャタレー夫人の恋人」の伊藤整「蟹工船」の小林多喜ニ、加藤浩次や、なかにし礼も小樽出身
石原慎太郎・裕次郎兄弟は7年間この小樽で過ごしたので「裕次郎記念館」も出来ましたね
記念館は昨年取り壊されたそうです 
IMG_7721.JPG
北海道らしい民家 昔のままの姿なんですね・・・ここ
IMG_7730.JPG
「北の商都」として栄えた小樽 「北のウォール街」を見る前に・・・
tommyさんに教えていただいた三角市場へ向かいます

正福屋 小樽本店洋菓子(その他) / 小樽駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(99)  コメント(22) 
共通テーマ:美容

さっぽろ雪まつり・すすきの「Susukino ice world 2018」 [Japan]

先ずは「すすきの」から参上~[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
札幌に来たら「夜は~すすきの」は定番中の定番ですよね
ホテルも「すすきの」地区だったので、初めに「すすきの会場」へ向かいました
IMG_7612.JPG
歓楽街の「すすきの」ですが~足元はこの通りの圧雪・・・酔って千鳥足はかなり注意が必要です
IMG_7587.JPG
IMG_7574.JPG
たしかに・・・「ぎょっ」・・・の圧雪道
IMG_7611.JPG
屋内は暖房が効いて暑いくらいですが~一歩外に出たら氷点下の札幌です
IMG_7572.JPG
IMG_7570.JPG
IMG_7571.JPG
アイスバー、フードコーナー等はテント内で温かく・・・
IMG_7584.JPG
IMG_7586.JPG
「さっぽろ雪まつり」は大通公園に雪像が並びますが
「すすきの」には氷像が沢山並んでいました
IMG_7579.JPG
IMG_7566.JPG
20180206_185159.jpg
ガリガリ君^^
IMG_7562.JPG
アロ~ハ!
20180206_185100.jpg
雪像とはまた違う繊細さや美しさが楽しめる氷像が置かれた「すすきの会場」は
すすきのアイスワールド2018 と呼ばれ、平日にも拘らずとても賑わっていました
20180206_182402.jpg
IMG_7569.JPG
氷彫刻の実演も行われていましたよ~
IMG_7580.JPG
氷像制作は1本縦50センチ、横1メートル、高さ25センチ、重さ135キロもの氷
設計図を見て必要であればカットし、氷の間に水と雪を入れ氷同士を接着させたり~
倒壊する恐れがない様に、木に釘を付けた手製のヤスリで氷を平らにしていました
IMG_7583.JPG
チェーンソーで氷を削ると、細かい氷が飛び散り~観ている私達も大迫力!
IMG_7567.JPG
2/3日~本格的な彫刻作業が開始された氷像の制作は
「NPO法人 日本氷彫刻会」に所属する方々によって行われています
「氷を楽しむ」をテーマに、幻想的な氷像が立ち並ぶ「すすきの」
ネオンの光の中でキラキラ光る氷像は、すすきの会場ならではの光景ですね
IMG_7573.JPG
大通公園会場へ向かう前に~お目当てのお店で腹ごしらえを・・・^^
nice!(100)  コメント(18) 
共通テーマ:美容

雪と氷の札幌へ [Japan]

雪降る季節の代表的なお祭り&北海道の冬の風物詩
第69回目となる「札幌雪まつり」を見に行ってきました~
20180206_150041.jpg
北上山地を眼下に仙台からは約1時間のフライトです
IMG_7540.JPG
水を飲む暇もなく~あっという間に到着
20180206_154626.jpg
「ほら、viviの大好きな人が明後日乗る機だよ」と主人 「あら、大変!」
この日は2/6 私の大好きな安倍総理は、この機で平昌の冬季オリンピックへ向かいました
20180206_160248.jpg
「Boeing747は今年で最後だからね 撮っておくと良いよ」「はい、は~い」
20180206_160252.jpg
新千歳空港の自衛隊側滑走路(自衛隊側は千歳飛行場)の脇には、政府専用機専用の格納庫があります
必要に応じて羽田等に向かいますが、普段はここに格納されている事が多いようです
3,000 mの平行滑走路を2本持つ、日本で初めて24時間飛行機の離着陸が可能とされた新千歳空港
IMG_7543.JPG
空港から快速エアポートライナーに乗り約40分 札幌へ向かいます
空港もですが~~~電車も!暑すぎ~~~~! 座ってるとお尻が火傷するほどシートが熱い!
車内も多分・・・タイ並みの温度・28度は有るんじゃない?
エネルギー無駄遣いし過ぎの様な・・・2重窓もほら!こんなに曇っています
20180206_164453.jpg
暑い!暑い~~~!便秘になりそう~!と言いながら~札幌到着!
札幌駅前通地下歩行空間と呼ばれる地下通路「チ・カ・ホ」ここもまた~暖かい!!
エスキモー状態でやって来ましたが、セーター一枚になり歩きました・・・
「札幌雪まつり」のインフォメーションセンターがいたる所に
IMG_7547.JPG
地下鉄で移動しようかと思いましたが~全然寒くないので、すすきのまで地下散策
こちらは札幌ならではのサービスでしょうね 図書館の返却場所が地下通路に!
IMG_7550.JPG
中央図書館が中心部から離れているし、冬は雪が多いから? これは便利ですね~
大規模な都市ならではの行政のサービスですね
証明書発進センターもその並びにありました
IMG_7551.JPG
チ・カ・ホは、札幌駅周辺地区と大通・すすきの地区が地下で繋がっています
IMG_7552.JPG
信号もなく、雪の多い時期でも暖かく~都心の移動にとても便利ですね~
仙台にはない・・・仙台の牛たんのお店^^
IMG_7553.JPG
ムム・・・何やら凄い行列は? ワォ!早速札幌スイーツの代表「きのとや」さん!
IMG_7619.JPG
チーズタルトの美味しいお店ですね 少しだけ・・・おやつタイム^^
IMG_7620.JPG
IMG_7617.JPG
本場の焼きたてチーズタルト やっぱり濃厚で美味しい~!
IMG_7616.JPG
仙台ではいただく事の出来ない「極上牛乳ソフト」 嬉しい巻き~~~
舌ざわり滑らかで、嫌味の無いフレッシュな牛乳の味~
IMG_7618.JPG
暑かったので丁度いい感じに 脱いでいた上着を着ました^^ 
所々出口近くに在る「立ち飲み屋」さん 好きです~こんなお店
IMG_7554.JPG
私達の向かう南4条出口近くのこちらも凄い行列! 「立ち食いそばや」さんでした
IMG_7623.JPG
心も温まる様なお値段 良いわ~「札幌チ・カ・ホ」
IMG_7624.JPG 
で、出ました 外に・・・南4条 ススキノのそばです 
タイ→台南→から~一気に!北海道へ来たぁ~~~~!と言った感じの体感気温
IMG_7556.JPG
地下で温まった体温のタイムリミットは・・・カウントダウンが始まりました
IMG_7557.JPG
ウルトラマンは3分でしたが~
IMG_7668.JPG
何とか20分はもちそうな・・・でも、真面目に息が・・・で・き・な・い・・・
出てる部分は全て凍りそう・・・
IMG_7559.JPG
ホテル数が多いせいか「青森ねぶた祭り」よりも簡単にホテルは取れましたが~
「さっぽろ雪まつり時」のホテルの価格は普段の3~4倍だそう・・・
「ダイワロイネットホテル・すすきの」最上階の一番端の部屋  結構なお値段でした
IMG_7560.JPG
部屋から見下ろすテレビ塔へ続く道は雪の道です 
IMG_7561.JPG
眼下のすすきのも、透き通る氷の芸術品が展示された「すすきの会場」となっています
先ずは「すすきの会場」から歩いてみます^^

KINOTOYA BAKE ポールタウン店洋菓子(その他) / 狸小路駅西4丁目駅すすきの駅(市電)

昼総合点★★★☆☆ 3.2

 
nice!(98)  コメント(23) 
共通テーマ:美容

ミステリーな雪景色 [Japan]

シアトルへ向かう前に日本で一息^^ 日常記事を挿みます

グルメ・旬の味覚・温泉・観光盛り沢山の勤労感謝ミステリー」 
クラブツーリズム企画のミステリーツアーに、仲良しセレブ会で出掛けました
11月24日 と~~~~っても寒い日! 何処へ?海の幸召し上がれ~?〇〇〇〇〇の玉子?古社参拝?
ミステリーバスが向かった先は~いつも遊びに出掛けてる&momoちゃんの実家もある山形・・・
ちょっぴりガッカリ~[もうやだ~(悲しい顔)] でも立ち直りの早い私達 ツアーを楽しまなきゃ! 
すっかり冬景色の山形 先ずは~観光農園さん&寒河江の道の駅に立ち寄ります
IMG_6762.JPG
〇〇〇〇〇の玉子は~「さくらんぼの玉子でした」 かもめの玉子のピンク版です^^
IMG_6760.JPG
それぞれ持参のボジョレーやワインで車中カンパ~イ!これがバスツアーの醍醐味^^
IMG_6766.JPG
西川インターから高速道に乗り、バスはどんどん雪深い山形へ向かいます
海の幸召し上がれ~は、新庄!  山形は広いです 日本海側へ向かう途中の地です
ホタテ・エビ・つぶ貝・イイダコの串焼きとおにぎり&お味噌汁のお昼ご飯
IMG_6774.JPG
串焼きにはやっぱりビールですね~
IMG_6776.JPG
海鮮などのお土産を買って、バスは再び雪山へ向かいます  
冬の月山湖を見るのは初めてです 月山はナント!夏しかスキーが出来ない極寒の山です
冬は余りの雪深さにスキーは出来ませんが、夏は涼しい為~明治大学のラグビー合宿所が有ります
IMG_6771.JPG
国指定重要文化財の古社参拝は~出羽三山でした
IMG_6789.JPG
でもね、大雪&吹雪です[ふらふら]
傘をお借りした売店の方の話では、この時期こんなに雪が降った事はないそうで・・・
白黒ハッキリ性格の私だけに・・・晴れ女の威力は~吹雪女の威力にも変わります
IMG_6791.JPG
雪ならば~雪を楽しみましょ^^  雪には縁のない南のブロガーさんの為~撮ります!
IMG_6792.JPG
11月のこんな雪景色を撮るのは、私も初めてかもしれません お楽しみください[カメラ]
IMG_6794.JPG
IMG_6795.JPG
天から下りてくる雪は美しい 特技のイナバウアー撮影方
IMG_6797.JPG
IMG_6801.JPG
IMG_6803.JPG
見て下さ~い  この雪~~これでも11月です
IMG_6807.JPG
IMG_6809.JPG
IMG_6810.JPG
IMG_6814.JPG
IMG_6815.JPG
IMG_6816.JPG
参拝を終えバスに乗り込み、次に向かった先は~美人・美肌の湯
(今回はツアーの為、美肌&湯船撮影は控えました)
IMG_6821.JPG
冷えた体をしっかりと温め、地元産のお野菜などを買い込み~仙台へ戻ります
IMG_6820.JPG
洋ナシ・リンゴ・柿1㌔ 殻付きホタテ・甘エビ50g・アジの開き・丸干しイワシ・塩ワカメ等々
持ちきれないほどのお土産付きのミステリーバスツアーは8990円
私的にはバス中のカンパ~イ!が出来るだけでも嬉しいバスツアー 
沢山のお土産とお買い物も出来て、行先はミステリー  仲良し達と素敵な一日でした[るんるん] 
nice!(104)  コメント(22) 
共通テーマ:美容

日本三大火祭り 須賀川 松明(たいまつ)あかし [Japan]

晩秋の夜空を焦がす須賀川の松明(たいまつ)あかし
今年も四百二十年余前を偲びながら・・・先週土曜に開催されました
ず~っと、行ってみたい!と思っていましたが~やっとこの歴史ある行事を観る事が出来ました
IMG_6646.JPG
松明あかしは、伊達政宗の軍勢が須賀川城を攻め落とした際の様子を表す行事で
通常のお祭りとは少し異なり、鎮魂の意味合いがある祭りです
IMG_6647.JPG
日本三大火祭りとして「鞍馬の火祭」「那智の火祭り」と共に有名な須賀川市が全国に誇る伝統行事
毎年11月の第二土曜日に、420年欠かさず行われている祭りです
巨大な長さ10m、重さ3tもの松明30本が町中を練り歩き
会場となっている翠ヶ丘公園内の五老山で、その巨大な松明に火が灯されます
IMG_6649.JPG
「松明あかしイメージ市民」の手により小松明が会場へと向かいます
IMG_6659.JPG
と~~~ラッキーな事に、カメラを向けていた私に、係の方から声が掛かりました
「火を持って上がりませんか?」「え?勿論~!はい!上がります!」私も即興のイメージ市民です
選ばれし方々と一緒に小松明を持って五老山へ上ります 主人の分も2本は結構重いです・・・
IMG_6660.JPG
持って上がった松明は大きな松明に火が点けられるまで、静かに燃え尽します
IMG_6675.JPG
山の上に上ると、須賀川の若衆150人が担ぎ出し立たされた松明に圧倒されました
IMG_6669.JPG
10mのも松明に火をつける為、度胸ある者達が登ります 女性もいましたよ~
IMG_6682.JPG
「頑張れ~!」会場からは声援が・・・
IMG_6685.JPG
着火!
IMG_6690.JPG
~~~~松明あかしの由来~~~~
1589年に伊達政宗の率いる軍勢が岩瀬郡周辺を制圧し須賀川城の城主に降伏するように迫ったそうです
このときの須賀川城主は気丈な女城主であり、しかも政宗の伯母でもありました
この行為に怒った城の家臣や領民達が手に松明を持って決起集会を開き
城を命を掛けて守ることを城主に願い出たことが始まりと言われているそうです
IMG_6698.JPG
IMG_6700.JPG
IMG_6701.JPG
文治5年(1189年)から400年の長きにわたり、南奥羽の雄として権勢を誇った須賀川城も遂に落城
「松明あかし」は、この戦いで戦死した多くの人々の霊を弔う為に行われる様になった行事です
420年も欠かすことなく続けられているって素晴らしい事ですね
IMG_6696.JPG
IMG_6703.JPG
20171111_183928.jpg
IMG_6707.JPG
22089837_1657804157564001_5758342992148178849_n.jpg
IMG_6708.JPG
幻想的かつ荘厳で圧倒される迫力
全ての松明に火が着くと、離れていても火の力で~顔も体も心も熱くなります
IMG_6710.JPG
昔は旧暦の10月10日に行われていましたが
現在は新暦の11月第2土曜日に五老山で行われています
会場となるこの五老山は、日本都市公園百選の一つに選ばれている翠ヶ丘公園内にあります
最後は仕掛松明に点火されました
20171111_190624.jpg
須賀川まで:東北新幹線郡山経由で東京から約1時間  仙台・宇都宮からは約1時間40分
私達の様に、仙台から車では約2時間半の距離の須賀川です
晩秋の夜のこの盛大な火祭り、風が強く天候がイマイチだった為~開催されるか心配でしたが
今年は念願叶って~観る事が出来て良かった~~感動の一夜でした
火の子飛びまくりなので、燃えにくい服?・帽子着用で行くのがベストです[もうやだ~(悲しい顔)] 
nice!(102)  コメント(20) 
共通テーマ:美容

名古屋~セントレアde名古屋名物 [Japan]

名古屋で絶対に食べたい「名古屋めし」
味噌カツ・天むす・手羽先・ひつまぶし・伊勢うどんを制覇しましたが~
セントレア国際空港ではその「名古屋めし」の殆どをいただく事が出来ます
帰仙日の朝食はコーヒーのみで空港へ(ホントは「あんこトースト」が食べたかった・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
暑いので、彼方此方出向くより空港でランチを選択
「みそかつ」
名古屋到着後、直ぐにお出迎えしてくれた豚ちゃん
DSC09006.JPG
「みそかつ」といえば「矢場とん」というくらい名古屋の人にはお馴染みのお店
DSC09007.JPG
みそかつが食べられる~
名物「わらじとんかつ」の「半々」を二人で・・・
20170717_100623.jpg
この「わらじとんかつ」通常の1.5倍なんですね~
みそとソースの2種類の味を「半々」で楽しみました~目の前でソースをかけてくれましたよ^^
南九州産の最高級の豚肉、厳選された食材を使用したみそかつ
DSC09009.JPG
キャベツが見えない程大きいです 芳醇な豚肉の香りがします
秘伝のみそだれがポイントですね!テーブルの上にはしば漬けがド~ンと置かれています
DSC09010.JPG
お箸やナプキンはテーブルの引き出しに・・・衛生的ですね~
DSC09011.JPG
父に味噌カツをお土産用に買って来ましたが~
とんかつには五月蠅い父も「美味しい!」と喜んでいましたよ
「味噌煮込」
若鯱家
DSC09003.JPG
DSC08997.JPG
「味噌煮込みうどん」
DSC08998.JPG
硬め麺を土鍋でぐつぐつと八丁味噌で煮込んだ「味噌煮込みうどん」
名古屋の家庭料理ですね~私、猫舌です アツアツで食べられません
冷ましてから麺を少しいただくと~煮込んでいるのに煮崩れしてない歯ごたえのある麺にビックリ!
DSC08999.JPG
塩なし真水で麺を打っているからだそうです
麺の食感と八丁味噌の苦味と濃厚な風味が独特ですね~
一人前をシェアしていただきましたが~流石に食べ物はもう無理
八丁味噌やお友達へのお土産を買って、少し時間が有るのでラウンジへ
セントレアはラウンジも充実しているので、成田より好きです^^
スターアライアンスラウンジも使えましたが、目の前に在ったカードラウンジに入室^^
DSC09012.JPG
クレジットカード会社が定めるカードを持っていると利用できる「カードラウンジ」
国内では航空系ラウンジより使い易く便利かもしれません
次回はスターアライアンスラウンジ(航空系)をレポしますね^^
DSC09020.JPG
DSC09021.JPG
セントレアのカードラウンジの素晴らしいところは~
当日の航空便を利用であれば、到着後も出発前も勿論無料で使えるというところです
コーヒーやソフトドリンク・軽食はもちろんのこと、生ビールやアルコール類も無料
DSC09014.JPG
DSC09015.JPG
クレジットカード系ラウンジと航空系ラウンジ 
過ごす方の人質が違います 何に拘るかの違いです^^
DSC09017.JPG
DSC09018.JPG
3階出発ロビー中央に位置しているので、国際線・国内線保安検査場まで数分
ゆっくりと寛げます^^
20170717_104207.jpg
20170717_111522.jpg
DSC09024.JPG
毎日23度前後の「白くま」状態の仙台に比べ~やはり名古屋は暑い!
カンボジアやバングラディシュより暑い!
西日本の夏には住めない体質だと言う事が良~~く分かりました
20170717_130938.jpg
帰りの便はプロペラ機です 通常仙台⇔名古屋線はキャンディーのみの機内サービスですが
プロペラ機は飲み物もサービスされます 
DSC09028.JPG
夏空の下、富士山も暑そう~
20170717_122601_001.jpg
2泊3日ですが伊勢神宮正式参拝、名古屋&名古屋めしを堪能出来た、楽しい~名古屋旅でした
暑い時期をずらして・・・春or秋 また遊びに来ようと思います 名古屋は楽し♪

矢場とん 中部国際空港店とんかつ / 中部国際空港駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


若鯱家 中部国際空港店うどん / 中部国際空港駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


nice!(110)  コメント(22) 
共通テーマ:美容

名古屋~熱帯の夜は部屋で・・・ [Japan]

ナナちゃんの足 傷だらけ・・・でも大きくて元気です^^
DSC08863.JPG
DSC08865.JPG
少し夜の名古屋を散歩してみよう~と言う事に
DSC08862.JPG
名古屋を歩いていて気付いた事 コメダは沢山有りますが~
DSC08857.JPG
ドラッグストア―やファミレスは殆ど見掛ける事がない・・(場所柄かもしれませんが)
吉野家やすき屋と言った牛丼屋さんの姿もなく~コンビニがとても少ない・・・
DSC08860.JPG
尤も仙台が異常なまでにコンビニが多いから?感じるのでしょうね
(美容室・歯医者・コンビニの件数は仙台が日本一だそうです)
DSC08859.JPG
道路は無意味に広~~い^^ 仙台の2倍の人口、やっぱり都会よね~
仙台と共に「日本三大ブスの産地」と言われてるのに、全然!~綺麗な人ばかりね~ 
20170715_195944.jpg
~等と夫婦で話しながら数十分歩きました^^
が、流石~西日本 夜の暑さも半端なく・・・これは~カンボジアより暑い・・・
夜でも30度~クラクラ~私、真面目に意識が遠のきました
角丸で味噌煮込みうどんを食べようと思っていましたが、倒れそうな私を見て
タクシーで戻ってホテル近くで「ひつまぶし」でも食べよう!と主人
DSC08990.JPG
ホテルへ戻り少し休憩し、ホテル直結名鉄デパート9F「まるや」さんへ ウソの様な行列! 
2時間待ちだそうで・・・絶対に無理です こちらの方は忍耐強いんですね~
もう外に出たくないし、地下に降りよう~と地下へ さすが~デパ地下!涼しいし何でも有ります 
「まるや」のひつまぶしも有りました~! 良かった~
DSC08991.JPG
これは~美味しい!鰻がカリッとしている!
タレも程良い甘さで、カリッと焼かれた鰻の香ばしさを消すことなくとても上品な味
最後にお茶漬けにしたかったですぅ~[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC08993.JPG
世界の山ちゃんの手羽先も買って~
20170715_184853.jpg
わぁ~仙台では見た事のないアサヒの缶発見!「レッドアイ」さすが~デパ地下!
ビールも飲みながら~ホテルの部屋で涼しく~名古屋最後の晩餐  生き返りました^^
DSC08994.JPG
まだまだ心残りの「名古屋めし」・・・翌日は少し早めに空港へ向かいました~
来週月曜は勿論~「名古屋めし」で〆て帰りま~す^^

まるや本店 名鉄地下店デリカテッセン / 近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅名古屋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


世界の山ちゃん 名鉄メンズ館テイクアウト専門店郷土料理(その他) / 名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅名古屋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(126)  コメント(26) 
共通テーマ:美容

名古屋~伊勢・おかげ横丁食べ歩き [Japan]

「おかげ横丁」の食べ歩きが続きます^^
DSC08939.JPG
美杉郷 八知玉屋  こんにゃく屋さんです
DSC08940.JPG
「八知玉」とはこんにゃく芋の名前だそうです 
試食でいただいたこんにゃくは弾力があり、今までに食べたことのない美味しさ~
柚子味噌や田楽味噌とお土産用に買いました
DSC08941.JPG
その場で食べたもの~ナント!「こんにゃくようかん」150円
緑茶味とこしあん味の2種類があります  勿論~あん味を~
DSC08942.JPG
こんにゃくのフニャ感は全くなく、しっかりとした歯ごたえ 甘すぎずさっぱりして美味しい~!
緑茶味の緑茶はこんにゃく芋と同様、美杉産のものを使用しているそうです。
DSC08950.JPG
「伊勢醤油本舗」 伊勢神宮にも奉納される伊勢醤油が販売されています
DSC08948.JPG
DSC08944.JPG
DSC08953.JPG
DSC08952.JPG
DSC08946.JPG
こちらでは伊勢醤油を使ったソフトクリーム・伊勢醤油ソフト(310円)や焼うどんがいただけます
DSC08943.JPG
醤油ソフトなんて珍し~い とても滑らかなトロ~リ感
塩キャラメルの様な深い味わい 美味しいのに・・・暑さでみるみるうちにとけちゃいます(>_<)
original.jpg
美味しいお醤油や伊勢うどんも買って両手がいっぱ~い
DSC08974.JPG
そろそろ戻る時間 先ずはバスに乗って伊勢駅へ
バスの車窓から見えた「宇治山田駅」レトロですね~
DSC08978.JPG
切符は特ダネ4回券を買ってあるのでそのままホームへ このホームも良い感じ~
DSC08981.JPG
「快速みえ20号は伊勢市駅に到着すると、前に2両列車を連結して4両編成で名古屋へ向かいま~す」
と、しつこいほどホームにアナウンスが流れます
暑さでボ~っとして、椅子に座っていた私・・・ 
カメラを抱えた人たちが動き始めた姿を見て~あおたけさんへのミッションを感じました!
右から~
DSC08980.JPG
左から~
DSC08984.JPG
ゆっくりと近づいてきて~
DSC08982.JPG
DSC08983.JPG
参宮線キハ75形 快速みえ20号 伊勢市駅連結~!
DSC08985.JPG
ミッション完了して乗り込みます やっぱり~旅に地ビールは付き物ですね^^
DSC08986.JPG
主人は、着換えやら~重い荷物持ちで疲れた様で、私だけいただきました~^^
一人良い気分になって~名古屋へ戻りま~す

美杉郷八知玉屋おでん / 五十鈴川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


伊勢醤油本舗ソフトクリーム / 五十鈴川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(109)  コメント(19) 
共通テーマ:美容

名古屋~伊勢の町の注連飾り [Japan]

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり
江戸から明治期の伊勢路の建築物が移築・再現されている町「おかげ横丁」
DSC08934.JPG
赤福本店の裏・五十鈴川に架かる橋 何とも風情があります
DSC08933.JPG
DSC08932.JPG
DSC08931.JPG
DSC08929.JPG
DSC08958.JPG
昔、父が伊勢参りをした際、私達姉妹に伊勢の真珠をお土産に買ってきてくれました
指輪にして今でも大切に使っています
DSC08959.JPG
DSC08937.JPG
切妻造りの家が多いですね
DSC08935.JPG
DSC08954.JPG
DSC08964.JPG
赤福・伊勢うどんをいただいてブラブラ散策&食べ歩き(食べ歩きはこの後)をしていましたが
伊勢へ向かい電車の中から見る家々、伊勢神宮周りの家々・・・気になって、気になって・・・
DSC08930.JPG
え???とシャッターを押してしまったのが~玄関前の注連飾り
DSC08957.JPG
この家も
DSC08973.JPG
DSC08971.JPG
DSC08969.JPG
中央に「蘇民将来子孫家門」「笑門」「千客萬来」等と墨書きした門符(木札)が付いて
左右にシデやウラジロなどを飾った太い注連縄
DSC08914.JPG
正月の注連縄飾りは普通は松の内が過ぎれば外すのが一般的ですが
伊勢志摩では、一年間掛けたままで過ごす風習があるそうです
DSC08972.JPG
その昔、この地を訪れたスサノオノミコトに、貧しいながらも慈悲深い蘇民将来が一夜の宿を貸した。ミコトは旅立つ時、今後は門符を門口にかけておけば「子孫代々疫病から免れると言い残した」
という伝説があるとの事
蘇民の子孫である証拠として門符を掲げ、無病息災を願うようになったそうです
つまり、家内安全の祈りを込めた「厄除け」の門符なんですね
DSC08965.JPG
ちなみに「笑門」とは、後に「蘇民将来子孫家門」を縮めた「将門」で
さらにこれが平将門に通じるのを嫌って「笑門」になったと言われているそうです
DSC08976.JPG
お正月以外に注連縄を飾る風習、驚きました 伊勢以外にもあったりして・・・
おかげ横丁散策&食べ歩きは~まだまだ続きます^^
nice!(106)  コメント(16) 
共通テーマ:美容