So-net無料ブログ作成
検索選択

気ままにイタリア ローマ・ローマの車事情 [Italy]

フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ・フィアット・アルファロメオ・・・
イタリア車はカッコいいですよね~
DSC08421.JPG
でもね、そんな高級車の姿・・・ローマでは殆どと言うか、全く見かける事は有りません
DSC08420.JPG
イタリアの車の大半はコンパクトカーで、フィアットやスマート
日本車はマーチやウィッツ等が多かったです
DSC08109.JPG
バイク、特にスクーターも沢山走っています
DSC08119.JPG
悪名高いイタリアの交通事情
更にローマ以南は、より運転マナーが悪いとイタリア人自身が認めています
traffic in Rome.jpg
ローマやフィレンツェで見かける車は、結構ベコベコ&ボロボロになってる車が多いです
修理もしなければ~洗車もしない それが~当たり前のイタリア
DSC08111.JPG
その訳は~駐車場がない・・・と言うところからきている様です
DSC08126.JPG
イタリアは遺跡が多く、掘れば何かしら出てくる  遺跡の上に街を作っているんですね
DSC08121.JPG
その為、地下に駐車場が作ることができない
街自体が世界遺産のところもある為~景観に合わない高い建物も作れない・・・
DSC08124.JPG
その結果、道路に駐車することになる・・・それにしても~ホント汚い・・・
DSC08332.JPG
斜め、逆、横、向かい合わせ??などなど~お好きな向きにどーぞ
皆様とても縦列駐車がお上手です どうやって出るの??でしょう?
Italy5-05241638.jpg
どうやら、バンパーはぶつける為の物みたいですね  隙間があったら入る!が基本
縦列駐車する場面を見ていましたが、前の車にバンパーをあて、後ろの車にあて~
そして駐車するシステム^^
フェラーリの国・イタリアですが、これじゃ~フェラーリなどを乗り回す事は出来ませんね
DSC08507.JPG
ローマは坂も多いので車が必要&人間も多いから車も多い そして~石畳の道路
DSC08117.JPG
アスファルトに比べると走り心地も悪く、タイヤやサスペンションの負担がは大きいでしょうね
DSC08411.JPG
圧倒的にMTが多い・・・と言うかほぼMT車?じゃないでしょうか
DSC08414.JPG
そのため運転スマホは少ないですね^^
DSC08320.JPG
イタリア語で「車」という言葉は「macchina」マッキナ
マッキナとは、マシーンという意味で~つまり「機械」なんですね
DSC08494.JPG
彼らの車=機械なので~
日本の車のようにピカピカである必要がない=汚い多少の傷なんてお構いな~~し!
DSC08427.JPG
日本に旅行できたイタリア人は日本の車のピカピカさに唖然とする・・・と言うのは~有名なお話
洗車をしないイタリアの風物詩は~信号待ちでの「強制窓洗い」 何度も見掛けた面白い光景です
信号待ちをしていると、何処からともなく現れた難民の様な男性達が
汚いスポンジで強制的に窓を洗ってくれるのです 
当然のごとく~1€(130円)程度のチップを払わなければなりません
DSC08426.JPG
その他、いきなりティッシュやタバコを売り付けに来る人
薔薇の花を売り付けに来る子ども・・・   イタリアの信号待ちはドラマです
500_45321023.jpg
スタイリッシュでカッコイイ~イタリア人ですが~
車は、基本洗車せず!走れば~ボロボロでも何でもOKなんですねぇ・・・

海の日連休の「大親友とちょっぴりお出掛け」記事はイタリアを終えた後にアップしますね^^
nice!(112)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

気ままにイタリア ローマ・ナヴォ―ナ広場 [Italy]

ローマ中心街の少し西側、紀元前に造られた美しい芸術的な広場・ナヴォーナ広場
DSC08343.JPG
今から2000年以上前、ドミティアヌス帝が造らせた競技場が元となっていて
縦に細長い特徴的な形をしている広場です 空からの写真をnetからお借りしました[左斜め下]
中世には、この広場一面に水を満たして舟遊びをしたという説もあるから~驚きです
12-thumb-590x433-115218.jpg
3つの噴水で4つに区切られた広場は、4大大陸を表しているのだそうです
この広場を世界的に有名にしているのは~その美しさ!
広場中心にはバロック彫刻の傑作といわれる・ベルニーニ作の「四大河の噴水」があり
DSC08350.JPG
その向いには曲線が美しい聖アニェーゼ教会(S.Agnese in Agone)がそびえています
DSC08345.JPG
オベリスクが天高くそびえる「四大河の噴水
DSC08347.JPG
ナイル川(アフリカ)ガンジス川(アジア)ドナウ川(ヨーロッパ)ラプラタ川(南アメリカ)
世界4大大河を擬人化した4体の男性の彫像と、中央のオベリスク!
真ん中のオベリスクが、まるで世界の中心のようです  巨大でとても力強いバロック彫刻
この広場に来ると~「ローマへ来た~!」と言う気がします
DSC08346.JPG
ライオンやワニ、ウミヘビ、馬、イルカ、竜、様々な動物たちも生き生きと彫り込まれています
DSC08349.JPG
鳩ちゃんも休憩~
DSC08369.JPG
DSC08348.JPG
映画「天使と悪魔」でも~この噴水は登場しますね
トム・ハンクス演じるラングドン教授が、水に沈められて溺れる設定になっていますが・・・
この噴水で溺れることは~まずないでしょう^^
DSC08365.JPG
ムーア人の噴水
20170504_145515.jpg
ネプチューンの噴水
Nav 10-thumb-590x454-115213.jpg
DSC08368.JPG
バロック時代の彫刻家ベルニーニ
広場中央に鎮座する「四大河の噴水」はベルニーニの最高傑作の一つと言われています
サン・ピエトロ広場を設計し、彼が残した数ある彫刻群はローマの至る所で見ることができます
DSC08366.JPG
ここから直ぐそばの「パンテオン」へ・・・ジェラートを食べながらのんびり歩きます

[かわいい]ちょっとお出掛けの為、土日祝のグルメブログもお休みします
 熱中症・熱射病にお気を付けになって、良い連休をお過ごしください[飛行機]
nice!(140)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

気ままにイタリア ローマの休日はジェラート♪ [Italy]

イタリアに、ローマに来たら~やっぱり「ジェラート」!
DSC08401.JPG
イタリア~ローマの休日~スペイン階段~オードリー・ヘップバーン&ジェラート
DSC08395.JPG
イタリアは「ジェラート発祥の国」
DSC08394.JPG
ローマには、手作りのジェラート屋さんが数多くあり~
欧州の中でも「手作りジェラート屋さん」の数の多さが一番だそうです
フルーツ系でも果肉入りの濃厚なものや~シャーベット状のさっぱりとした味のものまで様々
9a5a8d5fe6d6632194ee0374c524672aa80b1534_p.jpg
フィレンツエでも日本のコンビニ並みにあった有名店「Venchi
DSC08382.JPG
ナヴォ―ナ広場周りには沢山のジェラート屋さん&カフェが並んでいます
DSC08358.JPG
DSC08352.JPG
Vega Maria Soledad
DSC08353.JPG
気さくな店員さんと言葉を交わしながら選らびます
DSC08355.JPG
お値段も手ごろ~というか・・・
フィレンツェの2000円のジェラートが、有名なボッタくり店だった事がよくわかります・・・
DSC08354.JPG
スプーンもカラフル~イタリア~ン
DSC08356.JPG
お得意の「ピスタチオ」「ヘーゼルナッツ」「パンナ」€3.5=約500円
DSC08357.JPG
美味し過ぎて~一気に食べてしまいます

Vega Maria Soledadアイスクリーム / ナヴォーナ広場周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


そして~気になるお隣のカフェへ・・・TRE SCALINI
DSC08364.JPG
またジェラートも食べたいけど・・・
DSC08359.JPG
このお店の名物をイタリアのデザート「タルトウーフォ」
DSC08361.JPG
外見は黒トリュフの形をしたチョコレートアイスの様ですが
中には“ザバイオーネアイス”というマルサラ酒が混ぜられたクリーム色のアイスが入っています
まさに~イタリア~ンな大人のデザートです 美味しい~♪
DSC08363.JPG
片手にジェラート、片手にカメラ、背後にスリ・・・
色々なお店で様々な味のジェラートを食べ歩きしました^^
DSC08362.JPG
ブリオーシュというパンに、ジェラートをたっぷり挟んだもの
column.medium.pig6ztkhowyrthscbbsoibr4u6ajokyb.jpg
これも~最高の相性でしたよ~
イタリアでジェラートが食べられるようになった歴史は、シチリアからだそうです
シチリア特産品を使ったジェラートが多いのは~その為なんですね
イタリアではジェラートは立ち食い&そぞろ歩きのお供  どのお店も本当に美味しいです

Tre Scaliniスイーツ(その他) / ナヴォーナ広場周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.1


nice!(118)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

金蛇水神社 [Japan]

ローマの道半ばですが・・・日常記事を挿みま~す[モバQ]

仙台から車で3~40分の場所にある「仙台空港」のある岩沼市
その岩沼市にある金蛇水(かなへびすい)神社
IMG_5544.JPG
地元では金運円満や商売繁盛など財力向上のご利益がある神社として知られています
IMG_5529.JPG
金蛇水神社は「花の神社」とも言われ、春~秋まで花に覆われる美しい神社です
IMG_5536.JPG
IMG_5532.JPG
鳥居をくぐると、樹齢300年を誇る巨大な藤の木
1本の株から9本の枝が分かれていた事から「九竜(きゅうりゅう)の藤」と呼ばれています
花落ちた藤に下げられた風鈴には、願い事短冊が結ばれています
IMG_5540.JPG
~~短冊が ぜつを揺らして 音鳴らす~~
IMG_5564.JPG
IMG_5538.JPG
イタリアで買った新しいお財布を使い始める前に~
弁財天様にお清めして貰おう~と、紫陽花の美しいこの時期に行って来ました
IMG_5541.JPG
茅の輪繰りをして、手水舎で身を清めお参りします
IMG_5542.JPG
IMG_5547.JPG
拝殿の南側に、蛇の模様が浮き出た珍しい石「蛇紋(じゃもん)石」が沢山並んで祀られています
IMG_5549.JPG
蛇紋石は、蛇の御力が宿っているとされ、家に一つあれば財に困らないと言われる石だそうです
この蛇紋石を手で撫でると金運に恵まれ、財布で撫でると~お金が財布に沢山入るようになる!
と言われています^^  はい!手でもお財布でも撫でました これで~新しいお財布が使えます
IMG_5556.JPG
因みに穴が開いたお賽銭(5円や50円玉)を供えると~
蛇が通り抜けてしまいご利益が抜けてしまうとされているので、穴の無いお金を・・・
IMG_5551.JPG
水の神が主祭神なので「お水取り」も有名です
IMG_5550.JPG
IMG_5559.JPG
空港近くなので頭上には飛行機が飛び交います
IMG_5562.JPG
IMG_5561.JPG
「花の神社」と呼ばれるこの神社は、特に牡丹園が有名です
5月に咲き終えた牡丹の後は~紫陽花 色とりどりの紫陽花が神社裏手の山を覆っていました
IMG_5566.JPG
IMG_5569.JPG
IMG_5573.JPG
IMG_5571.JPG
IMG_5574.JPG
神社は花々が咲く時が神様の御力が最も高まると言われています
IMG_5575.JPG
お財布にも蛇神が宿って~参拝した私達も、とても良いをいただいたところへ~
ド~~~ン!  嬉しい「最強の気」のお届け物!
IMG_5672.JPG
連日の暑さ 体温調整が中々上手く出来ない私、食欲も失せて~これはniceタイミング!
ブログで大の仲良し・大阪のhatumiさんから地元「泉佐野名物・水ナスの漬物」
大き~~~いでしょう? 糠で水ナスをおにぎりの様に握ってあります
IMG_5673.JPG
糠を脱ぎ捨て~「手でちぎって食べるんやで~!」といつも言われてますが・・・ちぎれません
切りました^^ 生姜醤油でカツオのお刺身の様に~いただきます 美味しい~!
IMG_5732.JPG
今年も家族皆大喜び~父も又延命しました~! hatumiさん、毎年有り難う~[黒ハート]
nice!(118)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

気ままにイタリア ローマ・フォロ・ロマーノ [Italy]

コロッセオを出てフォロ・ロマーノへ歩きます
DSC08236.JPG
フォロ・ロマーノもコロッセオと同じ、約2000年前の古代ローマ遺跡で世界遺産に指定されています
「フォロ・ロマーノ=ローマ市民の広場」という意味で、政治・宗教の中心として栄えました
この石の道 当時・約2000年前のままの道・・・そう考えただけでも胸が震えます
DSC08235.JPG
しかも~「賽は投げられた」の言葉で有名なユリウス・カエサルが演説をした場所 
DSC08237.JPG
巨大な石造りの神殿・凱旋門や下水道も整備され
当時のローマは、2000年前とは思えない高度な建築技術を持っていたことが分かります
DSC08238.JPG
DSC08239.JPG
「アントニヌス・ピウス帝とファウスティーナの神殿」
五賢帝の一人であるアントニヌス帝が、妻ファウスティーナに捧げるため141年に建設した神殿です
DSCN0952.jpg
隣にあるのは紀元前179年、エミリア一族によって建てられた「エミリアのバジリカ」
裁判や商取引など、多目的に利用されていた会堂です
DSCN0953.jpg
政治の中心地であった「元老院議事堂(クーリア・ユリア)」
DSCN0971.jpg
「セプティミウス・セウェルス帝の凱旋門」 白い大理石製で、高さは21メートルあります
DSCN0964.jpg
「サトゥルヌスの神殿」
農耕の神サトゥルヌスに捧げるため、紀元前501年に建てられ何度か再建された神殿です
神殿の入口部分だった8本の円柱だけが、綺麗に残っています
DSCN0975.jpg
「フォカス帝の記念柱」
東ローマ帝国の皇帝フォカスが、教皇にパンテオンを献上したことを記念し建てられました
DSCN0982.jpg
「ユリウスのバジリカ」という会堂跡
現在は基礎部分しか残っていませんが、当時は4つの裁判所があり司法・行政に利用されていましたDSCN0988.jpg
大理石で出来た3本柱は「カストルとポルックスの神殿」
DSCN0997.jpg
大理石の柱が一部残っている「ヴェスタの神殿」
炉とかまどの神ヴェスタに捧げるために建てられた、元は円形の神殿です
神殿内では「聖なる火」が灯され、純潔を保った巫女たちが守っていたそうです
DSCN1000.jpg
ヴェスタの神殿と隣り合っているのが「ヴェスタの巫女の家」
聖なる火を守っていた巫女たちは、この2階建ての大きな住居で生活していました
DSCN1011.jpg
「ティトゥス帝の凱旋門」
ユダヤ戦争に勝利したことを記念し西暦81年に建てられました
全ての凱旋門は勝利を得た事で建てられているんですね
DSCN1022.jpg
まだ発掘が続く塀で囲まれたフォロ・ロマーノ 出口を出て外から眺める当時のローマ
DSC08240.JPG
紀元前753年・・・と文字で表せば簡単な年号ですが~紀元前・・・
DSC08254.JPG
ローマが建設され、カサエルが政治演説をした華やかな古代ローマ帝国時代
DSC08241.JPG
偉大なる皇帝たちのロマンが刻み込まれた貴重なモニュメント
「私はここに立っている」・・・歴史の重みを感じる場所でした
nice!(111)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容