So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

すしざんまいっ! [gurmet NEW!]

築地の初競りで有名の「すしざんまい」が東北にも進出!
20180711_124334.jpg
先週水曜・11日に東北初の店舗が、仙台一番町にオープンしました
20180711_124802.jpg
「すしざんまい」は東京・築地を中心に全国で56店舗を展開
築地の初競りで、青森産クロマグロを1億円超の高値で競り落とした事でも有名です
テレビ局の取材も沢山来ていました
20180711_124445.jpg
11時のオープンには行列が出来ていて、冷えたお茶のお振る舞いがありました
line_1531280579058.jpg
「すしざんまい」は、2001年4月にオープンした東京・築地の1号店を皮切りに
都内を中心に全国56店舗を展開しています
地下鉄の構内にも大きな広告が出ていました
380D0693-667D-41AF-97B4-4DF3F4448F28.jpg
メディアでも有名な木村清社長も来仙! 小っちゃいのに~全て大きい方でした^^
20180711_125212.jpg
仙台の店舗面積は約65坪  席数はカウンター16席・テーブル30席・個室30席
20180711_130332.jpg
奥が結構広いです
20180711_130457.jpg
にぎりは1個98円(税別)から!
季節やその日のオススメ、手巻きや細巻き等々~60種類以上のネタがメニューに並んでいます
20180711_130710.jpg
先ずは~オープン記念に^^カンパ~イ!
20180711_131124.jpg
お通し 鯛ポン酢 プリップリの鯛がメチャメチャ美味しいお通しでした
20180711_131144.jpg
オープン日・11日(水)のこの日はには、社長さん自ら~200kg級の本鮪の解体!
おろしたての、生の本鮪を堪能できるので「まぐろ」メニューを・・・
「まぐろざんまい」 3000円
20180714205412.jpg
8月31日までの開店記念「大特価限定セール」メニュー
「本鮪お得盛り」600円
20180711_132328.jpg
夏の五貫 1180円  うなぎ・ハモ・くじら・ふぐ・うに
20180711_133133.jpg
ふぐ刺しのお寿司は珍しいですね
20180711_133338.jpg
20180711_133146.jpg
特選すしざんまい 3,000円
20180711_132714.jpg
アナゴが丸ごと1尾! 臭みない上品な味のアナゴでした
生臭さを消すのはうなぎよりアナゴの方が大変ですよね
「芽ネギ」!? これは~中々仙台ではお目にかかる事は出来ません
20180711_133630.jpg
木綿糸の太さのネギ いい仕事してます!
極上の本鮪をはじめとする~厳選素材の本格寿司を仙台で~!と現れた「すしざんまい」
確かに~ネタは大きいです
でも、捌きたてのマグロがどうしてこんなに臭みがあるの?と感じた私
社長さんモットーの「明るく、楽しく、元気よく!」
は分かりますが~オープン日だったことも有り
対面なのに・・・仲良しとの会話も聞こえない店内は今だけ?だったら良いけど・・・
20180711_125659.jpg
24時間年中無休営業の「すしざんまい」
地元の市場から仕入れる三陸産の新鮮な海の幸も提供しています
開店記念の大特価セールは8月31日までです

すしざんまい 仙台一番町店寿司 / 勾当台公園駅広瀬通駅青葉通一番町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ガラス工房 元 gen ハリケーンの吹きガラス [happy]

秋保の名勝“磊々峡”にある覗き橋の直ぐ傍に建つ斬新なデザインの建物は
ガラス工芸作家・佐藤元洋さんのギャラリー兼ショップガラス工房 元
DSC02118.JPG
以前、ここで吹きガラス体験で作った私のガラスの器を見た従妹が
「子ども達にも体験させたい!」と言うのでやって来ました
DSC02119.JPG
ここは万華鏡と吹きガラスがコラボレーションした、秋保のガラス工房です
DSC02122.JPG
「僕は元々万華鏡作りのほうが本業なんですよ」と語る工房主の佐藤元洋さん
レンズで覗いても美しい~
DSC02146.JPG
日本でも珍し~い、万華鏡の本体と内部を同時に制作するオールインワンな作品を手がけています
DSC02147.JPG
DSC02148-af422.jpg
トロ~リと転がるガラスの粒を動かすのは、グリセリンだそうです
DSC02150.JPG
透明感あふれるガラスと、何種類もの大小さまざまなビーズが織りなす~
その繊細で優美な映像は、独特の世界を映し出します
さ~いよいよ~「吹きガラス体験」です
トビ―の緊張した顔が面白い^^
DSC02113.JPG
選んだ色のガラス破片を真っ赤に熱せられたガラスにクルクル~っと入れます
DSC02110.JPG
DSC02111.JPG
「はい!吹いて~!」
DSC02114.JPG
エラの選んだ色はピンク系
DSC02123.JPG
すっかり融け込むまで窯に入れます
DSC02134.JPG
「さ~頑張って吹いて~!」
DSC02128.JPG
コップ作りは遠心力が必要なので、ちょっと振り振り~熱いので気を付けながら・・・
DSC02130.JPG
この子達の集中力は真面目に凄い 顔がいつもと全く違います^^
DSC02131.JPG
口を整えて~
DSC02136.JPG
パパ&ママ、全員でやりたくなってしまった様です
DSC02107.JPG
カートはブラウン系のグラスを作りました
DSC02108.JPG
家族全員5人揃って自作のグラスが出来上がりました
熱を静かに冷ますには1~2日必要で、尚且つこの翌日は工房の休日
ですが・・・彼らが翌日には仙台を発つと話すと~
翌日、休日にも関わらず工房を開けて待っていてくれました
しっかりパッキングしてくれた手作りグラス達・・・
20180618_154339.jpg
無事にアメリカまで持って帰れたかしら・・・(特にトビー・・・)
窓から降り注ぐ陽に照らされながら、手にしてくれる人待ちのグラスも~
心なしか微笑みながらトビーのグラスの無事を祈っている様でした^^

◆「ガラス工房 元」
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原西18
TEL/FAX:022-398-4123 10:00~17:00 定休日 火曜日 吹きガラス体験は前日まで予約の事
nice!(83)  コメント(15) 
共通テーマ:blog

南イタリアの旅 ソレントへ [イタリア・Italy]

マテーラ最後の朝 いつも通り鐘の音が部屋の中に響き渡ります
DSC01081.JPG
鍵は中に置いて、重い扉を閉めて部屋を出ます
DSC01070.JPG
毎朝お散歩で出会ったおじさんにもさよなら~アディオ~
DSC01067.JPG
ガタゴトと石畳をトランク引きながら駐車場(路駐)へ歩きます
DSC01078.JPG
五日間のマテーラ 「時が止まった洞窟の町」ともこれでお別れ・・・悲しい[もうやだ~(悲しい顔)]
また絶対にここに来る!と決めて~駐車した場所の目印となる所へ到着 
DSC01167.JPG
今日は超距離移動 サレルノ経由ソレントへ 約400㌔(仙台⇔東京)のドライブに出発!
DSC01190.JPG
素朴なイタリアを体感する南イタリア
DSC01178.JPG
風景は本当にのんびりしていますが~
DSC01186.JPG
イタリア人は全員F1ドライバーになれる!という噂もあるほど・・・
DSC01188.JPG
スマートの様なちっちゃな車でも皆さんガンガン飛ばします 
主人も頑張って飛ばしてます! なので~私の写真もガンガン飛ばしてま~す
アウトストラーダA3号線  ツアーバスも暴走族の様に飛ばします
DSC01180.JPG
世界的に見てもAT車が主流なのはアメリカと日本くらい
DSC01173.JPG
シフトレバーが右MT車なのに違和感なく~
ワイパー作動、エンストと言ったお約束事もなく~ 運転できる主人って凄い!!
な・ん・て・・・そちらの感動をしていると~丘の上に沢山の町が現れて来ました
DSC01184.JPG
海賊から逃れて、丘の上に教会と共に造られた町の数々
「いつか、この町町を訪ねるレンタカーの旅も楽しいかもね~」
DSC01185.JPG
「その時は又マテーラに泊りましょうね~」 
DSC01187.JPG
ここの分岐点は間違えない様に・・・
DSC01250.JPG
ド~~~ンと目の前に現れたのは「ヴェスーヴィオ火山」
この火山の噴火によって、一日で町が消えてしまった「ポンペイ」は又後で・・・ 
DSC01251.JPG
ソレント半島の入口までやって来ました ここまでで約3時間
DSC01254.JPG
A3は快適に走ることが出来たのですが、ソレント半島に入ると~道幅が狭い!
「ワァ~絶景!車停めよ~う!」
DSC01262.JPG
ナポリ湾の絶景が眼下に広がりま~す!
20180501_145920.jpg
着いた~ソレント~~「帰れ~ソレント~♪」
ソレントを拠点とした旅も~感動続きです^^
nice!(115)  コメント(22) 
共通テーマ:blog

南イタリアの旅 Matera/マテーラ ブルーアワー [イタリア・Italy]

日没の時間は20時半の5月の南イタリア 
DSC01087.JPG
20時近くになると、路地や各家々にオレンジ色の灯りが灯されます
20180430_195157.jpg
人類が誕生した石器時代にタイムスリップしたかのような~この町
これまでも古代ローマ時代に関する、様々な映画のロケ地として使用されてきました
DSC01111.JPG
近年では、メル・ギブソンの「パッション」のロケ地として選ばれた地です
私的にはこれ以上有名になって欲しくない!と思う地でした
ristorante「フランチェスカ」 人気店で、チェックしていたにも拘らず~
予約いっぱいで、哀しいかな・・・一度も入店できず
DSC01118.JPG
そろそろブルーアワー:blue hourの時間がやって来ます
20180430_202413.jpg
日の出前と日の入り後に発生する~空が濃い青色に染まる時間帯・ブルーアワー
DSC01125.JPG
朝が苦手な私は、この幻想的な眺めは夕刻にしか見る事が出来ません
DSC01122.JPG
古代のエルサレムの町並みのロケ地選びの為、このマテーラを訪れたメル・ギブソン
「町を初めて見た時、頭が真っ白になった・・・全てが完璧だった~」
という言葉を残しています
20180430_201900.jpg
私が言葉を残すとしたら~同じく「頭が真っ白」&「呼吸も止めてしまう町」
これまで生きてきて、街自体にこんなに感動を得たのは初めてです
DSC01136.JPG
現在、マテーラは犯罪率が少なく、最も住みやすいイタリアの町の一つに数えられています
街そのものに手加えなく、商店等も少ない為でしょう
まりっぺちゃんが編んだ帽子の様な・・・思わずシャッターを切りました
孫が出来たら~まりっぺちゃんに編んで貰おう~っと♪
DSC01137.JPG
この日はメーデーと言うことも有り、街中は欧州からの観光客でいっぱいでした
DSC01138.JPG
マテーラの洞窟住居として1993年にユネスコの世界遺産に登録されたのをきっかけに
観光地として認知され、欧州からは沢山の観光客も訪れていますが
日本ではやっと認知されつつある、イタリアの中でも穴場的と言えるスポット
DSC01126.JPG
P1000249.jpg
時間が止まったかの様に、夜にはひっそりと静まり返る姿を見せる町
治安は良いのですが、恐怖さえ感じる美しさです
DSC01139.JPG
昼の顔・夜の顔が全く違う「マテーラ」
DSC01140.JPG
夜はサッシ住居内部もオレンジ色です
DSC01143.JPG
DSC01142.JPG
「もう、ここから動きたくない[もうやだ~(悲しい顔)]」と主人に訴え、次の地のキャンセルを願うほど~
マテーラは昼も夜も魅力的な街です
DSC01080.JPG
イタリアの恥部ともされた街が、イタリアのホスト国の一つとなり
2019年の欧州文化首都となることが決定したマテーラ
日本人を含め、外国人観光客で溢れる事なく~
650x_10764028.jpg
昼と夜・夫々の顔が・・・本当に言葉に言い表せない程の景色・Sceneryでした
見るもの全てが、眼にも心にも頭にも~そのまま!の感動を与えてくれる世界遺産・マテーラです
nice!(91)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

氏の木(しのぎ) [night 夜]

サンモール一番町を抜けて東北大学・北門へ向かう途中の左道
路地裏と呼べるような、細い一方通行の道があります
この辺りは、以前もブログアップした本場仕込みのシャルキュトリーが有名な「オ・ベリエ」
家庭的・定食屋さん「gout」等・・・評判の飲食店が立ち並ぶ魅力的なエリアですが~
中々夜にこの辺りへ来る事は無く、気になっていたこの「氏の木」やっと伺う事が出来ました
20180622_190427.jpg
白暖簾が良い感じでしょう~?
蚊取り線香の香り・・・夏の夜の素敵な演出効果になっています
20180622_190512.jpg
店内も白い暖簾の様な清潔感に溢れ、大人の空間と言った感じのお店です
20180622_190435.jpg
居酒屋さんと割烹の中間的感 客層もそれなりに大人^^な方です
20180622_190519.jpg
人気店なので、主人がしっかり予約を入れました
20180622_192341.jpg
しかも蚊取り線香の炊かれた屋外席^^ これは~私希望 この時期お外が良いです♪
20180622_190525.jpg
気温32度の夜 取り敢えずビールでカンパ~イ!
20180622_190356.jpg
お通しは胡瓜のサッパリ漬け
20180622_190419.jpg
地のカツオ 780円 
20180622_190736.jpg
あらら・・・なんて美味しい~!プリップリです!
ポテサラ 780円
20180622_190947.jpg
独特な味のポテトサラダです
一度フライにしたポテトをマッシュし、どっさりと入れられた薄切りのオニオン
シャリシャリとした食感は双方&炒めたベーコンからも得られます
青唐辛子の冷奴 400円
20180622_192440.jpg
醤油とみりんと砂糖で味付けされた青唐辛子のネタでいただく奴
ん~ガツンとくる美味しさ~お酒にピッタリです
20180622_192603.jpg
アジフライ 780円
20180622_191758.jpg
アジ一匹丸ごとのアジフライ  お刺身でも食べられるものを使っているんですね~
ほぼレアです! 衝撃的~! こんなアジフライは初めて!
20180622_191829.jpg
すこし赤味が残る半生なのに、新鮮な為に全く生臭さがないんです
これは~ソースや醤油よりタルタルソースですね 
アジフライの常識を覆すお見事な調理法と食材の選出!
20180622_193519.jpg
それでもって~一緒に供される骨!その骨まで~~愛して!美味しい~~!
こんな美味しい肴たちとなら、お酒も進みますね
日本酒と行きたい所ですが・・・話題の^^
氏の木モヒート 680円
20180622_193257.jpg
どっさりと入れられたミントの葉にライム すっきりとした味わいで美味しい!
20180622_193251.jpg
暑い夜、特に外では虫除けになったり、爽快感を得られるミント系のカクテルです
美味しい物&美味しい飲み物を、食べ飲みできる分だけ・・・の大人系な良いお店です

氏ノ木居酒屋 / 青葉通一番町駅あおば通駅広瀬通駅

夜総合点★★★★ 4.0


nice!(97)  コメント(16) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -