So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

冬眠明けのウォーキング [healthful]

春が来たので歩きます 
DSC00651.JPG
冬眠から目覚め、期間限定?のウォーキング開始!
DSC00657.JPG
この時期のウォーキングの目的は、冬の間鈍まった体をストレッチし
来たるGWに備え、足腰を鍛えながら~撮り歩き^^
早速現れてくれた「シジュウカラ」ちゃん♪ とまとさんに教えていただきました
DSC02253.JPG
DSC02256.JPG
この日は「八幡~青葉山~西公園~一番町~支倉町→八幡」
DSC02254.JPG
青葉山と言えば東北大学
DSC02261.JPG
一頭でも馬
DSC02257.JPG
六頭でも馬
DSC02260.JPG
国立・こくりつ、ですが潤ってますね~立派な乗馬クラブ
DSC02258.JPG
ガードレールに巻き付いた木 どちらが先に抱きついたのかしら?
これ、絶対に不思議~「ナニコレ珍百景」に出せるかも・・・
DSC02262.JPG
DSC02263.JPG
DSC02264.JPG
芽吹き始めた木々も春を喜んでいます
DSC02265.JPG
山を下りてくると、桜が咲き始めています
DSC02266.JPG
仙台二高前交差点
f0236151_19394480.jpg
広瀬川
丁度東西線の地下鉄が顔を出しました 後ろの山の上は青葉城址です
DSC02267.JPG
IMG_0553.JPG
お花見の名所・西公園では2分咲きながら・・・お花見客で賑わっていました
DSC02269-525c5.jpg
一番町でランチ&休憩&ストレッチ
知事公舎前を通り~また八幡へ戻る・・・
DSC02271.JPG
トータル13㌔:20000歩のウォーキング
脹脛の筋肉痛は、この夜~翌日現れました←これ自慢^^ まだまだ若い!^^ 
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ランチでふぐ [gurmet 日]

関西では気軽に食べられる「河豚・ふぐ料理」 東北では中々敷居が高いふぐ料理
20171223_174904.jpg
ふぐを食す習慣のある関西方面で有名な「玄品河豚」
手頃なお値段で、一年中ふぐ料理をいただける嬉し~いお店です
20171223_175339.jpg
全て個室なので、ゆっくりとお食事が出来ます
20171223_180158.jpg
経営者と主婦は、お昼から乾杯できる特権を持っていま~す^^
仲良しスタジオルーモのyoukoちゃんとカンパ~イ!
お互い旅行大好き! 代わる代わる旅に出ては~土産話を肴に?食を楽しみます
修行を重ねているyoukoちゃん、SFCはプラチナ こんな話が出来るのも旅好きだからこそ♪
20181030_121143.jpg
お昼の「ふぐ料理コース」
「ふぐの皮の湯引き」 コリコリとした皮をポン酢でいただきます
20181030_121404.jpg
「てっさ」 自分の中で1・2位を争う程大好きな「てっさ」
20181030_121427.jpg
ポン酢とモミジおろしのタレに、サラッと付けていただきます
私的にはもう少し肉厚?の身が欲しい所ですが・・・美味しいです^^
「てっちり」
20181030_124239.jpg
美しい私達の為?ではなく^^ 煮凝りから出たコラーゲン
20181030_124252.jpg
お出汁の中に投入されます 
20181030_124335.jpg
これは~女性にとって、超嬉しいサービスですね
20181030_124338.jpg
モミジおろし・青ネギのタレが用意され
20181030_124257.jpg
全てお任せのふぐ鍋
20181030_124420.jpg
旬の白菜・椎茸・豆腐・春菊など入れられた紙鍋
20181030_124537.jpg
先ずは~ふぐからいただきましょう
20181030_124736.jpg
湯引きで数秒の皮 プリップリの身もとても美味しいです
ふぐは全てが美味ですね
20181030_132559.jpg
〆は「ふぐ雑炊」
line_1540873597449.jpg
きちんと出汁の味見をさせてくれます
20181030_132710.jpg
程良く卵が混ぜ合った所に、浅葱や海苔を乗せていただきま~す
20181030_133002.jpg
20181030_133150.jpg
香物
20181030_133200.jpg
デザート 「ナッツのアイスクリーム」
20181030_134116.jpg
東北では余りふぐを食べる習慣がなく、ふぐ料理のお店は高価で稀少です
ふぐを普通に食す関西からやって来たふぐ料理のお店「玄品」
「ふぐ」専門店だけ有って、ふぐの美味しいいただき方を熟知し
しかも季節関係なく、安価でふぐのコース料理がいただけます
嬉しいお店が仙台にも出来ました^^

玄品 仙台一番町魚介・海鮮料理 / 青葉通一番町駅広瀬通駅勾当台公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

 
nice!(92) 
共通テーマ:blog

鳴子の湯 [happy]

栗駒山の山すそに鬼首、中山平、鳴子、東鳴子、川渡温泉が連なる「鳴子温泉郷
IMG_9786.JPG
日本にある天然温泉の11種類の泉質のうち、9種類の泉質を持つ日本屈指の湯の里
源泉数は370本以上 55軒ある宿や共同浴場のほとんどが~源泉かけ流しです
IMG_9789.JPG
大きく分類するだけでも硫黄泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉と湧き出る湯の泉質が変化
IMG_9788-d9c78.jpg
鳴子温泉は1000年以上の歴史を持つ古湯
早稲田学生が掘り当てたという「鳴子・早稲田桟敷湯」も有名です
IMG_9806.JPG
最近は「日帰り貸し切り露天風呂」が鳴子温泉のブーム
久し振りに硫黄泉の匂いを嗅ぎながら、源泉露天風呂に行って来ました
IMG_9807.JPG
鳴子温泉入り口にある「扇屋」さん 露天風呂30分・内湯30分:1200円
IMG_9808.JPG
露天風呂は屋上にあります
IMG_9790.JPG
冬は寒さ厳しく雪深い鳴子
春告げるこの季節でも服を脱げば~寒い!露天
IMG_9793.JPG
でもこの硫黄泉の香りは鳴子ならでは 湯に浸かれば寒さなんて何のその^^
IMG_9792.JPG
芽吹く山々を見ながら~ドボ~ン!
IMG_9804.JPG
はぁ~極楽~極楽~  小さい頃アレルギーが酷かった私
19-03-09-20-49-41-038_deco.jpg
鳴子の湯は皮膚科医が勧めるほどアレルギー(美肌)にとても良く効きます
その為父はこの地に部屋を買い、毎月鳴子の湯で私を湯治させてくれました 
IMG_9800.JPG
あの頃はもっと乳白色で、街中も下駄の音と湯煙でとても賑わっていました
350ml&露天で良い気分になり内風呂へ^^
IMG_9805.JPG
20190224_125107.jpg
新緑、有名な「紅葉」に彩られた鳴子の美しさも眺められる内風呂
IMG_9794.JPG
IMG_9802.JPG
源泉100%の硫黄泉がじっくり肌に沁みこんで、肌が喜んでいる感じ
おまけに体の芯までポカポカ~! ん?電車!?・・・この宿の目の前は線路!?
IMG_9803.JPG
よし!これは~あおたけさんのために湯からあがらなければ!
即座に着換えて外へ そこへちょうど電車がやって来ました~!
IMG_9813.JPG
風情あり~の良い眺め~♪  
IMG_9814.JPG
線路前の扇屋さんオーナーさんの車 
ご覧の通り・・・硫黄泉で1年足らずでこの状態になるそうです
IMG_9809.JPG
すっかり寂れてしまった「鳴子温泉」[もうやだ~(悲しい顔)]
立ち上る湯煙と漂う硫黄の香りが、私の幼い頃のこの温泉街のイメージでした
紅葉で有名な「鳴子峡」 秋だけではなく、他の季節も観光客誘致の何かを見つけないと!
鳴子温泉は、日本の天然11種類の泉質のうち、9種類を持つケタ外れの名湯です
nice!(102)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

桜狩り・桜人 [happy]

~桜の花言葉~   精神の美 優れた美人 心の美しさ 純潔 淡泊
IMG_0007.JPG
大雪が降り積もった先週末 待ちわびていた桜人 一斉にお花見が始まりました^^
我が家から程良い距離の「榴ヶ岡公園」
IMG_0051.JPG
仙台のお花見の名所です 気温16℃の陽気に誘われ仲良し達とお花見に♪
早速現れたトイプ―ちゃん♪ ワンコ派の私には直ぐにワンコが寄ってきます^^
犬好きの匂いがするのでしょうね~[ハートたち(複数ハート)]
IMG_0015.JPG
桜を愛で、春を楽しむ人達の「時」「笑」「楽」
カメラ持ちましたよ~  恒例 vivi流:「題名のあるお花見会」 いざ!
IMG_0029.JPG
飲んだ!寝る!ゴメン!
DSC02289.JPG
IMG_0044.JPG
令和も達者で
IMG_0037.JPG
IMG_0021.JPG
あたしは椅子が好きなの
IMG_0049.JPG
IMG_0046.JPG
来年はブルーシート番
IMG_0032.JPG
IMG_0025.JPG
スマホから子守歌
IMG_0041.JPG
IMG_0030.JPG
デート中
IMG_0043.JPG
桜の元素記号知ってる?
IMG_0034.JPG
オッハナミ~シタクテ~地球半周シテキマシタ~
IMG_0048.JPG
桜の花は夢見草(ゆめみぐさ)と呼び名になっています
IMG_0040.JPG
確かに、桜が満開の木の下にいると~冬の寒さが遠ざかった喜びと美しさに
別世界で夢を見ているような・・・そんな気持ちにさせてくれますね^^
nice!(130)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

最後の巣立ち [speak]

3月末 引っ越しを終え、東京駅まで見送ってくれた虫博士
今週から授業も始まっています
オランダ・アムステルダム中央駅をモデルに造られた東京駅
20190214_161444.jpg
じっくりと~お得意のイナバウアー体勢で、丸の内駅舎ドーム天井を見上げます
(最近はこの体勢がキツくなってきました[ふらふら]
大正3年創建当時のドームが復原されている天上 いつ見ても美しいですね~
20190214_161141.jpg
20190214_161605.jpg
「お爺ちゃんと最後に来たKITTEに寄るね」と言う虫博士にお付き合い
20190214_162625.jpg
20190214_170559.jpg
彼がKITTEを見ている間、私は4階にある「旧東京中央郵便局長室」へ
20190214_163925.jpg
窓から見えるJR東京駅丸の内駅舎
ホント、こうして見ると「アムステルダム中央駅」と同じ
GWには~また本家本元が見れる・・・^^
20190214_162724.jpg
KITTE・4階の旧東京中央郵便局長室
床やガラス窓など様々な箇所に当時の素材を使い、一部が再現されています
歴史を感じる空間で「誰かを思い出しながら手紙を書ける机」も置かれていました
20190214_163950.jpg
見送られるのは嫌なのもあり、私一人銀座で買い物して帰る事に・・・
GINZA SIX
20190214_184932.jpg
開館時、草間彌生が演出した吹き抜け空間
第3弾となるアーティストは、ニコラ・ビュフでした
20190214_185952.jpg
20190214_190527.jpg
地下へ行って色々お土産を買い、前回行列でいただく事が出来なかった「辻利」へリベンジ
20190214_195621.jpg
幕末動乱の中、徳川幕府の庇護を失い、宇治の茶園は荒廃の一途を辿っていた宇治の茶師達
その様子を嘆き、玉露の茶葉を針状の美しい鮮緑に仕上げる「玉露製法」を確立し
高級茶の代名詞とも言われる宇治茶復興の礎を築き上げた「辻利」
20190214_200010.jpg
京都本店他、大阪にもお店は有るようですが関東以北では~ここ・銀座だけ
玉露を使った濃厚な抹茶アイス 630円 やっと~いただく事が出来ました!
20190214_195443.jpg
茶葉の香りが、鼻の奥まで^^感じられるアイスクリーム
今まで感じた事がない濃厚さに、やはり~行列が出来るのも分かります
オリジナルペットボトル入りの玉露茶 450円 
20190214_203607.jpg
北へ向かう一人の新幹線  美味しい玉露茶がお伴でも、時間がいつもの倍に感じます
新しい道を歩む前に
お爺ちゃんとの古いアルバムを開いて、あの頃を時を懐かしんだ一時
誰かに、何かに寄りかかって生きて行くのはもう終わり
自分の足と力で「日本」を歩き出した、虫博士の春まだ浅い日でした

辻利 銀座店和菓子 / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

  
nice!(97) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -