So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

南イタリアの旅 アルベロベッロ リオーネ・モンティ地区 [イタリア・Italy]

サンタ・ルチア教会のすぐ右側 
「サンタ・ルチアの見晴らし台/Belvedere Santa Lucia」
そこから見るアルベロベッロの住居群「モンティ地区」
20180430_143316.jpg
一般住民が普通に暮らしている住居「アイア・ピッコラ地区」から~
アルベロベッロ最大の観光エリアである「モンティ地区」へ下りて行きます
s_IMG_0318-1.jpg
さぁ、アルベロベッロ最大の観光エリア・モンティ地区の散策です
DSC00990.JPG
20180430_145513.jpg
モンティ地区にあるトゥルッリは1,000以上
20180430_145545.jpg
現在はそのほとんどがレストランやバー、お土産ショップ、宿泊施設へと姿を変えています
20180430_144617.jpg
20180430_145722.jpg
20180430_145811.jpg
DSC00980.JPG
どこを歩いても絵になる風景ばかり
DSC00998.JPG
至るところでインスタ用の・・・写真撮影をしている観光客
20180430_145526.jpg
フォトジェニックな写真は撮れても・・・
私的には~向かい側の「アイア・ピッコラ地区」の方が生活感を感じられて好きです
20180430_145748.jpg
その建物の裏側にある背景や歴史を旅に出る前に調べたり&知ったりすると~
ゴヤゴヤと観光客やツアー客がごった返している雰囲気・・・嫌い&ガッカリ~です
DSC00984.JPG
前記事で「脱税の為に破壊し易い為、この様な家屋が造られた」と書きましたが
その云われを聞くと~フムフム・・・と建物を上から下まで舐めるように見てしまいます
DSC00990.JPG
トゥルッリの建設が始まったのは14世紀半ば~と言われています
17世紀始めにアルベロベッロの領主となったジャンジローラモさんなる人物
DSC00994.JPG
パン屋さんや小麦粉屋さんなどの商業施設を始め、沢山の住居を建てることで~
アルベロベッロに人を誘致し、アルベロベッロの都市化計画を始めた事が
この町の発展となるきっかけ
DSC00983.JPG
ところが~「住居の数に応じた納税」を義務付けられていた領主のジャンジローラさん
「自分が治めている街に多くの人に住んで欲しいけど、税金は払いたくない」と考え
DSC00990.JPG 
アルベロベッロ内では「トゥルッリ」以外の家の建築は禁止する!
と~条例を出し、政府のチェックが入るタイミングに合わせて簡単に解体できる~
「トゥルッリ」のみを住居として認めることにしたそうです
DSC00992.JPG
あらら~身勝手・・・だと思いますよね?
でも、彼のこの身勝手なルールによって~当時はまだ40ほどしかなかったトゥルッリが
一気に1,000以上にも増え~
DSC00985.JPG
現在世界遺産に登録されている
「モンティ地区」や「アイア・ピッコラ地区」が形成されたと言われています
DSC00989.JPG
政府のチェックが入るたびに住民に家(トゥルッリ)を解体させ
ジャンジローラモはせっせと脱税に励んでいたんですね 
DSC00999.JPG
ケチな領主ジャンジローラモのおかげで~
今のアルベロベッロが出来たと言っても過言ではありませんね
DSC01000.JPG
モンティ地区はお土産屋さんで溢れています
可愛い~お孫ちゃんを抱いたお爺ちゃんのお店で、お気に入りの絵皿を見付けました
DSC00988.JPG
旅の心得で「少し安くなります?:Quant Costa?」笑顔&片言のイタリア語
「Una bella ragazza è buona!:美しい君ならいくらでも良いよ~!」
イタリア人男性は灰になるまで女性の味方です
なので~ついでに・・・もっと~笑顔で値切りましたよ^^
お爺ちゃんとジャンジローラモの話&アルベロの歴史をしたかった私ですが~
DSC00997.JPG
背後から見ているお嫁さんと「まだぁ~!?」の顔をしている主人に挟まれ
「近い将来又ね!:Tornerò più tardi!」とキスをして~マテーラへと戻ります
nice!(96)  コメント(18) 
共通テーマ:blog

nice! 96

コメント 18

あとりえSAKANA

vivianeさんがお気に召して入手された
そのお皿見たいです―☆☆☆是非ッ☆
by あとりえSAKANA (2018-06-27 01:05) 

たじまーる

イタリア人男性の女性への接し方は
日本人男性も見習わないといけないかもしれませんね(^^ゞ
トゥルッリの歴史的背景なるほどです。
いつの時代も支配者と税は密接だと。
京都で玄関の幅??があると税金課せられるから奥行きある長屋にしたみたいな??
感覚に思えましたね。
by たじまーる (2018-06-27 05:45) 

横 濱男

トゥルッリ・・・みんな同じ形なので迷いそうですが、
お店は、入り口に個性を出してますね。
by 横 濱男 (2018-06-27 06:53) 

tommy88

灰になるまで味方ですか。
そりゃすげーや、おったまげたぜ。
抱っこされた子、女の子?
人形みたいやな、可愛いな、灰になるまで抱っこしたいな。

by tommy88 (2018-06-27 07:04) 

ma2ma2

サンタルチアは歌でも有名ですね!
今日は大学病院で定期検査です(^^)
by ma2ma2 (2018-06-27 07:32) 

momo

本当に絵になる風景(*´꒳`*)脱税目当てだったなんて信じられないぐらい^ ^
by momo (2018-06-27 08:06) 

raomelon

簡単に解体できるトゥルッリの発展
歴史を知ると面白いですね^^
脱税対策が世界遺産になるなんて
領主さんもビックリですね!!
美しい笑顔で値切ったのね~
灰になるまで女性の味方・・・
安くしてくれなかったらショックやわ~(笑)
by raomelon (2018-06-27 08:09) 

よーちゃん

うーむ。確かに歴史上の背景を知ってるのと
そうでないのとでは、見方が全然違いますよね!

そして、最後のおじいちゃんとお孫さんの写真、
ナイスやわー(≧∀≦)
by よーちゃん (2018-06-27 09:19) 

テリー

イタリア人って、女性に甘いですよね。
昔働いていた頃、欧州連合の航空局の検査で、来たのがイタリア人、検査の合間に、私の部下(女性)に、イタリアに遊びにおいでて、口説いていました。
by テリー (2018-06-27 10:14) 

nikki

この街並みなら世界遺産ですね。

by nikki (2018-06-27 12:57) 

hatumi30331

やっぱり、なにしてもダメ❗
by hatumi30331 (2018-06-27 14:41) 

hatumi30331

別ブログ考えるよ❗
by hatumi30331 (2018-06-27 14:42) 

ちょろっとぶぅ

やっぱり素敵ぃ~♪ o(^∞^)o
ちょろ、迷子になっても絶対行きたいぃ~♪

でも、ここにフリーで行く自信ないなぁ。。。
誰か、連れて行って。。。(^∞^;
by ちょろっとぶぅ (2018-06-27 16:13) 

とまと

どこを撮ってもいい感じですね~
by とまと (2018-06-27 23:03) 

さる1号

ケチも極めると世界遺産となるのですねぇ^^;
by さる1号 (2018-06-27 23:42) 

kuwachan

今も普通に暮らしている地区と観光地区が分かれているのですね。
なるほど~、この街が出来上がったのにはそういう歴史的な背景があったとは^^


by kuwachan (2018-06-28 12:38) 

今造ROWINGTEAM

こんにちは!
トゥルッリ景観、ステキですね~!
歴史的背景と一緒に勉強になりました!
陽気な南イタリア、私も馴染みたいです^^

Mitch

by 今造ROWINGTEAM (2018-06-28 13:07) 

こちさ

憧れの景色です^^
自分の目で実際に見たいな~。
by こちさ (2018-07-02 01:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。