So-net無料ブログ作成

ギリシャ・エーゲ海の旅 サントリーニ島 15 ネアカネミ島 ② [ギリシャ・Greece サントリーニ島]

オールドポートから約30分で、対岸の無人火山島「ネアカメ二島:Nea Kameni」に到着
DSC03101.JPG
ここは国立公園 島の入り口で入場料を支払い
ツアーガイド・ダダ君先導で頂上の火山口までトレッキングです
20190501_153915.jpg
足元は大きめの砂利や石が多く、スニーカーで良かった~と思いました
DSC03103.JPG
が、ツアー客は欧米人 ヒールやビーサン・・・流石にワラジはいませんでしたが~様々です
DSC03104.JPG
全く手付かず・整備されてない自然のまま火山岩、火山灰を踏みしめながらのハイキング
登るにつれ、パノラマ景色がその全貌を現します
DSC03102.JPG
DSC03106.JPG
フィラやフィロステファニの町が断崖絶壁の上にある様子が良く分かります
DSC03112.JPG
旅行に威力を発揮するSony[カメラ] ズ~~~~~ム! あれが私達のホテルだわ~
DSC03123.JPG
ん??一面に広がる生い茂った短毛の植物・・・
DSC03111.JPG
ん~~~??
DSC03109.JPG
これは~サントリーニ島特産のレンズ豆!
DSC03105.JPG
イタリアンで良く使われるレンズ豆は、こういった気候を好むんですね
DSC03108.JPG
こういう所に登ると、人種関係なく石を積み重ねたくなる光景
DSC03117.JPG
この後訪れる世界一の夕陽が見れる「イア」の街が見えます
santorini-178.jpg
santorini-volcano-tour34.jpg
約30分のトレッキングですが、ギリシャの日差しは体力を奪います
撮り登りの私が最後でした^^ ここで愛しのDADA:ダダ君のこの島の説明

英語・ギリシャ語・スペイン語・イタリア語・オランダ語等・・・
流暢に話すんですよ~ダダ君[黒ハート] ついでに日本語もチョッピリ・・・
「こんなに語学が出来るのに、どうして島にいるのかしらね?」
「勿体ない~Googleにでも就職したらいいと思わない?」
「ヨーロッパ人は普通に数ヶ国語喋れるからね きっとこの島が好きなんだろうね」
説明も程々に・・・そんな会話をしていました 子を持つ親の会話です^^
頂上にはクレーターが残されています
硫黄の匂いが強く漂い、小規模な噴煙も見られます
20190501_155929.jpg
優雅なリゾート地に見えるサントリーニ島ですが
現在も活動する「火山島」ということを深く実感できました
と言う事で~ダダ君にレンズ豆の質問をし、ダダ君貸し切りで船へ戻ります^^
DSC03125.JPG
エーゲ海は碧だけではない事が、ここでも良く分かります
「碧」「エメラルドグリーン」の海です
チケットを見せて再乗船
DSC03126.JPG
トレッキングの達成感はビール! こちらは別料金で^^
DSC03128.JPG
再び出航すると~「パレア・カメニ島」にほどなく到着
DSC03129.JPG
野山羊?? と思いきや~~ズ~~ムすると~野豚でした!
DSC03133.JPG
ここは温泉です 日本の温泉と言うと~こんな感じをイメージするでしょ?[左斜め下]
snow-monkeys-1394883_960_720.jpg
ギリシャの温泉は~~」です
ここパレア・カメニ島の温泉は、内湾に硫黄の成分が流れ出ていて
周囲の海水部分より温度が5度ほど高いそう
DSC03135.JPG
「温泉ポイントです!ここから先は船で進めないので海に飛び込んで~!」
とのダダ君のアナウンス・・・
私ね、ホントはここでダイブするつもりでした でもね・・・寒いんですぅ~~
DSC03130.JPG
その寒さをよそに~水着に着替える欧米人!体感温度は絶対日本人と違います!
これだから戦争に勝てなかったんだわ・・・
DSC03131.JPG
ポイ!っと投げ捨てられた浮き棒に捕まり・・・滞在時間20分^^
DSC03138.JPG
え?? せっかく温泉に来たのに~そんな感じで良いの?
あっさりと~温泉地を^^あとにします
(やっぱりダイブしなくて良かった~20分じゃ着替えて終わり^^)
DSC03144.JPG
せめてあと3歳若かったら~この気温でも間違いなくダイブしていました 
ん~~したかった~~~[もうやだ~(悲しい顔)] 
サントリーニ島は活火山
DSC03146.JPG
1956年には大噴火が起こり、島の集落の大部分が崩壊する惨事がありました
サントリーニ島とそこに生きる人々と、自然と共生してきたという一面を知ることができる
貴重な体験ツアーの締めくくりは~「世界一の夕陽&パーティー」です 
nice!(88)  コメント(13) 
共通テーマ:blog

nice! 88

コメント 13

さる1号

向こうの温泉は泳ぐのですねぇ^^;
野生の豚なんているんだ@@)
by さる1号 (2019-07-30 04:29) 

momo

海の温泉楽しそう〜^ ^寒くなければ思いっきり飛び込みたいですね^ ^
by momo (2019-07-30 06:51) 

ぽちの輔

豚さん、スリムですねぇ。
この崖を歩いていたら太れないかも?(爆)
温泉と言ってもそんなに温かいわけじゃ無さそうですね。
温水プールって感じ?^^;
by ぽちの輔 (2019-07-30 07:13) 

横 濱男

DADA君、お金じゃ無くて自分が満足する仕事に生き甲斐を感じているんですね。
ギリシャの温泉温度って何度?から温泉なのかな。

by 横 濱男 (2019-07-30 07:25) 

こんちゃん

写真の流れから野ブタも温泉に入っているのかと思いました。
私も若ければ飛び込むでしょう。
by こんちゃん (2019-07-30 07:29) 

ma2ma2

海外の温泉は水着で入る所が多いですね!
湯治というより水遊びって感じですね。
by ma2ma2 (2019-07-30 08:05) 

よーちゃん

ほほう。温泉ですか。
これは寒くても体験しておきたいと思う私です!
by よーちゃん (2019-07-30 08:46) 

テリー

昔、海外で、働いていた時、欧米人は、日本人が寒いと思う温度でも、半袖でびっくりしました。暑い時は、逆に、日本人の方が強いです。
汗腺の数が違うという人もいました。
by テリー (2019-07-30 08:57) 

とし@黒猫

海の温泉といえば、石垣島と竹島の中間の海(フェリーで通過する海域)の海底に、温泉の湧き出し井戸が組んであります。
その辺り一帯の海底が、巨大な すり鉢状になっていて、中心から熱湯が湧き出しています。
その名も海底温泉。(ダイバーは湧き出し口まで行ける)
そういった海底温泉や、地上からの温泉の流れ込みで、海水が、ちょうど良い湯加減になっているのでしょうね。
我が身が健康なら、晩年はエーゲ海が見える白亜の家で穏やかに暮らしたいものです。
by とし@黒猫 (2019-07-30 11:01) 

tommy88

20分、着替えない。Go!
島に降りるのは楽しみだけど登るのは嫌だな。
登るのは大っ嫌い。
エンパイアステートビルで懲りて以来、登りはお断り。
私なら船のバーで飲んでるな、もしくは温泉海でぷかぷかしてから。
そういう選択はないのかなツアーにて。

by tommy88 (2019-07-30 13:17) 

raomelon

海が温泉??
硫黄の成分も感じられるのかしら
寒くなかったら、ダイブしたかったですね^^
ダダ君、カッコいい!!
全画面モードでまじまじと観ちゃいました(*'▽')
by raomelon (2019-07-30 19:57) 

koh925

白亜の建物群が、白銀の山脈のように見えますね
5年ほど前ですが、雪が積もった銀座を、Tシャツの男性が
歩いていました、欧米系の人でしたが驚きました
夏祭りが終わり梅雨明け、私は暑さで参っています
by koh925 (2019-07-30 20:00) 

とまと

締めくくりがよさそうですね~
by とまと (2019-07-30 21:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。