So-net無料ブログ作成
gurmet 東京 ブログトップ
前の10件 | -

Maison Paul Bocuse メゾン ポール・ボキューズ [gurmet 東京]

6月末「大人の休日倶楽部」を使って虫博士のところへ
主人も所用で目黒のとある会社に用事があり(パパはトンボ帰り)
待ち合わせをして3人でランチを・・・食後、虫博士も大学へトンボ帰りでした
20190620_142128.jpg
代官山のMaison Paul Bocuse メゾン ポール・ボキューズ
IMG_0384.JPG
店内はまるで美術館 アールヌーボー調の温かみあふれる雰囲気
IMG_0378.JPG
フランス・リヨン郊外で、1965年以来三ツ星に輝き続ける名店「ポール・ボキューズ」
IMG_0380.JPG
フランス料理界の最高峰に君臨しています
20190620_124304.jpg
ボキューズ氏が世界に説いてきた正統なるフランス料理の文化を日本にも・・・
との意で代官山に「メゾン ポール・ボキューズ」が作られました
imgChef.jpg
ポール・ボキューズ氏は、現代フランス料理を築き上げた料理界の重鎮です
1975年には、フランスの料理人として初めて、レジオンドヌール勲章を受勲
IMG_0377.JPG
その際にエリゼ宮で開かれた午餐会に於いて
時の大統領ヴァレリー・ジスカール・デスタンに黒トリュフのスープを捧げた方です
20190620_140513.jpg
ティファニーのアンティーク・ステンドグラス、ベネチアングラスのランプ・・・
上質を伝える調度品に囲まれた華やかなアール・ヌーヴォーの世界でのランチの始まり~^^
IMG_0340.JPG
メニューはこちら・・・
IMG_0341.JPG
所用と言えど自営の強み^^ フレンチだものワインを
IMG_0342.JPG
IMG_0344.JPG
ワインを求めざるを得ない一品 チーズのシュー 
出来たてホヤホヤのシュー生地に織り込まれたパルメザンと芳醇なバターの逸品 
IMG_0347.JPG
Amuse-bouche:アミューズ ブーシュ
トマトのクーリー スモークサーモンと・・・
IMG_0349.JPG
アミューズなので小さな一品ですが~もうこれだけで大満足の一品
サーモンとトマトってこんなに相性が良い事がわかりました
バター   嬉し~い♪ 大好きな「エシレバター」丸ごと~^^
IMG_0350.JPG
エシレバターはクリームを乳酸発酵させてから作るので、酸味と芳醇な香りがたまりません
パン どっしりとした存在感のある~重いこのパンに、エシレバターが良く合います 
IMG_0351.JPG
ブレス産 鶏肉の“パスティーヤ” フォアグラ風味
IMG_0355.JPG
アンディーブ&胡桃のサラダと半熟のポーチ・ド・エッグがお共です
天然スズキのポワレ 爽やかなオレンジ風味 シャンパーニュ風ソース
IMG_0359.JPG
フヌイユのピューレとプロヴァンス風に小さなお野菜が添えてあります
「シャンパーニュ風ソース」 色々なお店でいただきましたが・・・ここ、一番です
素晴らし~~い!  基本に忠実で、奇をてらわない素材に素直な味付け 
IMG_0360.JPG
イベリコ豚のロースト チョリソー風味のジューソース
IMG_0361.JPG
スパイシーな人参のグラッセはクミン?でしょう クミンとお肉と良く合うんですよね
なので、何だか安心や温もりさえ感じるお料理たち・・・
IMG_0362.JPG
イベリコ豚はサフランライスのグラタンが一緒に提供されます
IMG_0364.JPG
こちらのコースで嬉しいのは~デザートのワゴンサービス
20190620_134325.jpg
お店自慢のパティシェが腕を振るった数々のスイーツがお目見えします
IMG_0365.JPG
IMG_0366.JPG
IMG_0367.JPG
IMG_0368.JPG
IMG_0370.JPG
「お好きなだけどうぞ」と言われても、ここまでのフルコースでお腹いっぱいなのが~悔しい!
メレンゲ・ガトーショコラ・アーモンドケーキ・シャインマスカット・・・
IMG_0372.JPG
IMG_0376.JPG
珈琲&紅茶で、リヨン本店から受け継いだ華麗なる美食の世界を締めくくりました
IMG_0382.JPG
ボキューズ氏が心がける料理の基本は「良い素材、良い火加減、良い味付け」
基本に忠実で、素材を生かすための術を得たシンプルさと安心感を与えてくれる・・・
日本人向けのスペシャルなフレンチのお店でした
二人とも駆け足ランチでしたが、私はのんびりと最後のお茶をいただき都内散策♪

ギリシャ・東京・・・  旅記事まだまだ途中ですが
またチョッとお出掛けしてきます^^ ブログヘの戻りは水曜・17日の予定です

メゾン ポール・ボキューズフレンチ / 代官山駅中目黒駅神泉駅

昼総合点★★★★ 4.5


nice!(118)  コメント(18) 

俺のスパニッシュ [gurmet 東京]

虫博士の部屋探しに出掛けた2月中旬 東京なら~「俺の」でしょ^^
と言う事で~まだまだ人気の俺のシリーズ
新橋駅から外堀通り方向にある交差点を渡り
首都高の高架沿いに進むと俺のシリーズが集中するエリアがあります
20190214_172815.jpg
俺の系列はイタリアン、肉、フレンチ、うなぎ、に続き~今回は「スパニッシュ」に挑戦
もちろん~予約して行きましたが、19時近くになるにつれ・・・店内は混雑してきました
20190214_173459.jpg
全席着席方式ですが、やはり狭いですね・・・俺のシリーズ着席店はこれが特徴
ハイネケンの瓶とシチリアンミモザ(ブラッドオレンジ+スパークリングワイン)
で、無事部屋も決まり~カンパ~~イ!
20190214_173608.jpg
お通しはナッツとピコスでした  タパス3点盛り合わせ 480円
20190214_173651.jpg
海の宝石箱・イワシの酢漬け・ピクルス いたって普通ですが、この価格は破格!
俺のアヒージョ 980円
海老・鶏・イベリコ豚のハツ・マッシュルーム・卵黄、何でも入りの絶品アヒージョです
20190214_174131.jpg
これでもか~~~っていうくらい、具材豊富!! 
オリーブオイルとニンニク、そして卵黄のインパクトも大!!
20190214_174152.jpg
バケットを頼めばよかったのですが、俺の生食パンも食べたかったので
俺のベーカリー・ふわふわ生食パン 350円
20190214_174203.jpg
素材の旨味が溶け込んだオイルに、生食パン[がく~(落胆した顔)] もうこれだけで満足~
いえ、逆に~ここで終わりにしておけば良かった~~~[もうやだ~(悲しい顔)]
限定に弱い人間 それに、ここ「スパニッシュ」へ来た目的はパエリア! 
限定5食の「豪快!マグロカマのパエリア」がまだ提供できると聞いたら頼まずにいられない!
「豪快!マグロカマのパエリア」 1780円
ジャ~~~~ン! もうね[わーい(嬉しい顔)]笑いしかでません このカマの大きさ~~~~
20190214_180331.jpg
軽く、幅?35cmはあります さ、カマ大好きな虫博士に頑張っていただきましょう!
20190214_180503.jpg
食べても食べても底が見えない・・・もはや、ギャル曽根と闘っている感じです
20190214_181114.jpg
少し焦げ付いたご飯も、魚介の出汁が出ていて美味しいのですが~
食べきれない!二人ではとてもとても無理!! 成人男性3人でも無理かも・・・
ドギーバックをお願いしましたが、やはり日本?・・・なのか~NGでした
20190214_181956.jpg
サングリア 630円 俺のぶどうジュースソーダ割り 450円 等を頼み「カマ」と闘いました
残念ながら~パエリアは半分異常残して去る事に
マグロのカマは私の年齢には脂っぽ過ぎ・・・海老や魚介だったら完食できたと思います
過去のイタリアン、フレンチなどの訪問でも
「俺のシリーズ」はボリュームが多いのは既に学習済みでしたが・・・
食べ盛りの虫博士がいる事に安心しきっていました
美味しく食を味わうには「一人一品」が「俺の」流儀かもしれません
サービスのレベルは~赤坂の「イタリアン&フレンチ」が一番[決定]私の好みです

俺のスパニッシュスペイン料理 / 新橋駅内幸町駅銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


nice!(96)  コメント(16) 

駒形どぜう [gurmet 東京]

私のブログで最多出場回数のグルメは、この隅田川沿いの駒形に有ります
スカイツリーのライトアップを左手に見ながら、浅草から歩いても5~6分
アサヒビール工場のオブジェはお馴染みですね これ、良く覚えておいて下さい[左斜め下]
20180818_190142.jpg
駒形どぜう」 創業は1801年・・・徳川11代将軍、家斉公の時代です
20180818_190805.jpg
東京にいた頃は月に二~三度、必ず食べに来ていた大大大好きな「駒形どぜう」
この「どぜう」を食わずして、東京&近郊に住む価値ナシ!と言えるほどの名店です
20180818_190828.jpg
1階のお座敷は、とても苦手な畳座り
昔から変わらない板一枚テーブル席、本来の「駒形どぜう」がこちらの1階
20180818_201909.jpg
1階は、お会計をテーブルで済ませまると~下足札が・・号→番に変わります
これも江戸時代から変わらぬシステムで、私の様な~靴盗難事件は一切ないお店です
DSC05939-95b72.jpg
美味しくて歌いたくなるんですよね~「放歌ご遠慮ください」^^
DSC05930-41610.jpg
夕方このお店へ来ると、近くの江戸っ子お爺ちゃん達が楽しそうに~飲食しています
畳へ座るのが辛いので、地階の椅子席へ案内してもらいました
20180818_201856.jpg
まずは~ビールでカンパ~イ! 勿論~アサヒの瓶ビールだけの提供店
20180818_191053.jpg
何十年もこのお店に来ていますが、決まって感じる事!この瓶ビールが異常なくらい美味しい!!
ここで~アサヒビールの工場オブジェを思い出していただくと・・・[右斜め上]
工場が近いから?&老舗と永久に続くビール工場の関係・・・なのでしょうね
ラベル裏の製造年月日は製造日直近の日付なんです なので、いつも瓶も綺麗
20180818_191108.jpg
このお店の瓶ビールを飲んだら他店では飲めません
冷え具合も最高で真面目に美味しいんですよ~ きっと飲めば分かります
大好きな「玉ねぎの酢漬け」が品切れだったので~「ぬか漬けのお新香」
DSC05929.JPG
谷中
20180818_191843.jpg
どぜう鍋
20180818_191310.jpg
ごぼうのささがきも頼んで、薬味の葱と一緒にどっさりと乗せます
20180818_191117.jpg
炭火でジワジワと熱します
20180818_191429.jpg
このおみせの「どぜう=どじょう」は、うなぎの様な臭みが全くないのが特徴です
20180818_193754.jpg
どぜうは汚い水の中で生きる、と思われがちですが~
綺麗な水と良い餌がなければ、良いどぜうは育ちません
丸々と太った「どぜう」ちゃ~ん♪
20180818_191958.jpg
わり下を追加しながらいただく、この薬味の葱も~実に美味しいんです
20180818_195807.jpg 
お葱だけでもお腹いっぱいになるほど^^何度でもお代わりできます
20180818_193803.jpg
テーブルには山椒と七味が置かれていますが、私は山椒派
もう、何も言う事がないくらい美味しいです 
そして~2皿目の鍋
DSC05936.JPG
このお店のどぜうの生産地は大分などの自然と水が豊かな土地
酸素と微生物をたっぷり含んだ清らかな水の中で、安全で美味しいどぜうを大切に育てています
あら? 隣席には、東出昌大君 お友達とプライベートで食べに来ていました
このお店へ来ると、昔から必ず~プライベートの芸能人に会います
20180818_201241.jpg
200余年の歴史を刻む「駒形どぜう」 私の思い出にも、その歴史の数十年お借りしています
20180818_201931.jpg
6~9月には麻の「のれん」に替わり、この日は8月「麻暖簾」をくぐりました
20180818_201943.jpg
藍染のれんの冬~麻のれんの春夏 
このお店は私・家族、私の後半の歴史を語る~思い出深い名店です
0.jpg
江戸~昭和・・・想像も・考えもつかなかったUBERも、東京は走っています
ならば~時代の流れに乗って、UBERで帰りましょ[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)] 

駒形どぜう 本店どじょう / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

夜総合点★★★★ 4.7


nice!(120)  コメント(19) 

青山の裏路地に潜む名店 ラス・L'AS [gurmet 東京]

記事は再び東京へ戻ります

常に予約がいっぱいの、青山の閑静な住宅街にあるお店・ラス(L'AS)
以前も記事にしている~大のお気に入りのお店です
ワインが自慢のビストロ・CORK  この脇、奥にL'ASがあります
ラス.jpg
東京なのにGooglemapでも、中々分かりにくい場所 
この辺り、夜はかなり静かですが~店内は満席 オープンキッチンは大忙し
20180817_202209.jpg
着席と同時に「2018年8月のMENU」が置かれ、飲み物のオーダーを
ワインとのペアリングコースをお願いしたのですが、やっぱり最初は別に・・・ビールで
20180817_195513.jpg
[スイカと梅干しのワンショット]
20180817_195711.jpg
一口で飲める冷たいスープ
梅干しの程良い酸味とスイカの甘みが恐ろしいほど良く合います 一口で飲み終えたくない逸品
[L'ASスペシャリテ]
LA'S名物  フォアグラのクリスピーサンド 赤ワイン味
20180817_200148.jpg
ハーゲンダッツのクリスピーサンドをイメージして下さい
フォアグラ.jpg
パリパリのクリスピーの間に、赤ワイン風味のフォアグラがドッシリと挟まれています
これは~写真や言葉では絶対に伝える事の出来ない、素晴しい&お店自慢の品です
此方の甘いワインはお店からのサービス♪ フォアグラと相性の良いワインです
20180817_200256.jpg
[千葉県八街市から届いた季節野菜の冷製ポトフ トマトのジュレ仕立て]
20180817_200919.jpg
シェフがすべてのお野菜をテーブルに持って来て、説明してくれました
一つ一つ大切に育てられた野菜達に感謝しながら調理をしている術が、良~~~く分かります
ビーツのソースに絡んでとても美味しい!
ペアリングのワインも、全てソムリエ厳選のワイン達 
20180817_200721.jpg
[イタリア産 サマートリュフを贅沢に味わうためのポレンタ]
20180817_202046.jpg
ポレンタとは、コーンミール(トウモロコシの粉)を粥状に煮たイタリア料理
焦げ付かないように捏ねながら煮上げるのは手間と時間が掛かります
20180817_202127.jpg
サラサラと口の中で溶けてくトウモロコシだからこそ~
主役のトリュフの存在より一層深く味わえます この発想は凄い!!
20180817_203251.jpg
[オマール海老のポワレ カシューナッツソース]
20180817_203406.jpg
生の無花果が添えられています 無花果=花が咲かない、って思ってるでしょ?
実は~このプチプチが花 実の中に花を咲かすのが無花果です[かわいい]
そのまま食べても、お菓子でも美味しいけど、こんなにも海老と相性が良いとは思いませんでした
つぶつぶのカシューナッツのソースがまた~海老の旨みを一層引き立てます
もう「涙なしでは語れない美味しさ・・・[ふらふら]」のLA'Sノックアウト術
20180817_203510.jpg
鹿児島県薩摩赤鶏のロースト 自家製セミドライトマトとケッパーベリーのカチャトーラ風 
20180817_205024.jpg
骨付きの鶏肉をふんわりと、でも骨のそばまでしっかりとローストしてあります
カチャトーラ風=猟師風 と言っても~マタギではなく~正統派イタリアのお料理!
トマト独特の香りがしないところが正統派 そこにはケッパーベリーも一役買ってます 
肉料理.jpg
「パルミジャーノを使ったお芋のスイーツ・チーズディッシュ(一人500円)は如何ですか?」
と言われると~このお店は「ワクワク&嬉しい!」となります 「勿論~[黒ハート]
20180817_210525.jpg
パルミジャーノはイタリアチーズの王様! 私も良くワインのお供に自宅でもいただきます
削って料理に加えたり、隠し味として溶かして使ったりしますが~
このスイーツではメインです^^ スイーツと言っても甘みはお芋から出ているもので
チーズの旨みを際立たせる綿打ち立ての~座布団と言った感じ^^ 素晴らしい!
デザートへ向かう前の[お口直しの小さなデザート]
白ワインのソルベ? と、味の記憶の中では覚えてますが・・・
20180817_211314.jpg
そして・・・サプライズ^^「お誕生日おめでとうございます!」
バタバタ忙しかった6~7月 虫博士の誕生日は終えたものの、主人への私の労いです
ケーキ.jpg
「いつまでも健康でいてね」と書いて貰いました^^本音です
[アマゾンカカオのグラス]
20180817_212706.jpg
ブラックベリーのソースの酸っぱさが、ほろ苦いカカオアイスと妙にマッチしています
[広島県梶谷農園から届いた季節のフレッシュハーブティー]
ハーブティ.jpg
アップルミント・レモンタイム・ レモンバーム・フルーツセイジ・メキシカンハーブ
20180817_213608.jpg
最後まで食事のタイミングを見たお料理の提供
全てのシェフと料理を監督しながらの、傍にいる若手オーナーさんの手腕 一言に尽きます
沢山いらっしゃるシェフさんは皆、このお店で修業され、独自でお店を持つ目標を持った方々
20180817_194828.jpg
「素直」は生きていく全てで一番大切なこと 
オーナーさんの心&食材への素直な思い、が表現されたお料理がここLA'Sにはあります

ラスフレンチ / 表参道駅外苑前駅乃木坂駅

夜総合点★★★★ 4.8


nice!(91)  コメント(12) 

俺のうなぎ  銀座ときとう [gurmet 東京]

東京・銀座
20180817_174221.jpg
その昔、三越や三愛^^には、良く買い物に来ました
20180817_174209.jpg 
日産のショールーム/NISSANN CROSSING  「 Imx KURO」が展示されていました
100%電気なのに、カッコ良すぎ~!
20180817_174033.jpg
ドライバーの脳波を測定、解析する脳波測定による運転支援技術・B2Vも搭載!
私、最近・・・運転中眠くなるのでこれは良いかも!
実はこの日、お昼にペニンシュラを予約していましたが~
何故か無性に鰻が食べたくなり~キャンセル 日産ショールームから数分の銀座6丁目へ
20180817_151529.jpg
「俺のうなぎ/銀座ときとう」
20180818_102341.jpg
12時開店 予約を入れよう!と電話をしましたが~既に満席
ウェイティングシートに名前を書いて、外の椅子で待つこと30分・・・
お洒落でシンプルな店内 私達の席はカウンター席に用意されました
20180818_124356.jpg
鰻で有名な「銀座ときとう」が「俺のうなぎ」と変わり味を引き継いでいます
和歌集にも登場する「うなぎ」 日本文化・日本の夏と深い関わりを持っていますね
勿論~ビールは「瓶」で^^ 東京は特に瓶ビールが美味しいです
20180818_125114.jpg
20180818_124319.jpg
昼限定会席 こだわりの炙りうな重のお昼だけの会席 6000円
20180818_124353.jpg
先付 冬瓜と夏野菜の煮浸し 
20180818_125037.jpg
お造り 鯛・鮪・はまち
20180818_125811.jpg
う巻き
う巻きを食べれば、鰻屋さんの手の込み様が分かる、と言います
20180818_130202.jpg
山椒の粒が鰻の間から現れました
20180818_130335.jpg 
大根おろしは卵だけに絡めて、鰻と山椒のコラボを楽しみます 真面目に美味しい!!
一品 煮こごり・もずく酢・皮むき冷製トマト
20180818_130652.jpg
うな重
20180818_131801.jpg
上質な国産鰻だけを仕入れ、ゆっくりと時間をかけて蒸しあげ、更に炭火で焼いた鰻 
カウンターなので、焼き方さんの姿を見る事が出来ましたが・・・
ホッペが赤く腫れあがるくらい「焼き」に徹していました
私は「お米」をよごすのが余り好きではないので「重」ではなく「膳」にしました
20180818_131842.jpg
鰻の下には器の中に炭火が入れられ、冷めない様に配慮されています
老舗で提供される特上サイズよりも、更に大きく肉厚な鰻
20180818_131857.jpg
鰻は「三河一色」 脂の具合も最高~! ふんわり焼かれた表面はカリッと仕上がっています
天然鰻の野性的な香りも少し・・・ これだけの大きさの天然物を捕獲するのは大変ですよね
焼き方さんのテクニックが素晴らしいのでしょう  こんな美味しくフワフワの鰻は久し振り~!
タレも上品、濃くもなく薄くもなく・・・で、美味し~い
そして~何といっても私が感動したのは「お米」!!!!!
20180818_131907.jpg
普段お米をあまり食べない私 ですが~お米の産地で暮らしている分「米」には五月蠅いです
カウンター席で厨房を見ていましたが、お米は全て羽釜で炊かれています
ご飯を箸で食べ終えても、お茶碗に米粒がつかない・・・考え尽された水分量!素晴らしい!
20180818_132247.jpg
余りの美味しさに訊ねてみると~
奥能登産のコシヒカリを、直火で羽釜炊きし一気に水分を飛ばすのだそうです
肝吸いか、赤だしを選べましたが「肝吸い」「香の物」と
20180818_131853.jpg
肝はサラッと炭火で炙って有るので、臭みが全くありません 素晴らしい技ですね~
甘味 パイナップルジェラート
20180818_133533.jpg
出来れば~これは「柚子」か「甘くない抹茶」にして欲しかったです 贅沢?^^
鰻は全て三河一色産の特大鰻のみ
鰻の他にも純国産の旬な食材を使った和食を提供する「俺のうなぎ」
外堀通りと並木通りの間にあるそれほど人通りが多くない場所にあります
20180818_115250.jpg
他の有名店で食べたら〇万はするだろうの肉厚でフワフワ~~&カリッ!の鰻です

俺のうなぎうなぎ / 銀座駅日比谷駅新橋駅

昼総合点★★★★ 4.0


nice!(95)  コメント(20) 

ひき肉少年 [gurmet 東京]

昨日に続き東京グルメを~
白金・マルイチベーグル(全てに於いてマルイチベーグルは基本です^^)の向かい
このネーミング~!その素直さ&分かりやすさが良い~[わーい(嬉しい顔)]ひき肉少年
IMG_1376.JPG
このお店、実はスマステの「東京メチャ売れ肉ベスト9選」に見事ランクインしているお店です
看板メニューは「ひき肉ライス」850円
このお店のメニューはなんとこれ1品というこだわり!
1日に200食売り上げているそうです
IMG_1373.JPG
私がお隣でガトーバスクを買っている間
パパと虫博士は二人で「ひき肉ライス」を買っていました
IMG_1384.JPG
店内はカウンター席6席のみ テイクアウト出来るので、結構お持ち帰りのお客様が多い様です
無類のひき肉オタクとして肉業界では有名な店主さん
研究に研究を重ね~今までにない全く新しいひき肉料理を考案、それが「ひき肉ライス」
使用しているのは鶏肉!弾力のある鹿児島県産の薩摩錦チキンのひき肉です
IMG_1385.JPG
見た目はカレーっぽいでしょう? でも、全く違うんですよ~ 
少しスパイシーなとろみのある~ひき肉の餡・・・
クミン・オレガノ・ターメリックなど数十種類のスパイスと、さらにに丸鶏や玉ねぎ
トマトなどで7時間出汁をとったスープで煮込んでいるそうです
体に良さそうで、尚且つパワーが付きそうな味・・・
お米は青森県産「まっしぐら」を使用 香りよく炊き込み特製ライスに仕上げています
IMG_1386.JPG
ネーミングや見た目から、とてもハードに思えますが~意外とあっさり
子ども~義母様まで^^優しく&美味しくいただけるひき肉少年でした

ひき肉少年その他肉料理 / 白金高輪駅泉岳寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


nice!(95)  コメント(19) 

白金・MAISON D'AHNIメゾン・ダーニのガトーバスク [gurmet 東京]

2年前にオープンしたばかりなのに~既に食べログTOP5000に入るスイーツのお店
白金の「マルイチベーグル」のお向かい 
IMG_1377.JPG
この辺りには「パッション・ドゥ・ローズ」など、外せないパティスリー・スイーツ店が揃っています
こちらは~スペイン・バスク地方の焼菓子を提供する・専門店「メゾン・ダーニ
パリの老舗「LA VIEILLE FRANCE ラ・ヴィエイユ・フランス 」で修行された~
戸谷尚弘シェフのお店です このお店、来たかったんですよね~♪
IMG_1379.JPG
ガトーバスクの「バスク」とは~
ピレネー山脈を挟んだスペインとフランスに跨った地域で
ガトーバスクは、フランス領・バスクラブール地方発祥の伝統菓子のこと
そのガトーバスクが焼かれています
IMG_1380.JPG
時間が無いのでテイクアウトします
IMG_1382.JPG
IMG_1381.JPG
IMG_1387.JPG
ガトーバスクとチョコ・ガトーバスク・、フィナンシェを
IMG_1388.JPG
ガトーバスク
IMG_1390.JPG
焼きたてで凄くいい香り&贅沢なまでに使用されたバターの芳醇な香り~
サクサクのサブレ生地にダークチェリーの甘酸っぱい味が口の中に広がります
IMG_1391.JPG
噛む度にサクサク~ホロホロ~と崩れていく心地よい食感~美味し~~~い!
チョコ・ガトーバスク
IMG_1394.JPG
威張りくさった様なチョコ名店のチョコの味ではなく
あくまでもチョコはわき役 サブレ生地を引き立てているチョッピリビターなチョコが嬉しい~
これらのガトーバスクは、おおきなホールバージョンもあるそうで・・・
Christmasにお取り寄せ出来れば良いのに~
フィナンシェ
IMG_1389.JPG
焼あがったばかりの出来立てのフィナンシェは~他のお店のフィナンシェといわれている物と~
似て否なる物!外のパリパリ感が強く、まるでキャラメリゼしたような食感
それなのに~生地の中身はふっくら&しっとり~バターの香りがジワ~~っと・・・
素晴らしいフィナンシェです
この近くに住んでいた頃にこのお店が在ったら・・・毎日通ってしまっていたかも^^

メゾン・ダーニケーキ / 白金高輪駅泉岳寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


nice!(99)  コメント(24) 

MARUICHI BAGEL マルイチベーグル [gurmet 東京]

東京でお花見を終えた後、どうしても行きたかったところへ~
このお店のベーグル、絶対に食べてみた~~い!と以前から思っていたお店です
白金?ナビ検索して経路を進むと~以前住んでいたところの直ぐ近く・・・
一の橋~二の橋~と通過して溜池方向へ向かう途中の古川橋を渡ります
「検索地へ到着しました」ん?
IMG_1378.JPG
螺旋階段のある古い建物・・・ここの1階? 看板も有りませんが~
次から次へと吸い込まれる様に人が入っていきます
IMG_1371.JPG
入り口のガラスに手書きのテープを発見!
IMG_1370.JPG
国産小麦・塩・天然酵母・麦芽・水 などを配合した独自の原料を使用し
NYで一番おいしいと評判のEss-a-Bagelの手法を使いながら、オリジナルなベーグルを作っている~
「マルイチベーグル」 食べログでもトップ1000に入る人気店です
IMG_1364.JPG
一つ一つがとんでもなく大きい~!
IMG_1366.JPG
お店奥には五右衛門風呂のような大きなお鍋が鎮座していました
あのお鍋で茹でているのでしょうね~
IMG_1367.JPG
IMG_1368.JPG
綺麗なピクルス(450円)も売られていますが、ベーグルの具として挟む(400円)事も出来ます
IMG_1363.JPG
勿論~ベーグルだけでも買えますが、既にサンドされたものも売られています
IMG_1365.JPG
ただでさえももの凄い大きさのベーグルなので、具をサンドする事によって~
子どもでは持てないくらいの大きさになっています
IMG_1369.JPG
ベーグルサンド購入の仕組みは~
好みのベーグル+具の種類(1~3種類)の組み合わせ
具の量はレギュラーとハーフ、どちらかを選べます
具1種類・2種類・3種類がベーグル料金にプラス、具が少なめのハーフだと100円引きのシステムです
取り敢えずサンドは「ツナ&クリームチーズ/ハーフ」「クリームチーズ/ハーフ」を・・・
DSC_0027.jpg
一つでもドッシリ~ベーグルも出来たてなのでまだ温かいです
DSC_0028.JPG
ハーフでもご覧の通りの量 ツナはスパイシーなピリッと感のあるツナです
二つの具が重ねてあるのではなく、「クリームチーズ」と「ツナ」切り目で分けられています
DSC_0029.JPG
口を縦に開けても~勿論入りません 手でちぎって具を付けていただきます
他にもプレーン・甘めのセブングレイズハニーフィグ・ホールウィ―ト等を買ってみました
IMG_1396.JPG
ほら、
手に乗せるとその巨大さが分かるでしょう~?
IMG_1397.JPG 
ん~表現的には、歯形を取るときに押し付けられる粘土の様な?でも、すんなり剥がれる?
そんな食感の素晴らしいベーグルです
硬くなったベーグルはレンジでチンはダメなので、帰宅後すぐに冷凍
翌朝食べる分を冷凍庫から出して暫く常温 更に~オーブンで焼いていただきました
キメが細かくてモチモチ~表面はカリッとするので、こうした方が食べやすいかも・・・
IMG_1398.JPG
一つ一つ思いが込められ作られたベーグル  ベーグル文化はNYが始まりな様ですが~
ニューヨーカーも通ってしまいそうな美味しいベーグルを販売するお店です

マルイチベーグルベーグル / 白金高輪駅泉岳寺駅

昼総合点★★★★ 4.0


こうさぎの塩大福(みずの) [gurmet 東京]

駒込駅の南口から六義園入口方面へ歩いていると~和菓子屋さんを発見!
「みずの」って、あの「みずの」?
IMG_1324.JPG
聞くと~このお店、巣鴨とげぬき地蔵通りにある「塩大福発祥の店・みずの」の姉妹店だそうで~
ラッキー!こんなところで懐かしのあの塩大福が買える!
IMG_1263.JPG
塩大福以外にも「うさぎもなか」や桜餅・羊羹等々・・・いろいろ手を出したい和菓子がありました
IMG_1264.JPG
が~先ずは塩大福! 塩大福は3個入りか5個入りです
ところが・・・このお店に着いたのが10時 10時半~11時にならないと塩大福は届かないそうです
買いに行く際は注意が必要ですね なので、六義園のお花見後に寄って購入~
父へのお土産も含め塩大福6個と桜餅、よもぎ大福を買ってみました
長ひょろ~くどっしりとした塩大福
IMG_1325.JPG
「甘すぎない大福を」との思いで開発された塩大福 確かに甘くないんです
食べた後に甘みよりも塩加減が残る餡はつぶとコシの半々
IMG_1393.JPG
真面目に美味しいです 塩大福の「塩」の意味がしっかり分かる大福!
塩加減は季節によって変えているそうで、夏はやや濃いめ冬は薄味にしているとの事
お茶うけには勿論ですが、ビールや焼酎にもピッタリの大福です

こうさぎ和菓子 / 駒込駅千石駅巣鴨駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


トラックバック(0) 

駒形どぜう [gurmet 東京]

夜のこの景色が大好きです スカイツリーとアサヒビールのオブジェ・・・東京に来た!という感じ
DSC05915.JPG
浅草は夜でも沢山の観光客の姿
DSC05917.JPG
タイへ行く前泊は成田でしたが「どぜうが食べたいなぁ~」と虫博士の望みをかなえるべく~駒形へ・・・
「駒形どぜう」 創業は1801年・・・徳川11代将軍、家斉公の時代です
東京にいた頃は月に二~三度必ず食べていた「駒形どぜう」
どうやら~私の体のDNAが虫博士へ移行した様で、鰻は嫌いなのにどぜうは大好き・・・
DSC05922.JPG
そうかもしれません・・・このおみせの「どぜう=どじょう」 うなぎの様な臭みが全くないのが特徴です
1階のお座敷に通され、苦手な畳座りです 1階にも2階にも~渋谷店にも必ず貼られています「放歌禁止」
昔から変わらない板一枚テーブル席、本来の「駒形どぜう」がこの1階になります
DSC05930.JPG
メニューはこちら
DSC05924.JPG
まずは~ビールから
DSC05925.JPG
「旅立つ前の景気づけにどう?どぜうにはビールよ~?」と悪の道へ連れ込もうとする母に
「そうだね、じゃ、1杯」と20歳になった虫博士
DSC05926.JPG
この薬味の葱が美味しいんです
DSC05927.JPG
大好きな玉ねぎの酢漬けが品切れだったので~「ぬか漬けのお新香」
DSC05929.JPG
どぜう鍋
DSC05928.JPG
炭火でジワジワと熱します 
ごぼうのささがきも頼み、テーブルに置かれた葱をどっさり入れ~山椒をかけて・・・
DSC05931.JPG
どぜうは汚い水の中で生きると思われがちですが~
きれいな水といい餌がなければ、良いどぜうは育ちません
DSC05932.JPG
丸々と太った「どぜう」
DSC05938.JPG
このお店のどぜうの生産地は大分などの自然と水が豊かな土地
酸素と微生物をたっぷり含んだ清らかな水の中で
安全で美味しいどぜうを大切に育て、養殖しているそうです
2皿目の鍋
DSC05936.JPG
予め下味を付けられたどぜう こんなに大きいのに全く骨がなくて、泥臭くないんです
「実はね~先日絵の展覧会を見に来た時も、どぜうが食べたくてここに一人で来たんだよ^^」
「まだ20歳になってなかったのに生意気ね~」
「お爺ちゃん(義父)と最後に来た事を思い出してさぁ~」
「・・・・そうだったの・・・言ってくれれば~どぜう代、上げたのに~」
「今からでも遅くないよ~!^^」「明日は早いから帰ろうか・・・^^」・・・とそんな会話をしながら~
16-09-25-11-07-52-405_deco.jpg
お会計をテーブルで済ませまると~下足札が・・号→番に変わります
これも江戸時代から変わらぬシステム
DSC05939.JPG
200余年の歴史を刻む「駒形どぜう」 私達の思い出にも、その歴史の数十年お借りしています
DSC05937.JPG
6~9月には麻の「のれん」に替わり、この日は「麻のれん」をくぐりました
DSC05921.JPG
藍染の「のれん」の冬~春も、このお店は私たち家族夫々の思い出深い名店です

駒形どぜう 本店どじょう / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

夜総合点★★★★ 4.5


トラックバック(0) 
前の10件 | - gurmet 東京 ブログトップ