So-net無料ブログ作成

ガネーシャ 上杉本店 [gurmet Ethnic]

我が家から余りにも近すぎて行けずにいた「インドカリー店・ガネーシャ」
20181213_135923.jpg
清潔感のある店内
20181213_135845.jpg
ガネーシャランチ 1200円
好みのカレー2種 日替わりグリル ナン サラダ アチャール ドリンク
先ずはサラダ 
20181213_140024.jpg
ドリンク ラッシー、マンゴーラッシー
20181213_140016.jpg
ラッシーはカレーの辛味をまろやかにしますね
マトンカレー ポークカレー
20181213_140633.jpg
ゴロゴロと入れられた大きなポーク
20181213_141409.jpg
辛さは注文できますが「3」の普通にしたので安心してカレーの味を楽しめます
ミックスシーフードカレー チキンバターマサラカレー
20181213_140639.jpg
20181213_140854.jpg
アチャール
20181213_140700.jpg
ナンはモチモチで大き~い!
20181213_140655.jpg
カレーの量は少なめに見えますが~意外と十分なんですよね インドカレー店って^^
サフランライスとチキンの揚げたもの
20181213_140646.jpg
日本人向けにアレンジされていて、小さなお子様でも食べやすいです
20181213_140842.jpg
インド料理店は、どのお店でも大きなナンを提供してくれますね
このお店のナンもとても大きく食べきれませんでした^^

ガネーシャ 上杉本店インドカレー / 東照宮駅北四番丁駅北仙台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1



共通テーマ:blog

ギリシャ・エーゲ海の旅 サントリーニ島 17 サントリーニの香り [ギリシャ・Greece サントリーニ島]

この日はまたチラッとバギーを借り~「SANTORINI PERFUMES 」へ・・・
DSC03038.JPG
エーゲ海に囲まれたクロワッサン型のサントリーニ島
フィロステファニはそのちょうど中間に位置します
DSC02779.JPG
DSC03047.JPG
エーゲ海を見下ろす高台に建つこのお店
DSC02776.JPG
パフューム:香り のお店です
DSC02771.JPG
初めは何のお店だろう・・・と通り過ぎましたが~パフュームの文字とこの瓶を見て~
DSC02772.JPG
一人、飛び込みました
DSC03051.JPG
DSC02766.JPG
20190429_163834.jpg
手づくり石鹸も販売されています
20190429_163855.jpg
ワァオ! 私の好きな香りがビッシリ~~~!
DSC02768.JPG
気難しそうで、余り感じのよろしくない大柄な店主さん
DSC02767.JPG
その店主さんの後ろの窓からは~やはりエーゲ海が見えます
DSC02773.JPG
ここは~自分のオリジナル&お気に入りの香りを見付ける事が出来るお店でした
DSC02770.JPG
店主のDimitri・ディミトリさんは香りのプロフェッショナル
私がギリシャに着いた時からず~っと頭から離れない香りの事をディミトリさんに話しました
「これじゃないか?」「これか?」「これかもしれない・・・」
何回も何回も、私の思いに応えるべく香りをトライさせてくれました
DSC02775.JPG
微妙な香りに「ん~~」と悩んでいると
「あなたがその香りを嗅いで幸せと感じないなら、私は販売する事が出来ない」と言われました
で、何度も&何度も~トライし、やっと「これだ!」と言う香りに辿り着きました
20190429_163843.jpg
「DUMBO」と言う花の香りだそうで、完璧!私が求めていたそのものの香りです
ギリシャとサントリーニを思い出させる~素敵過ぎる香り~
50ml:20€ 100ml:40€ Dimitriオリジナルのパフューム
20190429_122446.jpg
とても気に入ったので、帰国前にもう一度訪問し再度購入しました 
すっかり仲良し^^   日本にも送ってくれるそうです^^嬉し♪

[モバQ]いよいよお盆に入ります
お盆はお正月同様、何かと忙しい我が家 そして~息子の帰省もあるので
来週1週間は予約投稿で、溜まり過ぎているグルメ記事を吐き出します
グルメな1週間^^はブログお休みです niceもコメント欄も閉じさせていただきま~す
まだまだ厳しい暑さが続きますが、お体ご自愛くださりお過ごしください
nice!(108)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

東北の夏祭り「静」仙台七夕 [Japan]

北から下りてきた東北夏祭り 
仙台七夕祭り」も例年通り6日~開催されています
青森の「ねぶた祭り」の「」と違って、ここちらは「
IMG_3634.JPG
静かに・・・夏風にそよぐ和紙飾り
IMG_3648.JPG
市内・アーケード街の七夕飾りは今年も豪華絢爛です
IMG_3646.JPG
IMG_3635.JPG
独眼竜・伊達政宗公が広めたとされる「仙台七夕祭り」
日本古来の星祭りの優雅さと、飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りです
IMG_3644.JPG
伊達政宗公は、華奢・風流を好んだとされ、派手で華美な七夕の飾り物は
政宗公の気風が受け継がれてます
IMG_3640.JPG
伊達男だけに~浴衣を着てそぞろ歩く女性の姿もお好きだったようですよ^^
IMG_3647.JPG
大小3,000本以上の七夕飾りが街中を華やかに彩ります
20190806_163018.jpg
七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっています
IMG_3639.JPG
「仙台七夕祭り」は、新暦に1ヵ月を足した暦の中暦を用いているため
現在の8月6日から8日に開催されています 仙台人にとって七夕とは、7月ではなくこの時期
緑の色を深める仙台の8月に、青葉の街中が七夕一色になります
IMG_3649.JPG
京の友禅千代紙や江戸千代紙で作られている物
IMG_3650.JPG
IMG_3636.JPG
仙台市内の小学校生徒たちが作り出した大きな飾り
20190806_165411.jpg
毎年見る人に感動を与えてくれる、私も楽しみな「お飾り」の一つです
下に潜って見上げると、一つ一つの折り鶴から子ども達の思いがジ~~ンと伝わってきます
真面目に元気になれる! これぞ!1年一度の仙台のパワースポットなのかも^^
IMG_3675.JPG
仙台の七夕飾りにはそれぞれ「願い」が込められています
短冊には学問向上、折り鶴には長寿・・・等々
IMG_3658.JPG
仙台駅から約700mのアーケード街
趣向を凝らした絢爛な七夕飾りは、完成まで半年もの歳月を費やす物もあります
IMG_3657.JPG
IMG_3661.JPG
昔から「仙台七夕」と言えば~この「仕掛け物」
老舗のお茶屋さんが、従業員総出でお茶箱の上で人形を動かし寸劇を行っていました
IMG_3660.JPG
震災と共になくなってしまうかと~地元人は心配しましたが
様々な人の手によってこうして残されている事、とても嬉しいです 
子供の頃はこの人形劇がとても怖かったんです[もうやだ~(悲しい顔)]
決まって母手作りの浴衣を着せられ、母・妹と歩いた仙台七夕 
涼しくなる夕刻の頬撫でる風 浴衣姿の幼い姉妹を見て・・・何だか思い出しました
IMG_3682.JPG
仕事を終えた父、叔父一家と合流し~中華をいただくのが「七夕祭り」の恒例行事でした
IMG_3669.JPG 
大きなくすだま、風にそよぐ長い吹流し
IMG_3665.JPG
頬をなでる吹き流しは、妹と手をつないで歩いたあの頃に時を誘ってくれます
IMG_3664.JPG
杜の都の歴史ある色彩豊かな七夕飾り
IMG_3668.JPG
400年以上にわたり伝わる「仙台七夕祭り」 
幼い頃~青春~現在 沢山の思い出が重なる、静かで煌びやかなお祭りは今日が最終日です
nice!(91)  コメント(18) 
共通テーマ:blog

GINZA SIX 築地玉寿司 [gurmet 東京]

6月、虫博士の住処へ訪れた際のランチ時・・・
日産は好きではありませんが、銀座へ行くと~この斬新さに惹かれ撮ってしまいます
「NISSAN CROSSING・ニッサン クロッシング」 
20190623_162128.jpg
6月はこんな車でした
20190623_162142.jpg
それよりも~何よりも~私がワクワクして訪れるのが「GINZA/SIX」
上階は余り用がないのですが^^地下が好き^^ 月ごとに入れ替わる素晴らしいオブジェ
6月のテーマは古代ギリシャ&ルーブル?ローマ?
BPE_LeftWD_2_l-1-1280x914.jpg
ワァオ! 全てパスタ!
20190623_173830.jpg
BPE_LeftWD_3_l-1-1280x1707.jpg
ミロ?
BPE_RightWD_1_l-1-1280x914.jpg
ミロのビーナスがスイーツに!
BPE_RightWD_2_l-1-1280x1707.jpg
製作者は承知の上での制作だと思いますが、どれもかれも~古代ギリシャ物
今回のディスプレイ担当者は、古代文明に興味のある方なのでしょうね^^ 
その~GINZA/SIXの3軒西側にある銀座コアビル 
若い頃、水着を買うなら~ここ・コアと三愛でした
20190623_152542.jpg
それだけ歴史あるビル^^です 
地下の飲食街には、昔から東京のグルメとされるお店が入店しています
20190623_152609.jpg
銀座6丁目 晴海通りにも店舗を構える「築地玉寿司」
20190623_152616.jpg
板さんが握ってくれるお寿司は、シャリが小さめで私好みのお寿司
20190623_152641.jpg
「回らないお寿司が食べたいな・・・」虫博士の希望に応え
「はい、はい^^食べたいくらい食べなさい」と・・・この「築地玉寿司」へ
20190623_153143.jpg
通常1貫:300円の特上寿司が~どれだけ食べても4400円
20190623_153147.jpg
江戸前&銀座の寿司:プライドだけあって~ネタはやはり仙台以上です
手の加え方が~先ず違います 生柚子を削って鮪に乗せるテクニックや寝かせ方
20190623_153333.jpg
新鮮な魚貝が手に入る地よりも~銀座の方が遥かに美味しいです
魚は捌いた直前よりも、プロの腕で寝かせた方が美味なんですよね
20190623_155038.jpg
クジラ肉  息子の大好物です
20190623_155046.jpg
私達が美味しく食べている物を「見て・試して・食べて」
そして~好き嫌い無く「美味しい!」と思える子育てをしてきたつもりですが・・・
20190623_155049.jpg
私の苦手な「いくら」「サーモン」はアメリカで覚えた味なのでしょう
20190623_160657.jpg
「食育」 様々な「食」と「種」が子を育てる   
これって私達の頃は無かった「文字」ですが、とても大事な事ですよね
虫博士の今の生活は「魚」に飢えているようです 生&焼き&煮
冷凍した煮魚&焼き魚&煮物・・・嫌という程~クールで送って上げるからね~♪ 

築地玉寿司 コア銀座店寿司 / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


nice!(98)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

東北の夏祭り「動」青森ねぶた [Japan]

東北の夏は短く、8月半ばのお盆を過ぎれば・・・もう秋風を感じるほどです
その短い夏の彩「東北夏祭り」は、北から順に~重なりながら降りてきます
第1弾「青森ねぶた祭」が8月2日、猛暑の中で開幕しました
IMG_3493.JPG
海を渡れば北海道 日本列島北端にある「ねぶたの家 ワ・ラッセ
そこから、青森の夏を待ちわび出向する瞬間の「ねぶた」達を今年は撮る事が出来ました
IMG_3509.JPG
様々な企業等が投じて行われている「ねぶた祭り」 
青森線就航のJALは毎年参加です 汗を拭くCAの姿も見れます^^
IMG_3508.JPG
晴れ女襲来だけに?私達が訪れた3日・午後は35.5度と、青森市もこの夏最高を記録 
まだ日中の暑さ残る午後7時「ドーン」という花火の音で祭りが始りました
IMG_3551.JPG
この夏を待ちわびたかのように一斉に騒ぎ出すお囃子「ラッセラー~ラッセラー」
大型ねぶた約30台が街中を運行します
IMG_3511.JPG
IMG_3515.JPG
IMG_3523.JPG
沿道を埋めた見物客と、お囃子を奏でる人達の一体となった祭り
IMG_3528.JPG
IMG_3535.JPG
IMG_3543.JPG
子ども達の一生懸命な姿には~viviちゃん、思わず駆け寄って抱き締めちゃいます^^
IMG_3516.JPG
IMG_3518.JPG
ビール・名産の海鮮  嬉しいカンパイ~!と共に祭りを楽しみます
IMG_3497.JPG
鈴を身に着けた「跳ね人」が落とす鈴を拾うと幸せになれると言う云われがあります
IMG_3547.JPG

跳ね人や歩く人から「はい!どうぞ!」と、いただいた鈴 今年は山盛りです!
IMG_3552.JPG
「幸せ」沢山いただきました^^
「有り難う!あなた達も幸せになってね!」
IMG_3553.JPG
道路・片道2車線、計4車線を目一杯に使い~大人約20人がかりで動かしています

前&後ろに傾けたり、くるくると回ってみせたり・・・大迫力な動きは迫力満点!
IMG_3561.JPG
今年は、台湾・エバー航空の「青森⇔台北」を結ぶ定期便就航を記念して台湾のランタンも登場
IMG_3557.JPG
ですが~有名な「ねぶた料金」
この時期の青森市内のホテルは通常の約6倍の料金にはね上がります 
それでも~市内全ホテルが満室です 何せ1年前から8/2~8/7の予約が入れられているそうです
IMG_3569.JPG
「歌舞伎」「JAPAN」「日本」的な要素に惹かれ、海外からも沢山の観光客が訪れる「ねぶた」
今や、世界に誇る「日本の火祭り」として海外にも遠征する祭りとなりました
IMG_3566.JPG
「ねぶた祭り」は七夕様の灯籠流しの変形であろうと言われてます
IMG_3562.JPG
角型灯籠が幕末にかけて「人形ねぶた」となった様で
伝統的なものが持つ素晴らしさを守る日本人の思いが集結し「形」となった訳ですね
IMG_3514.JPG
毎年同日の8月2日~7日の日程で開催され、300万人を超える人出の「ねぶた祭」
最終日の7日は昼間に運行、夜には海上に運ばれ~お祭りにさよならを告げます
IMG_3572.JPG
東北の祭りは北から南へ 仙台にも下りてきています^^
nice!(94)  コメント(14) 
共通テーマ:blog